有価証券報告書を3社、または3期分比較分析できる! いますぐトライアルで試す >>
 






セクション一覧
第5【経理の状況】
連結財務諸表及び財務諸表の作成方法について
(1)当社の連結財務諸表は、「連結財務諸表の用語、様式及び作成方法に関する規則」(昭和51年大蔵省令第28号。以下「連結財務諸表規則」という。)に基づいて作成しております。
 なお、前連結会計年度(平成18年4月1日から平成19年3月31日まで)は、改正前の連結財務諸表規則に基づき、当連結会計年度(平成19年4月1日から平成20年3月31日まで)は、改正後の連結財務諸表規則に基づいて作成しております。
(2)当社の財務諸表は、「財務諸表等の用語、様式及び作成方法に関する規則」(昭和38年大蔵省令第59号。以下「財務諸表等規則」という。)に基づいて作成しております。
 なお、前事業年度(平成18年4月1日から平成19年3月31日まで)は、改正前の財務諸表等規則に基づき、当事業年度(平成19年4月1日から平成20年3月31日まで)は、改正後の財務諸表等規則に基づいて作成しております。
監査証明について
 当社は、証券取引法第193条の2の規定に基づき、前連結会計年度(平成18年4月1日から平成19年3月31日まで)の連結財務諸表及び前事業年度(平成18年4月1日から平成19年3月31日まで)の財務諸表について、並びに、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、当連結会計年度(平成19年4月1日から平成20年3月31日まで)の連結財務諸表及び当事業年度(平成19年4月1日から平成20年3月31日まで)の財務諸表について、なごみ監査法人により監査を受けております。
1【連結財務諸表等】
(1)【連結財務諸表】
①【連結貸借対照表】
   
前連結会計年度
(平成19年3月31日)
当連結会計年度
(平成20年3月31日)
区分
注記
番号
金額(千円)
構成比
(%)
金額(千円)
構成比
(%)
(資産の部)
             
Ⅰ 流動資産
             
1.現金及び預金
 
 
5,636,153
   
1,191,370
 
2.受取手形及び売掛金
   
107,672
   
44,596
 
3.たな卸資産
※4
 
10,323,708
   
10,350,565
 
4.短期貸付金
   
7,476,357
   
 
5.その他
※2
 
908,631
   
305,863
 
6.貸倒引当金
   
△80,655
   
△2,661
 
流動資産合計
   
24,371,867
48.5
 
11,889,734
88.7
Ⅱ 固定資産
             
1.有形固定資産
 
           
(1)建物及び構築物
※2.4
727,464
   
319,892
   
減価償却累計額
 
332,008
395,456
 
116,783
203,109
 
(2)機械装置及び運搬具
※2
639,334
   
327,921
   
減価償却累計額
 
376,537
262,796
 
164,304
163,617
 
(3)土地
※2.4
 
640,656
   
547,511
 
(4)その他
※2
65,578
   
68,992
   
減価償却累計額
 
39,656
25,922
 
45,692
23,299
 
有形固定資産合計
   
1,324,832
2.6
 
937,537
7.0
2.無形固定資産
             
(1) その他
※4
 
5,588
   
4,235
 
無形固定資産合計
   
5,588
0.0
 
4,235
0.0

 

   
前連結会計年度
(平成19年3月31日)
当連結会計年度
(平成20年3月31日)
区分
注記
番号
金額(千円)
構成比
(%)
金額(千円)
構成比
(%)
3.投資その他の資産
             
(1)投資有価証券
※1
 
3,508,571
   
100,071
 
(2)長期貸付金
   
18,566,008
   
 
(3)長期未収入金
   
2,563,025
   
361,539
 
(4)出資金
   
12,150
   
12,150
 
(5)その他
 
 
438,396
   
453,467
 
(6)貸倒引当金
   
△520,258
   
△361,539
 
投資その他の資産合計
   
24,567,893
48.9
 
565,689
4.2
固定資産合計
   
25,898,314
51.5
 
1,507,461
11.3
Ⅲ 繰延資産
             
1.新株発行費
   
11,917
   
 
繰延資産合計
   
11,917
0.0
 
資産合計
   
50,282,099
100.0
 
13,397,196
100.0
               

 

   
前連結会計年度
(平成19年3月31日)
当連結会計年度
(平成20年3月31日)
区分
注記
番号
金額(千円)
構成比
(%)
金額(千円)
構成比
(%)
(負債の部)
             
Ⅰ 流動負債
             
1.支払手形及び買掛金
   
62,682
   
39,206
 
2.短期借入金
※2
 
135,459
   
113,322
 
3.未払金
   
64,206
   
77,561
 
4.未払法人税等
   
89,692
   
71,071
 
5. 債務保証損失引当金
   
   
40,354
 
6.その他
   
25,481
   
51,830
 
流動負債合計
   
377,522
0.7
 
393,347
2.9
Ⅱ 固定負債
             
1.長期借入金
※2
 
153,523
   
40,201
 
2.長期未払金
 
 
114,392
   
101,046
 
3.金属鉱業等鉱害防止引当金
   
7,033
   
7,033
 
4.預り敷金保証金
   
16,178
   
13,333
 
5. 債務保証損失引当金
   
   
89,264
 
固定負債合計
   
291,127
0.6
 
250,878
1.9
負債合計
   
668,649
1.3
 
644,225
4.8
(純資産の部)
 
 
 
 
 
 
 
Ⅰ 株主資本
 
 
 
 
 
 
 
1.資本金
 
 
41,159,265
81.9
 
41,159,265
307.2
2.資本剰余金
 
 
6,826,247
13.6
 
6,826,247
50.9
3.利益剰余金
 
 
1,624,656
3.2
 
△35,203,902
△262.7
4.自己株式
 
 
△30,196
△0.1
 
△30,613
△0.2
  株主資本合計
 
 
49,579,972
98.6
 
12,750,997
95.2
Ⅱ 少数株主持分
 
 
33,477
0.1
 
1,973
0.0
純資産合計
 
 
49,613,450
98.7
 
12,752,970
95.2
負債純資産合計
 
 
50,282,099
100.0
 
13,397,196
100.0
               
②【連結損益計算書】
   
前連結会計年度
(自 平成18年4月1日
至 平成19年3月31日)
当連結会計年度
(自 平成19年4月1日
至 平成20年3月31日)
区分
注記
番号
金額(千円)
百分比
(%)
金額(千円)
百分比
(%)
Ⅰ 売上高
   
