有価証券報告書を3社、または3期分比較分析できる! いますぐトライアルで試す >>
 






セクション一覧

② 【連結損益計算書】

 

 

 

前連結会計年度

(自 平成16年4月1日

至 平成17年3月31日)

当連結会計年度

(自 平成17年4月1日

至 平成18年3月31日)

区分

注記

番号

金額(百万円)

百分比

(%)

金額(百万円)

百分比

(%)

Ⅰ 完成工事高

 

 

69,123

100.0

 

67,319

100.0

Ⅱ 完成工事原価

 

 

63,393

91.7

 

61,546

91.4

   完成工事総利益

 

 

5,729

8.3

 

5,773

8.6

Ⅲ 販売費及び一般管理費

※1

 

5,160

7.5

 

4,988

7.4

   営業利益

 

 

568

0.8

 

785

1.2

Ⅳ 営業外収益

 

 

 

 

 

 

 

   受取利息

 

11

 

 

16

 

 

   受取配当金

 

122

 

 

150

 

 

   技術支援料

 

41

 

 

61

 

 

   社宅料

 

35

 

 

31

 

 

   賃貸料

 

37

 

 

46

 

 

   雑収入

 

51

298

0.5

44

351

0.5

Ⅴ 営業外費用

 

 

 

 

 

 

 

   支払利息

 

51

 

 

41

 

 

   雑支出

 

21

73

0.1

10

51

0.1

   経常利益

 

 

793

1.2

 

1,084

1.6

Ⅵ 特別利益

 

 

 

 

 

 

 

   固定資産売却益

※2

158

 

 

20

 

 

   投資有価証券売却益

 

2

 

 

656

 

 

   会員権売却益

 

34

 

 

 

 

   会員権貸倒引当金戻入益

 

195

0.3

20

696

1.0

Ⅶ 特別損失

 

 

 

 

 

 

 

   固定資産売却損

※3

28

 

 

28

 

 

   固定資産除却損

※4

13

 

 

22

 

 

   減損損失

※5

 

 

205

 

 

   投資有価証券評価損

 

33

 

 

20

 

 

   会員権評価損

 

9

 

 

16

 

 

   会員権貸倒引当金繰入額

 

18

 

 

 

 

   貸倒引当金繰入額

 

 

 

59

 

 

   課徴金等

※6

298

401

0.6

351

0.5

   税金等調整前当期純利益

 

 

587

0.9

 

1,429

2.1

   法人税・住民税及び

   事業税

 

131

 

 

129

 

 

   法人税等調整額

 

△436

△304

△0.4

69

198

0.3

   当期純利益

 

 

892

1.3

 

1,230

1.8

 

 

 

 

 

 

 

 

 

③ 【連結剰余金計算書】

 

 

 

前連結会計年度

(自 平成16年4月1日

至 平成17年3月31日)

当連結会計年度

(自 平成17年4月1日

至 平成18年3月31日)

区分

注記

番号

金額(百万円)

金額(百万円)

(資本剰余金の部)

 

 

 

 

 

Ⅰ 資本剰余金期首残高

 

 

2

 

2

Ⅱ 資本剰余金期末残高

 

 

2

 

2

(利益剰余金の部)

 

 

 

 

 

Ⅰ 利益剰余金期首残高

 

 

24,471

 

25,306

Ⅱ 利益剰余金増加高

 

 

 

 

 

   当期純利益

 

892

892

1,230

1,230

Ⅲ 利益剰余金減少高

 

 

 

 

 

 1 配当金

 

56

 

73

 

 2 役員賞与金

 

56

20

94

Ⅳ 利益剰余金期末残高

 

 

25,306

 

26,443

 

 

 

 

 

 

 





出典: 東光電気工事株式会社、2006-03-31 期 有価証券報告書