有価証券報告書を3社、または3期分比較分析できる! いますぐトライアルで試す >>
 






セクション一覧

2【財務諸表等】

(1)【財務諸表】

①【貸借対照表】

 

 

(単位:百万円)

 

前事業年度

(2016年6月30日)

当事業年度

(2017年6月30日)

資産の部

 

 

流動資産

 

 

現金及び預金

1,904

3,558

売掛金

1,422

1,658

製品

295

284

仕掛品

230

280

原材料及び貯蔵品

342

302

前渡金

88

185

前払費用

59

55

その他

21

70

流動資産合計

4,364

6,396

固定資産

 

 

有形固定資産

 

 

建物

※1,※2 378

※1,※2 415

構築物

71

95

機械及び装置

1

0

車両運搬具

0

0

工具、器具及び備品

※2 1,318

※2 1,326

土地

※1 2,077

※1 2,075

建設仮勘定

36

42

有形固定資産合計

3,883

3,956

投資その他の資産

 

 

投資有価証券

150

199

関係会社株式

192

192

出資金

0

0

その他

40

19

投資その他の資産合計

383

411

固定資産合計

4,267

4,367

資産合計

8,631

10,763

 

 

 

 

(単位:百万円)

 

前事業年度

(2016年6月30日)

当事業年度

(2017年6月30日)

負債の部

 

 

流動負債

 

 

買掛金

375

443

未払金

728

842

未払法人税等

416

668

未払消費税等

153

100

繰延税金負債

26

34

預り金

55

59

役員賞与引当金

18

21

その他

9

64

流動負債合計

1,784

2,233

固定負債

 

 

繰延税金負債

218

226

退職給付引当金

122

131

役員退職慰労引当金

51

55

固定負債合計

392

413

負債合計

2,177

2,647

純資産の部

 

 

株主資本

 

 

資本金

452

452

資本剰余金

 

 

資本準備金

428

428

資本剰余金合計

428

428

利益剰余金

 

 

利益準備金

41

41

その他利益剰余金

 

 

特別償却準備金

698

714

別途積立金

2,250

2,250

繰越利益剰余金

2,546

4,158

利益剰余金合計

5,536

7,165

自己株式

1

1

株主資本合計

6,415

8,044

評価・換算差額等

 

 

その他有価証券評価差額金

39

71

評価・換算差額等合計

39

71

純資産合計

6,454

8,115

負債純資産合計

8,631

10,763

 

②【損益計算書】

 

 

(単位:百万円)

 

前事業年度

(自 2015年7月1日

 至 2016年6月30日)

当事業年度

(自 2016年7月1日

 至 2017年6月30日)

売上高

※1 15,988

※1 16,434

売上原価

※1 12,301

※1 11,965

売上総利益

3,686

4,469

販売費及び一般管理費

※1,※2 1,759

※1,※2 1,849

営業利益

1,927

2,619

営業外収益

 

 

受取利息及び受取配当金

66

101

受取家賃

21

23

為替差益

9

その他

29

47

営業外収益合計

117

181

営業外費用

 

 

支払利息

0

0

為替差損

22

減損損失

3

その他

2

0

営業外費用合計

25

3

経常利益

2,019

2,797

特別利益

 

 

補助金収入

30

33

特別利益合計

30

33

特別損失

 

 

固定資産除却損

33

固定資産圧縮損

30

33

減損損失

315

特別損失合計

345

67

税引前当期純利益

1,703

2,763

法人税、住民税及び事業税

590

936

法人税等調整額

92

1

法人税等合計

682

937

当期純利益

1,021

1,825

 

③【株主資本等変動計算書】

前事業年度(自 2015年7月1日 至 2016年6月30日)

 

 

 

 

 

 

 

(単位:百万円)

 

株主資本

 

資本金

資本剰余金

利益剰余金

 

資本準備金

資本剰余金

合計

利益準備金

その他利益剰余金

利益剰余金

合計

 

特別償却

準備金

別途積立金

繰越利益

剰余金

当期首残高

452

428

428

41

437

2,250

1,926

4,655

当期変動額

 

 

 

 

 

 

 

 

特別償却準備金の積立

 

 

 

 

316

 

316

特別償却準備金の取崩

 

 

 

 

55

 

55

剰余金の配当

 

 

 

 

 

 

140

140

当期純利益

 

 

 

 

 

 

1,021

1,021

株主資本以外の項目の当期変動額(純額)

 

 

 

 

 

 

 

 

当期変動額合計

261

619

880

当期末残高

452

428

428

41

698

2,250

2,546

5,536

 

 

 

 

 

 

 

株主資本

評価・換算差額等

純資産合計

 

自己株式

株主資本合計

その他有価証券評価差額金

評価・換算

差額等合計

当期首残高

1

5,534

80

80

5,615

当期変動額

 

 

 

 

 

特別償却準備金の積立

 

 

 

特別償却準備金の取崩

 

 

 

剰余金の配当

 

