有価証券報告書を3社、または3期分比較分析できる! いますぐトライアルで試す >>
 






セクション一覧
2【財務諸表等】
(1)【財務諸表】
①【貸借対照表】
   
前事業年度
(平成19年3月31日)
当事業年度
(平成20年3月31日)
区分
注記番号
金額(百万円)
構成比(%)
金額(百万円)
構成比(%)
(資産の部)
             
Ⅰ 流動資産
             
1.現金及び預金
※1
 
20,225
   
25,312
 
2.受取手形
※5
 
197
   
148
 
3.売掛金
※2
 
51,481
   
48,607
 
4.有価証券 
※1
 
300
   
 
5.製品及び商品
   
17,469
   
16,224
 
6.原材料
   
12,916
   
12,423
 
7.仕掛品
   
241
   
264
 
8.貯蔵品
   
217
   
234
 
9.前払費用
   
152
   
119
 
10. 繰延税金資産
   
   
1,621
 
11.短期貸付金
   
88
   
99
 
12.関係会社短期貸付金
   
266
   
631
 
13.その他の流動資産
   
1,390
   
420
 
14.貸倒引当金
   
△263
   
△322
 
流動資産合計
   
104,685
50.3
 
105,784
53.3
Ⅱ 固定資産
             
(1)有形固定資産
             
1.建物
※1
42,349
   
41,657
   
減価償却累計額
 
28,381
13,967
 
28,756
12,901
 
2.構築物
 
4,552
   
4,528
   
減価償却累計額
 
3,618
934
 
3,673
855
 
3.機械及び装置
 
65,146
   
63,785
   
減価償却累計額
 
52,858
12,288
 
52,535
11,249
 
4.車輌運搬具
 
170
   
156
   
減価償却累計額
 
157
12
 
145
11
 
5.工具器具及び備品
 
4,666
   
4,540
   
減価償却累計額
 
3,785
881
 
3,724
815
 
6.土地
※1
 
15,383
   
15,026
 
7.建設仮勘定
 
 
146
   
407
 
有形固定資産計
   
43,615
21.0
 
41,267
20.8

 

   
前事業年度
(平成19年3月31日)
当事業年度
(平成20年3月31日)
区分
注記番号
金額(百万円)
構成比(%)
金額(百万円)
構成比(%)
(2)無形固定資産
             
1.のれん
   
0
   
 
2.商標権
   
1
   
1
 
3.工業用水道施設利用権
   
35
   
31
 
4.ソフトウェア
   
723
   
667
 
5.その他の無形固定資産
   
135
   
160
 
無形固定資産計
   
896
0.4
 
860
0.5
(3)投資その他の資産
             
1.投資有価証券
※1
 
20,410
   
14,176
 
2.関係会社株式
   
16,825
   
16,211
 
3.出資金
   
410
   
410
 
4.長期貸付金
   
3,073
   
2,952
 
5.従業員長期貸付金
   
9
   
5
 
6.関係会社長期貸付金
   
11,244
   
10,446
 
7.関係会社長期営業債権 
   
2,644
   
2,379
 
8.更生債権等
   
1,337
   
620
 
9.長期前払費用
   
93
   
81
 
10.差入保証金
   
2,956
   
2,748
 
11.前払年金費用
   
6,413
   
7,389
 
12.その他の投資
その他の資産
   
891
   
887
 
13.貸倒引当金
   
△5,961
   
△4,754
 
14. 投資損失引当金 
   
△1,455
   
△3,142
 
投資その他の資産計
   
58,895
28.3
 
50,413
25.4
固定資産合計
   
103,406
49.7
 
92,540
46.7
資産合計
   
208,091
100.0
 
198,325
100.0
               

 

   
前事業年度
(平成19年3月31日)
当事業年度
(平成20年3月31日)
区分
注記番号
金額(百万円)
構成比(%)
金額(百万円)
構成比(%)
(負債の部)
             
Ⅰ 流動負債
             
1.支払手形
   
534
   
589
 
2.買掛金
※2
 
43,744
   
40,532
 
3.1年以内返済予定の長期借入金
   
10,612
   
612
 
4.1年以内償還予定の社債
   
   
5,000
 
5.未払金
   
7,670
   
8,678
 
6.未払費用
   
1,098
   
815
 
7.未払法人税等
   
165
   
1,483
 
8.未払消費税等
   
1,287
   
69
 
9.繰延税金負債 
   
111
   
 
10.預り金
   
720
   
277
 
11.賞与引当金
   
1,397
   
1,355
 
12.設備関係支払手形
   
147
   
660
 
13.その他の流動負債
   
6
   
429
 
流動負債合計
   
67,498
32.4
 
60,504
30.5
Ⅱ 固定負債
             
1.社債
   
15,000
   
10,000
 
2.長期借入金
   
11,036
   
15,423
 
3.繰延税金負債
   
6,964
   
4,518
 
4.役員退職慰労引当金
   
420
   
443
 
5.債務保証損失引当金
   
323
   
441
 
6.その他の固定負債
   
196
   
629
 
固定負債合計
   
33,939
16.3
 
31,455
15.9
負債合計
   
101,437
48.7
 
91,959
46.4
               

 

   
前事業年度
(平成19年3月31日)
当事業年度
(平成20年3月31日)
区分
注記番号
金額(百万円)
構成比(%)
金額(百万円)
構成比(%)
(純資産の部)
 
 
 
 
 
 
 
Ⅰ 株主資本
 
 
 
 
 
 
 
1.資本金
 
 
22,415
10.8
 
22,415
11.3
2.資本剰余金
 
 
 
 
 
 
 
(1)資本準備金
 
24,020
 
 
24,020
 
 
資本剰余金合計 
 
 
24,020
11.5
 
24,020
12.1
3.利益剰余金
 
 
 
 
 
 
 
(1)利益準備金
 
5,603
 
 
5,603
 
 
(2)その他利益剰余金
 
 
 
 
 
 
 
特別償却準備金
 
1
 
 
0
 
 
固定資産圧縮積立金
 
2,623
 
 
2,518
 
 
別途積立金 
 
35,300
 
 
35,300
 
 
繰越利益剰余金
 
9,875
 
 
13,478
 
 
利益剰余金合計 
 
 
53,404
25.7
 
56,900
28.7
4.自己株式
 
 
△794
△0.4
 
△804
△0.4
株主資本合計 
 
 
99,045
47.6
 
102,531
51.7
Ⅱ 評価・換算差額等
 
 
 
