有価証券報告書を3社、または3期分比較分析できる! いますぐトライアルで試す >>
 






セクション一覧

(セグメント情報)

【事業の種類別セグメント情報】

前連結会計年度(自 平成17年4月1日 至 平成18年3月31日)

 

 

食品部門

(百万円)

バイオ部門

(百万円)

(百万円)

消去

又は全社

(百万円)

連結

(百万円)

Ⅰ 売上高及び営業損益

 

 

 

 

 

  売上高

 

 

 

 

 

 (1) 外部顧客に

   対する売上高

44,443

15,640

60,084

60,084

 (2) セグメント間の内部

   売上高又は振替高

145

4

150

(150)

44,589

15,645

60,234

(150)

60,084

  営業費用

43,346

14,436

57,783

(150)

57,632

  営業利益

1,243

1,208

2,451

2,451

Ⅱ 資産、減価償却費

  及び資本的支出

 

 

 

 

 

  資産

27,876

16,605

44,481

44,481

  減価償却費

1,331

639

1,971

1,971

  資本的支出

1,462

654

2,116

2,116

 

(注) 1 事業区分の方法

当社企業集団の事業区分は、製品の種類及び販売市場に応じて、食品部門、バイオ部門にセグメンテーションしております。

2 各事業区分の主要製品

 

事業区分

主要製品

食品部門

イースト、ドライイースト、フラワーぺースト、カスタード、油脂加工品、マヨネーズ・ドレッシング、粉末かんすい、総菜(調理フィリング)、ベーキングパウダー、パン品質改良剤、パン種、発酵風味液、酵母機能利用製品、健康補助食品

バイオ部門

生化学製品・免疫製品、バイオニュートリショナル(酵母エキス・組織培養用培地)、実験動物用飼料、実験動物、各種受託業務、養魚用飼料、ペットフード、つり餌

3 減価償却費及び資本的支出には長期前払費用と同費用に係る償却額が含まれております。

 

 

 

当連結会計年度(自 平成18年4月1日 至 平成19年3月31日)

 

 

食品部門

(百万円)

バイオ部門

(百万円)

(百万円)

消去

又は全社

(百万円)

連結

(百万円)

Ⅰ 売上高及び営業損益

 

 

 

 

 

  売上高

 

 

 

 

 

 (1) 外部顧客に

   対する売上高

45,536

15,478

61,015

61,015

 (2) セグメント間の内部

   売上高又は振替高

120

5

126

(126)

45,657

15,483

61,141

(126)

61,015

  営業費用

44,374

14,433

58,807

(126)

58,681

  営業利益

1,283

1,050

2,333

2,333

Ⅱ 資産、減価償却費

  及び資本的支出

 

 

 

 

 

  資産

30,405

17,337

47,742

47,742

  減価償却費

1,337

636

1,973

1,973

  資本的支出

1,292

488

1,780

1,780

 

(注) 1 事業区分の方法

当社企業集団の事業区分は、製品の種類及び販売市場に応じて、食品部門、バイオ部門にセグメンテーションしております。

2 各事業区分の主要製品

 

事業区分

主要製品

食品部門

イースト、ドライイースト、フラワーぺースト、カスタード、油脂加工品、マヨネーズ・ドレッシング、粉末かんすい、総菜(調理フィリング)、ベーキングパウダー、パン品質改良剤、パン種、発酵風味液、酵母機能利用製品、健康補助食品

バイオ部門

生化学製品・免疫製品、バイオニュートリショナル(酵母エキス・組織培養用培地)、各種受託業務、実験動物用飼料、実験動物、養魚用飼料、ペットフード、つり餌

3 減価償却費及び資本的支出には長期前払費用と同費用に係る償却額が含まれております。

4 「連結財務諸表作成のための基本となる重要な事項の変更」 (役員賞与に関する会計基準)に記載のとおり、当連結会計年度より、「役員賞与に関する会計基準」(企業会計基準第4号 平成17年11月29日)を適用しております。これにより、当連結会計年度における営業費用は「食品部門」が27百万円、「バイオ部門」が18百万円増加し、営業利益がそれぞれ同額減少しております。

 

【所在地別セグメント情報】

前連結会計年度(自 平成17年4月1日 至 平成18年3月31日)及び当連結会計年度(自 平成18年4月1日 至 平成19年3月31日)

全セグメントの売上高の合計及び全セグメントの資産の金額の合計額に占める日本の割合が、いずれも90%を超えているため、所在地別セグメント情報の記載を省略いたしました。

 

【海外売上高】

前連結会計年度(自 平成17年4月1日 至 平成18年3月31日)及び当連結会計年度(自 平成18年4月1日 至 平成19年3月31日)

海外売上高がいずれも連結売上高の10%未満であるため、海外売上高の記載を省略いたしました。

 

【関連当事者との取引】

前連結会計年度(自 平成17年4月1日 至 平成18年3月31日)及び当連結会計年度(自 平成18年4月1日 至 平成19年3月31日)

重要性の判断基準によって判定した結果、開示すべき取引はありません。

 

(1株当たり情報)

 

前連結会計年度

(自 平成17年4月1日

至 平成18年3月31日)

当連結会計年度

(自 平成18年4月1日

至 平成19年3月31日)

1株当たり純資産額

731円62銭

1株当たり当期純利益金額

43円87銭

1株当たり純資産額

758円51銭

1株当たり当期純利益金額

56円32銭

(注) 1 潜在株式調整後1株当たり当期純利益金額については、潜在株式が存在しないため記載しておりません。

2 1株当たり純資産額の算定上の基礎は、以下のとおりであります。

 

前連結会計年度末

(平成18年3月31日)

当連結会計年度末

(平成19年3月31日)

純資産の部の合計額(百万円)

25,291

純資産の部の合計額から控除する金額

(百万円)

292

(うち少数株主持分)

292

普通株式に係る期末の純資産額(百万円)

24,998

1株当たり純資産額の算定に用いられた

期末の普通株式の数(千株)

32,958

 

3 1株当たり当期純利益金額の算定上の基礎は、以下のとおりであります。

 

前連結会計年度

(自 平成17年4月1日

至 平成18年3月31日)

当連結会計年度

(自 平成18年4月1日

至 平成19年3月31日)

当期純利益(百万円)

1,493

1,856

普通株主に帰属しない金額(百万円)

46

(うち利益処分による役員賞与金(百万円))

46

普通株式に係る当期純利益(百万円)

1,446

1,856

普通株式の期中平均株式数(千株)

32,978

32,964

 

(重要な後発事象)

前連結会計年度(自 平成17年4月1日 至 平成18年3月31日)

該当する事項はありません。

 

当連結会計年度(自 平成18年4月1日 至 平成19年3月31日)

該当する事項はありません。

 





出典: オリエンタル酵母工業株式会社、2007-03-31 期 有価証券報告書