有価証券報告書を3社、または3期分比較分析できる! いますぐトライアルで試す >>
 






セクション一覧

第一部【企業情報】

第1【企業の概況】

1【主要な経営指標等の推移】

(1)連結経営指標等

 

回次

第37期

第38期

第39期

第40期

第41期

決算年月

平成25年6月

平成26年6月

平成27年6月

平成28年6月

平成29年6月

売上高

(千円)

29,128,629

30,869,403

31,165,858

32,443,698

30,291,087

経常利益又は経常損失(△)

(千円)

129,222

377,294

292,618

490,670

463,861

親会社株主に帰属する

当期純利益又は親会社株主に帰属する当期純損失(△)

(千円)

106,212

169,029

163,771

263,771

300,239

包括利益

(千円)

34,602

219,142

127,810

133,735

309,614

純資産額

(千円)

10,136,102

10,088,877

12,266,663

12,143,552

12,190,487

総資産額

(千円)

18,666,907

17,897,137

19,985,442

20,228,796

19,588,120

1株当たり純資産額

(円)

2,278.54

2,262.44

2,288.41

2,261.77

2,274.65

1株当たり当期純利益金額又は1株当たり当期純損失金額(△)

(円)

23.92

38.07

32.81

49.45

56.28

潜在株式調整後1株当たり当期純利益金額

(円)

自己資本比率

(%)

54.2

56.1

61.1

59.6

61.9

自己資本利益率

(%)

1.04

1.68

1.47

2.17

2.48

株価収益率

(倍)

65.15

88.30

60.67

87.41

営業活動による

キャッシュ・フロー

(千円)

602,589

1,111,775

313,332

1,210,509

751,866

投資活動による

キャッシュ・フロー

(千円)

587,689

1,482,727

2,112,432

1,008,542

1,231,092

財務活動による

キャッシュ・フロー

(千円)

200,118

237,088

2,102,278

271,060

181,846

現金及び現金同等物の期末残高

(千円)

2,453,725

1,848,318

2,163,516

4,089,936

3,398,196

従業員数

(人)

431

416

428

434

460

(外、平均臨時雇用者数)

(729)

(695)

(676)

(637)

(637)

(注) 1.売上高には、消費税等は含まれておりません。

   2.潜在株式調整後1株当たり当期純利益金額については、潜在株式が存在しないため記載しておりません。

3.第37期の株価収益率については、親会社株主に帰属する当期純損失であるため記載しておりません。

4.従業員数は、就業人員を記載しております。また、パートタイマー等の臨時雇用者数は、年間の平均人員を( )内に外数で記載しております。

5.ロイヤルティ収入は、従来、「営業外収益」に計上しておりましたが、第41期より、「売上高」に含めて計上することに変更したため、第40期の「売上高」については、当該表示方法の変更を反映した遡及修正後の数値を記載しております。

(2)提出会社の経営指標等

 

回次

第37期

第38期

第39期

第40期

第41期

決算年月

平成25年6月

平成26年6月

平成27年6月

平成28年6月

平成29年6月

売上高

(千円)

1,349,265

1,292,448

1,309,425

1,351,295

21,224,636

経常利益

(千円)

346,127

355,969

292,739

262,650

596,603

当期純利益又は当期純損失(△)

(千円)

311,259

326,272

289,641

1,356,879

469,041

資本金

(千円)

1,090,405

1,090,405

2,269,591

2,269,591

2,269,591

発行済株式総数

(千株)

4,441

4,441

5,335

5,335

5,335

純資産額

(千円)

11,317,731

11,458,765

13,750,360

12,169,959

12,361,998

総資産額

(千円)

12,585,358

12,735,510

15,327,166

13,826,583

18,960,561

1株当たり純資産額

(円)

2,548.68

2,580.49

2,577.64

2,281.45

2,317.49

1株当たり配当額

(円)

47.50

47.50

47.50

47.50

47.50

(うち1株当たり中間配当額)

()

()

()

()

()

1株当たり当期純利益金額又は1株当たり当期純損失金額(△)

(円)

70.09

73.48

58.03

254.36

87.93

潜在株式調整後1株当たり当期純利益金額

(円)

