有価証券報告書を3社、または3期分比較分析できる! いますぐトライアルで試す >>
 






セクション一覧

第一部【企業情報】

第1【企業の概況】

1【主要な経営指標等の推移】

(1)連結経営指標等

回次

第48期

第49期

第50期

第51期

第52期

決算年月

平成25年4月

平成26年4月

平成27年4月

平成28年4月

平成29年4月

売上高

(百万円)

403,957

437,755

430,541

465,579

475,866

経常利益

(百万円)

19,914

20,518

11,229

15,074

21,524

親会社株主に帰属する当期純利益

(百万円)

11,244

12,096

7,292

8,615

13,693

包括利益

(百万円)

13,723

12,738

11,215

6,284

15,364

純資産額

(百万円)

113,942

120,509

127,761

127,215

136,709

総資産額

(百万円)

244,970

258,820

285,947

287,702

302,405

1株当たり純資産額

(円)

 

 

 

 

 

(普通株式)

923.24

974.36

1,031.19

1,026.26

1,105.09

(第1種優先株式)

928.24

979.36

1,036.19

1,031.26

1,110.09

1株当たり当期純利益金額

(円)

 

 

 

 

 

(普通株式)

88.64

95.77

56.60

67.37

108.77

(第1種優先株式)

98.64

105.77

66.60

77.37

118.73

潜在株式調整後

1株当たり当期純利益金額

(円)

 

 

 

 

 

(普通株式)

88.39

95.49

56.46

67.21

108.50

(第1種優先株式)

98.39

105.49

66.46

77.21

118.46

自己資本比率

(%)

46.3

46.3

44.4

43.9

44.8

自己資本利益率

(%)

10.3

10.4

5.9

6.8

10.5

株価収益率

(倍)

 

 

 

 

 

(普通株式)

26.46

22.82

43.99

49.87

37.14

(第1種優先株式)

18.44

16.20

28.90

24.29

17.69

営業活動による

キャッシュ・フロー

(百万円)

24,042

24,300

17,751

30,085

27,098

投資活動による

キャッシュ・フロー

(百万円)

9,272

4,598

9,242

8,150

8,243

財務活動による

キャッシュ・フロー

(百万円)

16,451

18,147

4,835

18,018

8,012

現金及び現金同等物の

期末残高

(百万円)

42,897

44,617

48,922

53,259

64,202

従業員数

(名)

7,484

7,611

8,225

8,044

8,183

(ほか、平均臨時雇用者数)

(5,977)

(6,457)

(7,058)

(7,730)

(8,601)

(注)1  売上高には消費税及び地方消費税(以下「消費税等」という。)は含まれておりません。

2  従業員数は、就業人員であり、当グループからグループ外への出向者を除き、グループ外から当グループへの出向者を含んでおります。

(2)提出会社の経営指標等

回次

第48期

第49期

第50期

第51期

第52期

決算年月

平成25年4月

平成26年4月

平成27年4月

平成28年4月

平成29年4月

売上高

(百万円)

351,807

363,461

353,754

365,276

371,831

経常利益

(百万円)

17,138

16,225

6,929

12,821

17,460

当期純利益

(百万円)

10,376

10,125

4,233

8,941

12,095

資本金

(百万円)

19,912

19,912

19,912

19,912

19,912

発行済株式総数

(株)

 

 

 

 

 

(普通株式)

89,212,380

89,212,380

89,212,380

89,212,380

89,212,380

(第1種優先株式)

34,246,962

34,246,962

34,246,962

34,246,962

34,246,962

純資産額

(百万円)

114,169

119,382

120,580

124,045

130,546

総資産額

(百万円)

221,399

230,820

254,974

259,453

272,676

1株当たり純資産額

(円)

 

 

 

 

 

(普通株式)

928.48

970.67

980.28

1,008.32

1,063.94

(第1種優先株式)

933.48

975.67

985.28

1,013.32

1,068.94

1株当たり配当額

(円)

 

 

 

 

 

(普通株式)

38

39

40

40

40

(うち1株当たり

中間配当額)

(19)

(19)

(20)

(20)

(20)

(第1種優先株式)

48

49

50

50

50

(うち1株当たり

中間配当額)

(24)

(24)

(25)

(25)

(25)

1株当たり当期純利益金額

(円)

 

 

 

 

 

(普通株式)

81.58

79.71

31.70

70.02

95.76

(第1種優先株式)