 
 
 
 
1.その他有価証券評価差額金
 
 
7,445
3.6
 
4,085
2.0
2.繰延ヘッジ損益
 
 
163
0.1
 
△251
△0.1
評価・換算差額等合計 
 
 
7,609
3.7
 
3,833
1.9
純資産合計 
 
 
106,654
51.3
 
106,365
53.6
負債純資産合計 
 
 
208,091
100.0
 
198,325
100.0
               
②【損益計算書】
   
前事業年度
(自 平成18年4月1日
至 平成19年3月31日)
当事業年度
(自 平成19年4月1日
至 平成20年3月31日)
区分
注記番号
金額(百万円)
百分比(%)
金額(百万円)
百分比(%)
Ⅰ 売上高
※7
 
409,713
100.0
 
420,971
100.0
Ⅱ 売上原価
             
1.期首製品商品棚卸高
 
22,008
   
17,469
   
2.当期製品製造原価
※3
76,064
   
77,982
   
3.当期商品仕入高
※7
286,845
   
297,775
   
合計
 
384,919
   
393,227
   
4.他勘定振替高
※1
△745
   
△646
   
5.期末製品商品棚卸高
 
△17,469
366,703
89.5
△16,224
376,356
89.4
売上総利益
   
43,009
10.5
 
44,615
10.6
Ⅲ 販売費及び一般管理費
※2
※3
 
42,831
10.5
 
41,666
9.9
営業利益
   
178
0.0
 
2,948
0.7
Ⅳ 営業外収益
             
1.受取利息
 
355
   
452
   
2.受取配当金
 
651
   
1,783
   
3.賃貸料
※7
1,677
   
1,560
   
4.雑収入
 
433
3,118
0.8
268
4,064
1.0
Ⅴ 営業外費用
             
1.支払利息
 
229
   
216
   
2.社債利息
 
220
   
220
   
3.不動産費用
 
983
   
1,042
   
4.雑損失
 
166
1,599
0.4
22
1,502
0.4
経常利益
   
1,697
0.4
 
5,511
1.3
Ⅵ 特別利益
             
1.固定資産売却益
※4
230
   
320
   
2.投資有価証券売却益
 
5
   
1,126
   
3.貸倒引当金戻入益
※6
   
1,132
   
4.債務保証損失引当金戻入益
※6
206
442
0.1
2,580
0.6
               

 

   
前事業年度
(自 平成18年4月1日
至 平成19年3月31日)
当事業年度
(自 平成19年4月1日
至 平成20年3月31日)
区分
注記番号
金額(百万円)
百分比(%)
金額(百万円)
百分比(%)
Ⅶ 特別損失
             
1.固定資産売却損
※4
111
   
96
   
2.固定資産除却損
※5
479
   
612
   
3.減損損失 
※8
291
   
264
   
4.投資有価証券売却損
 
0
   
9
   
5.投資有価証券評価損
 
39
   
148
   
6.関係会社株式評価損
 
176
   
2
   
7.貸倒引当金繰入額
※6
1,182
   
   
8.投資損失引当金繰入額
※6
605
   
1,955
   
9.債務保証損失引当金繰入額
※6
   
118
   
10.事業再生費用 
※9
1,923
   
59
   
11.過年度関税納付額
 
   
624
   
12.その他の特別損失
 
258
5,067
1.2
0
3,892
0.9
税引前当期純利益 
   
 
4,199
1.0
税引前当期純損失 
   
2,928
△0.7
 
法人税、住民税及び事業税
 
220
   
1,391
   
法人税等調整額
 
△152
68
0.0
△1,521
△130
△0.0
当期純利益 
   
 
4,330
1.0
当期純損失 
   
2,996
△0.7
 
               
製造原価明細書
   
前事業年度
(自 平成18年4月1日
至 平成19年3月31日)
当事業年度
(自 平成19年4月1日
至 平成20年3月31日)
区分
注記番号
金額(百万円)
構成比
(%)
金額(百万円)
構成比
(%)
Ⅰ 原材料費
 
51,504
67.8
53,428
68.5
Ⅱ 労務費
 
10,401
13.7
10,538
13.5
Ⅲ 経費
※1
14,098
18.5
14,035
18.0
当期総製造費用
 
76,004
100.0
78,003
100.0
期首仕掛品棚卸高
 
313
 
241
 
合計
 
76,317
 
78,244
 
期末仕掛品棚卸高
 
△241
 
△264
 
他勘定振替高
※2
△10
 
2
 
当期製品製造原価
 
76,064
 
77,982
 
 (注)
前事業年度
当事業年度
※1 経費の主な内訳
※1 経費の主な内訳
減価償却費
   3,226百万円
水道・電力・燃料費
2,462
外注加工費
2,031
運賃
341
保管料
710
減価償却費
3,182百万円
水道・電力・燃料費
2,667
外注加工費
1,918
運賃
350
保管料
609
※2
主原料配賦経費
  78百万円
 
販売費及び一般管理費振替高
△89
 
合計
   △10百万円
※2
主原料配賦経費
    86百万円
 
販売費及び一般管理費振替高
△84
 
合計
     2百万円
原価計算方法
 単純総合原価計算によっておりますが、製品原価算定においては、等価係数による等級別原価計算を行っております。
③【株主資本等変動計算書】
前事業年度(自 平成18年4月1日 至 平成19年3月31日)
 
株主資本
資本金
資本剰余金
利益剰余金
自己株式
株主資本合計
資本準備金
利益準備金
その他利益剰余金
利益剰余金合計
特別償却準備金
 固定資産圧縮積立金
 別途積立金
 繰越利益剰余金
平成18年3月31日 残高
(百万円)
22,415
24,020
5,603
5
3,286
55,300
△6,961
57,234
△786
102,882
事業年度中の変動額
                   
特別償却準備金の取崩し(百万円)(注)
 
 
 
△2
 
 
2
 
特別償却準備金の取崩し(百万円) 
 
 
 
△1
 
 
1
 
固定資産圧縮積立金の積立て(百万円)(注) 
 
 
 
 
35
 
△35
 
固定資産圧縮積立金の積立て(百万円) 
 
 
 
 
64
 
△64
 
固定資産圧縮積立金の取崩し(百万円)(注) 
 
 
 
 
△536
 
536
 
固定資産圧縮積立金の取崩し(百万円) 
 
 
 
 
△226
 
226
 
別途積立金の取崩し(百万円)(注) 
 
 
 
 
 
