有価証券報告書を3社、または3期分比較分析できる! いますぐトライアルで試す >>
 






セクション一覧

【有形固定資産等明細表】

資産の種類

前期末残高

(百万円)

当期増加額

(百万円)

当期減少額

(百万円)

当期末残高

(百万円)

当期末減価償却累計額又は償却累計額

(百万円)

当期償却額

(百万円)

差引当期末残高

(百万円)

有形固定資産

 

 

 

 

 

 

 

建物

55,212

3,447

282

58,378

33,227

1,820

25,150

構築物

6,512

342

23

6,831

4,830

208

2,001

機械及び装置

72,459

3,946

2,632

73,774

57,886

4,075

15,888

車両運搬具

55

6

4

57

48

2

8

工具器具及び備品

4,114

201

362

3,952

3,350

223

602

土地

16,171

1,189

172

(112)

17,189

17,189

建設仮勘定

1,369

2,259

2,581

1,048

1,048

有形固定資産計

155,895

11,394

6,058

(112)

161,231

99,342

6,329

61,888

無形固定資産

 

 

 

 

 

 

 

特許権

22

2

2

19

借地権

69

69

商標権

0

0

0

ソフトウェア

3,085

1,865

502

1,219

電話加入権他

104

5

0

98

無形固定資産計

3,280

1,874

506

1,405

長期前払費用

4,438

361

86

4,713

4,380

259

332

 繰延資産

 

 

 

 

 

 

 

─────

繰延資産計

 (注)1.「当期減少額」欄の( )内は内書きで、減損損失の計上額であります。

2.当期における資産の増加の主なものは、次のとおりであります。

 

資産の種類

金額(百万円)

内容

 

建物

2,178

富士吉田工場建物他

 

 

290

中河原工場建物他

 

 

289

挙母工場建物他

 

機械装置

998

富士吉田工場製造設備他

 

 

 

726

五霞工場製造設備他

 

 

718

中河原工場製造設備他

 

 

建設仮勘定

793

富士吉田工場製造設備他

 

 

459

中河原工場製造設備他

 

 

405

五霞工場製造設備他

 


3.当期における資産の減少の主なものは、次のとおりであります。

 

資産の種類

金額(百万円)

内容

 

機械装置

1,452

中河原工場製造設備他

 

 

319

仙川工場製造設備他

 

 

227

鳥栖工場製造設備他

4.無形固定資産の金額が資産総額の1%以下であるため、「前期末残高」、「当期増加額」および「当期減少額」の記載を省略しております。


【引当金明細表】

区分

前期末残高

(百万円)

当期増加額

(百万円)

当期減少額

(目的使用)

(百万円)

当期減少額

(その他)

(百万円)

当期末残高

(百万円)

貸倒引当金

812

750

0

(注)   275

1,287

売上割戻引当金

726

1,237

726

1,237

賞与引当金

258

310

258

310

役員賞与引当金

30

30

役員退任慰労引当金

455

90

545

 (注)貸倒引当金の当期減少額「その他」は、個別債権分の回収等による取崩231百万円および一般債権分の洗替による取崩43百万円であります。

 

 





出典: キユーピー株式会社、2006-11-30 期 有価証券報告書