140

 

 

140

当期純利益

 

1,021

 

 

1,021

株主資本以外の項目の当期変動額(純額)

 

 

41

41

41

当期変動額合計

880

41

41

839

当期末残高

1

6,415

39

39

6,454

 

当事業年度(自 2016年7月1日 至 2017年6月30日)

 

 

 

 

 

 

 

(単位:百万円)

 

株主資本

 

資本金

資本剰余金

利益剰余金

 

資本準備金

資本剰余金

合計

利益準備金

その他利益剰余金

利益剰余金

合計

 

特別償却

準備金

別途積立金

繰越利益

剰余金

当期首残高

452

428

428

41

698

2,250

2,546

5,536

当期変動額

 

 

 

 

 

 

 

 

特別償却準備金の積立

 

 

 

 

153

 

153

特別償却準備金の取崩

 

 

 

 

136

 

136

剰余金の配当

 

 

 

 

 

 

196

196

当期純利益

 

 

 

 

 

 

1,825

1,825

自己株式の取得

 

 

 

 

 

 

 

 

株主資本以外の項目の当期変動額(純額)

 

 

 

 

 

 

 

 

当期変動額合計

16

1,612

1,629

当期末残高

452

428

428

41

714

2,250

4,158

7,165

 

 

 

 

 

 

 

株主資本

評価・換算差額等

純資産合計

 

自己株式

株主資本合計

その他有価証券評価差額金

評価・換算

差額等合計

当期首残高

1

6,415

39

39

6,454

当期変動額

 

 

 

 

 

特別償却準備金の積立

 

 

 

特別償却準備金の取崩

 

 

 

剰余金の配当

 

196

 

 

196

当期純利益

 

1,825

 

 

1,825

自己株式の取得

0

0

 

 

0

株主資本以外の項目の当期変動額(純額)

 

 

31

31

31

当期変動額合計

0

1,628

31

31

1,660

当期末残高

1

8,044

71

71

8,115

 

【注記事項】
(重要な会計方針)

1.資産の評価基準及び評価方法

(1)有価証券の評価基準及び評価方法

子会社株式及び関連会社株式

移動平均法による原価法

その他有価証券

時価のあるもの

期末日の市場価格等に基づく時価法(評価差額は全部純資産直入法により処理し、売却原価は移動平均法により算定しております)

(2)デリバティブの評価基準及び評価方法

デリバティブ…時価法

(3)たな卸資産の評価基準及び評価方法

製品・仕掛品・原材料

 売価還元法による原価法。但し、原材料のうち飼料については先入先出法による原価法(いずれも貸借対照表価額は収益性の低下に基づく簿価切下げの方法により算定)

貯蔵品

 最終仕入原価法

 

2.固定資産の減価償却の方法

有形固定資産

 定率法(但し、1998年4月1日以後に取得した建物(附属設備を除く)並びに2016年4月1日以後に取得する建物附属設備及び構築物については定額法)を採用しております。

 なお、主な耐用年数は次のとおりであります。

建物

2〜47年

構築物

2〜35年

機械及び装置

4〜9年

工具、器具及び備品

2〜10年

 

3.外貨建の資産及び負債の本邦通貨への換算基準

 外貨建金銭債権債務は、原則として期末日の直物為替相場により円貨に換算し、換算差額は損益として処理しております。

 

4.引当金の計上基準

(1)貸倒引当金

 債権の貸倒れによる損失に備えるため、一般債権については貸倒実績率により、貸倒懸念債権等特定の債権については個別に回収可能性を検討し、回収不能見込額を計上しております。

(2)役員賞与引当金

 役員の賞与支給に備えるため、当事業年度末における支給見込額に基づき計上しております。

(3)退職給付引当金

 従業員の退職給付に備えるため、当事業年度末における退職給付債務の見込額に基づき計上しております。なお、退職給付債務及び退職給付費用の計算に、退職給付に係る期末自己都合要支給額を退職給付債務とする方法を用いた簡便法を適用しております。

(4)役員退職慰労引当金

 役員の退職慰労金の支給に備えるため、内規に基づく期末要支給見込額を計上しております。

 

5.その他財務諸表作成のための基本となる重要な事項

消費税等の会計処理

 消費税及び地方消費税の会計処理は、税抜方式によっております。

(追加情報)

繰延税金資産の回収可能性に関する適用指針の適用

 「繰延税金資産の回収可能性に関する適用指針」(企業会計基準適用指針第26号 平成28年3月28日)を当事業年度から適用しております

 

(貸借対照表関係)

※1 担保に供している資産及び担保に係る債務

 

前事業年度

(2016年6月30日)

当事業年度

(2017年6月30日)

 建物

23百万円(  −百万円)

19百万円(  −百万円)

 土地

1,756       ( 560   )

1,755       ( 560   )

1,779       ( 560   )

1,775       ( 560   )

 