自己資本比率

(%)

89.9

90.0

89.7

88.0

65.2

自己資本利益率

(%)

2.77

2.86

2.30

10.47

3.82

株価収益率

(倍)

30.69

33.75

49.93

55.95

配当性向

(%)

67.8

64.6

81.9

54.0

従業員数

(人)

39

47

41

40

442

(外、平均臨時雇用者数)

(2)

(2)

(1)

(1)

(637)

(注) 1.売上高には、消費税等は含まれておりません。

2.潜在株式調整後1株当たり当期純利益金額については、潜在株式が存在しないため記載しておりません。

3.第40期の株価収益率及び配当性向については、当期純損失であるため記載しておりません。

4.従業員数は、就業人員を記載しております。また、パートタイマー等の臨時雇用者数は、年間の平均人員を( )内に外数で記載しております。

5.当社は、平成28年10月1日付で、連結子会社であった㈱湖池屋(㈱フレンテ・インターナショナル吸収合併後)及び㈱アシストを吸収合併したため、第41期における経営指標等は以前と比較して大幅に変動しております。

6.ロイヤルティ収入は、従来、「営業外収益」に計上しておりましたが、第41期より、「売上高」に含めて計上することに変更したため、第40期の「売上高」については、当該表示方法の変更を反映した遡及修正後の数値を記載しております。

2【沿革】

 当社は未来型製品の開発を目的に、平成7年11月に休眠状態にあった㈱ケイコウ・フーズを前身として事業化されました。平成13年7月に株式交換によりスナック菓子の製造販売事業を営む㈱湖池屋(平成28年10月、吸収合併により消滅)を完全子会社化いたしました。次いで、平成14年6月に当社が営んでいたタブレット菓子の製造事業を、会社分割により完全子会社として分社したフレンテ㈱(後の㈱フレンテ・インターナショナル。平成28年10月、吸収合併により消滅)に承継いたしました。これらによって、当社はスナック菓子及びタブレット菓子の製造販売事業を統括する持株会社として機能しておりましたが、創業の原点に立ち返ることを目的に平成28年10月に組織再編を行いました。㈱湖池屋が㈱フレンテ・インターナショナルを吸収合併し、当該吸収合併後の㈱湖池屋及び㈱アシストを当社が吸収合併のうえ、商号を㈱湖池屋に変更いたしました。

 なお、従来、前述の株式交換を実施するまでの当社の中核事業は、当社と資本関係を有しない㈱湖池屋が営んでいたため、沿革については同社の設立から記載しております。

 

年月

事項

昭和33年1月

おつまみ菓子の製造販売を目的として、東京都文京区に㈱湖池屋(平成28年10月、吸収合併により消滅)を設立

昭和37年1月

㈱湖池屋において、ポテトチップスの製造販売を開始

昭和39年5月

㈱湖池屋の本社及び工場を東京都板橋区に移転

昭和45年12月

㈱湖池屋の生産増強のため埼玉県加須市久下に加須工場新設(現関東工場)

昭和52年1月

飲食店の経営を目的として、東京都板橋区に㈱メリカ・フーズ(当社)を設立

昭和61年11月

㈱湖池屋の関西市場開拓拠点として、京都府船井郡(現南丹市)園部町に京都工場新設

平成2年4月

㈱ケイコウ・フーズに商号変更するとともに休眠会社化

平成7年11月

タブレット菓子などの製品開発の推進を目的とした事業を開始し、フレンテ㈱に商号変更

平成9年9月

タブレット菓子「ピンキー」の製造を開始

平成13年5月

㈱湖池屋の工場メンテナンス事業を営む㈲アシストの持分を取得し、同社を100%子会社化

7月

㈱湖池屋との株式交換により、同社を100%子会社化

平成14年6月

㈱フレンテホールディングスに商号変更

持株会社制への移行を目的とし、100%子会社であるフレンテ㈱(後の㈱フレンテ・インターナショナル。平成28年10月、吸収合併により消滅)を会社分割(新設分割)により設立、同社にタブレット菓子の製造事業を承継

