有価証券報告書を3社、または3期分比較分析できる! いますぐトライアルで試す >>
 






セクション一覧

(セグメント情報)

【事業の種類別セグメント情報】

前連結会計年度(自平成15年4月1日 至平成16年3月31日)

 

 

資源部門

(百万円)

金属及び

金属加工

部門

(百万円)

電子材料

及び

機能性

材料部門

(百万円)

住宅・

建材部門

(百万円)

その他

部門

(百万円)

(百万円)

消去又は

全社

(百万円)

連結

(百万円)

Ⅰ 売上高及び

営業利益

 

 

 

 

 

 

 

 

売上高

 

 

 

 

 

 

 

 

(1) 外部顧客に対す

る売上高

16,437

226,148

136,272

15,370

7,904

402,131

402,131

(2) セグメント間の

内部売上高又は

振替高

8,878

47,239

6,404

7

2,300

64,828

△64,828

25,315

273,387

142,676

15,377

10,204

466,959

△64,828

402,131

営業費用

20,855

260,820

137,064

15,370

9,813

443,922

△64,569

379,353

営業利益

4,460

12,567

5,612

7

391

23,037

△259

22,778

Ⅱ 資産、減価償却費

及び資本的支出

 

 

 

 

 

 

 

 

資産

52,326

219,816

116,395

14,125

39,869

442,531

75,399

517,930

減価償却費

2,947

4,676

8,273

656

472

17,024

800

17,824

資本的支出

3,001

27,878

12,168

233

1,153

44,433

2,107

46,540

 

当連結会計年度(自平成16年4月1日 至平成17年3月31日)

 

 

資源部門

(百万円)

金属及び

金属加工

部門

(百万円)

電子材料

及び

機能性

材料部門

(百万円)

住宅・

建材部門

(百万円)

その他

部門

(百万円)

(百万円)

消去又は

全社

(百万円)

連結

(百万円)

Ⅰ 売上高及び

営業利益

 

 

 

 

 

 

 

 

売上高

 

 

 

 

 

 

 

 

(1) 外部顧客に対す

る売上高

22,715

284,332

147,987

15,316

14,235

484,585

484,585

(2) セグメント間の

内部売上高又は

振替高

10,356

48,846

6,877

469

8,884

75,432

△75,432

33,071

333,178

154,864

15,785

23,119

560,017

△75,432

484,585

営業費用

23,100

305,477

147,599

14,605

20,671

511,452

△74,760

436,692

営業利益

9,971

27,701

7,265

1,180

2,448

48,565

△672

47,893

Ⅱ 資産、減価償却費、

減損損失及び

資本的支出

 

 

 

 

 

 

 

 

資産

64,384

265,667

112,837

14,248

49,087

506,223

67,702

573,925

減価償却費

2,751

6,354

8,943

653

1,290

19,991

587

20,578

減損損失

156

251

407

856

1,263

資本的支出

7,036

15,192

12,578

257

1,179

36,242

246

36,488

(注) 1 事業区分の方法及び各区分に属する主要な製品又は事業の内容

  企業集団が採用している利益センター区分を基礎に製品の種類、性質及び製造方法などを勘案し区分しております。

 

事業区分

主要製品等

資源部門

金銀鉱、銅精鉱及び電気銅、地質調査等

金属及び金属加工部門

電気銅、電気金、ニッケル、伸銅品等

電子材料及び機能性材料部門

エレクトロニクス材料、電子部品、機能性材料

住宅・建材部門

軽量気泡コンクリート(シポレックス)、住宅等の設計施工等

その他部門

使用済み触媒からの有価金属の回収及び販売、原子力エンジニアリング等

2 資産のうち消去又は全社の項目に含めた全社資産の金額は、前連結会計年度83,326百万円、当連結会計年度85,444百万円であり、その主なものは、当社での余資運用資金(現金及び預金)、長期投資資金(投資有価証券)及び管理部門に係る資産等であります。

3 会計処理の変更

 当連結会計年度(自平成16年4月1日 至平成17年3月31日)

 (1) たな卸資産の評価方法の変更

    「会計処理の変更」に記載のとおり、当社の貯蔵品を除く貴金属系たな卸資産及び電子材料系たな卸資産以外のたな卸資産の評価方法については、従来後入先出法にもとづく原価法を採用しておりましたが、当連結会計年度より先入先出法にもとづく原価法を適用しております。この変更に伴い、従来と同一の方法によった場合と比較して、営業利益は、資源部門が14百万円、金属及び金属加工部門が10,605百万円、電子材料及び機能性材料部門が494百万円、それぞれ増加しております。

 

【所在地別セグメント情報】

前連結会計年度(自平成15年4月1日 至平成16年3月31日)

 

 

日本

(百万円)

北米

(百万円)

東南アジア

(百万円)

その他

(百万円)

(百万円)

消去又は

全社

(百万円)

連結

(百万円)

Ⅰ 売上高及び営業利益

 

 

 

 

 

 

 

売上高

 

 

 

 

 

 

 

(1) 外部顧客に対する

売上高

348,074

14,842

29,121

10,094

402,131

402,131

(2) セグメント間の内部

売上高又は振替高

21,159

758

1,309

23,226

△23,226

369,233

14,842

29,879

11,403

425,357

△23,226

402,131

営業費用

347,562

14,164

29,274

11,324

402,324

△22,971

379,353

営業利益

21,671

678

605

79

23,033

△255

22,778

Ⅱ 資産

388,929

33,748

38,928

13,776

475,381

42,549

517,930

 

