有価証券報告書を3社、または3期分比較分析できる! いますぐトライアルで試す >>
 






セクション一覧

6 【コーポレート・ガバナンスの状況】

(1) コーポレート・ガバナンスに関する基本的な考え方

当社グループは長期的視点から、経営の効率化による業績向上を図るとともに、企業価値を高め、広く社会から評価されるべくコーポレート・ガバナンスを一層充実させることを、経営の最重要課題としております。

 

(2) 会社の機関の内容及び内部統制システムの整備の状況

当社において、取締役会は経営の基本方針、法令で定められた事項やその他経営に関する重要事項を決定するとともに、代表取締役及びその他の取締役の職務執行状況を監督する機関として運営されております。

また、役付取締役以上を主なメンバーとして構成する経営会議を設置し、当社及び当社グループ全体の経営方針、重要課題、対処すべき事業等のリスクについて十分な審議を行い、迅速な決定に努めております。

当社は監査役制度を採用しております。監査役制度の一層の充実を図るため、昨年6月、監査役を1名増員して5名とし、うち3名は社外監査役といたしました。監査役は取締役会や経営会議への出席、重要書類承認状況の閲覧、各部署との情報交換などを行い、監査役会において活動状況を報告し、情報の共有化を図るとともに取締役と意見交換を行い、必要に応じて業務改善等の提言を行っております。

会計監査人は独立した第三者としての立場から、財務諸表(連結含む)監査を実施し、監査の都度、当社は会計監査人と各事業部の関連部署との意見交換を行い、改善などの提言を受けております。また会計監査人は監査役会と連携して適宜情報交換を行い、会計の専門家としての監査結果を監査役に報告しております。

弁護士につきましては、複数の法律事務所と連携し、日常的に相談・助言を得るなど適正なコンプライアンスの一助としております。

内部統制としましては、従来より、内部監査室を設置し、各事業部及び関係会社に対し常時必要な内部監査を実施しておりますが、今後更に社内ルールの見直し・改善を行い、一層の充実を図る所存であります。

国内海外の当社グループ各社についてのコーポレート・ガバナンスにつきましては、当社に準じて実施しております。当社では、当社との緊密な資本的関係、人的関係、取引関係を通じて、常時各会社それぞれの取締役の業務の執行状況について監督し、必要な監査・助言・指導を行っております。

なお、当社グループとしてのコーポレート・ガバナンス体制(概念)は下図のとおりであります。

 

[コーポレート・ガバナンス体制の現況(概念図)]

 

 

(3) 会社と社外取締役及び社外監査役との人的関係、資本的関係又は取引関係

その他の利害関係

当社の取締役は、すべて社内取締役であります。

また、社外監査役と当社との間に利害関係はありません。

 

(4) 役員報酬の内容

取締役の年間報酬総額 280百万円

監査役の年間報酬総額  63百万円

なお、当社の取締役は、すべて社内取締役であります。

 

(5) 会計監査人の概要

当社の会計監査人は中央青山監査法人であり、概要は次のとおりであります。

(業務を執行した公認会計士の氏名)

指定社員 業務執行社員 坂 本 裕 子

指定社員 業務執行社員 小 沢 直 靖

(監査報酬の内容)

公認会計士法第2条第1項に規定する業務に基づく報酬 36百万円

上記以外の業務に基づく報酬             0百万円

(監査業務に係る補助者の構成)

公認会計士 7名

その他   8名

 





出典: 株式会社大気社、2005-03-31 期 有価証券報告書