23,459,724
100.0
 
31,287,998
100.0
Ⅱ 売上原価
 
 
20,406,314
87.0
 
29,583,041
94.5
売上総利益
   
3,053,410
13.0
 
1,704,956
5.5
Ⅲ 販売費及び一般管理費
※1
 
1,791,628
7.6
 
1,807,841
5.8
営業損失
   
 
102,885
△0.3
営業利益
   
1,261,781
5.4
 
Ⅳ 営業外収益
             
1.受取利息
 
18,408
   
7,638
   
2. 有価証券売却益
 
11,212
   
   
3.国庫補助金収入
 
9,072
   
11,364
   
4.設備使用料
 
28,400
   
   
5.その他
 
21,062
88,154
0.3
48,013
67,015
0.2
Ⅴ 営業外費用
             
1.支払利息
 
5,714
   
6,723
   
2.新株発行費償却
 
26,716
   
11,917
   
3. 有価証券売却損
 
   
16,692
   
4. 株式交付費
 
26,664
   
   
5.休山管理費
 
122,330
   
95,718
   
6.その他
 
17,652
199,078
0.8
10,873
141,925
0.5
経常損失
   
 
177,795
△0.6
経常利益
   
1,150,857
4.9
 

 

   
前連結会計年度
(自 平成18年4月1日
至 平成19年3月31日)
当連結会計年度
(自 平成19年4月1日
至 平成20年3月31日)
区分
注記
番号
金額(千円)
百分比
(%)
金額(千円)
百分比
(%)
Ⅵ 特別利益
             
1.貸倒引当金戻入額
 
475,500
   
255,400
   
2.損害賠償金収入
 
39,075
   
   
3.その他
 
514,575
2.2
689
256,089
0.8
Ⅶ 特別損失
             
1.固定資産売却損
 
2,360
   
   
2.固定資産除却損
※2
27,164
   
227,106
   
3.貸倒引当金繰入額
 
319,299
   
54,280
   
4.投資有価証券売却損 
 
48,667
   
   
5. 投資有価証券評価損
 
   
11,390
   
6. 債権譲渡損
 
   
35,496,007
   
7. 減損損失
※3
   
129,420
   
8. 債務保証損失引当金繰入額
 
   
129,619
   
9. 保証債務履行損失
 
39,075
   
   
10.その他
 
23,482
460,050
2.0
432
36,048,256
115.2
税金等調整前当期純損失
   
 
35,969,962
△115.0
税金等調整前当期純利益
   
1,205,382
5.1
 
法人税、住民税及び事業税
   
20,958
0.1
 
21,076
0.1
少数株主利益
   
1,139
0.0
 
少数株主損失
   
 
31,504
△0.1
当期純損失
   
 
35,959,534
△115.0
当期純利益
   
1,183,284
5.0
 
               
③【連結株主資本等変動計算書】
前連結会計年度(自 平成18年4月1日 至 平成19年3月31日)
 
株主資本

 少数株主
 持  分

純資産合計
資本金
資本剰余金
利益剰余金
自己株式
株主資本合計
平成18年3月31日 残高(千円)
38,789,465
7,094,121
△2,196,302
△29,879
43,657,405
32,337
43,689,743
連結会計年度中の変動額
             
新株の発行
2,369,800
2,369,800
 
 
4,739,600
 
4,739,600
欠損てん補のための取崩し
 
△2,637,674
2,637,674
 
 
当期純利益
 
 
1,183,284
 
1,183,284
 
1,183,284
自己株式の取得
 
 
 
△317
△317
 
△317
株主資本以外の項目の連結会計年度中の変動額(純額)
 
 
 
 
1,139
1,139
連結会計年度中の変動額合計
(千円)
2,369,800
△267,874
3,820,959
△317
5,922,567
1,139
5,923,706
平成19年3月31日 残高(千円)
41,159,265
6,826,247
1,624,656
△30,196
49,579,972
33,477
49,613,450
当連結会計年度(自 平成19年4月1日 至 平成20年3月31日)
 
株主資本

 少数株主
 持  分

純資産合計
資本金
資本剰余金
利益剰余金
自己株式
株主資本合計
平成19年3月31日 残高(千円)
41,159,265
6,826,247
1,624,656
△30,196
49,579,972
33,477
49,613,450
連結会計年度中の変動額
             
剰余金の配当
 
 
△869,024
 
△869,024
 
△869,024
当期純損失
 
 
△35,959,534
 
△35,959,534
 
△35,959,534
自己株式の取得
 
 
 
△416
△416
 
△416
株主資本以外の項目の連結会計年度中の変動額(純額)
 
 
 
 
△31,504
△31,504
連結会計年度中の変動額合計
(千円)
△36,828,558
△416
△36,828,975
△31,504
△36,860,479
平成20年3月31日 残高(千円)
41,159,265
6,826,247
△35,203,902
△30,613
12,750,997
1,973
12,752,970
④【連結キャッシュ・フロー計算書】
 
前連結会計年度
(自 平成18年4月1日
至 平成19年3月31日)
当連結会計年度
(自 平成19年4月1日
至 平成20年3月31日)
区分
金額(千円)
金額(千円)
Ⅰ 営業活動によるキャッシュ・フロー
   