△20,000
20,000
 
剰余金の配当(百万円)(注)
 
 
 
 
 
 
△833
△833
 
△833
当期純損失(百万円)
 
 
 
 
 
 
△2,996
△2,996
 
△2,996
自己株式の取得(百万円)
 
 
 
 
 
 
 
 
△7
△7
株主資本以外の項目の事業年度中の変動額(純額)(百万円)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
事業年度中の変動額合計
(百万円)
△4
△663
△20,000
16,837
△3,830
△7
△3,837
平成19年3月31日 残高
(百万円)
22,415
24,020
5,603
1
2,623
35,300
9,875
53,404
△794
99,045
 
評価・換算差額等
純資産合計
その他有価証券評価差額金
繰延ヘッジ損益
評価・換算差額等合計
平成18年3月31日 残高
(百万円)
8,841
8,841
111,724
事業年度中の変動額
       
特別償却準備金の取崩し(百万円)(注)
 
 
 
特別償却準備金の取崩し(百万円) 
 
 
 
固定資産圧縮積立金の積立て(百万円)(注) 
 
 
 
固定資産圧縮積立金の積立て(百万円) 
 
 
 
固定資産圧縮積立金の取崩し(百万円)(注) 
 
 
 
固定資産圧縮積立金の取崩し(百万円) 
 
 
 
別途積立金の取崩し(百万円)(注) 
 
 
 
剰余金の配当(百万円)(注)
 
 
 
△833
当期純損失(百万円)
 
 
 
△2,996
自己株式の取得(百万円)
 
 
 
△7
株主資本以外の項目の事業年度中の変動額(純額)(百万円)
△1,396
163
△1,232
△1,232
事業年度中の変動額合計
(百万円)
△1,396
163
△1,232
△5,070
平成19年3月31日 残高
(百万円)
7,445
163
7,609
106,654
 (注)平成18年6月の定時株主総会における利益処分項目であります。
当事業年度(自 平成19年4月1日 至 平成20年3月31日)
 
株主資本
資本金
資本剰余金
利益剰余金
自己株式
株主資本合計
資本準備金
利益準備金
その他利益剰余金
利益剰余金合計
特別償却準備金
 固定資産圧縮積立金
 別途積立金
 繰越利益剰余金
平成19年3月31日 残高
(百万円)
22,415
24,020
5,603
1
2,623
35,300
9,875
53,404
△794
99,045
事業年度中の変動額
                   
特別償却準備金の取崩し(百万円)
 
 
 
△0
 
 
0
 
固定資産圧縮積立金の積立て(百万円)
 
 
 
 
135
 
△135
 
固定資産圧縮積立金の取崩し(百万円) 
 
 
 
 
△241
 
241
 
剰余金の配当(百万円)
 
 
 
 
 
 
△833
△833
 
△833
当期純利益(百万円)
 
 
 
 
 
 
4,330
4,330
 
4,330
自己株式の取得(百万円)
 
 
 
 
 
 
 
 
△9
△9
株主資本以外の項目の事業年度中の変動額(純額)(百万円)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
事業年度中の変動額合計
(百万円)
△0
△105
3,603
3,496
△9
3,486
平成20年3月31日 残高
(百万円)
22,415
24,020
5,603
0
2,518
35,300
13,478
56,900
△804
102,531
 
評価・換算差額等
純資産合計
その他有価証券評価差額金
繰延ヘッジ損益
評価・換算差額等合計
平成19年3月31日 残高
(百万円)
7,445
163
7,609
106,654
事業年度中の変動額
       
特別償却準備金の取崩し(百万円) 
 
 
 
固定資産圧縮積立金の積立て(百万円) 
 
 
 
固定資産圧縮積立金の取崩し(百万円) 
 
 
 
剰余金の配当(百万円)
 
 
 
△833
当期純利益(百万円)
 
 
 
4,330
自己株式の取得(百万円)
 
 
 
△9
株主資本以外の項目の事業年度中の変動額(純額)(百万円)
△3,359
△415
△3,775
△3,775
事業年度中の変動額合計
(百万円)
△3,359
△415
△3,775
△288
平成20年3月31日 残高
(百万円)
4,085
△251
3,833
106,365
 
重要な会計方針
項目
前事業年度
(自 平成18年4月1日
至 平成19年3月31日)
当事業年度
(自 平成19年4月1日
至 平成20年3月31日)
1.有価証券の評価基準及び評価方法
(1)満期保有目的の債券
償却原価法(定額法)
(2)子会社株式及び関連会社株式
移動平均法による原価法
(3)その他有価証券
時価のあるもの
 決算日の市場価格等に基づく時価法
 (評価差額は全部純資産直入法により処理し、売却原価は移動平均法により算定)
時価のないもの
 移動平均法による原価法
(1)満期保有目的の債券
同左 
(2)子会社株式及び関連会社株式
同左
(3)その他有価証券
時価のあるもの
同左
 
 
 
時価のないもの
同左
2.デリバティブ等の評価基準及び評価方法
デリバティブ
時価法
同左
3.たな卸資産の評価基準及び評価方法
製品、商品
(販売用食肉及び販売用不動産を除く)
……先入先出法による原価法
販売用食肉……月別移動平均法による原価法
販売用不動産
……個別法による原価法
原材料(肥育牛を除く)、仕掛品、貯蔵品
……月別移動平均法による原価法
肥育牛…………個別法による原価法
同左

 

項目
前事業年度
(自 平成18年4月1日
至 平成19年3月31日)
当事業年度
(自 平成19年4月1日
至 平成20年3月31日)
4.固定資産の減価償却の方法
(1)有形固定資産
 定率法(ただし、平成10年4月1日以降取得した建物(建物附属設備を除く)については、定額法)を採用しております。
 なお、主な資産の耐用年数は以下のとおりであります。
建物     24年〜50年
機械及び装置    9年
(1)有形固定資産
 定率法(ただし、平成10年4月1日以降取得した建物(建物附属設備を除く)については、定額法)を採用しております。
 なお、主な資産の耐用年数は以下のとおりであります。
建物     24年〜50年
機械及び装置    9年
 
   
(会計方針の変更)
    法人税法の改正に伴い、当事業年度
  より、平成19年4月1日以降に取得し
  た有形固定資産について、改正後の法
  人税法に基づく減価償却の方法に変更
  しております。
   これにより営業利益は51百万円、経
  常利益及び税引前当期純利益はそれぞ
  れ59百万円減少しております。
 