7月

グループの本社機能を㈱湖池屋から移管

同社のタブレット菓子の販売事業をフレンテ㈱へ営業譲渡により移管

平成15年10月

㈲アシストを株式会社に組織変更(平成28年10月、吸収合併により消滅)

11月

㈱フレンテホールディングスを㈱フレンテに商号変更

子会社のフレンテ㈱を㈱フレンテ・インターナショナルに商号変更

平成16年6月

日本証券業協会に株式を店頭登録

12月

日本証券業協会への店頭登録を取消し、ジャスダック証券取引所に株式を上場

平成17年10月

㈱湖池屋関東第二工場を新設(埼玉県加須市花崎)

平成18年8月

台湾にて華元食品股份有限公司と合弁により台湾湖池屋股份有限公司(現子会社)を設立

平成21年12月

㈱湖池屋とふらの農業協同組合との間で締結したポテトチップスの製造委託契約に基づき、同組合によって新設された工場「シレラ富良野」が製造を開始

平成22年4月

ジャスダック証券取引所と大阪証券取引所の合併に伴い、大阪証券取引所JASDAQ市場に上場

平成23年5月

日清食品ホールディングス㈱(以下、「日清食品HD」)と業務・資本提携契約を締結

平成24年5月

日清食品HDと業務・資本提携契約の変更契約を締結

6月

日清食品HDを割当先とする第三者割当増資を実施

8月

日清食品HDの当社株式追加取得により、同社の関連会社となる

平成25年7月

東京証券取引所と大阪証券取引所の統合に伴い、東京証券取引所JASDAQ(スタンダード)に上場

平成26年1月

香港にて日清食品HDの子会社である日清食品有限公司との合弁会社となる日清湖池屋(中国・香港)有限公司に出資し、同社を関連会社化

11月

日清食品HDを割当先とする第三者割当増資を実施

平成28年3月

ベトナムにてKoikeya Vietnam Co.,Ltd.(現子会社)を設立

10月

㈱湖池屋が㈱フレンテ・インターナショナルを吸収合併し、当該吸収合併後の㈱湖池屋及び㈱アシストを吸収合併のうえ、商号を㈱湖池屋に変更

 

3【事業の内容】

 当社は、スナック菓子、タブレット菓子等の製造販売を主たる事業としております。また、当社は以下の子会社
2社及び関連会社1社を統括しております。

 台湾湖池屋股份有限公司・・・・・・・台湾でのスナック菓子の販売及び輸出事業

 Koikeya Vietnam Co.,Ltd.・・・・・・ベトナムでのスナック菓子の製造販売事業

 日清湖池屋(中国・香港)有限公司・・香港でのスナック菓子の販売事業

 

 業務・資本提携しております日清食品ホールディングス株式会社とは、開発・マーケティング・調達・生産・営業といった事業活動全般における協働関係の強化に取り組んでおります。

 

[事業系統図]
事業系統図は以下のとおりであります。

0101010_001.png

※1 当社の議決権の所有割合は51.0%であります。

※2 当社の議決権の被所有割合は34.5%であります。

※3 華元食品股份有限公司の台湾湖池屋股份有限公司に対する議決権の所有割合は49.0%であります。

※4 当社の議決権の所有割合は34.0%であります。

※5 当社の議決権の所有割合は14.0%であります。

 

(1) スナック部門

 スナック菓子の製造は関東工場、関東第二工場及び京都工場の自社工場3拠点に加え、業務提携をしているふらの農業協同組合の工場「シレラ富良野」にて行っており、『安全』で『安心』できる製品づくりと、安定供給の実現に取り組んでおります。

 製品戦略につきましては、既存事業の構造改革を推進し、製品開発体制の充実による新規カテゴリーの確立を図ります。

 海外事業につきましては、連結子会社である台湾湖池屋股份有限公司において「カラムーチョ」ブランドを集中展開するとともに、Koikeya Vietnam Co., Ltd.において初の海外自社工場の運営に乗り出しております。

 