税金等調整前当期純利益(△純損失)
1,205,382
△35,969,962
減価償却費
104,868
91,655
貸倒引当金の増加額(△減少額)
△156,200
△236,713
債務保証損失引当金の増加額(△減少額)
129,619
受取利息及び受取配当金
△18,408
△7,638
支払利息
5,714
6,723
有形固定資産売却益
△93
有形固定資産売却損 
2,360
債務保証履行損失
39,075
有形固定資産除却損
26,801
227,106
減損損失
129,420
有価証券売却益
△11,212
有価証券売却損
16,692
有価証券評価益
△4,865
有価証券評価損
6,823
投資有価証券評価損
5,528
11,390
債権譲渡益
△585
債権譲渡損
35,496,007
損害賠償金収入
△39,075
新株発行費償却
26,716
11,917
売上債権の減少額(△増加額)
△41,319
63,075
たな卸資産の減少額(△増加額)
△3,365,625
△74,144
仕入債務の増加額(△減少額)
28,956
△23,476
未払金の増加額(△減少額)
△7,500
長期未払金の増加額(△減少額)
△13,346
預り金の増加額(△減少額)
△25,263
△77,638
仮受金の増加額(△減少額)
3,033
前渡金の減少額(△増加額)
499,647
未収入金の減少額(△増加額)
3,659
32,166
未払法人税等の増加額(△減少額)
△1,714
△19,952
未収消費税等の減少額(△増加額)
△24,461
47,638
未払消費税等の増加額(△減少額)
△4,060
15,756
その他
△363,259
△98,735
小計
△2,602,214
254,700
利息及び配当金の受取額
8,796
7,609
利息の支払額
△5,714
△6,723
保証債務の履行による支払額
△339,076
損害賠償金の受取による収入
339,076
法人税等の支払額
△20,889
△20,963
営業活動によるキャッシュ・フロー
△2,620,022
234,623

 

 
前連結会計年度
(自 平成18年4月1日
至 平成19年3月31日)
当連結会計年度
(自 平成19年4月1日
至 平成20年3月31日)
区分
金額(千円)
金額(千円)
Ⅱ 投資活動によるキャッシュ・フロー
   
出資金の増加による支出
△500
有価証券の取得による支出
△540,474
△430,123
有価証券の売却による収入
435,635
509,770
有形固定資産の取得による支出
△172,733
△44,068
有形固定資産の売却による収入
341,597
602
投資有価証券の取得による支出
△4,876
△3,629
投資有価証券の売却による収入
48,682
投資有価証券の償還による収入
2,800,000
3,400,000
無形固定資産の取得による支出
△47
無形固定資産の売却による収入
10
貸付けの債権譲渡による収入
144,187
短期貸付けによる支出
△11,512,250
△2,112,000
短期貸付金の回収による収入
7,971,718
6,248,335
長期貸付けによる支出
△5,600,000
△20,100,000
長期貸付金の回収による収入
6,415,293
6,348,311
長期未収入金の回収による収入
632,000
2,291,486
敷金保証金の増加による支出
△5,522
△19,839
敷金保証金の減少による収入
8,154
3,173
投資活動によるキャッシュ・フロー
816,686
△3,763,794
Ⅲ 財務活動によるキャッシュ・フロー
   
長期借入金の返済による支出
△139,757
△135,459
配当金の支払額
△779,736
株式の発行による収入
4,739,600
自己株式の取得による支出
△317
△416
財務活動によるキャッシュ・フロー
4,599,525
△915,611
Ⅳ 現金及び現金同等物の増加額(△減少額)
2,796,188
△4,444,782
Ⅴ 現金及び現金同等物の期首残高
2,839,964
5,636,153
Ⅵ 現金及び現金同等物の期末残高
5,636,153
1,191,370
     
連結財務諸表作成のための基本となる重要な事項
項目
前連結会計年度
(自 平成18年4月1日
至 平成19年3月31日)
当連結会計年度
(自 平成19年4月1日
至 平成20年3月31日)
1.連結の範囲に関する事項
(1)連結子会社の数  1社
連結子会社の名称
 ㈱インテックス
(1)連結子会社の数  1社
連結子会社の名称
同左
 
(2)主要な非連結子会社の名称等
  ㈱ベンチャーサポート・キャピタル
  中外化学㈱
──────
(2)主要な非連結子会社の名称等
  ㈱キャリアメイト
  中外化学㈱
  なお、㈱キャリアメイトは、平成19年11月29日に㈱ベンチャーサポート・キャピタルから社名を変更しております。
 
(連結の範囲から除いた理由)
 非連結子会社は、総資産、売上高、当  期純損益(持分に見合う額)および利益剰余金(持分に見合う額)等からみて小規模であり、かつ、全体としても連結財務諸表に重要な影響を及ぼしていないためであります。         
(連結の範囲から除いた理由)
同左
2.持分法の適用に関する事項
(1)持分法適用の関連会社はありません。
(1)      同左
 
(2)持分法を適用しない非連結子会社(2社)はそれぞれ当期純損益(持分に見合う額)及び利益剰余金(持分に見合う額)等からみて、持分法の対象から除いても連結財務諸表に及ぼす影響が軽微であり、かつ全体としても重要性がないため持分法の適用範囲から除外しております。
(2)       同左
3.連結子会社の事業年度等に関する事項
 連結子会社の事業年度の末日は連結決算日と同一であります。
同左
4.会計処理基準に関する事項
   
(1)重要な資産の評価基準及び評価方法
イ 有価証券
(1)売買目的有価証券
 時価法(売却原価は移動平均法により算定)を採用しております。
イ 有価証券
(1)売買目的有価証券
      同左
 
(2)満期保有目的の債券
 償却原価法(定額法)を採用しております。
(2)満期保有目的の債券
同左 
 
(3)子会社株式
 移動平均法による原価法を採用しております。
(3)子会社株式
同左
 
(4)その他有価証券
時価のあるもの
 決算日の市場価格等に基づく時価法(評価差額は部分純資産直入法により処理し、売却原価は移動平均法により算定)を採用しております。
(4)その他有価証券
時価のあるもの
同左

 

項目
前連結会計年度
(自 平成18年4月1日
至 平成19年3月31日)
当連結会計年度
(自 平成19年4月1日
至 平成20年3月31日)
 
時価のないもの
 移動平均法による原価法を採用しております。
時価のないもの
同左
 
ロ デリバティブ
時価法を採用しております。
ロ デリバティブ
同左
 
ハ たな卸資産
当社
販売用不動産及び仕掛不動産
 個別法による原価法を採用しております。
ハ たな卸資産
当社
販売用不動産及び仕掛不動産
同左
 
販売用不動産及び仕掛不動産以外のたな卸資産
 総平均法による原価法を採用しております。
販売用不動産及び仕掛不動産以外のたな卸資産
同左
 
連結子会社㈱インテックス
商品及び仕掛不動産
 個別法による原価法を採用しております。
連結子会社㈱インテックス
商品及び仕掛不動産
同左
(2)重要な減価償却資産の減価償却の方法
イ 有形固定資産
 定率法を採用しております。(賃貸用資産については、定額法を採用しております。)
 ただし、平成10年4月1日以降に取得した建物(建物附属設備を除く)は定額法によっております。
イ 有形固定資産
同左
 