 (追加情報)
   法人税法の改定に伴い、平成19年3
  月31日以前に取得した有形固定資産に
  ついては、改正前の法人税法に基づく
  減価償却の方法の適用により取得価額
  の5%に到達した事業年度の翌事業年
  度より、取得価額の5%相当額と備忘
  価額との差額を5年間にわたり均等償
  却し、減価償却費に含めて計上してお
  ります。
   これにより、営業利益は294百万円、
  経常利益及び税引前当期純利益はそれ
  ぞれ322百万円減少しております。
 
 
(2)無形固定資産
 定額法を採用しております。
 なお、自社利用のソフトウェアについては、社内における利用可能期間(5年)に基づいております。
(2)無形固定資産
同左
 
(3)長期前払費用
 定額法を採用しております。
(3)長期前払費用
同左
5.引当金の計上基準
(1)貸倒引当金
  売上債権、貸付金等の貸倒損失に備えるため、一般債権については貸倒実績率により、貸倒懸念債権等特定の債権については個別に回収可能性を勘案し、回収不能見込額を計上しております。
(1)貸倒引当金
同左

 

項目
前事業年度
(自 平成18年4月1日
至 平成19年3月31日)
当事業年度
(自 平成19年4月1日
至 平成20年3月31日)
 
(2)賞与引当金
 従業員賞与の支払に備えるため、支給見込額に基づき計上しております。
(2)賞与引当金
同左
 
(3)退職給付引当金
 従業員の退職給付に備えるため、当期末における退職給付債務及び年金資産の見込額に基づき、当期末において発生していると認められる額を計上しております。
 数理計算上の差異は、各事業年度の発生時における従業員の平均残存勤務期間以内の一定の年数(15年)による定額法により按分した額をそれぞれ発生の翌事業年度から費用処理することとしております。
 過去勤務債務は、各事業年度の発生時における従業員の平均残存勤務期間以内の一定の年数(15年)による定額法により按分した額をそれぞれ発生した事業年度より費用処理することとしております。
(3)退職給付引当金
同左
 
 
 
     
 
(4)役員退職慰労引当金
 役員(執行役員を含む)の退職慰労金の支払に備えるため、内規に基づく期末要支給額を計上しております。
(4)役員退職慰労引当金
同左
 
(5)債務保証損失引当金 
 債務保証に係る損失に備えるため、被保証会社の財政状態等を勘案し、損失負担見込額を計上しております。 
(5)債務保証損失引当金 
同左
 
 
 
(6)投資損失引当金 
  投資に係る損失に備えるため、被投資会社の財政状態等を勘案し、損失負担見込額を計上しております。
(6)投資損失引当金 
同左
 
 

 

項目
前事業年度
(自 平成18年4月1日
至 平成19年3月31日)
当事業年度
(自 平成19年4月1日
至 平成20年3月31日)
6.リース取引の処理方法
 リース物件の所有権が借主に移転すると認められるもの以外のファイナンス・リース取引については、通常の賃貸借取引に係る方法に準じた会計処理によっております。
同左
7.ヘッジ会計の方法
(1)ヘッジ会計の方法
 繰延ヘッジ処理を採用しております。
 なお、為替予約取引について振当処理の要件を充たしている場合には振当処理を行っております。また、金利スワップ取引について特例処理の要件を充たしている場合には特例処理を行っております。
(1)ヘッジ会計の方法
同左
 
(2)ヘッジ手段とヘッジ対象
ヘッジ手段  ヘッジ対象
─────  ─────
為替予約   外貨建予定取引
金利スワップ 借入金利息
(2)ヘッジ手段とヘッジ対象
同左
 
(3)ヘッジ方針
 為替予約は為替変動リスクをヘッジするため、金利スワップは金利変動リスクを回避する手段として、実需の範囲内で行うこととし、投機目的の取引は行わない方針であります。また、社内管理基準に基づき、財務部にて一元管理を行うリスク管理体制をとっております。
(3)ヘッジ方針
同左
 
(4)ヘッジ有効性評価の方法
 為替予約取引は原則的に将来の仕入予定に基づくものであり、実行の可能性が極めて高いため、有効性の判定は省略しております。
 また、金利スワップ取引は特例処理の要件を充たしているため有効性の判定は省略しております。
(4)ヘッジ有効性評価の方法
同左
8.その他財務諸表作成のための基本となる重要な事項
(1)消費税等の会計処理
 消費税等の会計処理は税抜方式によっております。
(1)消費税等の会計処理
同左
会計処理方法の変更
前事業年度
(自 平成18年4月1日
至 平成19年3月31日)
当事業年度
(自 平成19年4月1日
至 平成20年3月31日)
(貸借対照表の純資産の部の表示に関する会計基準)
 当事業年度より、「貸借対照表の純資産の部の表示に関する会計基準」(企業会計基準第5号 平成17年12月9日)及び「貸借対照表の純資産の部の表示に関する会計基準等の適用指針」(企業会計基準適用指針第8号 平成17年12月9日)を適用しております。
 これまでの資本の部の合計に相当する金額は106,490百万円であります。
 なお、当事業年度における貸借対照表の純資産の部については、財務諸表等規則の改正に伴い、改正後の財務諸表等規則により作成しております。
           ——————
表示方法の変更
前事業年度
(自 平成18年4月1日
至 平成19年3月31日)
当事業年度
(自 平成19年4月1日
至 平成20年3月31日)
 (貸借対照表)
1.前事業年度において、「営業権」として掲記されていたものは、当事業年度から「のれん」と表示しております。 
2.前事業年度まで投資その他の資産の「その他の投資その他の資産」に含めて表示しておりました「関係会社長期営業債権」は、金額的重要性が増したため区分掲記しております。
 なお、前事業年度の「その他の投資その他の資産」に含まれている「関係会社長期営業債権」は1,739百万円であります。
           ——————
(損益計算書)
    前事業年度において、「子会社株式評価損」として掲記されていたものは、当事業年度から「関係会社株式評価損」と表示しております。
          ——————
注記事項
(貸借対照表関係)
前事業年度
(平成19年3月31日)
当事業年度
(平成20年3月31日)
※1 担保提供資産
※1 担保提供資産
現金及び預金
  120百万円
有価証券
300
建物
1,016
土地
80
   1,517百万円
現金及び預金
  120百万円
建物
979
土地
80
投資有価証券
249
  1,430百万円
 上記資産について、取引保証120百万円、1年以内に返済予定の長期借入金130百万円、長期借入金550百万円及びギフト券発行残高103百万円の担保に供しております。
 上記資産について、取引保証120百万円、1年以内に返済予定の長期借入金130百万円、長期借入金420百万円及びギフト券発行残高94百万円の担保に供しております。
※2 関係会社に係る注記
 関係会社に対する資産及び負債には区分掲記されたもののほか次のものがあります。
※2 関係会社に係る注記
 関係会社に対する資産及び負債には区分掲記されたもののほか次のものがあります。
売掛金
        33,511百万円
買掛金
11,865
売掛金
        32,185百万円
買掛金
10,602
 3 偶発債務
 次のとおり銀行借入等に対し保証を行っております。
 3 偶発債務
 次のとおり銀行借入等に対し保証を行っております。
保証先
金額
ROCKDALE BEEF PTY.LTD.
         8,963百万円
(A$94,000 千)
㈲環境ファーム
2,147
デリカジョイ㈱
753
㈱大龍
600
FIVE STAR BEEF LTD.
538
(NZ$6,396 千)
AMERICAN PEPTIDE
COMPANY,INC.
348
(US$2,950 千)
ITOHAM AMERICA,INC.
310
(US$2,626 千)
ITOHAM NEW ZEALAND LTD. 
300
(NZ$3,573 千)
INDIANA PACKERS CORP. 
85
(US$ 722 千)
MCKEY FOOD SERVICES
(HK) LTD.
69
(US$ 585 千)
その他   4件
194
        14,311百万円
保証先
金額
ROCKDALE BEEF PTY.LTD.
       8,513百万円
(A$92,800 千)
㈲環境ファーム
2,085
鹿児島ファーム㈱ 
1,400
INDIANA PACKERS CORP. 
913
(US$9,122 千)
デリカジョイ㈱
687
㈱大龍
600
FIVE STAR BEEF LTD.
479
(NZ$6,043 千)
AMERICAN PEPTIDE
COMPANY,INC.
255
(US$2,550 千)
ITOHAM NEW ZEALAND LTD. 
252
(NZ$3,180 千)
ITOHAM AMERICA,INC.
189
(US$1,896 千)
その他   3件
91
      15,469百万円

