有価証券報告書を3社、または3期分比較分析できる! いますぐトライアルで試す >>
 






セクション一覧

第一部【企業情報】

第1【企業の概況】

1【主要な経営指標等の推移】

(1)連結経営指標等

 

回次

第54期

第55期

第56期

第57期

第58期

決算年月

平成25年6月

平成26年6月

平成27年6月

平成28年6月

平成29年6月

売上高

千円

2,993,478

2,966,369

2,958,933

2,978,773

2,989,035

経常利益(△損失)

28,038

40,925

125,992

44,541

265,269

親会社株主に帰属する当期純利益(△損失)

15,563

32,303

72,986

66,313

199,186

包括利益

15,437

40,578

107,085

108,174

258,022

純資産額

2,105,593

2,146,171

2,253,257

2,099,333

2,311,605

総資産額

3,261,160

3,457,285

3,505,399

3,236,190

3,268,773

1株当たり純資産額

1,380.72

1,407.32

1,477.54

1,376.61

1,515.80

1株当たり当期純利益金額(△損失)

10.21

21.18

47.85

43.48

130.61

潜在株式調整後1株当たり当期純利益金額

自己資本比率

64.5

62.0

64.2

64.8

70.7

自己資本利益率

0.7

1.5

3.2

3.1

8.6

株価収益率

営業活動によるキャッシュ・フロー

千円

35,252

327,901

176,618

276,659

136,494

投資活動によるキャッシュ・フロー

46,637

48,548

15,270

14,171

44,202

財務活動によるキャッシュ・フロー

175,064

165,688

125,342

134,033

218,194

現金及び現金同等物の期末残高

480,286

366,621

402,626

531,081

405,178

従業員数

35

36

37

40

44

[外、平均臨時雇用者数]

[〃]

37

39

39

35

32

(注)1.売上高には消費税等は含まれておりません。

2.潜在株式調整後1株当たり当期純利益金額については、潜在株式が存在しないため記載しておりません。

第54期及び第57期の潜在株式調整後1株当たり当期純利益金額については、1株当たり当期純損失金額であり、潜在株式が存在しないため記載しておりません。

3.株価収益率については、金融商品取引所非上場、認可金融商品取引業協会非登録のため、記載しておりません。

4.従業員数は、就業人員数を表示しております。

 

(2)提出会社の経営指標等

 

回次

第54期

第55期

第56期

第57期

第58期

決算年月

平成25年6月

平成26年6月

平成27年6月

平成28年6月

平成29年6月

売上高

千円

2,993,478

2,966,369

2,958,933

2,978,773

2,989,035

経常利益(△損失)

45,173

34,337

119,364

178,922

196,334

当期純利益(△損失)

24,662

27,243

70,344

106,270

136,832

資本金

380,000

380,000

380,000

380,000

380,000

発行済株式総数

千株

1,525

1,525

1,525

1,525

1,525

純資産額

千円

1,750,753

1,786,271

1,890,715

1,911,067

2,057,741

総資産額

2,897,745

3,084,128

3,124,748

3,033,151

2,997,319

1株当たり純資産額

1,148.03

1,171.32

1,239.81

1,253.15

1,349.33

1株当たり配当額

30

30

30

(うち1株当たり中間配当額)

()

()

()

()

()

1株当たり当期純利益金額(△損失)

16.17

17.86

46.12

69.68

89.72

潜在株式調整後1株当たり当期純利益金額

自己資本比率

60.4

57.9

60.5

63.0

68.6

自己資本利益率

1.4

1.5

3.7

5.5

6.6

株価収益率

配当性向

65.0

43.0

33.4

従業員数

23

25

24

25

28

[外、平均臨時雇用者数]

[〃]

[10]

[10]

[10]

[10]

[8]

(注)1.売上高には消費税等は含まれておりません。

2.潜在株式調整後1株当たり当期純利益金額については、潜在株式が存在しないため記載しておりません。

第54期の潜在株式調整後1株当たり当期純利益金額については、1株当たり当期純損失金額であり、潜在株式が存在しないため記載しておりません。

3.株価収益率については、金融商品取引所非上場、認可金融商品取引業協会非登録のため、記載しておりません。

4.従業員数は、就業人員数を表示しております。

 

2【沿革】

年月

事項

昭和34年7月

北部製糖株式会社創立

昭和34年12月

琉球政府より工場新設認可(500トン工場.今帰仁)