 なお、主要な耐用年数は次のとおりであります。
建物及び構築物   7〜50年
機械装置及び運搬具 5〜12年
 
 
──────
 (会計方針の変更)
 当社及び連結子会社は、法人税法の改正に伴い、当連結会計年度より、平成19年4月1日以降に取得した有形固定資産について、改正後の法人税法に基づく減価償却の方法に変更しております。
 この変更に伴う損益に与える影響とセグメント情報に与える影響は軽微であります。
 
ロ 無形固定資産
ロ 無形固定資産
 
 ソフトウェア
 ソフトウェア(自社利用)については、社内における利用可能期間(5年)に基づく定額法を採用しております。
 ソフトウェア
同左
 (3)繰延資産の処理方法
イ 新株発行費
 3年間で均等償却しております。
イ 新株発行費
同左

 

項目
前連結会計年度
(自 平成18年4月1日
至 平成19年3月31日)
当連結会計年度
(自 平成19年4月1日
至 平成20年3月31日)
(4)重要な引当金の計上基準
イ 貸倒引当金
 売上債権、貸付金等の貸倒れによる損失に備えるため、一般債権については貸倒実績率により、貸倒懸念債権等特定の債権については個別に回収可能性を勘案し、回収不能見込額を計上しております。
イ 貸倒引当金
同左
 
ロ 金属鉱業等鉱害防止引当金
 当社は、金属鉱業等鉱害対策特別措置法第7条第1項に規定する特定施設の使用の終了後における鉱害防止に要する費用の支出に備えるため、必要見積額を計上しております。
ロ 金属鉱業等鉱害防止引当金
同左
 
ハ     ──────
 
ハ 債務保証損失引当金
 関係会社への債務保証等に係る損失に備えるため、被保証者の財政状態等を勘案し、損失負担見込額を計上しております。
(5)重要なリース取引の処理方法
 リース物件の所有権が借主に移転すると認められるもの以外のファイナンス・リース取引については、通常の賃貸借取引に係る方法に準じた会計処理によっております。
同左
(6)重要なヘッジ会計の方法
(1)ヘッジ会計の方法
 繰延ヘッジ処理によっております。
(1)ヘッジ会計の方法
同左
 
(2)ヘッジ手段とヘッジ対象
ヘッジ手段・・商品先物取引
ヘッジ対象・・商品(非鉄金属)
(2)ヘッジ手段とヘッジ対象
ヘッジ手段・・同左
ヘッジ対象・・同左
 
(3)ヘッジ方針
 デリバティブ取引に関する権限規定及び取引限度額等を定めた内部規定に基づき、商品の価格変動リスクの低減並びに収支の改善のため、ヘッジ対象に係る価格変動リスクを一定の範囲内でヘッジしております。
(3)ヘッジ方針
同左
 
(4)ヘッジの有効性評価の方法
 ヘッジ対象とヘッジ手段の相場変動の累計額を半期毎に比較し、両者の変動額等を基礎にしてヘッジの有効性を評価しております。
(4)ヘッジの有効性評価の方法
同左
 (7)その他連結財務諸表作成のための重要な事項
 イ 消費税等の会計処理
 消費税等の会計処理は、税抜方式によっております。資産に係る控除対象外消費税等が発生した場合は、当該連結会計年度の費用として処理しております。
 イ 消費税等の会計処理
同左
5.連結子会社の資産及び負債の評価に関する事項
 連結子会社の資産及び負債の評価については、全面時価評価法を採用しております。
同左
6.連結キャッシュ・フロー計算書における資金の範囲
 手許現金、随時引き出し可能な預金からなっております。
同左
連結財務諸表作成のための基本となる重要な事項の変更
前連結会計年度
(自 平成18年4月1日
至 平成19年3月31日)
当連結会計年度
(自 平成19年4月1日
至 平成20年3月31日)
 (貸借対照表の純資産の部の表示に関する会計基準)
──────
 当連結会計年度より、「貸借対照表の純資産の部の表示に関する会計基準」(企業会計基準第5号 平成17年12月9日)及び「貸借対照表の純資産の部の表示に関する会計基準等の適用指針」(企業会計基準適用指針第8号 平成17年12月9日)を適用しております。
 これまでの資本の部の合計に相当する金額は49,579,972千円であります。
 なお、当連結会計年度における連結貸借対照表の純資産の部については、連結財務諸表規則の改正に伴い、改正後の連結財務諸表規則により作成しております。
 
 (金融商品に関する会計基準等)
──────
 従来、株式発行に係る費用は新株発行費として、繰延資産に計上し、毎期均等額を償却してきましたが、当連結会計年度より、「繰延資産の会計処理に関する当面の取扱い」(実務対応報告第19号 平成18年8月11日)を適用しており、株式交付費として全額費用として処理しております。
 この変更により、従来と同一の基準によった場合に比べ、経常利益及び税金等調整前当期純利益は17,776千円減少しております。
 
注記事項
(連結貸借対照表関係)
前連結会計年度
(平成19年3月31日)
当連結会計年度
(平成20年3月31日)
※1.非連結子会社に対するものは次のとおりであります。
※1.非連結子会社に対するものは次のとおりであります。
投資有価証券(株式)     100,000千円
投資有価証券(株式)     100,000千円
※2.担保に供している資産並びに担保付債務は次のとおりであります。
※2.担保に供している資産並びに担保付債務は次のとおりであります。
担保資産
(千円)
(千円)
流動資産の「その他」
14,000
(−)
建物及び構築物
165,760
(165,760)
機械装置及び運搬具
70,938
(70,938)
土地
126,539
(86,139)
有形固定資産の「その他」
331
(331)
合計
377,570
(323,170)
担保付債務
   
短期借入金
5,459
(5,459)
長期借入金
7,052
(7,052)
物上保証
159,600
(159,600)
合計
172,111
(172,111)
担保資産
(千円)
(千円)
流動資産の「その他」
14,000
(−)
土地
27,388
(27,388)
合計
41,388
(27,388)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
担保付債務
   