(注) ( )書きは内書で工場財団抵当に供している資産を示しております。なお、上記資産には、銀行取引に関わる根抵当権及び抵当権が設定されておりますが、担保に係る債務はありません。

 

※2 有形固定資産の圧縮記帳額

 有形固定資産の取得価額から控除している国庫補助金、保険差益等の受入れによる圧縮記帳累計額は、次のとおりであります。

 

前事業年度

(2016年6月30日)

当事業年度

(2017年6月30日)

建物

45百万円

45百万円

(うち当事業年度の圧縮記帳額)

(−)

(−)

工具、器具及び備品

140

173

(うち当事業年度の圧縮記帳額)

(30)

(33)

185

218

 

(損益計算書関係)

※1 関係会社との取引高

 

前事業年度

(自 2015年7月1日

至 2016年6月30日)

当事業年度

(自 2016年7月1日

至 2017年6月30日)

営業取引による取引高

 

 

売上高

365百万円

347百万円

仕入高

5,422

5,222

その他

389

379

営業取引以外の取引による取引高

73

109

 

※2 販売費及び一般管理費のうち主要な費目及び金額並びにおおよその割合は、次のとおりであります。

 

前事業年度

(自 2015年7月1日

  至 2016年6月30日)

当事業年度

(自 2016年7月1日

  至 2017年6月30日)

販売手数料

182百万円

182百万円

荷造運搬費

1,027

1,078

役員賞与引当金繰入額

18

21

役員退職慰労引当金繰入額

4

4

退職給付費用

5

5

減価償却費

18

15

 

おおよその割合

 

 

販売費

69%

69%

一般管理費

31%

31%

 

(有価証券関係)

 子会社株式及び関連会社株式(当事業年度の貸借対照表計上額は子会社株式187百万円、関連会社株式5百万円、前事業年度の貸借対照表計上額は子会社株式187百万円、関連会社株式5百万円)は、市場価格がなく、時価を把握することが極めて困難と認められることから、記載しておりません。

(税効果会計関係)

1.繰延税金資産及び繰延税金負債の発生の主な原因別の内訳

 

前事業年度

(2016年6月30日)

 

当事業年度

(2017年6月30日)

繰延税金資産

 

 

 

退職給付引当金

37百万円

 

40百万円

役員退職慰労引当金

15

 

17

減損損失

141

 

142

投資有価証券評価損

1

 

1

未払事業税

24

 

27

その他

20

 

20

繰延税金資産小計

240

 

248

評価性引当額

△160

 

△163

繰延税金資産合計

80

 

85

繰延税金負債

 

 

 

特別償却準備金

△307

 

△314

その他有価証券評価差額金

△17

 

△31

繰延税金負債合計

△325

 

△346

繰延税金負債の純額

△245

 

△261

 

2.法定実効税率と税効果会計適用後の法人税等の負担率との間に重要な差異があるときの、当該差異の原因となった主要な項目別の内訳

 

前事業年度

(2016年6月30日)

 

当事業年度

(2017年6月30日)

法定実効税率

32.8%

 

30.7%

(調整)

 

 

 

 

 

留保金課税に課される税金

3.7

 

4.6

受取配当金等永久に益金に算入されない項目

△1.2

 

△1.1

評価性引当額

5.4

 

0.1

法人税額の特別控除額

△1.2

 

△0.9

法人税等の税率変更による期末繰延税金資産及び期末繰延税金負債の減額修正

△0.7

 

その他

1.3

 

0.5

税効果会計適用後の法人税等の負担率

40.1

 

33.9

 

(重要な後発事象)

 該当事項はありません。

 

④【附属明細表】
【有形固定資産等明細表】

(単位:百万円)

 

区分

資産の種類

当期首残高

当期増加額

当期減少額

当期償却額

当期末残高

減価償却累計額

有形固定資産

建物

378

86

7

41

415

1,204

構築物

71

45

0

21

95

259

機械及び装置

1

0

0

151

車両運搬具

0

0

0

13

工具、器具及び備品

1,318

447

59

(     33)

380

1,326

3,125

土地

2,077

1

3

[      3]

2,075

建設仮勘定

36

586

580

42

3,883

1,167

651

[      3]

(     33)

444

3,956

4,754

 (注)1.当期増加額のうち主なものは、次のとおりであります。

工具、器具及び備品

肥育施設主要設備      256百万円

鶏肉加工工場主要設備    147

2.当期減少額のうち[ ]書は内書きで、減損損失の計上額であります。

3.当期減少額のうち( )書は内書きで、取得価額から直接控除した圧縮記帳額であります。

【引当金明細表】

(単位:百万円)

科目

当期首残高

当期増加額

当期減少額

当期末残高

役員賞与引当金

18

21

18

21

役員退職慰労引当金

51

4

55

 

 

(2)【主な資産及び負債の内容】

     連結財務諸表を作成しているため、記載を省略しております。

(3)【その他】

     該当事項はありません。





出典: 株式会社アクシーズ、2017-06-30 期 有価証券報告書