有価証券報告書を3社、または3期分比較分析できる! いますぐトライアルで試す >>
 






セクション一覧
2【財務諸表等】
(1)【財務諸表】
①【貸借対照表】
   
前事業年度
(平成19年9月30日)
当事業年度
(平成20年9月30日)
区分
注記
番号
金額(千円)
構成比
(%)
金額(千円)
構成比
(%)
(資産の部)
             
Ⅰ.流動資産
             
1.現金及び預金
   
172,354
   
210,256
 
2.受取手形
(注4,5)
 
77,657
   
106,334
 
3.売掛金
(注2)
 
549,759
   
543,315
 
4.商品
   
104,741
   
124,755
 
5.製品
   
202,195
   
304,843
 
6.原料
   
184,984
   
367,017
 
7.貯蔵品
   
24,005
   
22,415
 
8.輸出粉原料未精算差金
   
6,820
   
22,319
 
9.繰延税金資産
   
20,200
   
17,435
 
10.その他の流動資産
 
 
56,630
   
65,239
 
貸倒引当金
   
△30,890
   
△27,880
 
流動資産合計
   
1,368,460
37.3
 
1,756,053
45.4

 

   
前事業年度
(平成19年9月30日)
当事業年度
(平成20年9月30日)
区分
注記
番号
金額(千円)
構成比
(%)
金額(千円)
構成比
(%)
Ⅱ.固定資産
             
(1) 有形固定資産
(注1)
           
1.建物
 
1,778,000
   
1,785,900
   
減価償却累計額
 
941,964
836,036
 
989,387
796,513
 
2.構築物
 
45,995
   
45,995
   
減価償却累計額
 
43,686
2,308
 
43,695
2,299
 
3.機械装置
 
2,282,576
   
2,314,456
   
減価償却累計額
 
1,750,352
532,223
 
1,802,668
511,787
 
4.車両運搬具
 
18,957
   
26,595
   
減価償却累計額
 
13,776
5,180
 
16,020
10,575
 
5.工具器具備品
 
145,480
   
149,960
   
減価償却累計額
 
133,126
12,354
 
135,894
14,066
 
6.土地
   
122,852
   
122,852
 
有形固定資産合計
   
1,510,956
41.2
 
1,458,095
37.8
(2) 投資その他の資産
             
1.投資有価証券
   
435,698
   
323,729
 
2.関係会社株式
   
55,721
   
55,721
 
3.出資金
   
1,016
   
930
 
4.関係会社長期貸付金
   
50,260
   
25,120
 
5.従業員長期貸付金
   
2,259
   
2,208
 
6.長期貸付金
   
7,766
   
4,416
 
7.破産更生債権等
(注2)
 
190,484
   
180,889
 
8.前払年金資産
   
124,546
   
131,844
 
9.長期前払費用
   
   
1,516
 
10.保険積立金
   
41,007
   
45,061
 
11.その他の投資
   
11,127
   
8,464
 
貸倒引当金
   
△129,312
   
△130,044
 
投資その他の資産合計
   
790,575
21.5
 
649,858
16.8
固定資産合計
   
2,301,532
62.7
 
2,107,954
54.6
資産合計
   
3,669,992
100.0
 
3,864,007
100.0
               

 

   
前事業年度
(平成19年9月30日)
当事業年度
(平成20年9月30日)
区分
注記
番号
金額(千円)
構成比
(%)
金額(千円)
構成比
(%)
(負債の部)
             
Ⅰ.流動負債
             
1.支払手形
 
 
32,365
   
35,356
 
2.買掛金
   
120,759
   
77,814
 
3.短期借入金
(注1)
 
912,000
   
1,182,000
 
4.一年以内返済予定長期借入金
(注1)
 
252,338
   
228,112
 
5. 一年以内償還予定社債 
 
 
   
40,000
 
6.未払金
   
78,711
   
62,501
 
7.未払法人税等
   
2,070
   
2,841
 
8.未払事業所税
   
3,462
   
3,462
 
9.未払消費税等
   
6,710
   
 
10.賞与引当金
   
15,689
   
19,586
 
11.設備支払手形
   
   
9,166
 
12.その他の流動負債
   
5,410
   
2,721
 
流動負債合計
   
1,429,517
38.9
 
1,663,561
43.1
Ⅱ.固定負債
             
1.長期借入金
(注1)
 
572,112
   
422,500
 
2. 社債
 
 
   
160,000
 
2.繰延税金負債
   
114,945
   
96,746
 
3.退職給付引当金
   
5,266
   
5,348
 
固定負債合計
   
692,324
18.9
 
684,595
17.7
負債合計
   
2,121,842
57.8
 
2,348,156
60.8

 

