有価証券報告書を3社、または3期分比較分析できる! いますぐトライアルで試す >>
 






セクション一覧
④ 【附属明細表】
【有価証券明細表】

【株式】

 

銘柄
株式数(株)
貸借対照表計上額(百万円)
(投資有価証券)
 
 
その他有価証券
 
 
トヨタ自動車㈱
172,197
836
本田技研工業㈱
200,000
711
㈱マキタ
152,001
649
KDDI㈱
150,400
582
オリンパス㈱
169,300
374
オーエスジー㈱
247,363
319
㈱三菱UFJフィナンシャル・グループ
425,144
237
野村ホールディングス㈱
374,526
216
東海旅客鉄道㈱
20,000
198
住友電気工業㈱
133,379
154
第一生命保険㈱
1,151
145
㈱バロー
74,016
131
イオン㈱
100,190
121
㈱三井住友フィナンシャルグループ
31,881
120
サッポロホールディングス㈱
300,000
118
アサヒグループホールディングス㈱
50,000
112
㈱八十二銀行
180,850
102
中部国際空港㈱
2,046
102
㈱大林組
202,625
91
日東電工㈱
16,300
90
その他(121銘柄)
2,646,207
1,339
5,649,576
6,756

 

【債券】

 該当事項なし。

 

 

【その他】

 

種類及び銘柄
投資口数等(口)
貸借対照表計上額(百万円)
(有価証券)
 
 
その他有価証券
 
 
〔譲渡性預金〕
 
 
㈱八十二銀行
3,000,000,000
3,000
㈱名古屋銀行
3,000,000,000
3,000
㈱みずほコーポレート銀行
2,000,000,000
2,000
㈱十六銀行
1,000,000,000
1,000
有価証券合計
9,000
(投資有価証券)
 
 
その他有価証券
 
 
〔投資事業有限責任組合及びそれに類する組合への出資〕
 
 
投資事業有限責任組合あいちベンチャーファンド
3
6
投資有価証券合計
6
9,006

 

(注) 売買目的有価証券、満期保有目的の債券はない。

 

 

【有形固定資産等明細表】

 

資産の種類
当期首残高
(百万円)
当期増加額
(百万円)
当期減少額
(百万円)
当期末残高
(百万円)
当期末減価償却
累計額又は償却
累計額
(百万円)
当期償却額
(百万円)
差引当期末残高
(百万円)
有形固定資産
 
 
 
 
 
 
 
 建物
38,901
875
494
(115)
39,282
26,572
981
12,709
 構築物
4,990
35
53
4,972
3,842
180
1,130
 機械及び装置
5,530
1,106
83
6,553
2,967
914
3,586
 車両運搬具
1,482
381
11
1,852
729
277
1,122
 工具器具・備品
4,423
496
257
4,662
3,850
383
812
 土地
26,825
508
270
(203)
27,063
27,063
 建設仮勘定
27
220
247
247
有形固定資産計
82,180
3,624
1,169
(319)
84,635
37,961
2,738
46,673
無形固定資産
 
 
 
 
 
 
 
 ソフトウェア
1,290
529
253
761
 その他
517
209
37
308
無形固定資産計
1,808
738
290
1,069
長期前払費用
35
5
7
33
21
3
12

(注) 1 「当期減少額」欄の( )内は内書きで、減損損失の計上額である。

   2 無形固定資産については、資産総額の1%以下であるため、「当期首残高」、「当期増加額」及び「当期減少額」の記載を省略した。

 

【引当金明細表】

 

区分
当期首残高
(百万円)
当期増加額
(百万円)
当期減少額
(目的使用)
(百万円)
当期減少額
(その他)
(百万円)
当期末残高
(百万円)
貸倒引当金
1,384
1,297
101
1,283
1,297
工事損失引当金
537
242
356
67
357

(注) 1 貸倒引当金の「当期減少額(その他)」は、洗替計算による戻入額である。なお、回収額43百万円を含んでいる。

   2 工事損失引当金の「当期減少額(その他)」は、当期末手持工事における損失見込額の減少によるものである。

 





出典: 株式会社トーエネック、2013-03-31 期 有価証券報告書