91.58

89.71

41.70

80.02

105.72

潜在株式調整後

1株当たり当期純利益金額

(円)

 

 

 

 

 

(普通株式)

81.35

79.48

31.62

69.85

95.52

(第1種優先株式)

91.35

89.48

41.62

79.85

105.48

自己資本比率

(%)

51.6

51.7

47.3

47.8

47.9

自己資本利益率

(%)

9.3

8.7

3.5

7.3

9.5

株価収益率

(倍)

 

 

 

 

 

(普通株式)

28.74

27.41

78.55

47.99

42.19

(第1種優先株式)

19.86

19.11

46.16

23.48

19.86

配当性向

(%)

 

 

 

 

 

(普通株式)

46.6

48.9

126.2

57.1

41.8

(第1種優先株式)

52.4

54.6

119.9

62.5

47.3

従業員数

(名)

5,307

5,339

5,381

5,340

5,398

(ほか、平均臨時雇用者数)

(2,292)

(2,114)

(2,099)

(2,047)

(2,040)

(注)1  売上高には消費税等は含まれておりません。

2  従業員数は、就業人員であり、当社から社外への出向者を除き、社外から当社への出向者を含んでおります。

 

2【沿革】

年月

概要

昭和41年8月

日本ファミリーサービス株式会社と合資会社ビーエー商会との共同出資により、当社の前身であるフロンティア製茶株式会社を静岡県静岡市に設立。

緑茶のルートセールス(小売店等への直接販売)を開始。

昭和43年2月

神奈川県横浜市港北区(現・青葉区)に支店第1号として神奈川支店(現・横浜緑支店)を開設。

昭和44年4月

本店を東京都練馬区へ移転。

昭和44年5月

フロンティア製茶株式会社から株式会社伊藤園に商号変更。

昭和44年6月

株式会社本庄商事(旧・日本ファミリーサービス株式会社)及び合資会社ビーエー商会より緑茶事業に関する営業譲渡を受け、生産部門を確保。

昭和46年7月

本社事務所を東京都新宿区へ移転。

昭和49年5月

静岡県榛原郡相良町(現・牧之原市)に静岡相良工場を建設。

昭和52年6月

神奈川県横浜市港北区(現・青葉区)に直営小売店第1号として「茶十徳・日吉店」を開設。

昭和54年8月

昭和55年9月

中国土産畜産進出口総公司と日本初のウーロン茶輸入代理店契約を締結、販売開始。

ウーロン茶の飲料化に成功。一部地域で先行発売。

昭和56年2月

「缶入りウーロン茶」の全国販売開始。缶飲料業界に本格的に進出。

昭和56年5月

静岡県焼津市に伊藤園包装株式会社を設立。

昭和56年8月

沖縄県浦添市に「株式会社沖縄伊藤園」(現・連結子会社)(平成17年7月沖縄県糸満市に移転)を設立。

昭和56年9月

スリランカ民主社会主義共和国より紅茶を直輸入、販売開始。

昭和56年11月

伊藤園包装株式会社の商号を伊藤園紅茶株式会社に変更。

昭和59年5月

伊藤園紅茶株式会社の商号をロイヤルスペンサー株式会社に変更。

昭和60年2月

「缶入り煎茶」を開発、販売開始。

昭和61年9月

静岡相良工場敷地内に中央研究所を新設。

昭和62年3月

伊藤園製茶株式会社(現・グリーンコア株式会社)より焼津工場及び浜岡工場の土地・建物・生産設備を譲り受ける。

昭和62年7月

米国ハワイ州にITO−EN(USA)INC.(後のITO EN(USA)INC.)を設立。

昭和62年11月

静岡県静岡市の株式会社玄米屋に出資。

昭和63年1月

伊藤園製茶株式会社より緑茶製造に関する営業譲渡を受け生葉からの緑茶一貫生産体制を確立。

昭和63年2月

兵庫県神戸市須磨区に関西本部ビルを新設。

平成元年2月

「お〜いお茶」ブランドを発売開始。「伊藤園お〜いお茶新俳句大賞」キャンペーンを開始。

平成2年7月

本店を東京都新宿区へ移転。

平成4年5月

日本証券業協会に店頭登録。

平成4年8月

東京都渋谷区に本社ビルを建設。同時に本店を移転。

平成5年2月

静岡相良工場敷地内にコーヒー焙煎加工工場を建設。

平成5年5月

株式会社広島原寿園を吸収合併。

平成6年9月

中国浙江省に「寧波舜伊茶業有限公司」(現・持分法適用非連結子会社)を設立。

平成6年11月

豪州ビクトリア州に「ITO EN AUSTRALIA PTY.LIMITED」(現・連結子会社)を設立。