   
前事業年度
(平成19年9月30日)
当事業年度
(平成20年9月30日)
区分
注記
番号
金額(千円)
構成比
(%)
金額(千円)
構成比
(%)
(純資産の部)
             
Ⅰ.株主資本
             
 1.資本金
   
500,000
 
 
500,000
 
2.資本剰余金
             
(1)資本準備金
 
67,876
   
67,876
   
資本剰余金合計
   
67,876
 
 
67,876
 
3.利益剰余金
             
(1)利益準備金
 
115,200
   
115,200
   
(2)その他利益剰余金
             
退職手当積立金
 
50,000
   
   
設備改善積立金 
 
   
50,000
   
配当準備積立金
 
120,000
   
120,000
   
固定資産圧縮積立金
 
206,362
   
195,981
   
     別途積立金
 
440,000
   
440,000
   
     繰越利益剰余金
 
△49,784
   
△3,606
   
    利益剰余金合計
   
881,777
 
 
917,575
 
  4.自己株式
   
△2,870
 
 
△2,988
 
  株主資本合計
   
1,446,782
39.4
 
1,482,463
38.4
Ⅱ.評価・換算差額等
             
  1.その他有価証券評価差額金
   
101,366
 
 
33,387
 
  評価・換算差額等合計
   
101,366
2.8
 
33,387
0.8
純資産合計
   
1,548,149
42.2
 
1,515,851
39.2
負債純資産合計
   
3,669,992
100.0
 
3,864,007
100.0
               
②【損益計算書】
   
前事業年度
(平成18年10月1日から
平成19年9月30日まで)
当事業年度
(平成19年10月1日から
平成20年9月30日まで)
区分
注記
番号
金額(千円)
百分比
(%)
金額(千円)
百分比
(%)
Ⅰ.売上高
             
1.製品売上高
 
2,889,824
   
3,258,830
   
2.商品売上高
 
752,209
   
627,094
   
3.不動産賃貸収入
 
76,421
3,718,455
100.0
54,850
3,940,776
100.0
Ⅱ.売上原価
             
1.製品期首たな卸高
 
183,584
   
202,195
   
2.商品期首たな卸高
 
71,654
   
104,741
   
3.当期製品製造原価
(注3)
2,342,979
   
2,662,574
   
4.当期商品仕入高
 
866,818
   
717,807
   
合計
 
3,465,035
   
3,687,318
   
5.他勘定振替高
(注1)
10,048
   
29,818
   
6.製品期末たな卸高
 
202,195
   
304,843
   
7.商品期末たな卸高
 
104,741
3,148,050
84.7
124,755
3,227,901
81.9
8.不動産賃貸原価
(注2)
 
43,023
1.1
 
44,079
1.1
売上総利益
   
527,381
14.2
 
668,795
17.0
Ⅲ.販売費及び一般管理費
             
1.販売運賃及び諸掛
 
197,231
   
200,181
   
2.販売手数料
 
27,881
   
24,596
   
3.貸倒引当金繰入額
 
43,820
   
   
4.役員報酬
 
68,737
   
58,668
   
5.給料手当
 
68,486
   
72,187
   
6.賞与
 
6,212
   
7,206
   
7.賞与引当金繰入額
 
6,369
   
6,989
   
8.退職給付費用
 
2,933
   
5,528
   
9.福利厚生費
 
24,467
   
23,722
   
10.旅費・通信費
 
30,485
   
22,360
   
11.事業所税
 
3,883
   
3,462
   
12.減価償却費
 
3,808
   
5,060
   
13.その他
 
115,840
600,158
16.1
139,134
569,098
14.5
  営業利益
 
 
 
99,696
2.5
     営業損失
   
72,777
△1.9
 

 

   
前事業年度
(平成18年10月1日から
平成19年9月30日まで)
当事業年度
(平成19年10月1日から
平成20年9月30日まで)
区分
注記
番号
金額(千円)
百分比
(%)
金額(千円)
百分比
(%)
Ⅳ.営業外収益
             
1.受取利息
(注4)
7,206
   
3,445
   
2.受取配当金
 
6,143
   
6,880
   
3.受取手数料
(注4)
2,063
   
1,964
   
4.雑収入
 
5,083
20,496
0.5
3,770
16,060
0.4
Ⅴ.営業外費用
             
1.支払利息
 
35,729
   
41,331
   
2. 社債発行費
 
   
6,517
   
3.雑損失
 
4,596
40,325
1.1
3,097
50,945
1.3
  経常利益
 
 
64,811
1.6
   経常損失
   
92,606
△2.5
 
Ⅵ.特別利益
             
1.投資有価証券売却益
 
1,534
   
   
2.貸倒引当金戻入益 
 
10,530
12,065
0.3
2,277
2,277
0.1
Ⅶ.特別損失
             
1.固定資産除却損
(注5)
1,384
1,384
0.0
16
16
0.0
  税引前当期純利益
 
 
 