 

前事業年度
(平成19年3月31日)
当事業年度
(平成20年3月31日)
 4 当社は、運転資金の効率的な調達を行うため取引銀行6行と当座貸越契約及び貸出コミットメント契約を締結しております。これら契約に基づく当事業年度末の借入未実行残高は次のとおりであります。
 4 当社は、運転資金の効率的な調達を行うため取引銀行6行と当座貸越契約及び貸出コミットメント契約を締結しております。これら契約に基づく当事業年度末の借入未実行残高は次のとおりであります。
当座貸越限度額及び貸出コミットメントの総額
     19,900百万円
借入実行残高
差引額
      19,900百万円
当座貸越限度額及び貸出コミットメントの総額
   19,800百万円
借入実行残高
差引額
      19,800百万円
  ※5 事業年度末日満期手形
 事業年度末日満期手形の会計処理については、手形交換日をもって決済処理をしております。なお、当事業年度末日は金融機関が休日であったため、次の事業年度末日満期手形が当事業年度末残高に含まれております。
   受取手形            14百万円
  ※5       ——————
(損益計算書関係)
前事業年度
(自 平成18年4月1日
至 平成19年3月31日)
当事業年度
(自 平成19年4月1日
至 平成20年3月31日)
※1 自社製品の宣伝用その他の使用高は745百万円であります。
※1 自社製品の宣伝用その他の使用高は646百万円であります。
※2 販売費に属する費用のおおよその割合は74%で、一般管理費に属する費用のおおよその割合は 26%であります。主要な費目及び金額は次のとおりであります。
※2 販売費に属する費用のおおよその割合は74%で、一般管理費に属する費用のおおよその割合は 26%であります。主要な費目及び金額は次のとおりであります。
広告宣伝費
   6,079百万円
発送配達費
10,436
給料及び手当
7,297
保管料
2,328
包装費 
1,961
賃借料
1,667
賞与金
1,292
賞与引当金繰入額
894
退職給付費用
626
貸倒引当金繰入額 
156
役員退職慰労引当金繰入額
55
減価償却費
683
広告宣伝費
   6,071百万円
発送配達費
10,484
給料及び手当
6,621
保管料
2,102
包装費 
1,993
賃借料
1,592
賞与金
1,414
賞与引当金繰入額
846
退職給付費用
516
役員退職慰労引当金繰入額
56
減価償却費
711
※3 一般管理費及び当期製造費用に含まれる研究開発費               743百万円
※3 一般管理費及び当期製造費用に含まれる研究開発費               641百万円
※4 固定資産売却益の主なものは、土地226百万円であります。
 固定資産売却損の主なものは、土地80百万円、機械及び装置16百万円であります。
※4 固定資産売却益の主なものは、土地301百万円であります。
 固定資産売却損の主なものは、土地48百万円、機械及び装置45百万円であります。
※5 主な資産別内訳
※5 主な資産別内訳
建物
    16百万円
機械及び装置
302
工具器具及び備品 
37
撤去費用他
123
  479百万円
建物
  219百万円
機械及び装置
233
工具器具及び備品 
17
撤去費用他
142
    612百万円
※6 関係会社に対するものは次のとおりであります。
貸倒引当金繰入額
    1,184百万円
投資損失引当金繰入額
605
債務保証損失引当金戻入益
206
※6 関係会社に対するものは次のとおりであります。
貸倒引当金戻入益
    1,127百万円
投資損失引当金繰入額
1,955
債務保証損失引当金繰入額
118
※7 関係会社に係る注記
 各科目に含まれる関係会社に対するものは次のとおりであります。
※7 関係会社に係る注記
 各科目に含まれる関係会社に対するものは次のとおりであります。
売上高
256,717百万円
仕入高
96,440
賃貸料
1,232
売上高
271,280百万円
仕入高
106,892
賃貸料
1,106

 

前事業年度
(自 平成18年4月1日
至 平成19年3月31日)
当事業年度
(自 平成19年4月1日
至 平成20年3月31日)
 ※8 減損損失
     当事業年度において、当社は以下の資産グループについて減損損失を計上しております。
場所
用途
種類
兵庫県西宮市
 遊休資産
 建物、構築物、機械及び装置、土地、その他
 