短期借入金
3,401
(3,401)
長期借入金
3,651
(3,651)
物上保証
123,600
(123,600)
合計
130,652
(130,652)
 上記のうち( )は内書きで鉱業・工場財団抵当並びに当該債務を示しております。
 上記のうち( )は内書きで鉱業・工場財団抵当並びに当該債務を示しております。
物上保証内訳
物上保証内訳
 下記の会社の金融機関等の借入金について、物上保証を行っております。
 下記の会社の金融機関等の借入金について、物上保証を行っております。
 
(千円)
中外化学株式会社
159,600
 
(千円)
中外化学株式会社
123,600
 物上保証に供している資産
 物上保証に供している資産
建物及び構築物
161,942
(161,942)
機械装置及び運搬具
69,688
(69,688)
土地
75,801
(35,401)
307,431
(267,031)
 土地
0
(0)
 
 
 
 上記のうち( )は内書きで工場財団抵当並びに当該債務を示しております。
 上記のうち( )は内書きで工場財団抵当並びに当該債務を示しております。

 

前連結会計年度
(平成19年3月31日)
当連結会計年度
(平成20年3月31日)
 当社が物上保証しておりました土地、建物について、保証債務を履行いたしましたが、債務者である東洋機工㈱に求償権に基づき保証額339,076千円を請求し全額回収いたしましたので、保証債務損失履行による損失はありません。上記金額には、39,075千円の損害賠償金収入が含まれており特別利益に計上しております。また、保証履行に伴う債務保証履行損失39,075千円は特別損失に計上しております。
               ──────
 3.偶発債務
 3.        ──────
保証債務
 下記の会社の金融機関借入金について保証を行っております。
 
 
   
 
(千円)
中外化学株式会社
159,600
 
 
 
 
※4.固定資産の保有目的の変更
従来固定資産として保有していた下記の資産の一部を保有目的の変更により、たな卸資産に振替えております。
 
(千円)
建物及び構築物
313,768
土地
4,874,612
建設仮勘定
280,491
無形固定資産の「その他」
461,057
5,929,929
※4.       ──────
 
(連結損益計算書関係)
前連結会計年度
(自 平成18年4月1日
至 平成19年3月31日)
当連結会計年度
(自 平成19年4月1日
至 平成20年3月31日)
※1.販売費及び一般管理費の主要な費目及び金額は次のとおりです。
※1.販売費及び一般管理費の主要な費目及び金額は次のとおりです。
 
(千円)
給料
642,462
地代家賃
375,557
支払手数料及び支払報酬
214,273
 
(千円)
給料
587,184
地代家賃
375,415
支払手数料及び支払報酬
241,714
※2.固定資産除却損内訳
※2.固定資産除却損内訳
 
(千円)
建物及び構築物
7,714
機械装置及び運搬具
17,815
その他
1,634
27,164
 
(千円)
建物及び構築物
160,661
機械装置及び運搬具
66,408
その他
37
227,106
※3.        ──────
※3.減損損失
 当連結会計年度において、当社グループは以下の資産グループについて減損損失を計上いたしました。
用途
場所
種類
減損金額(千円)
遊休資産
北海道上ノ国町
建物及び構築物
機械装置及び運搬具
土地
25,889
4,380
6,187
静岡県伊豆市
土地
77,774
島根県美都町
土地
15,189
129,420
 当社グループは、事業用の資産については事業区分に基づき、工場別・支店別等によりグルーピングしております。
 また、遊休資産については、個別資産別に減損損失認識を行っており、売却の可能性の極めて低いものについて、備忘価格1円とし、これを上回る金額を減損損失として特別損失に計上いたしました。
(連結株主資本等変動計算書関係)
前連結会計年度(自 平成18年4月1日 至 平成19年3月31日)
1.発行済株式の種類及び総数並びに自己株式の種類及び株式数に関する事項
 
前連結会計年度末株式数(株)
当連結会計年度増加株式数(株)
当連結会計年度減少株式数(株)
当連結会計年度末株式数(株)
発行済株式
       
普通株式
231,947,982
57,800,000
289,747,982
合計
231,947,982
57,800,000
289,747,982
自己株式
       
普通株式
70,192
3,087
73,279
合計
70,192
3,087
73,279
(注)1. 普通株式の発行済株式総数の増加57,800,000株は、第三者割当による新株の発行による増加であります。
   2. 普通株式の自己株式の株式数の増加3,087株は、単元未満株式の買取りによる増加であります。
2.配当に関する事項
基準日が当連結会計年度に属する配当のうち、配当の効力発生日が翌連結会計年度となるもの
決議
株式の種類
配当金の総額
(千円)
配当の原資
1株当たり配当額(円)
基準日
効力発生日
平成19年6月28日
定時株主総会
普通株式
869,024
利益剰余金
3
平成19年3月31日
平成19年6月29日
当連結会計年度(自 平成19年4月1日 至 平成20年3月31日)
1.発行済株式の種類及び総数並びに自己株式の種類及び株式数に関する事項
 
前連結会計年度末株式数(株)
当連結会計年度増加株式数(株)
当連結会計年度減少株式数(株)
当連結会計年度末株式数(株)
発行済株式
       
普通株式
289,747,982
289,747,982
合計
289,747,982
289,747,982
自己株式
       
普通株式
73,279
5,710
78,989
合計
73,279
5,710
78,989
(注)1. 普通株式の自己株式の株式数の増加5,710株は、単元未満株式の買取りによる増加であります。
2.配当に関する事項
配当金支払額
決議
株式の種類
配当金の総額
(千円)
1株当たり配当額(円)
基準日
効力発生日
平成19年6月28日
定時株主総会
普通株式
869,024
3
平成19年3月31日
平成19年6月29日
(連結キャッシュ・フロー計算書関係)
前連結会計年度
(自 平成18年4月1日
至 平成19年3月31日)
当連結会計年度
(自 平成19年4月1日
至 平成20年3月31日)
(1)現金及び現金同等物の期末残高と連結貸借対照表に掲記されている科目の金額との関係
(1)現金及び現金同等物の期末残高と連結貸借対照表に掲記されている科目の金額との関係
(平成19年3月31日現在)
(平成20年3月31日現在)
 