67,072
1.7
税引前当期純損失
   
81,925
△2.2
 
法人税、住民税及び事業税
 
900
   
900
   
法人税等調整額
 
△27,764
△26,864
△0.7
30,374
31,274
0.7
当期純利益
 
 
 
35,798
1.0
当期純損失
   
55,061
△1.5
 
               
製造原価明細書
   
前事業年度
(平成18年10月1日から
平成19年9月30日まで)
当事業年度
(平成19年10月1日から
平成20年9月30日まで)
区分
注記
番号
金額(千円)
構成比
(%)
金額(千円)
構成比
(%)
1.材料費
 
1,886,620
80.5
2,203,546
82.8
2.労務費
(注2)
151,190
6.5
152,180
5.7
3.経費
(注3)
305,167
13.0
306,847
11.5
当期製品製造原価
 
2,342,979
100.0
2,662,574
100.0
 (注)
前事業年度
当事業年度
1.原価計算の方法
実際等級別総合原価計算
1.原価計算の方法
同左
2.労務費には、以下のものが含まれております。
2.労務費には、以下のものが含まれております。
賞与引当金繰入額
    9,056千円
退職給付費用
     6,480千円
賞与引当金繰入額
    8,104千円
退職給付費用
  5,848千円
3.経費のうち主なものは、次のとおりであります。
3.経費のうち主なものは、次のとおりであります。
減価償却費
      71,014千円
動力費
      58,656千円
減価償却費
     70,024千円
動力費
   59,024千円
③【株主資本等変動計算書】
 前事業年度(平成18年10月1日から平成19年9月30日まで)
項 目
株  主  資  本
資本金
資本剰余金
利益剰余金
資 本  準備金
資本剰余金合計
利 益  準備金
その他利益剰余金
退職手当積立金
配当準備積立金
固定資産圧縮積立金
別 途  積立金
繰越利益
剰 余 金
前期末残高(千円)
500,000
67,876
67,876
115,200
50,000
120,000
216,742
440,000
△5,104
事業年度中の変動額
                 
固定資産圧縮積立金の取崩し
           
△10,380
 
10,380
当期純損失(△)
               
△55,061
自己株式の取得
                 
株主資本以外の項目の当期中の変動額(純額)
                 
当期中の変動額合計(千円)
△10,380
△44,680
当期末残高(千円)
500,000
67,876
67,876
115,200
50,000
120,000
206,362
440,000
△49,784
項 目
株 主 資 本
評価・換算差額等
純資産合計
利益剰余金
自己株式
株主資本
合 計
その他有価証券評価差額金
評価・換算差額等合計
利益剰余金合  計
前期末残高(千円)
936,838
△2,750
1,501,964
173,707
173,707
1,675,672
事業年度中の変動額
           
固定資産圧縮積立金の取崩し
           
当期純損失(△)
△55,061
 
△55,061
   
△55,061
自己株式の取得
 
△120
△120
   
△120
株主資本以外の項目の当期中の変動額(純額)
     
△72,341
△72,341
△72,341
当期中の変動額合計(千円)
△55,061
△120
△55,181
△72,341
△72,341
△127,522
当期末残高(千円)
881,777
△2,870
1,446,782
101,366
101,366
1,548,149
 当事業年度(平成19年10月1日から平成20年9月30日まで)
項 目
株  主  資  本
資本金
資本剰余金
利益剰余金
資 本  準備金
資本剰余金合計
利 益  準備金
その他利益剰余金
 
退職手当積立金
設備改善積立金 
配当準備積立金
固定資産圧縮積立金
別 途  積立金
繰越利益
剰 余 金
前期末残高(千円)
500,000
67,876
67,876
115,200
50,000
120,000
206,362
440,000
△49,784
事業年度中の変動額
                   
固定資産圧縮積立金の取崩し
             
△10,380
 
10,380
退職手当積立金の取崩
       
△50,000
   
 
 
50,000
設備改善積立金の積立
       
 
50,000
 
 
 
△50,000
当期純利益
                 
35,798
自己株式の取得
                   
株主資本以外の項目の当期中の変動額(純額)
                   
当期中の変動額合計(千円)
△50,000
50,000
△10,380
46,178
当期末残高(千円)
500,000
67,876
67,876
115,200
50,000
120,000
195,981
440,000
△3,606
項 目
株 主 資 本
評価・換算差額等
純資産合計
利益剰余金
自己株式
株主資本
合 計
その他有価証券評価差額金
評価・換算差額等合計
利益剰余金合  計
前期末残高(千円)
881,777
△2,870
1,446,782
101,366
101,366
1,548,149
事業年度中の変動額
           