平成8年4月

福島県福島市に福島工場を建設。

平成8年9月

東京証券取引所市場第2部に株式を上場。

平成10年10月

東京証券取引所市場第1部銘柄に指定。

平成11年5月

ロイヤルスペンサー株式会社(存続会社)と株式会社玄米屋が合併し、商号を「伊藤園産業株式会社」(現・連結子会社)に変更。

平成11年5月

三重県四日市市の株式会社関西茶業の全株式を取得し、商号を「株式会社伊藤園関西茶業」(現・連結子会社)(平成16年5月兵庫県神戸市に移転)に変更。

平成12年12月

静岡相良工場及び中央研究所がISO14001(環境マネジメントシステム)の認証を取得。

平成13年5月

米国ニューヨーク州に「ITO EN(North America)INC.」(現・連結子会社)を設立。

平成14年4月

生産本部がISO9001(品質マネジメントシステム)の認証を取得。

平成16年10月

「ITO EN AUSTRALIA PTY.LIMITED」が豪州ビクトリア州に荒茶加工工場を建設。

平成17年4月

沖縄県名護市に沖縄名護工場を沖縄県経済農業協同組合連合会から取得し稼動。

平成18年6月

「ITO EN(North America)INC.」が米国フロリダ州のサプリメント関連事業を行う「Mason Distributors,Inc.」(現・連結子会社)の株式を100%取得。

 

 

年月

概要

平成18年10月

スペシャルティコーヒーの店舗展開をしている「フードエックス・グローブ株式会社」(現・連結子会社「タリーズコーヒージャパン株式会社」)の株式を取得。

平成19年4月

本社部門がISO14001(環境マネジメントシステム)の認証を取得。

平成19年9月

東京証券取引所市場第1部に第1種優先株式を上場。

平成20年4月

「フードエックス・グローブ株式会社」は、商号を「タリーズコーヒージャパン株式会社」(現・連結子会社)に変更。

平成20年4月

東京都新宿区に「伊藤園・伊藤忠ミネラルウォーターズ株式会社」(現・連結子会社)を設立。

平成22年2月

東京都新宿区に「株式会社グリーンバリュー」(現・連結子会社)を設立。

平成23年5月

乳類の処理加工販売、発酵乳等の製造販売を行っている「チチヤス株式会社」(現・連結子会社)の株式を100%取得。

平成24年6月

東南アジア地域での事業展開のため、シンガポールに持株会社「ITO EN Asia Pacific Holdings Pte.Ltd.」(現・連結子会社)を設立。

平成24年10月

シンガポールおよびマレーシアでの事業展開のため、シンガポールに合弁会社「ITO EN Singapore Pte.Ltd.」(現・連結子会社)を設立。

平成24年10月

自動販売機事業を展開している「ネオス株式会社」(現・連結子会社)の株式を取得。

平成24年12月

平成25年5月

中国上海市に「伊藤園飲料(上海)有限公司」(現・連結子会社)を開設。

タイでの事業展開のため、清涼飲料の販売会社ITO EN(Thailand)Co.,Ltd.(現・連結子会社)を設立。

平成25年7月

インドネシアでの事業展開のため、清涼飲料の製造会社「PT ULTRAJAYA ITO EN MANUFACTURING」(現・持分法適用関連会社)及び清涼飲料の販売会社「PT ITO EN ULTRAJAYA WHOLESALE」(現・連結子会社)を合弁会社にて設立。

平成25年9月

「株式会社土倉」(現・連結子会社)の株式を100%取得。

平成25年11月

静岡相良工場において食品安全システム認証「FSSC22000」を取得。

平成27年2月

「ITO EN(North America)INC.」が米国を中心にコーヒー豆の栽培から販売までを行う「Distant Lands Trading Company, Inc.」(現・連結子会社)の株式を100%取得。

平成27年10月

 

平成27年11月

平成28年6月

平成28年9月

平成28年12月

平成29年4月

飲料事業に関連する物流の合理化、効率化をはかるため「トーウンロジテム株式会社」(現・持分法適用関連会社)を合弁会社にて設立。

米国ハワイ州に「ITO EN(Hawaii)LLC.」(現・連結子会社)を設立。

静岡相良工場敷地内に「抹茶工房」を建設。

兵庫県神戸市に「神戸工場」を建設。

ITO EN(USA)INC.が、「ITO EN(Hawaii)LLC.」へ事業譲渡を行う。

ITO EN(USA)INC.が解散。

 