     当社は、事業部門区分(ハム・ソーセージ部門、生肉部門及び調理加工食品ほか部門)を基本単位としてグルーピングし、賃貸資産及び遊休資産については個々の資産毎にグルーピングしております。
     遊休資産について、時価が著しく下落していることから帳簿価額を回収可能価額まで減額し、当該減少額を特別損失(291百万円)に計上しております。その内訳は、建物151百万円、構築物8百万円、機械及び装置49百万円、土地81百万円、その他0百万円であります。
     なお、回収可能価額は正味売却価額により測定しており、土地については、路線価による相続税評価額により評価しております。
 ※8 減損損失
     当事業年度において、当社は以下の資産グループについて減損損失を計上しております。
場所
用途
種類
埼玉県坂戸市
 遊休資産
 建物、構築物、機械及び装置、土地、その他
 
     当社は、事業部門区分(ハム・ソーセージ部門、食肉部門及び調理加工食品ほか部門)を基本単位としてグルーピングし、賃貸資産及び遊休資産については個々の資産毎にグルーピングしております。
     遊休資産について、時価が著しく下落していることから帳簿価額を回収可能価額まで減額し、当該減少額を特別損失(264百万円)に計上しております。その内訳は、建物90百万円、構築物1百万円、機械及び装置10百万円、土地160百万円、その他0百万円であります。
     なお、回収可能価額は正味売却価額により測定しており、土地については、路線価による相続税評価額により評価しております。

 

前事業年度
(自 平成18年4月1日
至 平成19年3月31日)
当事業年度
(自 平成19年4月1日
至 平成20年3月31日)
 ※9 事業再生費用
 当事業年度において、当社は以下の資産グループについて再生プランに伴う特別損失を計上しております。
①生産拠点の閉鎖に伴う減損損失(注)
       1,178百万円
②生産拠点の閉鎖に伴う機械及び装置の移設費用等
        198百万円
③インターネット事業の撤退及び外食店舗の閉鎖費用
        427百万円
④ワイン事業及びその他事業の撤退費用
        117百万円
 (注)減損損失内訳
場所
用途
種類
愛知県豊橋市
 調理加工食品製造工場
 建物、構築物、機械及び装置、土地、その他
三重県四日市市
 調理加工食品製造工場
 建物、構築物、機械及び装置、土地、その他
埼玉県坂戸市
 調理加工食品製造工場
 建物、構築物、機械及び装置、土地、その他
 当社は事業部門区分(ハム・ソーセージ部門、生肉部門及び調理加工食品ほか部門)を基本単位としてグルーピングし、賃貸資産及び遊休資産については個々の資産毎にグルーピングしております。
 生産拠点の閉鎖による遊休資産について、帳簿価額を回収可能価額まで減額し、当該減少額を特別損失(1,178百万円)に計上しております。その内訳は、建物333百万円、構築物13百万円、機械及び装置245百万円、土地579百万円、その他6百万円であります。
 なお、回収可能価額は正味売却価額により測定しており、土地については、路線価による相続税評価額により評価しております。
 ※9 事業再生費用
 当事業年度において、当社は以下の資産グループについて再生プランに伴う特別損失を計上しております。
①生産拠点の閉鎖費用
          33百万円
②外食店舗の閉鎖費用
         16百万円
③その他事業の撤退費用 
          9百万円
(株主資本等変動計算書関係)
前事業年度(自 平成18年4月1日 至 平成19年3月31日)
自己株式の種類及び株式数に関する事項
 
前事業年度末株式数(千株)
当事業年度増加株式数(千株)
当事業年度減少株式数(千株)
当事業年度末株式数(千株)
普通株式(注)
2,126
15
2,142
合計
2,126
15
2,142
 (注)普通株式の自己株式の株式数の増加15千株は、単元未満株式の買取りによる増加であります。
 
当事業年度(自 平成19年4月1日 至 平成20年3月31日)
自己株式の種類及び株式数に関する事項
 
前事業年度末株式数(千株)
当事業年度増加株式数(千株)
当事業年度減少株式数(千株)
当事業年度末株式数(千株)
普通株式(注)
2,142
18
2,161
合計
2,142
18
2,161
 (注)普通株式の自己株式の株式数の増加18千株は、単元未満株式の買取りによる増加であります。
 
(リース取引関係)
前事業年度
(自 平成18年4月1日
至 平成19年3月31日)
当事業年度
(自 平成19年4月1日
至 平成20年3月31日)
 リース物件の所有権が借主に移転すると認められるもの以外のファイナンス・リース取引
1.リース物件の取得価額相当額、減価償却累計額相当額及び期末残高相当額
 リース物件の所有権が借主に移転すると認められるもの以外のファイナンス・リース取引
1.リース物件の取得価額相当額、減価償却累計額相当額及び期末残高相当額
 
取得価額相当額
(百万円)
減価償却累計額相当額
(百万円)
期末残高相当額
(百万円)
機械及び装置
206
167
38
車輌運搬具
323
218
104
工具器具及び備品
2,949
2,012
937
その他
737
453
283
合計
4,216
2,852
1,364
 
取得価額相当額
(百万円)
減価償却累計額相当額
(百万円)
期末残高相当額
(百万円)
機械及び装置
196
57
139
車輌運搬具
322
251
70
工具器具及び備品
2,797
2,189
608
その他
509
277
232
合計
3,825
2,774
1,050
2.未経過リース料期末残高相当額
2.未経過リース料期末残高相当額
1年以内
    620百万円
1年超
743
合計
     1,364百万円
1年以内
    576百万円
1年超
474
合計
     1,050百万円
 なお、取得価額相当額及び未経過リース料期末残高相当額は、未経過リース料期末残高が有形固定資産の期末残高等に占める割合が低いため、支払利子込み法により算定しております。
同左
3.支払リース料及び減価償却費相当額
3.支払リース料及び減価償却費相当額
支払リース料
      703百万円
減価償却費相当額
703
支払リース料
   668百万円
減価償却費相当額
668
4.減価償却費相当額の算定方法
 リース期間を耐用年数とし、残存価額を零とする定額法によっております。
4.減価償却費相当額の算定方法
同左
(有価証券関係)
 前事業年度(自平成18年4月1日 至平成19年3月31日)及び当事業年度(自平成19年4月1日 至平成20年3月31日)における子会社株式及び関連会社株式で時価のあるものはありません。
(税効果会計関係)
前事業年度
(平成19年3月31日)
当事業年度
(平成20年3月31日)
1.繰延税金資産及び繰延税金負債の発生の主な原因別の内訳
1.繰延税金資産及び繰延税金負債の発生の主な原因別の内訳
(繰延税金資産)
百万円
貸倒引当金繰入限度超過額
2,465
賞与引当金繰入限度超過額
567
期末賞与否認
72
未払事業税否認
19
退職給付引当金超過額
1,028
役員退職慰労引当金否認
171
債務保証損失引当金否認
131
投資有価証券評価損否認
550
投資損失引当金否認 
590
固定資産評価損等否認
987
事業再生費用否認 
572
繰越欠損金 
836
その他
196
繰延税金資産小計
8,185
評価性引当金 
△8,185
繰延税金資産合計 
(繰延税金負債)
 