固定資産圧縮積立金の取崩し
 
   
退職手当積立金の取崩
 
 
   
設備改善積立金の積立 
 
   
当期純利益
35,798
 
35,798
   
35,798
自己株式の取得
 
△117
△117
   
△117
株主資本以外の項目の当期中の変動額(純額)
     
△67,979
△67,979
△67,979
当期中の変動額合計(千円)
35,798
△117
35,680
△67,979
△67,979
△32,298
当期末残高(千円)
917,575
△2,988
1,482,463
33,387
33,387
1,515,851
重要な会計方針
前事業年度
(平成18年10月1日から
平成19年9月30日まで)
当事業年度
(平成19年10月1日から
平成20年9月30日まで)
1.有価証券の評価基準及び評価方法
1.有価証券の評価基準及び評価方法
(1) 子会社株式及び関連会社株式
 総平均法による原価法
(1) 子会社株式及び関連会社株式
同左
(2) その他有価証券
時価のあるもの 決算末日の市場価格等に基づく時価法
(評価差額金は全部純資産直入法で処理し、売却原価は総平均法による)
(2) その他有価証券
時価のあるもの 同左
 
 
 
時価のないもの 総平均法による原価法
時価のないもの 同左
2.たな卸資産の評価基準及び評価方法
(1) 製品  月次製造原価法による原価法
2.たな卸資産の評価基準及び評価方法
(1) 製品         同左
(2) 商品・原料・貯蔵品 移動平均法による原価法
(2) 商品・原料・貯蔵品  同左
3.固定資産の減価償却の方法
(1)有形固定資産
 建物・機械装置については、定額法(ただし本社製粉部門以外の部門は定率法)、その他の有形固定資産は定率法を採用しております。
3.固定資産の減価償却の方法
(1)有形固定資産
 同左
4.繰延資産の処理の方法 
 −
4.繰延資産の処理方法 
社債発行費については、支出時に全額費用として処理しております。
5.引当金の計上基準
(1)貸倒引当金
 期末現在の債権に対する貸倒損失に備えるため、一般債権については貸倒実績率により、貸倒懸念債権等特定の債権については個別に回収可能性を検討し、回収不能見込額を計上しております。
5.引当金の計上基準
(1)貸倒引当金
同左
(2)賞与引当金
 従業員に対して支給する賞与に充てるため、支給見込額基準により計上しております。
(2)賞与引当金
同左
 (3)退職給付引当金
従業員の退職給付に備えるため、当期末における退職給付債務及び年金資産の見込額に基づき、当期末において発生していると認められる額を計上しております。
(3)退職給付引当金
同左
6.リース取引の処理方法
 リース物件の所有権が借主に移転すると認められる もの以外のファイナンス・リース取引については、通常の賃貸借取引に係る方法に準じた会計処理によっております。
6.リース取引の処理方法
同左
7.重要なヘッジ会計の方法
(1)ヘッジ会計の方法
原則として、繰延ヘッジ処理を採用しております。ただし、金利スワップについては、特例処理の要件を満たしている場合は特例処理を採用しております。
7.重要なヘッジ会計の方法
(1)ヘッジ会計の方法
 同左
(2)ヘッジ手段とヘッジ対象
(ヘッジ手段)金利スワップ
(ヘッジ対象)借入金の利息
(2)ヘッジ手段とヘッジ対象
(ヘッジ手段)同左
    (ヘッジ対象)同左

 

