有価証券報告書を3社、または3期分比較分析できる! いますぐトライアルで試す >>
 






セクション一覧
(セグメント情報)
【事業の種類別セグメント情報】
前連結会計年度(自平成16年3月1日 至平成17年2月28日)
 
加工品・食肉事業
(百万円)
その他事業
(百万円)
(百万円)
消去又は全社
(百万円)
連結
(百万円)
Ⅰ.売上高及び営業損益
     
売上高
     
(1)外部顧客に対する売上高
102,383
25,948
128,332
128,332
(2)セグメント間の内部売上
高又は振替高
508
252
761
△761
102,892
26,200
129,093
△761
128,332
営業費用
100,116
24,980
125,097
△790
124,306
営業利益
2,776
1,220
3,996
29
4,025
Ⅱ.資産、減価償却費及び資本的
支出
     
資産
34,732
14,794
49,526
12,684
62,211
減価償却費
1,228
453
1,681
199
1,880
資本的支出
779
1,334
2,114
635
2,749
当連結会計年度(自平成17年3月1日 至平成18年2月28日)
 
加工品・食肉事業
(百万円)
外食事業
(百万円)
その他事業
(百万円)
(百万円)
消去又は全社
(百万円)
連結
(百万円)
Ⅰ.売上高及び営業損益
      
売上高
      
(1)外部顧客に対する売上高
106,528
22,852
9,017
138,398
138,398
(2)セグメント間の内部売上高又は振替高
625
4
232
862
△862
107,154
22,856
9,250
139,260
△862
138,398
営業費用
105,354
21,023
9,269
135,647
△890
134,757
営業利益又は損失(△)
1,800
1,832
△19
3,612
27
3,640
Ⅱ.資産、減価償却費、減損損失及び資本的支出
      
資産
37,662
13,878
4,078
55,619
11,228
66,847
減価償却費
1,157
607
102
1,868
181
2,049
減損損失
61
628
689
689
資本的支出
1,240
2,231
229
3,700
382
4,083
 (注)1.事業区分の方法は、製品の種類・性質等を考慮して当社で採用している区分によります。
2.各区分の主な事業
 (1)加工品・食肉事業…ハム、ソーセージ、デリカテッセンの製造・販売及び豚、牛、鶏肉の製造・販 売業
 (2)外食事業……………レストラン等の経営
 (3)その他事業…………清涼飲料の販売並びに書籍の販売業等
3.資産のうち、消去又は全社の項目に含めた全社資産は、親会社での余資運用資金(現金及び預金)、長期投資資金(投資有価証券)及び管理部門に係る資産等であります。
       前連結会計年度    12,684百万円      当連結会計年度    11,228百万円
4.事業区分の方法の変更
 従来、事業の種類別セグメント情報における事業区分については、「加工品・食肉事業」、「その他事業」の2つの事業区分としておりましたが、当連結会計年度から「加工品・食肉事業」、「外食事業」、「その他事業」の3つの事業区分に変更いたしました。これは、主に、「その他事業」の「外食事業」に含まれていた子会社チムニー㈱において、当連結会計年度下期の新規出店数が当初計画よりも増加し、事業の種類別セグメントにおける金額的重要性が増したことから、総合的に事業区分を見直し、当社グループの事業実態をより的確に反映させるために行ったものであります。
 なお、前連結会計年度の事業の種類別セグメント情報を、当連結会計年度において用いた事業区分により区分すると次のようになります。
前連結会計年度(自平成16年3月1日 至平成17年2月28日)
 
加工品・食肉事業
(百万円)
外食事業
(百万円)
その他事業
(百万円)
(百万円)
消去又は全社
(百万円)
連結
(百万円)
Ⅰ.売上高及び営業損益
      
売上高
      
(1)外部顧客に対する売上高
102,383
17,236
8,711
128,332
128,332
(2)セグメント間の内部売上高又は振替高
508
3
249
761
△761
102,892
17,240
8,960
129,093
△761
128,332
営業費用
100,116
16,140
8,840
125,097
△790
124,306
営業利益
2,776
1,099
120
3,996
29
4,025
Ⅱ.資産、減価償却費、減損損失及び資本的支出
      
資産
34,732
10,667
4,127
49,526
12,684
62,211
減価償却費
1,228
344
109
1,681
199
1,880
資本的支出
779
1,300
33
2,114
635
2,749
5.会計処理方法の変更
  (前連結会計年度)
記載すべき事項はありません。
  (当連結会計年度)
「連結財務諸表作成のための基本となる重要な事項の変更」に記載のとおり、当連結会計年度において「固定資産の減損会計に係る会計基準」及び「固定資産の減損に係る会計基準の適用指針」を早期適用したことにより、外食事業において61百万円、その他事業において628百万円の減損損失を計上しております。
【所在地別セグメント情報】
前連結会計年度(自平成16年3月1日 至平成17年2月28日)及び当連結会計年度(自平成17年3月1日 至平成18年2月28日)
 本邦の売上高及び資産の金額は、全セグメントの売上高の合計及び全セグメント資産の金額の合計額に占める割合がいずれも90%超であるため、所在地別セグメント情報の記載を省略しております。
【海外売上高】
前連結会計年度(自平成16年3月1日 至平成17年2月28日)及び当連結会計年度(自平成17年3月1日 至平成18年2月28日)
 海外売上高が、いずれも連結売上高の10%未満のため、海外売上高の記載を省略しております。
【関連当事者との取引】
前連結会計年度(自平成16年3月1日 至平成17年2月28日)
 該当事項はありません。
当連結会計年度(自平成17年3月1日 至平成18年2月28日)
役員及び個人主要株主等
属性
氏名
住所
資本金又は出資金
(百万円)
事業の内容又は職業
議決権等の所有(被所有)割合
(%)
関係内容
取引の内容
取引金額
(百万円)
科目
期末残高
(百万円)
役員の兼任等
(人)
事業上の関係
役員及びその近親者
立石雅世 
当社監査役
弁護士
弁護士法人立石法律事務所社員
弁護士報酬
1
 (注)1.上記取引は、提出会社と弁護士法人立石法律事務所との取引であります。
2.弁護士報酬については、当社と関連を有しない他の当事者と同様の条件によっております。
3.取引金額には消費税等は含まれておりません。
(1株当たり情報)
前連結会計年度
(自 平成16年3月1日
至 平成17年2月28日)
当連結会計年度
(自 平成17年3月1日
至 平成18年2月28日)
1株当たり純資産額
1,141.08
1株当たり当期純利益金額
87.07
潜在株式調整後1株当たり当期純利益金額については、潜在株式がないため記載しておりません。
1株当たり純資産額
1,185.66
1株当たり当期純利益金額
44.92
同左
(注)1株当たり当期純利益金額の算定上の基礎は、以下のとおりです。
 
前連結会計年度
(自 平成16年3月1日
至 平成17年2月28日)
当連結会計年度
(自 平成17年3月1日
至 平成18年2月28日)
当期純利益(百万円)
2,543
1,329
普通株主に帰属しない金額(百万円)
39
37
(うち利益処分による役員賞与金  (百万円))
(39)
(37)
普通株式に係る当期純利益(百万円)
2,504
1,291
普通株式の期中平均株式数(千株)
28,757
28,742




出典: 米久株式会社、2006-02-28 期 有価証券報告書