 スナック菓子の主要な製品ラインアップは、以下のとおりであります。

 ポテトスナック

 「コイケヤポテトチップス」

 1962年発売のロングセラーブランド

 「KOIKEYA PRIDE POTATO」

 2017年発売のプレミアムスナック

 「カラムーチョ」

 1984年発売のロングセラー辛味系スナック

 「すっぱムーチョ」

 1993年発売の酸味系スナック

 スナック

 「スコーン」

 1987年発売のコーンクランチスナック

 「ドンタコス」

 1994年発売のコーントルティアチップス

 「ポリンキー」

 1990年発売の網目模様のコーンスナック

 「ポップナウ」

 1958年発売のポップコーン

(2) タブレット部門

 タブレット菓子等の製造は外部協力工場に委託しており、一部は内製化しております。

 ブランドリニューアルしたタブレット「乳酸菌LS1」につきましては、新しいターゲットの潜在需要喚起に努めております。

 

 タブレット菓子等の主要な製品ラインアップは、以下のとおりであります。

 タブレット

 「乳酸菌LS1」

 2002年発売の乳酸菌LS1配合の機能性タブレット

 「ピンキー」

 1997年発売のフルーツミントタブレット

 

4【関係会社の状況】

名称

住所

資本金

(百万円)

主要な事業の内容

議決権の所有割合又は被所有割合

(%)

関係内容

(連結子会社)

 

 

 

 

 

Koikeya Vietnam Co.,Ltd.

      (注)1.2

 

ベトナム

ドンナイ省

百万米ドル

8

スナック菓子の

製造販売事業

100.0

役員の兼任等…無

台湾湖池屋股份有限公司

台湾

台北市

百万台湾ドル

8

スナック菓子の

販売及び輸出事業

51.0

ロイヤルティの受取

役員の兼任等…有

(持分法適用関連会社)

 

 

 

 

 

日清湖池屋(中国・香港)有限公司

 

 

中国・香港

タイポー地区

百万香港ドル

10

スナック菓子の販売事業

34.0

役員の兼任等…有

(その他の関係会社)

 

 

 

 

 

日清食品ホールディングス㈱

      (注)3

 

大阪市淀川区

25,122

食品製造販売会社等の

持株会社

被所有

34.5

 

業務・資本提携

原材料の仕入

役員の兼任等…無

(注) 1.特定子会社に該当しております。

2.平成29年3月に増資を行い、資本金が増加しております。

3.有価証券報告書の提出会社であります。

4.連結子会社であった㈱湖池屋(㈱フレンテ・インターナショナル吸収合併後)及び㈱アシストは、平成28年10月1日付で当社と吸収合併したため、連結の範囲から除いております。

 

5【従業員の状況】

(1)連結会社の状況

平成29年6月30日現在

 

部門の名称

従業員数(人)

スナック部門

 

414(636)

タブレット部門

 

  1(  -)

その他

 

 45(  1)

合計

 

460(637)

(注) 1.従業員数は就業人員(当社グループからグループ外への出向者を除き、グループ外から当社グループへの出

     向者を含む)であります。

2.パートタイマー等の臨時雇用者数は、年間の平均人員を( )内に外数で記載しております。

3. その他として記載されている従業員数は、特定の事業部門に区分できない管理部門等に所属している人員であります。

(2)提出会社の状況

平成29年6月30日現在

 

従業員数(人)

  平均年齢(歳)

平均勤続年数(年)

平均年間給与(千円)

 

442(637)

41.1

13.8

5,952

(注) 1.従業員数は就業人員であります。

2.パートタイマー等の臨時雇用者数は年間の平均人員を( )内に外数で記載しております。

3.平均年間給与は、賞与及び基準外賃金を含んでおります。

4.当社は事業基盤の強化と成長戦略の促進のため、平成28年10月1日を効力発生日として、当社を存続会社、当社子会社であった㈱湖池屋(㈱フレンテ・インターナショナル吸収合併後)及び㈱アシストを消滅会社とする吸収合併を実施いたしました。この合併に伴い、当社の従業員数は大幅に増加しております。

(3)労働組合の状況

労働組合は結成されておりませんが労使関係は安定しており、特記すべき事項はありません。





出典: 株式会社湖池屋、2017-06-30 期 有価証券報告書