前事業年度
(平成18年10月1日から
平成19年9月30日まで)
当事業年度
(平成19年10月1日から
平成20年9月30日まで)
(3)ヘッジ方針
借入金の金利変動リスクを回避する目的で金利スワップ取引を行なっており、ヘッジ対象の識別は個別契約毎に行なっております。
(3)ヘッジ方針
同左
(4)ヘッジ有効性評価の方法
リスク管理方針に従って、以下の条件を満たす金利スワップを締結しております。
(4)ヘッジ有効性評価の方法
同左
 ① 金利スワップの想定元本と長期借入金の元本 金額が一致している。
①  同左
② 金利スワップと長期借入金の契約期間及び満期が一致している。
②  同左
③ 長期借入金の変動金利のインデックスと金利スワップで受払いされる変動金利のインデックスが一致している。
③  同左
④ 長期借入金と金利スワップの金利改定条件が一致している。
④  同左
⑤ 金利スワップの受払い条件がスワップ期間を通して 一定である。
従って、金利スワップの特例処理の要件を満たしているので決算日における有効性の評価を省略しております。
⑤  同左
8.その他財務諸表作成のための基本となる重要な事項
(1)消費税等の会計処理
 消費税等の会計処理は、税抜方式によっております。
8.その他財務諸表作成のための基本となる重要な事項
(1)消費税等の会計処理
同左
注記事項
(貸借対照表関係)
前事業年度
(平成19年9月30日)
当事業年度
(平成20年9月30日)
1.担保に供している資産(帳簿価額)及び対応債務は、次のとおりであります。
(1)工場財団(本社工場)
1.担保に供している資産(帳簿価額)及び対応債務は、次のとおりであります。
(1)工場財団(本社工場)
土地
  91,516千円
建物
      786,983千円
機械装置
      524,618千円
    1,403,119千円
土地
91,516千円
建物
748,396千円
機械装置
505,579千円
1,345,492千円
短期借入金
      76,750千円
長期借入金
   691,600千円
      768,350千円
短期借入金
144,900千円
長期借入金
547,650千円
692,550千円
(2)工場財団以外(遊戯施設)
(2)工場財団以外
土地
     31,332千円
建物
      51,361千円
      82,693千円
土地
31,332千円
建物
50,417千円
81,749千円
短期借入金
    260,000千円
長期借入金
  78,750千円
   338,750千円
短期借入金
313,600千円
長期借入金(注1)
102,962千円
 小計
416,562千円
被保証債務(注2)
200,000千円
616,562千円
 長期借入金の中には1年以内返済予定額を含んでおります。
(注1)長期借入金の中には1年以内返済予定額を含んでおります。
(注2)被保証債務は、無担保社債発行に際し、未償還残高に対して金融機関から保証を受けている額であります。
2.関係会社に係る注記
2.関係会社に係る注記
 区分掲記されたもの以外で各科目に含まれている関係会社に対するものは次のとおりであります。
 区分掲記されたもの以外で各科目に含まれている関係会社に対するものは次のとおりであります。
売掛金
    47,780千円
破産債権・再生債権・更生債権等その他これらに準ずる債権
    54,111千円
売掛金
91,526千円
破産更生債権等
47,620千円
3.保証債務 
保証先
金額(千円)
内容
(有)那の津 運送
47,672
 金融機関からの借入金に対する保証債務
 合  計
47,672
 
3.保証債務 
保証先
金額(千円)
内容
(有)那の津 運送
35,764
 金融機関からの借入金に対する保証債務
 合  計
35,764
 
4.受取手形割引高
      104,645千円
  (うち期末日満期手形
      11,277千円)
4.受取手形割引高
   126,038千円
  
 
5.期末日満期手形
   当事業年度末日満期手形の会計処理については、手形交換日をもって決済処理をしております。
   なお、当事業年度末日が金融機関の休日であったため、次の当事業年度末日満期手形が当事業年度末残高に含まれております。
       受取手形      1,084千円
5.−
 
 
 
       
(損益計算書関係)
前事業年度
(平成18年10月1日から
平成19年9月30日まで)
当事業年度
(平成19年10月1日から
平成20年9月30日まで)
1.他勘定振替高の内容は、次のとおりであります。
1.他勘定振替高の内容は、次のとおりであります。
製造勘定(材料費)へ
 7,962千円
販売費(見本品費)へ
   2,085千円
製造勘定(材料費)へ
27,864千円
販売費(見本品費)へ
    1,953千円
2.不動産賃貸原価には、減価償却費30,427千円が含まれております。
2.不動産賃貸原価には、減価償却費29,681千円が含まれております。
3.当期製造費用に含まれる研究開発費は、3,275千円であります。
3.当期製造費用に含まれる研究開発費は、2,551千円であります。
4.関係会社に係る注記
 各科目に含まれる関係会社に対するものは次のとおりであります。
4.関係会社に係る注記
 各科目に含まれる関係会社に対するものは次のとおりであります。
受取手数料
     1,714千円
受取利息
     5,163千円
受取手数料
   1,714千円
受取利息
   1,931千円
5.固定資産除却損の内訳は以下のとおりであります。
 機械装置         1,384千円
5.固定資産除却損の内訳は以下のとおりであります。
 車両運搬具            16千円
 
 
 
 
(株主資本等変動計算書関係)
 前事業年度(平成18年10月1日から平成19年9月30日まで)
自己株式の種類及び株式数に関する事項
 
前期末株式数
(株)
当期増加株式数
(株)
当期減少株式数
(株)
当期末株式数
(株)
普通株式
31,319
871
32,190
注)普通株式の自己株式の増加871株は、単元未満株式の買取りであり、取得総額は、120千円であります。
 当事業年度(平成19年10月1日から平成20年9月30日まで)
自己株式の種類及び株式数に関する事項
 
