有価証券報告書を3社、または3期分比較分析できる! いますぐトライアルで試す >>
 






セクション一覧
④【附属明細表】
【有価証券明細表】
【株式】
投資有価証券
その他
有価証券
銘柄
株式数(株)
貸借対照表計上額
(百万円)
㈱インターネットイニシアティブ
2,400
1,125
大明㈱
401,000
558
日比谷総合設備㈱
530,161
541
㈱DTS
128,500
540
㈱つうけん
1,272,240
438
㈱みずほフィナンシャルグループ
第十一回第十一種優先株式
300
300
㈱みずほフィナンシャルグループ
353.02
267
㈱三菱UFJフィナンシャル・グループ
187.43
249
KDDI㈱
255.52
240
㈱三井住友フィナンシャルグループ
190.34
203
野村ホールディングス㈱
70,427
172
㈱アッカ・ネットワークス
513
88
池野通建㈱
1,243,187
83
ナカヨ通信機㈱
177,000
69
その他(60銘柄)
1,044,450.80
635
4,871,165.11
5,515
【その他】
有価証券
その他
有価証券
銘柄
投資口数等
貸借対照表計上額
(百万円)
 (投資信託)
投資口数(口)
 
大和証券投資信託委託
 マネー・マネジメント・ファンド
 
5,007,012,159
 
5,007
国際投信投資顧問
 マネー・マネジメント・ファンド
 
1,001,608,511
 
1,001
 (コマーシャルペーパー)
額面(百万円)
 
住信リース
1,000
999
東京リース
1,000
999
芙蓉総合リース
1,000
999
協同リース
1,000
998
三井住友銀リース
1,000
999
小計
11,005
投資有価証券
その他
有価証券
 (投資信託)
投資口数(口)
 
日興アセットマネジメント
 
 
日興マルチメディアファンド
398,120,418
365
小計
365
11,370
【有形固定資産等明細表】
資産の種類
前期末残高
(百万円)
当期増加額
(百万円)
当期減少額
(百万円)
当期末残高
(百万円)
当期末減価償却累計額又は償却累計額
(百万円)
当期償却額
(百万円)
差引当期末残高
(百万円)
有形固定資産
 
 
 
 
 
 
 
建物
15,332
293
50
15,575
7,708
514
7,867
構築物
1,514
34
27
1,522
1,153
61
368
機械装置
940
35
65
910
651
73
259
車両運搬具
50
6
14
43
32
6
11
工具器具・備品
3,751
631
195
4,188
2,941
277
1,246
土地
14,492
4
14,496
14,496
建設仮勘定
12
232
244
244
有形固定資産計 
36,095
1,239
353
36,981
12,487
933
24,493
無形固定資産
 
 
 
 
 
 
 
のれん
40
40
32
8
8
ソフトウェア
5,707
2,726
188
8,245
5,171
214
3,074
その他
56
1
6
52
16
1
35
無形固定資産計
5,804
2,727
194
8,337
5,220
223
3,117
長期前払費用
302
1
1
302
211
16
91
(注)当期増加額のうち、主なものは次のとおりであります。
 ソフトウェア 社内システムの構築      2,684百万円
【引当金明細表】
区分
前期末残高
(百万円)
当期増加額
(百万円)
当期減少額
(目的使用)
(百万円)
当期減少額
(その他)
(百万円)
当期末残高
(百万円)
貸倒引当金
2,424
2,743
69
2,354
2,743
役員賞与引当金
121
121
完成工事補償引当金
107
269
48
59
269
受注工事損失引当金
907
297
820
87
297
役員退職慰労引当金
342
111
20
433
投資損失引当金
322
95
417
 (注)1.貸倒引当金の当期減少額(その他)は洗替えによる戻入額および回収によるものであります。
2.完成工事補償引当金の当期減少額(その他)は洗替えによる戻入額であります。
3.受注工事損失引当金の当期減少額(その他)は洗替えによる戻入額であります。




出典: 株式会社協和エクシオ、2007-03-31 期 有価証券報告書