3【事業の内容】

当社の企業集団は、当社、子会社34社、関連会社5社により構成されており、茶葉(リーフ)、飲料(ドリンク)の製造販売を主たる事業とし、飲食関連事業ならびにその他の関連事業も行っております。

当グループの事業に係る位置付けおよびセグメントとの関連は、以下のとおりであります。なお、以下の事業区分は、「セグメント情報」における事業区分と同一であります。

 

<リーフ・ドリンク関連事業>

当社は茶葉(リーフ)製品を仕入製造し、緑茶、麦茶、ウーロン茶等を中心に全国に販売しております。ただし、沖縄地区におきましては、㈱沖縄伊藤園が当社製品を仕入れて販売しております。また、伊藤園産業㈱及び㈱伊藤園関西茶業は緑茶、麦茶等を製造加工し、その大部分を当社が仕入れております。

当社はほとんどの飲料(ドリンク)製品を企画・開発し、生産につきましては当グループ外のメーカーに製造委託し、完成品として仕入れ、全国に販売しております。ネオス㈱は、当社製品を仕入れて自動販売機を通じた飲料の販売を行っております。また、伊藤園・伊藤忠ミネラルウォーターズ㈱は、製品を仕入れて当社へ販売しております。チチヤス㈱は、乳類の処理加工販売、発酵乳等の製造販売を行っており、一部の製品を共同開発、当社が仕入れて販売しております。なお、国内のリーフ・ドリンク関連事業における当社の物流業務は、主にトーウンロジテム㈱に委託しております。

海外におきましては、ITO EN(Hawaii)LLC.(※)が製品を製造し、ハワイ州を中心に販売を行っております。ITO EN(North America)INC.は当社製品を仕入れ、ニューヨーク州を中心に販売を行っております。当社はITO EN(Hawaii)LLC.、ITO EN(North America)INC.両社より果汁原料等の一部を仕入れております。Distant Lands Trading Company, Inc.は米国を中心にコーヒー豆の栽培から販売までを行っております。福建新烏龍飲料有限公司は、製品を製造し、中国・香港を中心に販売を行っており、伊藤園飲料(上海)有限公司は、福建新烏龍飲料有限公司より製品を仕入れ、中国国内にて販売を行っております。寧波舜伊茶業有限公司は、中国茶を生産し、その大部分を当社が仕入れております。ITO EN AUSTRALIA PTY. LIMITEDは、将来の緑茶飲料需要の増加に対応するため、茶葉を栽培しております。ITO EN Asia Pacific Holdings Pte. Ltd.は、当社製品を仕入れ、東南アジアを中心に販売を行っております。

 

※ 前連結会計年度において連結子会社としてハワイ州にて事業を行っておりましたITO EN(USA)INC.は、当グループの米国における経営資源を集中し、経営判断を速めていくため、ITO EN(Hawaii)LLC.へ事業譲渡を行ったことにより解散いたしました。

 

<飲食関連事業>

タリーズコーヒージャパン㈱は、全国にてスペシャルティコーヒーの飲食店の経営・フランチャイズ展開を行っております。

 

<その他>

Mason Distributors,Inc.はフロリダ州にて、サプリメントの製造及び販売を行っております。

事業の系統図は次のとおりであります。

 

0101010_001.png

 

4【関係会社の状況】

平成29年4月30日現在

名称

住所

資本金
又は
出資金
(百万円)

主要な事業の内容

議決権の
所有又は
被所有
割合
(%)

関係内容

役員の
兼任
(人)

営業上の取引

資金
援助
(百万円)

設備の賃貸借

(連結子会社)

 

 

 

 

 

 

 

 

伊藤園産業㈱

静岡県
牧之原市

300

リーフ・ドリンク関連事業

100.0

製品の仕入

1,038

事務所等の賃貸借

㈱沖縄伊藤園

沖縄県
糸満市

90

リーフ・ドリンク関連事業

100.0

当社製品の販売

500

事務所等の賃貸借

㈱伊藤園関西茶業

兵庫県
神戸市

西区

10

リーフ・ドリンク関連事業

100.0

製品の仕入

1,050

なし

タリーズコーヒー
ジャパン㈱

東京都
新宿区

100

飲食関連事業

100.0

該当なし

事務所等の賃貸借

伊藤園・伊藤忠ミネラル
ウォーターズ㈱

東京都
新宿区

300

リーフ・ドリンク関連事業

65.0

製品の仕入

事務所等の賃貸借

チチヤス㈱

広島県
廿日市市

100

リーフ・ドリンク関連事業

100.0

製品の仕入
商標の貸与

3,380

事務所等の賃貸借

ネオス㈱

東京都
江東区

80

リーフ・ドリンク関連事業

76.7

当社製品の販売

事務所等の賃貸借

ITO EN(Hawaii)LLC.
(※2)