前期末株式数
(株)
当期増加株式数
(株)
当期減少株式数
(株)
当期末株式数
(株)
普通株式
32,190
1,291
33,481
注)普通株式の自己株式の増加1,291株は、単元未満株式の買取りであり、取得総額は、117千円であります。
(リース取引関係)
前事業年度
(平成18年10月1日から
平成19年9月30日まで)
当事業年度
(平成19年10月1日から
平成20年9月30日まで)
 リース物件の所有権が借主に移転すると認められるもの以外のファイナンス・リース取引に係る注記
1.リース物件の取得価額相当額、減価償却累計額相当額及び期末残高相当額
 リース物件の所有権が借主に移転すると認められるもの以外のファイナンス・リース取引に係る注記
1.リース物件の取得価額相当額、減価償却累計額相当額及び期末残高相当額
 
取得価額相当額
(千円)
減価償却累計額相当額
(千円)
期末残高相当額
(千円)
工具器具備品
7,869
2,248
5,621
ソフトウェア 
25,902
928
24,973
合計
33,771
3,176
30,595
 
取得価額相当額
(千円)
減価償却累計額相当額
(千円)
期末残高相当額
(千円)
工具器具備品
7,869
3,622
4,247
ソフトウェア 
63,870
11,227
52,642
合計
71,739
14,849
56,889
 なお、取得価額相当額は、未経過リース料期末残高が有形固定資産の期末残高等に占める割合が低いため、支払利子込み法により算定しております。
同左
2.未経過リース料期末残高相当額
2.未経過リース料期末残高相当額
1年以内
     6,554千円
1年超
     24,040千円
合計
    30,595千円
1年以内
    14,148千円
1年超
42,741千円
合計
56,889千円
 なお、未経過リース料期末残高相当額は、未経過リース料期末残高が有形固定資産の期末残高等に占める割合が低いため、支払利子込み法により算定しております。
同左
3.支払リース料及び減価償却費相当額
3.支払リース料及び減価償却費相当額
支払リース料
      6,240千円
減価償却費相当額
      6,240千円
支払リース料
11,673千円
減価償却費相当額
11,673千円
4.減価償却費相当額の算定方法
 リース期間を耐用年数とし、残存価額を零とする定額法によっております。
4.減価償却費相当額の算定方法
同左
(減損損失)
リース資産に配分された減損損失はありません。
(減損損失)
リース資産に配分された減損損失はありません。
(有価証券関係)
前事業年度
(平成19年9月30日)
当事業年度
(平成20年9月30日)
 子会社株式及び関連会社株式で時価のあるものはありません。
同左
(税効果会計関係)
前事業年度
(平成19年9月30日)
当事業年度
(平成20年9月30日)
1.繰延税金資産及び繰延税金負債の発生の主な原因別の内訳
1.繰延税金資産及び繰延税金負債の発生の主な原因別の内訳
(繰延税金資産)
 
貸倒引当金損金算入限度超過額
   47,539千円
未払事業税・事業所税
   1,796千円
賞与引当金損金算入限度超過額
   6,338千円
繰越欠損金
  105,200千円
その他
  7,479千円
繰延税金資産小計
評価性引当額
  168,355千円
△ 4,566千円
繰延税金資産合計
 163,789千円
(繰延税金資産)
 
貸倒引当金損金算入限度超過額
42,868千円
未払事業税・事業所税
2,112千円
賞与引当金損金算入限度超過額
7,912千円
繰越欠損金
73,166千円
その他
7,832千円
繰延税金資産小計
評価性引当額
133,892千円
△4,566千円
繰延税金資産合計
129,326千円
(繰延税金負債)
 
前払年金資産
 50,316千円
固定資産圧縮積立金
139,883千円
その他有価証券評価差額金
 68,334千円
繰延税金負債合計
258,534千円
繰延税金負債純額
 94,745千円
(繰延税金負債)
 
前払年金資産
53,265千円
固定資産圧縮積立金
132,846千円
その他有価証券評価差額金
22,525千円
繰延税金負債合計
208,637千円
繰延税金負債純額
79,310千円
2.法定実効税率と税効果会計適用後の法人税等の負担率との間に重要な差異があるときの当該差異の原因となった主な項目別の内訳
2.法定実効税率と税効果会計適用後の法人税等の負担率との間に重要な差異があるときの当該差異の原因となった主な項目別の内訳
 法定実効税率                40.4%
(調整)
交際費等永久に損金に算入されない      △5.4%
項目
住民税均等割                △1.1%
 その他   
 △1.1%
 税効果会計適用後の法人税等の負担率 
32.8%
 法定実効税率                40.4%
(調整)
交際費等永久に損金に算入されない          4.8%
項目
住民税均等割                              1.3%
 その他   
0.1%
 税効果会計適用後の法人税等の負担率 
46.6%
(1株当たり情報)
前事業年度
(平成18年10月1日から
  平成19年9月30日まで)
当事業年度
(平成19年10月1日から
  平成20年9月30日まで)
1株当たり純資産額
   155円 31銭
1株当たり当期純損失金額
  5円 52銭
1株当たり純資産額
152円09銭
1株当たり当期純利益金額
3円59銭
 なお、潜在株式調整後1株当たり当期純利益金額については、潜在株式がないため記載しておりません。
同左
 (注)算定上の基礎は、以下のとおりであります。
 1.1株当たり純資産額
 