(千円)
現金及び預金勘定
5,636,153
現金及び現金同等物
5,636,153
 
(千円)
現金及び預金勘定
1,191,370
現金及び現金同等物
1,191,370
(リース取引関係)
該当事項はありません。
(有価証券関係)
有価証券
1 売買目的有価証券
前連結会計年度(平成19年3月31日)
当連結会計年度(平成20年3月31日)
連結貸借対照表計上額
(千円)
当連結会計年度の損益に含まれた評価差額(千円)
連結貸借対照表計上額
(千円)
当連結会計年度の損益に含まれた評価差額(千円)
106,633
△6,823
14,893
△1,958
2 満期保有目的の債券で時価のあるもの
種類
前連結会計年度
(平成19年3月31日)
当連結会計年度
(平成20年3月31日)
連結貸借対照表計上額
(千円)
時価
(千円)
差額
(千円)
連結貸借対照表計上額
(千円)
時価
(千円)
差額
(千円)
時価が連結貸借対照表計上額を超えるもの
           
(1) 国債・地方債等
(2) 社債
(3) その他
小計
時価が連結貸借対照表計上額を超えないもの
           
(1) 国債・地方債等
14,000
14,000
14,000
14,000
(2) 社債
(3) その他
小計
14,000
14,000
14,000
14,000
合計
14,000
14,000
14,000
14,000
3 その他有価証券で時価のあるもの
 該当事項はありません。
4 前連結会計年度及び当連結会計年度中に売却したその他有価証券
前連結会計年度
(自 平成18年4月1日 至 平成19年3月31日)
当連結会計年度
(自 平成19年4月1日 至 平成20年3月31日)
売却額(千円)
売却益の合計額
(千円)
売却損の合計額
(千円)
売却額(千円)
売却益の合計額
(千円)
売却損の合計額
(千円)
15
48,667
5 時価評価されていない主な有価証券の内容
区分
前連結会計年度
(平成19年3月31日)
当連結会計年度
(平成20年3月31日)
連結貸借対照表計上額(千円)
連結貸借対照表計上額(千円)
1.満期保有目的の債券
   
(1) 非上場外国債券
2.その他有価証券
   
(1) 非上場株式
2,600
71
(2) 投資事業有限責任組合及びそれに類する組合への出資
3,405,971
6 その他有価証券のうち満期があるもの及び満期保有目的の債券の今後の償還予定額
種類
前連結会計年度(平成19年3月31日)
当連結会計年度(平成20年3月31日)
1年以内(千円)
1年超5年以内
(千円)
5年超10年以内
(千円)
10年超
(千円)
1年以内(千円)
1年超5年以内
(千円)
5年超10年以内
(千円)
10年超
(千円)
1.債券
               
(1) 国債・地方債等
14,000
14,000
(2) 社債
(3) その他
2.その他
合計
14,000
14,000
(デリバティブ取引関係)
1 取引の状況に関する事項
前連結会計年度
(自 平成18年4月1日
至 平成19年3月31日)
当連結会計年度
(自 平成19年4月1日
至 平成20年3月31日)
(1)取引の内容
当社は事業を行うに当たり、金属価格の変動リスクを負っていますがこのリスクを回避するため、商品関連では、主として金、銀、白金、パラジウムにつき先物取引(買付及び売付)を行っております。
また、連結子会社はデリバティブ取引を行っておりません。
(1)取引の内容
同左
(2)取引に対する取組方針
当社は生産販売活動における実需に基づいた取引を原則とし、短期的な売買差益を獲得する目的や投機目的による取引は行わないことを基本方針としております。
(2)取引に対する取組方針
同左
(3)取引の利用目的
当社の主要なたな卸資産である金、銀、白金、パラジウムにかかる将来の商品価格変動リスクを回避する目的で商品先物取引を実施し、また購入原料中の金、銀、白金、パラジウム及び販売製品の価格変動リスクを回避する目的で商品先物取引を実施しております。
なお、デリバティブ取引を利用してヘッジ会計を行なっております。
(3)取引の利用目的
同左
ヘッジ会計の方法
繰延ヘッジ処理によっております。
 
ヘッジ手段とヘッジ対象
ヘッジ手段……商品先物取引
ヘッジ対象……商品(非鉄金属)
 
ヘッジ方針
デリバティブ取引に関する権限規定及び取引限度額等を定めた内部規定に基づき、商品の価格変動リスクの低減並びに収支の改善のため、ヘッジ対象に係る価格変動リスクを一定の範囲内でヘッジしております。
 
ヘッジの有効性評価の方法
ヘッジ対象とヘッジ手段の相場変動の累計額を半期毎に比較し、両者の変動額等を基礎にしてヘッジの有効性を評価しております。
 

 

前連結会計年度
(自 平成18年4月1日
至 平成19年3月31日)
当連結会計年度
(自 平成19年4月1日
至 平成20年3月31日)
(4)取引に係るリスクの内容
デリバティブ取引は取引対象物の市場価格の変動にかかるリスク(市場リスク)及び取引先の倒産等による契約不履行にかかるリスク(信用リスク)を有しております。
当社が利用している金属先物取引については金属相場の変動によるリスクがあります。
また、当社の取引先は、信用度の高い大手商社の関連会社にかぎられておりますので、相手方の債務不履行によるリスクはほとんどないものと認識しております。
(4)取引に係るリスクの内容
同左
(5)取引に係るリスク管理体制
当社は商品(主として金、銀、白金、パラジウム)先物取引について運用基準を設け、その運用基準に定められた取引権限、取引限度額に則り、本社営業部にて取引の運用、管理を行っております。さらに、各月の取引状況につき翌月初め営業部より経理部に報告しております。
(5)取引に係るリスク管理体制
同左
(6)取引の時価等に関する事項についての補足説明
商品先物取引は、商品価格の変動リスクを回避するためのものであるので、当該評価損益が将来の当社損益に影響を及ぼすことはありません。
(6)取引の時価等に関する事項についての補足説明
同左
2 取引の時価等に関する事項
前連結会計年度(平成19年3月31日現在)及び当連結会計年度(平成20年3月31日現在)
 当社グループは、ヘッジ会計処理を適用しておりますが、前連結会計年度及び当連結会計年度におけるデリバティブ取引はありません。
(退職給付関係)
1 採用している退職給付制度の概要
 該当事項はありません。
 なお、退職制度の廃止に伴い、既計上の退職金は退職時に支給することになり、平成20年3月31日現在の長期未払金計上の退職給付債務は、37,503千円であります。
2 退職給付債務及びその内訳
 