当連結会計年度(自平成16年4月1日 至平成17年3月31日)

 

 

日本

(百万円)

北米

(百万円)

東南アジア

(百万円)

その他

(百万円)

(百万円)

消去又は

全社

(百万円)

連結

(百万円)

Ⅰ 売上高及び営業利益

 

 

 

 

 

 

 

売上高

 

 

 

 

 

 

 

(1) 外部顧客に対する

売上高

419,109

20,560

34,097

10,819

484,585

484,585

(2) セグメント間の内部

売上高又は振替高

25,604

282

2,452

28,338

△28,338

444,713

20,560

34,379

13,271

512,923

△28,338

484,585

営業費用

403,820

15,145

33,733

12,317

465,015

△28,323

436,692

営業利益

40,893

5,415

646

954

47,908

△15

47,893

Ⅱ 資産

433,342

48,872

39,468

24,637

546,319

27,606

573,925

(注) 1 地域は、地理的近接度により区分しております。

2 本邦以外の各区分に属する主な国又は地域の内訳は次のとおりであります。

(1) 北米…米国、カナダ

(2) 東南アジア…シンガポール、マレーシアなど

(3) その他…オーストラリア、台湾など

3 資産のうち消去又は全社の項目に含めた全社資産の金額は、「1 事業の種類別セグメント情報」の「注2」と同一であります。

4 会計処理の変更

 当連結会計年度(自平成16年4月1日 至平成17年3月31日)

 (1) たな卸資産の評価方法の変更

    「会計処理の変更」に記載のとおり、当社の貯蔵品を除く貴金属系たな卸資産及び電子材料系たな卸資産以外のたな卸資産の評価方法については、従来後入先出法にもとづく原価法を採用しておりましたが、当連結会計年度より先入先出法にもとづく原価法を適用しております。この変更に伴い、従来と同一の方法によった場合と比較して、日本の営業利益は、11,113百万円増加しております。

 

【海外売上高】

前連結会計年度(自平成15年4月1日 至平成16年3月31日)

 

 

北米

東南アジア

東アジア

その他

Ⅰ 海外売上高(百万円)

18,896

28,916

75,452

3,111

126,375

Ⅱ 連結売上高(百万円)

402,131

Ⅲ 海外売上高の連結売上高に

占める割合(%)

4.7

7.2

18.7

0.8

31.4

 

当連結会計年度(自平成16年4月1日 至平成17年3月31日)

 

 

北米

東南アジア

東アジア

その他

Ⅰ 海外売上高(百万円)

25,296

35,441

97,674

3,550

161,961

Ⅱ 連結売上高(百万円)

484,585

Ⅲ 海外売上高の連結売上高に

占める割合(%)

5.2

7.3

20.2

0.7

33.4

(注) 1 地域は、地理的近接度により区分しております。

2 各区分に属する主な国または地域の内訳は次のとおりであります。

(1) 北米…米国、カナダ

(2) 東南アジア…タイ、フィリピン、シンガポールなど

(3) 東アジア…台湾、中国、韓国

(4) その他…オランダ、イギリスなど

3 海外売上高は、当社及び連結子会社の本邦以外の国または地域における売上高であります。

 

【関連当事者との取引】

前連結会計年度(自平成15年4月1日 至平成16年3月31日)

記載すべき該当事項はありません。

 

当連結会計年度(自平成16年4月1日 至平成17年3月31日)

記載すべき該当事項はありません。

 

(1株当たり情報)

 

前連結会計年度

(自 平成15年4月1日

至 平成16年3月31日)

当連結会計年度

(自 平成16年4月1日

至 平成17年3月31日)

1株当たり純資産額

443.29円

1株当たり純資産額

497.57円

1株当たり当期純利益

34.76円

1株当たり当期純利益

64.77円

なお、潜在株式調整後1株当たり当期純利益金額については、新株予約権付社債等潜在株式がないため記載しておりません。

なお、潜在株式調整後1株当たり当期純利益金額については、希薄化効果を有している潜在株式が存在しないため記載しておりません。

(注) 1株当たり当期純利益金額の算定上の基礎は、以下のとおりであります。

 

 

前連結会計年度

(自 平成15年4月1日

至 平成16年3月31日)

当連結会計年度

(自 平成16年4月1日

至 平成17年3月31日)

当期純利益(百万円)

19,882

37,017

普通株主に帰属しない金額(百万円)

37

52

(うち利益処分による取締役賞与金(百万円))

37

52

普通株式に係る当期純利益(百万円)

19,845

36,965

普通株式の期中平均株式数(千株)

570,929

570,679

希薄化効果を有しないため、潜在株式調整後1株当たり当期純利益金額の算定に含めなかった潜在株式の概要

 2009年満期円貨建転換社債型新株予約権付社債(額面総額200億円)

 なお、これらの概要は、「新株予約権等の状況」に記載のとおりであります。

 

(重要な後発事象)

 

前連結会計年度

(自 平成15年4月1日

至 平成16年3月31日)

当連結会計年度

(自 平成16年4月1日

至 平成17年3月31日)

当社は、平成16年6月3日開催の取締役会において、2009年満期円貨建転換社債型新株予約権付社債(発行総額200億円)の発行を決議いたしました。

 

上記の詳細については、「第5 経理の状況 2.財務諸表等」の重要な後発事象に記載しております。

—————

 





出典: 住友金属鉱山株式会社、2005-03-31 期 有価証券報告書