前事業年度
 (平成19年9月30日)
当事業年度
 (平成20年9月30日)
純資産の部の合計額(千円)
1,548,149
1,515,851
純資産の部の合計額から控除する金額(千円)
普通株式に係る期末の純資産額(千円)
1,548,149
1,515,851
期末の普通株式の数(株)
9,967,810
9,966,519
2.1株当たり当期純利益又は当期純損失(△)金額
 
前事業年度
(平成18年10月1日から
   平成19年9月30日まで)
当事業年度
(平成19年10月1日から
   平成20年9月30日まで)
1株当たり当期純利益金額
   
当期純利益又は当期純損失(△)(千円)
△55,061
35,798
普通株主に帰属しない金額(千円)
普通株式に係る当期純利益又は当期純損失(△)(千円)
△55,061
35,798
期中平均株式数(株)
9,968,405
9,967,131
(重要な後発事象)
前事業年度
(平成18年10月1日から
平成19年9月30日まで)
当事業年度
(平成19年10月1日から
平成20年9月30日まで)
 当社は、小麦粉原料の政府売渡制度の改定や国内需要の見通しを考慮し、日本製粉株式会社とより親密な関係を強化し業務の拡大を図るため10月24日付で業務提携契約を締結いたしました。業務提携の具体的内容は、基本合意を基に今後、双方にて検討して行くこととしております。又、日本製粉株式会社は、10月29日付で新たに当社株式1,100千株をこれまで筆頭株主でありました株式会社ヤマオカより取得し筆頭株主(取得後の所有株式数1,799千株、所有割合18.0%)となりました。
 平成20年11月5日開催の取締役会において、日本製粉株式会社と業務提携を推進する上で更なる安全・安心を考慮し、生産の効率化を目指した生産設備投資計画を次のとおり決議いたしました。
1.  設備の内容   本社工場製粉生産設備
2.   設備導入時期
    ① 着工予定      平成21年5月
    ② 完成予定      平成21年5月
3.   投資予定額     約3億円
4.   効果
  当該設備投資には、直接的な生産能力への影響はありませんが、より高度な安全基準に適合した生産とコストの低減が可能となり、業務提携と合わせ販路の拡大も見込んでおります。 
④【附属明細表】
【有価証券明細表】
【株式】
銘            柄
株式数(株)
貸借対照表計上額
(千円)
投資有価証券
その他有価証券
中央三井トラスト・ホールディングス(株)
117,070
64,388
(株)ふくおかフィナンシャルグループ
161,716
61,290
(株)ミレアホールディングス
16,111
60,255
(株)西日本シティ銀行
176,004
45,057
木徳神糧(株)
90,160
36,875
博多港サイロ(株)
21,150
10,575
日東富士製粉(株)
29,582
9,081
(株)製粉会館
16,500
4,950
日清食品ホールディングス㈱
941
3,538
丸紅(株)
5,250
2,457
その他 6銘柄
18,366
4,536
652,850
303,004
【その他】
種類及び銘柄
投資口数等
貸借対照表計上額
(千円)
投資有価証券
その他有価証券
中央三井信託銀行貸付信託受益証券
20,000
20,000
日興クォンツアクティブジャパン
98
724
20,098
20,724
【有形固定資産等明細表】
資産の種類
前期末残高
(千円)
当期増加額
(千円)
当期減少額
(千円)
当期末残高
(千円)
当期末減価償却累計額又は償却累計額
(千円)
当期償却額
(千円)
差引当期末残高(千円)
有形固定資産
             
建物
1,778,000
7,900
1,785,900
989,387
47,422
796,513
構築物
45,995
45,995
43,695
8
2,299
機械装置
2,282,576
31,880
2,314,456
1,802,668
52,315
511,787
車両運搬具
18,957
7,657
19
26,595
16,020
2,245
10,575
工具器具備品
145,480
4,480
149,960
135,894
2,768
14,066
土地
122,852
122,852
122,852
有形固定資産計
4,393,862
51,917
19
4,445,761
2,987,665
104,761
1,458,095
長期前払費用
4,550
3,033
1,516
1,516
 (注)1.当期増加額のうち、主なものは次のとおりであります。
篩機 23,150千円  給袋機 4,880千円  殺卵機 3,850千円
    2.長期前払費用は、保険料の期間配分に係るものであり、減価償却とは性格が異なるので、償却累計額、当期 償却額の算定には含めておりません。当期中の期間配分に係る金額は、当期減少額に記載しております。
【引当金明細表】
区分
前期末残高
(千円)
当期増加額
(千円)
当期減少額
(目的使用)
(千円)
当期減少額
(その他)
(千円)
当期末残高
(千円)
貸倒引当金
160,202
36,910
39,187
157,924
賞与引当金
15,689
19,586
15,689
19,586
 (注) 貸倒引当金の当期減少額(その他)は、債権回収による取崩し572千円及び洗い替えによるもの 38,615千円であります。
(2)【主な資産・負債及び収支の内容】
(1)資産の部
① 現金及び預金
区            分
金         額(千円)
現金
6,220
預金
 