前連結会計年度
(平成19年3月31日)
当連結会計年度
(平成20年3月31日)
(1)退職給付債務(千円)
41,947
37,503
(2)長期未払金(千円)
41,947
37,503
 (注) 退職給付債務は、会社都合退職額にて算定しております。
3 退職給付費用の内訳
       該当事項はありません。
4 退職給付債務等の計算の基礎に関する事項
 該当事項はありません。
(ストック・オプション等関係)
該当事項はありません。
(税効果会計関係)
前連結会計年度(平成19年3月31日)
当連結会計年度(平成20年3月31日)
1. 繰延税金資産の発生の主な原因別の内訳
 繰延税金資産
(千円)
繰越欠損金 
3,297,976
減価償却超過額
278,207
貸倒引当金繰入限度超過額 
244,512
子会社株式評価損
231,933
長期未収入金 
150,539
その他
106,693
繰延税金資産小計
4,309,860
 評価性引当額
△4,309,860
繰延税金資産合計 
1. 繰延税金資産の発生の主な原因別の内訳
 繰延税金資産
(千円)
繰越欠損金 
18,093,496
減価償却超過額
141,034
貸倒引当金繰入限度超過額 
148,192
長期未収入金 
150,539
債務保証損失引当金 
52,742
その他
93,770
繰延税金資産小計
18,679,773
 評価性引当額
△18,679,773
繰延税金資産合計 
2. 法定実効税率との差異
法定実効税率
40.69%
繰延税金資産に対する評価性引当額の増減
△40.82%
住民税均等割
1.74%
交際費等永久に損金に算入されない項目
0.16%
その他
△0.03%
税効果会計適用後の法人税等の負担率
1.74%
2. 法定実効税率との差異
法定実効税率
40.69%
繰延税金資産に対する評価性引当額の増減
△40.68%
住民税均等割
0.06%
交際費等永久に損金に算入されない項目
0.00%
その他
0.00%
税効果会計適用後の法人税等の負担率
△0.06%
(セグメント情報)
【事業の種類別セグメント情報】
前連結会計年度(自 平成18年4月1日 至 平成19年3月31日)
 
精金事業
(千円)
不動産事業
(千円)
機械事業
(千円)
投資事業
(千円)
(千円)
消去又は全社(千円)
連結
(千円)
Ⅰ 売上高及び営業損益
             
売上高
             
(1)外部顧客に対する売上高
16,600,120
3,352,838
2,349,545
1,157,220
23,459,724
23,459,724
(2)セグメント間の内部売上高又は振替高
7,661
7,661
(7,661)
16,600,120
3,360,499
2,349,545
1,157,220
23,467,385
(7,661)
23,459,724
営業費用
16,549,103
2,155,255
2,242,595
520,988
21,467,942
729,999
22,197,942
営業利益(又は営業損失)
51,017
1,205,243
106,949
636,232
1,999,442
(737,661)
1,261,781
Ⅱ 資産、減価償却費及び資本的支出
             
資産
2,108,547
8,677,932
1,152,790
30,920,286
42,859,557
7,422,542
50,282,099
減価償却費
68,428
6,662
6,556
81,646
23,221
104,868
資本的支出
112,065
25,628
137,694
3,505
141,199
 (注)1.事業区分は、事業の性質及び業種別に区分しております。
2.各区分に属する主要な製品及び事業内容
事業区分
主要製品及び事業内容
精金事業
金地金、銀地金、白金地金、パラジウム地金等の生産販売
含金銀非鉄金属の仕入販売
不動産事業
不動産の売買、分譲・賃貸マンションの販売、賃貸、仲介、保守管理
機械事業
各種中古工作機械、鈑金機械等の売買
投資事業
金融・有価証券の運用・投資事業組合等への投資
3.営業費用のうち、消去または全社の項目に含めた配賦不能営業費用の金額は、921,799千円であり、その主なものは、当社本社の総務部門等管理部門にかかる費用であります。
4.資産のうち、消去または全社に含めた全社資産の金額は7,422,542千円であり、その主なものは当社の管理部門にかかる資産等であります。
5.健康事業の廃止にともない、当連結会計年度よりセグメントの区分を変更しております。
なお、健康事業の廃止にともなうセグメントの区分変更による、健康事業以外のセグメントに対する影響はありません。
当連結会計年度(自 平成19年4月1日 至 平成20年3月31日)
 
精金事業
(千円)
不動産事業
(千円)
機械事業
(千円)
投資事業
(千円)
(千円)
消去又は全社(千円)
連結
(千円)
Ⅰ 売上高及び営業損益
             
売上高
             
(1)外部顧客に対する売上高
27,581,382
1,102,359
2,388,436
215,819
31,287,998
31,287,998
(2)セグメント間の内部売上高又は振替高
32,350
32,350
(32,350)
27,581,382
1,134,709
2,388,436
215,819
31,320,348
(32,350)
31,287,998
営業費用
27,238,710
998,315
2,301,883
16,720
30,555,628
835,254
31,390,883
営業利益(又は営業損失)
342,672
136,394
86,552
199,099
764,719
(867,604)
△102,885
Ⅱ 資産、減価償却費、減損損失及び資本的支出
             