米国
ハワイ州

千US$
28,800

リーフ・ドリンク関連事業

100.0

(100.0)

原材料の仕入
当社製品の販売

なし

ITO EN(North America)
INC.(※2)

米国
ニュー
ヨーク州

千US$
170,800

リーフ・ドリンク関連事業

100.0

原材料の仕入
当社製品の販売
商標の貸与

なし

Mason Distributors, Inc.

米国
フロリダ州

千US$
0

その他

100.0

(100.0)

該当なし

なし

Distant Lands Trading Company,Inc.(※2)

米国
ワシントン州

千US$
83,755

リーフ・ドリンク関連事業

100.0

(100.0)

該当なし

11,685

なし

ITO EN AUSTRALIA PTY.
LIMITED(※2)

豪州
ビクトリ
ア州

千A$
26,700

リーフ・ドリンク関連事業

100.0

原材料の仕入

なし

ITO EN Asia Pacific Holdings Pte. Ltd.(※2)

シンガポール共和国

千US$
25,500

リーフ・ドリンク関連事業

100.0

当社製品の販売

なし

福建新烏龍飲料有限公司

中国
福建省

千元
21,000

リーフ・ドリンク関連事業

65.0

原材料の仕入

なし

伊藤園飲料(上海)有限公司

中国
上海市

千元
40,000

リーフ・ドリンク関連事業

100.0

当社製品の販売

なし

その他17社

 

 

 

 

 

 

 

 

(持分法適用関連会社)

 

 

 

 

 

 

 

 

トーウンロジテム㈱

埼玉県
さいたま

100

リーフ・ドリンク関連事業

34.0

物流業務の委託

事務所等の賃貸借

その他1社

 

 

 

 

 

 

 

 

 

(注) 1  「主要な事業の内容」欄には、セグメント情報に記載された名称を記載しております。

※2  ITO EN(Hawaii)LLC. 、ITO EN(North America)INC. 、Distant Lands Trading Company,Inc. 、ITO EN AUSTRALIA PTY.LIMITED、ITO EN Asia Pacific Holdings Pte. Ltd.は、特定子会社であります。

3  有価証券届出書又は有価証券報告書を提出している会社はありません。

4  緊密な者等の所有はありません。

5  議決権の所有割合の( )内は、間接所有割合で内数であります。

6  上記の他、非連結子会社2社及び持分法非適用関連会社3社が、伊藤園グループに属しております。

 

5【従業員の状況】

(1)連結会社の状況

平成29年4月30日現在

 

セグメントの名称

従業員数(名)

リーフ・ドリンク関連事業

7,230

(2,564)

飲食関連事業

714

(6,033)

その他

239

(4)

合計

8,183

(8,601)

(注)1  従業員数は、就業人員であり、当グループからグループ外への出向者を除き、グループ外から当グループへの出向者を含んでおります。

2  従業員数欄の(外書)は、臨時従業員(契約社員、嘱託及びパートタイマー)の年間平均雇用人員であります。

 

(2)提出会社の状況

平成29年4月30日現在

 

従業員数(名)

平均年齢(歳)

平均勤続年数(年)

平均年間給与(千円)

5,398

(2,040)

37.3

13.6

5,684

 

セグメントの名称

従業員数(名)

リーフ・ドリンク関連事業

5,398

(2,040)

合計

5,398

(2,040)

(注)1  従業員数は、就業人員であり、当社から社外への出向者を除き、社外から当社への出向者を含んでおります。

2  従業員数欄の(外書)は、臨時従業員(契約社員、嘱託及びパートタイマー)の年間平均雇用人員であります。

3  平均年間給与は、賞与及び基準外賃金を含んでおります。

 

(3)労働組合の状況

労働組合は、組織されておりません。労使関係は円滑に推移しております。

 





出典: 株式会社伊藤園、2017-04-30 期 有価証券報告書