当座預金
107,989
普通預金
5,014
定期預金
90,450
別段預金
435
郵便振替
146
小         計
204,035
210,256
② 受取手形
           相手先別内訳
相  手  先
金      額(千円)
㈱三輪素麺大手
28,243
金納興業㈱
17,946
中屋物産(株)
14,033
(有)倉橋商店
7,856
(株)マル玄
6,113
その他 (他 計 24件)
32,140
合計
106,334
      期日別内訳
期  日  別
金      額(千円)
平成20年10月
23,495
    11月
26,645
    12月
22,584
平成21年 1月
7,876
     2月
4,250
     3月以降
21,482
合計
106,334
③ 売掛金
相  手  先
 金         額 (千円)
日清食品(株)
111,431
(株)大江商店
51,648
(有)興英商事
29,893
(株)吉良清商店
21,951
大阪食糧卸(株)
20,785
その他(他 計 188件)
307,604
543,315
 売掛金の発生及び回収状況は下記の通りです。
区分
期首繰越
(千円)
当期発生
(千円)
当期回収
(千円)
当期末残高
(千円)
回収率(%)
滞留期間
(日)
─────
a + b
×100
平成19.10〜
平成20.9
549,759
4,137,814
4,144,258
543,315
88.4
48
 (注)1.滞留期間
a+d
÷
×30
12
④ 商品
種          類
数    量(屯)
金    額(千円)
麺類
14,850
58,294
その他商品
66,460
14,850
124,755
 (注) その他商品の数量は、多種類にわたり、数量表示が困難なため省略しております。
⑤ 製品
種          類
数    量(屯)
金    額(千円)
小麦粉
3,105
299,003
ふすま
105
1,976
ミックス粉
71
3,864
3,281
304,843
⑥ 原料
種          類
数    量(屯)
金    額(千円)
内麦
1,884
108,782
外麦
3,832
258,235
5,717
367,017
⑦ 貯蔵品
種             類
金          額(千円)
段ボール等包装資材
16,318
紙及びポリ袋
6,097
22,415
(2)負債の部
① 支払手形
      相手先別内訳
相   手   先
金     額(千円)
丸紅(株)
13,295
(株)FUKKA
7,524
(有)エスケイパック
4,688
ユーピーアール(株)
2,256
松谷化学工業(株)
2,127
その他(他 計14件)
5,463
合計
35,356
      期日別内訳
期  日  別
金     額(千円)
平成20年10月
17,302
    11月
8,667
    12月
6,248
平成21年 1月
675
     2月
1,336
     3月以降
1,125
35,356
② 買掛金
相    手    先
金           額(千円)
(株)マツウラ
19,293
島原天満手延素麺(協)
11,293
(株)マル玄
6,024
日清食品(株)
5,670
JA糸島アグリ
5,525
その他(他 計 49件)
30,007
77,814
③ 短期借入金
借    入    先
金          額(千円)
㈱西日本シティ銀行
330,000
㈱山口銀行
300,000
中央三井信託銀行㈱
264,000
㈱福岡銀行
248,000
農林中央金庫
40,000
1,182,000
④ 長期借入金
借    入    先
期  末  残  高(千円)
中央三井信託銀行㈱
193,750
  (88,000)
 (株)福岡銀行
146,400
(52,200) 
農林漁業金融公庫
125,800
(28,800) 
㈱西日本シティ銀行
79,600
(38,400) 
日本政策投資銀行
71,250
(15,000) 
(株)十八銀行 
33,812
(5,712) 
650,612
(228,112)
(注) 1. 括弧内の数字(内数)は、1年以内に返済予定の金額で、貸借対照表では、流動負債(1年以内返済予定長期借入金)に記載しております。
    2.  農林漁業金融公庫は、平成20年10月1日より㈱日本政策金融公庫と名称を変更しております。     
    3. 日本政策投資銀行は、平成20年10月1日より㈱日本政策投資銀行と名称を変更しております。
(3)【その他】
 特記すべき事項はありません。




出典: 東福製粉株式会社、2008-09-30 期 有価証券報告書