特別償却準備金
△0
固定資産圧縮積立金
△1,793
その他有価証券評価差額金
△5,169
繰延ヘッジ利益 
△111
繰延税金負債合計
△7,076
繰延税金資産(負債)の純額
△7,076
(繰延税金資産)
百万円
貸倒引当金繰入限度超過額
2,012
賞与引当金繰入限度超過額
550
期末賞与否認
214
未払事業税否認
19
退職給付引当金超過額
740
役員退職慰労引当金否認
180
債務保証損失引当金否認
179
投資有価証券評価損否認
591
投資損失引当金否認 
1,275
固定資産評価損等否認
563
事業再生費用否認 
516
繰延ヘッジ損益 
172
その他
586
繰延税金資産小計
7,602
評価性引当金 
△5,981
繰延税金資産合計 
1,621
(繰延税金負債)
 
特別償却準備金
△0
固定資産圧縮積立金
△1,721
その他有価証券評価差額金
△2,796
繰延税金負債合計
△4,518
繰延税金資産(負債)の純額
△2,897
2.法定実効税率と税効果会計適用後の法人税等の負担率との差異の原因となった主な項目別の内訳
2.法定実効税率と税効果会計適用後の法人税等の負担率との差異の原因となった主な項目別の内訳
    税引前当期純損失が計上されているため記載しておりません。
 
 (%)
 
 法定実効税率
40.6
 
 (調整)
   
  交際費等永久に損金に算入され
  ない項目 
8.5
 
   受取配当金等永久に益金に算入
  されない項目
△1.9
 
   住民税均等割等
1.9
 
   評価性引当額の減少額
△52.5
 
   その他
0.3
 
 税効果会計適用後の法人税等の負担率
△3.1
 
 
 
 
(1株当たり情報)
前事業年度
(自 平成18年4月1日
至 平成19年3月31日)
当事業年度
(自 平成19年4月1日
至 平成20年3月31日)
1株当たり純資産額
     511.92円
1株当たり当期純損失金額
     14.38円
1株当たり純資産額
      510.59円
1株当たり当期純利益金額
    20.78円
  なお、潜在株式調整後1株当たり当期純利益金額については、1株当たり当期純損失であり、また、潜在株式が存在しないため記載しておりません。
  なお、潜在株式調整後1株当たり当期純利益金額については、潜在株式が存在しないため記載しておりません。
  (注)1.1株当たり純資産額の算定上の基礎は、以下のとおりであります。
 
前事業年度
(自 平成18年4月1日
至 平成19年3月31日)
当事業年度
(自 平成19年4月1日
至 平成20年3月31日)
純資産の部の合計額(百万円)
106,654
106,365
純資産の部の合計から控除する金額(百万円)
普通株式に係る期末の純資産額(百万円) 
106,654
106,365
1株当たり純資産額の算定に用いられた期末の株式の数(千株)
208,340
208,321
 (注)2.1株当たり当期純利益金額又は1株当たり当期純損失金額(△)の算定上の基礎は、以下のとおりであり
 ます。
 
前事業年度
(自 平成18年4月1日
至 平成19年3月31日)
当事業年度
(自 平成19年4月1日
至 平成20年3月31日)
当期純利益又は当期純損失(△)(百万円)
△2,996
4,330
普通株主に帰属しない金額(百万円)
普通株式に係る当期純利益又は当期純損失(△)(百万円)
△2,996
4,330
期中平均株式数(千株)
208,350
208,332
(重要な後発事象)
 該当事項はありません。
④【附属明細表】
【有価証券明細表】
【株式】
銘柄
株式数(株)
貸借対照表計上額
(百万円)
投資有価証券
その他有価証券
イオン㈱
2,479,765
2,945
㈱セブン&アイ・ホールディングス
688,182
1,720
三井物産㈱
668,125
1,349
丸紅㈱
1,024,827
744
J.フロントリテイリング㈱ 
1,123,360
714
エスフーズ㈱
838,888
603
㈱ミレアホールディングス
138,160
508
㈱マルエツ
530,827
487
㈱吉野屋ホールディングス
2,242
387
㈱伊予銀行
345,120
367
㈱いなげや
291,256
265
その他 142銘柄
6,475,737
3,814
14,606,489
13,909
【債券】
銘柄
券面総額(百万円)
貸借対照表計上額
(百万円)
投資有価証券
満期保有目的の債券
64回 1.5利付国庫債券 
50
49
66回 1.1利付国庫債券
200
200
小計
250
249
その他有価証券
 62年度千葉県公債第4回ナ号
16
16
小計
16
16
266
266
【有形固定資産等明細表】
資産の種類
前期末残高
(百万円)
当期増加額
(百万円)
当期減少額
(百万円)
当期末残高
(百万円)
当期末減価償却累計額又は償却累計額
(百万円)
当期償却額
(百万円)
差引当期末残高(百万円)
有形固定資産
             
建物
42,349
388
1,079
(90)
41,657
28,756
1,071
12,901
構築物
4,552
33
58
(1)
4,528
3,673
105
855
機械及び装置
65,146
2,162
3,523
(10)
63,785
52,535
2,880
11,249
車輌運搬具
170
4
18
156
145
5
11
工具器具及び備品
4,666
166
293
(0)
4,540
3,724
207
815
土地
15,383
3
360
(160)
15,026
15,026
建設仮勘定
146
260
407
407
有形固定資産計
132,415
3,019
5,333
(264)
130,102
88,835
4,270
41,267
無形固定資産
             
のれん 
9
9
9
0
商標権
2
2
1
0
1
工業用水道施設利用権
66
66
34
4
31
ソフトウェア
1,424
240
1,664
997
295
667
その他の無形固定資産
190
50
14
226
65
10
160
無形固定資産計
1,693
290
14
1,969
1,108
311
860
長期前払費用
152
25
7
170
89
33
81
繰延資産
             