資産
1,940,833
8,635,027
1,145,660
12,729,671
667,525
13,397,196
減価償却費
55,898
885
13,951
70,735
20,920
91,655
 減損損失
77,774
77,774
51,646
129,420
資本的支出
22,119
20,217
42,336
17,699
60,035
 (注)1.事業区分は、事業の性質及び業種別に区分しております。
2.各区分に属する主要な製品及び事業内容
事業区分
主要製品及び事業内容
精金事業
金地金、銀地金、白金地金、パラジウム地金等の生産販売
含金銀非鉄金属の仕入販売
不動産事業
不動産の売買、分譲・賃貸マンションの販売、賃貸、仲介、保守管理
機械事業
各種中古工作機械、鈑金機械等の売買
投資事業
金融・有価証券の運用・投資事業組合等への投資
3.営業費用のうち、消去または全社の項目に含めた配賦不能営業費用の金額は、889,957千円であり、その主なものは、当社本社の総務部門等管理部門にかかる費用であります。
4.資産のうち、消去または全社に含めた全社資産の金額は667,525千円であり、その主なものは当社の管理部門にかかる資産等であります。
5.投資事業は、平成19年9月11日に撤退いたしました。
なお、投資事業の撤退にともなうセグメントの区分変更による、投資事業以外のセグメントに対する影響はありません。
【所在地別セグメント情報】
 前連結会計年度(自平成18年4月1日 至平成19年3月31日)及び当連結会計年度(自平成19年4月1日 至平成20年3月31日)は、本邦以外の国または地域に所在する連結子会社及び在外支店がないため該当事項はありません。
【海外売上高】
 前連結会計年度(自平成18年4月1日 至平成19年3月31日)及び当連結会計年度(自平成19年4月1日 至平成20年3月31日)は、海外売上高がないため、該当事項はありません。
【関連当事者との取引】
 前連結会計年度(自平成18年4月1日 至平成19年3月31日)及び当連結会計年度(自平成19年4月1日 至平成20年3月31日)は、関連当事者との取引について重要性がないため記載しておりません。
(1株当たり情報)
前連結会計年度
(自 平成18年4月1日
至 平成19年3月31日)
当連結会計年度
(自 平成19年4月1日
至 平成20年3月31日)
1株当たり純資産額
   171円15銭
1株当たり当期純利益金額
 4円97銭
1株当たり純資産額
   44円01銭
1株当たり当期純損失金額
124円13銭
 潜在株式調整後1株当たり当期純利益金額については、潜在株式が存在しないため記載しておりません。
 潜在株式調整後1株当たり当期純利益金額については、1株当たり当期純損失であり、また、潜在株式が存在しないため記載しておりません。
 (注) 1株当たり当期純利益金額又は1株当たり当期純損失金額の算定上の基礎は、以下のとおりであります。
 
前連結会計年度
(自 平成18年4月1日
至 平成19年3月31日)
当連結会計年度
(自 平成19年4月1日
至 平成20年3月31日)
1株当たり当期純損益金額
   
当期純利益又は当期純損失(△)(千円)
1,183,284
△35,959,534
普通株主に帰属しない金額(千円)
普通株式に係る当期純利益又は当期純損失(△)(千円)
1,183,284
△35,959,534
期中平均株式数(千株)
237,735
289,671
(重要な後発事象)
前連結会計年度
(自 平成18年4月1日
至 平成19年3月31日)
当連結会計年度
(自 平成19年4月1日
至 平成20年3月31日)
──────
 平成20年6月27日開催の当社第116回定時株主総会において、資本金の額の減少、資本準備金及び利益準備金の額の減少並びに剰余金の処分が承認可決されております。
 (資本金の額の減少)
1.資本金の額の減少の理由
 当社は、第116期において多額の損失計上となりました。財務体質の健全化を図るため、会社法第447条第1項の規定に基づき、資本金を減少し、同額をその他資本剰余金に振り替えて、欠損のてん補に充当いたします。
2.資本金の額の減少の内容
(1)減少する資本金の額
 平成20年3月31日現在の資本金の額41,159,265,753円のうち28,377,200,869円を減少し、12,782,064,884円といたします。
(2)資本金の額の減少の方法
 発行済株式総数の変更は行わず、資本金の額を無償で減少いたします。
(3)欠損のてん補に充当する額
 減少する資本金の額28,377,200,869円を、欠損てん補に充当いたします。
(4)資本金の額の減少の効力発生日
  平成20年8月1日を予定しています。
(5)その他の必要事項につきましては、取締役会に一任とさせていただきました。

 

前連結会計年度
(自 平成18年4月1日
至 平成19年3月31日)
当連結会計年度
(自 平成19年4月1日
至 平成20年3月31日)
──────
(資本準備金及び利益準備金の額の減少並びに剰余金の処分)
1.資本準備金及び利益準備金の額の減少の理由
 資本金の額の減少と併せて欠損てん補を行うことにより、累積損失を一掃し、財務体質の健全化を図るため、会社法第448条第1項の規定に基づき、資本準備金の全額を減少し、同額をその他資本剰余金に振り替えいたします。
 また、利益準備金を減少し、繰越利益剰余金(その他利益剰余金)に振り替えいたします。
2.資本準備金及び利益準備金の額の減少の内容
(1)減少する資本準備金及び利益準備金の額
  平成20年3月31日現在
   資本準備金       5,332,247,511円全額
   利益準備金        253,000,000円全額
(2)資本準備金及び利益準備金の額の減少の効力発生日
  平成20年8月1日を予定しております。
3.剰余金の処分の理由及び内容
 会社法第452条の規定に基づき、資本金及び資本準備金を振り替え後のその他資本剰余金全額で繰越利益剰余金(その他利益剰余金)を欠損てん補いたします。
(1)減少する剰余金の項目
   その他資本剰余金     35,203,448,380円
(2)増加する剰余金の項目
   繰越利益剰余金      35,203,448,380円
⑤【連結附属明細表】
    【社債明細表】
該当事項はありません。
【借入金等明細表】
区分
前期末残高
(千円)
当期末残高
(千円)
平均利率
(%)
返済期限
短期借入金
1年以内に返済予定の長期借入金(注)3
179,459
671,471
1.57
1年以内に返済予定のリース債務
長期借入金(1年以内に返済予定のものを除く。)(注)3
1,582,523
490,201
1.61
平成21年〜26年
リース債務(1年以内に返済予定のものを除く。)
 −
その他の有利子負債
小計
1,761,982
1,161,672
内部取引の消去
△1,473,000
△1,008,149
   
合計
288,982
153,523
 (注)1.平均利率は、期末借入金残高に対する加重平均利率を記載しております。
2.長期借入金(1年以内に返済予定のものを除く。)の連結決算日後5年間の返済予定額は以下のとおりであります。
 
1年超2年以内
(千円)
2年超3年以内
(千円)
3年超4年以内
(千円)
4年超5年以内
(千円)
長期借入金
47,497
706
706
638
3.上記借入金のうち、50,000千円は無利息であります。
(2)【その他】
該当事項はありません。




出典: 中外鉱業株式会社、2008-03-31 期 有価証券報告書