昭和35年11月

第一期操業開始

昭和35年12月

運天港桟橋.当社独自で完成せしめる

昭和36年9月

今帰仁工場増設(1000トン工場)

昭和42年1月

羽地工場完成.世界でハワイについで二番目のディフュージョン方式の工場(2900トン工場)

昭和45年8月

糖業審議会.今帰仁工場の設備変更承認

昭和46年8月

今帰仁工場.沖縄初の精製糖工場へ転換.溶糖開始

昭和49年9月

養鰻業に着手

昭和52年11月

省エネ対策として自家発電を廃止し買電設備と低圧ボイラーに転換(今帰仁工場)

昭和58年8月

結晶缶自動煎糖システム(ホーマック)を設置(今帰仁工場)

昭和59年10月

糖液濾過機一次二次をオートフィルターに転換(今帰仁工場)

昭和60年1月

糖蜜から蔗糖分を回収(クロマト分離方式)脱糖プラント完成(羽地工場)

昭和62年1月

工場集中自動化装置(センタム)設置(今帰仁工場)

平成5年6月

養鰻事業より撤退

平成10年9月

原料糖部門を球陽製糖へ営業譲渡

平成13年4月

グラニュー糖及び上白糖を㈱ケイ・エス(現三井製糖株式会社)に委託生産

平成15年4月

三温糖外色物糖を㈱ケイ・エス(現三井製糖株式会社)へ委託生産する事により精製糖の全面委託生産

今帰仁工場は特殊加工糖及びRS製造

平成19年12月

加工糖の製造についてISO22000:2005を認証取得

 

3【事業の内容】

1.当社グループは、当社(北部製糖株式会社)の子会社1社及び、関連会社3社で構成されており、食品事業の製造・販売を主たる業務としております。関連会社のうち、球陽製糖株式会社は平成27年9月1日に、翔南製糖株式会社と合併し、ゆがふ製糖株式会社となりました。その他の関連会社については異動はありません。

なお、当社グループの事業は単一セグメントであるため、セグメント別の記載を省略しております。

 

事業の系統図は次のとおりであります。

 

0101010_001.png

 

 

4【関係会社の状況】

(1)連結子会社

名称

住所

資本金

(千円)

主要な事業内容

議決権の所有割合

(%)

関係内容

役員の兼務等(名)

資金援助

営業上の取引

設備の賃貸借

有限会社ホクト— サービス

沖縄県

今帰仁村

3,000

食品事業

(当社の包装外 請負)

100

2

(注)主要な事業の内容には、セグメントの名称を記載しております。

 

(2)持分法適用関連会社

名称

住所

資本金

(千円)

主要な事業内容

議決権の所有割合

(%)

関係内容

役員の兼務等(名)

資金援助

営業上の取引

設備の賃貸借

西表糖業株式会社

沖縄県

浦添市

45,750

食品事業

(含蜜糖製造)

30

1

ゆがふ製糖株式会社

沖縄県

うるま市

150,000

食品事業

20

2

(注)主要な事業の内容には、セグメントの名称を記載しております。

 

5【従業員の状況】

(1)連結会社の状況

平成29年6月30日現在

 

セグメントの名称

従業員数(名)

食品事業

44

〔32〕

44

〔32〕

(注)1.従業員数は就業人員であり、臨時従業員数は〔 〕内に年間の平均人員を外数で記載しております。

2.当社グルーブは、単一セグメントであるため、従業員数は全社共通として記載しております。

 

(2)提出会社の状況

平成29年6月30日現在

 

従業員数(名)

平均年齢(才)

平均勤続年数(年)

平均年間給与(円)

28(8)

43.15

10.45

4,885,830

(注)1.従業員数は就業人員であり、臨時従業員数は〔 〕内に年間の平均人員を外数で記載しております。

2.平均年間給与は基準外賃金及び賞与を含んでおります。

3.当社は単一セグメントであるため、セグメント情報ごとの記載は省略しております。

 

(3)労働組合の状況

当グループでは、提出会社においては全沖縄製糖労働組合北部製糖支部として連合沖縄に加盟しており、平成29年6月30日現在における組合数は20名であります。また、連結子会社の㈲ホクトーサービスは北部地区労働組合協議会に加盟しており、平成29年6月30日現在における組合数は13名であります。

なお、労使関係は安定しており特記事項はありません。

 





出典: 北部製糖株式会社、2017-06-30 期 有価証券報告書