 
繰延資産計
 (注)「当期減少」欄の( )内は内書きで、減損損失の計上額であります。
 当期増加額の主なものは次のとおりであります。
 機械及び装置
 
 西宮工場
629百万円 
 東京工場
587百万円 
 豊橋工場
443百万円 
 六甲工場
108百万円 
 当期減少額の主なものは次のとおりであります。
 機械及び装置
 
 西宮工場
834百万円 
 東京工場
1,381百万円 
 豊橋工場
478百万円 
 九州工場
182百万円 
【引当金明細表】
区分
前期末残高
(百万円)
当期増加額
(百万円)
当期減少額
(目的使用)
(百万円)
当期減少額
(その他)
(百万円)
当期末残高
(百万円)
貸倒引当金(注)1
6,224
1,076
15
2,208
5,077
投資損失引当金(注)2
1,455
2,100
269
144
3,142
賞与引当金
1,397
1,355
1,397
1,355
役員退職慰労引当金
420
56
32
443
債務保証損失引当金(注)3 
323
176
58
441
 (注)1. 貸倒引当金の当期減少額(その他)は、債権回収による取崩額及び一般債権の貸倒実績率による洗替額であります。
    2. 投資損失引当金の当期減少額(その他)は、被投資会社の財政状態等を勘案し、損失負担見込額の見直しによる戻入額であります。
    3. 債務保証損失引当金の当期減少額(その他)は、被保証会社の財政状態等を勘案し、損失負担見込額の見直しによる戻入額であります。
 
(2)【主な資産及び負債の内容】
① 資産の部
1)現金及び預金
摘要
金額(百万円)
現金
152
預金
 
当座預金
6,520
普通預金
16
自由金利型定期預金
18,620
別段預金
3
小計
25,160
合計
25,312
2)受取手形
a 相手先別内訳
相手先
金額(百万円)
南州食品㈱
37
メイワ食品㈱
17
日本ジフィー食品㈱
16
㈱伊藤商店
16
シャディ㈱
13
その他
47
合計
148
b 期日別内訳
平成20年4月
(百万円)
5月
(百万円)
6月
(百万円)
7月以降
(百万円)
合計
(百万円)
116
32
0
148
3)売掛金
a 相手先別内訳
相手先
金額(百万円)
伊藤ハムミート販売西㈱
12,364
伊藤ハムミート販売東㈱
10,109
伊藤ハム販売㈱
5,577
伊藤ハムデイリー㈱
2,528
伊藤ハムフードソリューション㈱
890
その他
17,135
合計
48,607
b 売掛金の発生及び回収並びに滞留状況
前期繰越高
(百万円)
当期発生高
(百万円)
当期回収高
(百万円)
当期末残高
(百万円)
回収率(%)
滞留期間(日)
(A)
(B)
(C)
(D)
(C)
──────
(A) + (B)
(D)
──
(B)
×12×30
51,481
442,020
444,894
48,607
90.2
40
 (注) 消費税等の処理の方法は税抜方式によっていますが、上記当期発生高には消費税等が含まれております。
4)たな卸資産
a 科目別内訳
摘要
金額(百万円)
製品及び商品
 
ハム・ソーセージ
2,167
食肉
11,239
調理加工食品ほか
2,143
販売用不動産
672
合計
16,224
原材料
 
豚肉
6,438
牛肉
4,971
鶏肉
260
魚肉
18
その他原料肉
50
味付添加物
438
その他副資材
246
合計
12,423
仕掛品
 
ハム・ソーセージほか
264
合計
264
貯蔵品
 
ダンボールケースほか
234
合計
234
 (注)販売用不動産内訳
地域別
面積(㎡)
金額(百万円)
大阪府泉佐野市
6,769
672
合計
6,769
672
5)関係会社株式
銘柄
金額(百万円)
ITOHAM AMERICA,INC.
(US$ 30,870千)
3,315
ITOHAM FOODS(AUSTRALIA) PTY.LTD.
(A$  23,500千)
2,492
ANZCO FOODS LTD.
(NZ$ 28,584千)
2,049
伊藤ハムデイリー㈱
 
1,000
伊藤ハムミート販売西㈱
 
800
その他 39銘柄
 
6,553
合計
 
16,211
6)関係会社長期貸付金
相手先
金額(百万円)
サンキョーミート㈱
3,376
㈱大龍
1,900
宝永物産㈱
1,800
デリカジョイ㈱
1,100
高崎デリカフーズ㈱
1,000
その他
1,270
合計
10,446
② 負債の部
1)支払手形
a 相手先別内訳
相手先
金額(百万円)
三井物産プラスチックス関西㈱
236
東京食品機械㈱
59
㈱タカラ
43
㈱アークジャパンフーズ 
34
ライファン工業㈱
29
その他
186
合計
589
b 期日別内訳
平成20年4月
(百万円)
5月
(百万円)
6月
(百万円)
7月以降
(百万円)
合計
(百万円)
260
154
173
589
2)買掛金
相手先
金額(百万円)
宝永物産㈱
8,588
三菱商事㈱
5,505
住金物産㈱
2,048
丸紅㈱
1,580
横浜冷凍㈱
1,399
その他
21,409
合計
40,532
3)1年以内返済予定の長期借入金
相手先 
金額(百万円) 
日本生命保険相互会社
200
第一生命保険相互会社
142
明治安田生命保険相互会社
140
農林漁業金融公庫
130
 合計
612
4)設備関係支払手形
a 相手先別内訳
相手先
金額(百万円)
三井物産プラスチックス関西㈱
418
花木工業㈱
100
ハイテック㈱
74
㈱テラオカ
26
㈱タカラ 
11
その他 
30
合計
660
b 期日別内訳
平成20年4月
(百万円)
5月
(百万円)
6月
(百万円)
7月以降
(百万円)
合計
(百万円)
217
0
442
660
5)社債
   内訳は、1.連結財務諸表等(1)連結財務諸表⑤連結附属明細表・社債明細表に記載しております。
 
6)長期借入金
相手先
金額(百万円)
㈱みずほコーポレート銀行
1,900
㈱三井住友銀行
1,900
㈱三菱東京UFJ銀行
1,900
㈱常陽銀行 
1,000
㈱福岡銀行
1,000
その他
7,723
合計
15,423
(3)【その他】
 該当事項はありません。




出典: 伊藤ハム株式会社、2008-03-31 期 有価証券報告書