有価証券報告書を3社、または3期分比較分析できる! いますぐトライアルで試す >>
 






セクション一覧

2【財務諸表等】

(1)【財務諸表】

①【貸借対照表】

 

 

前事業年度

(平成19年11月30日)

当事業年度

(平成20年11月30日)

区分

注記番号

金額(百万円)

構成比

(%)

金額(百万円)

構成比

(%)

(資産の部)

 

 

 

 

 

 

 

Ⅰ 流動資産

 

 

 

 

 

 

 

1.現金及び預金

 

 

20,331

 

 

19,224

 

2.受取手形

※2

 

346

 

 

576

 

3.売掛金

※1

 

38,260

 

 

40,717

 

4. 有価証券

 

 

5,000

 

 

5,000

 

5.商品

 

 

2,983

 

 

2,735

 

6.製品

 

 

3,479

 

 

3,915

 

7.原材料

 

 

1,819

 

 

2,401

 

8.仕掛品

 

 

55

 

 

70

 

9.貯蔵品

 

 

247

 

 

242

 

10.前渡金

 

 

44

 

 

7

 

11.前払費用

 

 

84

 

 

71

 

12.繰延税金資産

 

 

949

 

 

698

 

13.従業員に対する短期

貸付金

 

 

34

 

 

50

 

14.関係会社短期貸付金

 

 

16,625

 

 

15,413

 

15.未収入金

※1

 

939

 

 

1,303

 

16.その他

※1

 

1,663

 

 

1,718

 

17.貸倒引当金

 

 

△1,572

 

 

△1,784

 

流動資産合計

 

 

91,293

44.7

 

92,365

45.2


 

 

前事業年度

(平成19年11月30日)

当事業年度

(平成20年11月30日)

区分

注記番号

金額(百万円)

構成比

(%)

金額(百万円)

構成比

(%)

Ⅱ 固定資産

 

 

 

 

 

 

 

(1)有形固定資産

 

 

 

 

 

 

 

1.建物

 

59,658

 

 

61,803

 

 

減価償却累計額

 

34,756

24,901

 

36,112

25,690

 

2.構築物

 

6,944

 

 

7,041

 

 

減価償却累計額

 

5,015

1,928

 

5,188

1,853

 

3.機械及び装置

 

75,006

 

 

73,973

 

 

減価償却累計額

 

60,054

14,951

 

60,370

13,603

 

4.車両運搬具

 

58

 

 

57

 

 

減価償却累計額

 

49

8

 

49

8

 

5.工具器具及び備品

 

4,123

 

 

4,040

 

 

減価償却累計額

 

3,498

625

 

3,464

575

 

6.土地

 

 

17,179

 

 

17,301

 

7.建設仮勘定

 

 

1,531

 

 

2,235

 

有形固定資産合計

 

 

61,126

29.9

 

61,268

30.0

(2)無形固定資産

 

 

 

 

 

 

 

1.特許権

 

 

16

 

 

13

 

2.借地権

 

 

69

 

 

69

 

3.ソフトウェア

 

 

1,087

 

 

987

 

4.電話加入権他

 

 

101

 

 

100

 

無形固定資産合計

 

 

1,275

0.6

 

1,170

0.5


 

 

前事業年度

(平成19年11月30日)

当事業年度

(平成20年11月30日)

区分

注記番号

金額(百万円)

構成比

(%)

金額(百万円)

構成比

(%)

(3)投資その他の資産

 

 

 

 

 

 

 

1.投資有価証券

 

 

14,993

 

 

11,290

 

2.関係会社株式

 

 

19,241

 

 

19,244

 

3.出資金

 

 

10

 

 

10

 

4.関係会社出資金

 

 

1,302

 

 

1,720

 

5. 従業員に対する長期貸付金

 

 

65

 

 

63

 

6.前払年金費用

 

 

11,277

 

 

13,768

 

7.長期前払費用

 

 

377

 

 

359

 

8.差入保証金

 

 

1,477

 

 

1,480

 

9.その他

 

 

1,886

 

 

1,872

 

10.貸倒引当金

 

 

△64

 

 

△65

 

投資その他の資産合計

 

 

50,567

24.8

 

49,745

24.3

固定資産合計

 

 

112,968

55.3

 

112,184

54.8

資産合計

 

 

204,262

100.0

 

204,549

100.0

(負債の部)

 

 

 

 

 

 

 

Ⅰ 流動負債

 

 

 

 

 

 

 

1.買掛金

※1

 

23,936

 

 

28,002

 

2.短期借入金

※1

 

7,717

 

 

11,430

 

3.1年以内に償還予定の

社債

 

 

 

 

10,000

 

4.未払金

※1

 

9,723

 

 

9,945

 

5.未払費用

 

 

3,743

 

 

3,708

 

6.未払法人税等

 

 

988

 

 

18

 

7.前受金

 

 

1

 

 

0

 

8.預り金

 

 

150

 

 

155

 

9.売上割戻引当金

 

 

1,314

 

 

692

 

10.賞与引当金

 

 

337

 

 

315

 

11. 役員賞与引当金

 

 

40

 

 

37

 

12.その他

 

 

46

 

 

59

 

流動負債合計

 

 

47,999

23.5

 

64,366

31.5


 

 

前事業年度

(平成19年11月30日)

当事業年度

(平成20年11月30日)

区分

注記番号

金額(百万円)

構成比

(%)

金額(百万円)

構成比

(%)

Ⅱ 固定負債

 

 

 

 

 

 

 

1.社債

 

 

10,000

 

 

 

2. 長期借入金

 

 

13,784

 

 

10,520

 

3.繰延税金負債

 

 

6,613

 

 

6,176

 

4.役員退任慰労引当金

 

 

676

 

 

 

5.預り保証金

※1

 

5,233

 

 

4,799

 

6.その他

 

 

83

 

 

566

 

固定負債合計

 

 

36,392

17.8

 

22,063

10.8

負債合計

 

 

84,392

41.3

 

86,429

42.3

(純資産の部)

 

 

 

 

 

 

 

Ⅰ 株主資本

 

 

 

 

 

 

 

(1)資本金

 

 

24,104

11.8

 

24,104

11.8

(2)資本剰余金

 

 

 

 

 

 

 

1.資本準備金

 

29,418

 

 

29,418

 

 

2.その他資本剰余金

 

14

 

 

14

 

 

資本剰余金合計

 

 

29,432

14.4

 

29,432

14.4

(3)利益剰余金

 

 

 

 

 

 

 

1.利益準備金

 

3,115

 

 

3,115

 

 

2.その他利益剰余金

 

62,869

 

 

64,297

 

 

特別償却準備金

 

26

 

 

20

 

 

買換資産圧縮記帳積立金

 

2,257

 

 

2,300

 

 

別途積立金

 

57,300

 

 

58,400

 

 

繰越利益剰余金

 

3,285

 

 

3,576

 

 

利益剰余金合計

 

 

65,985

32.3

 

67,412

33.0

(4)自己株式

 

 

△2,642

△1.3

 

△3,791

△1.9

株主資本合計

 

 

116,879

57.2

 

117,158

57.3

Ⅱ 評価・換算差額等

 

 

 

 

 

 

 

(1)その他有価証券評価差

額金

 

 

3,019

 

 

1,019

 

(2)繰延ヘッジ損益

 

 

△28

 

 

△57

 

評価・換算差額等合計

 

 

2,991

1.5

 

961

0.4

純資産合計

 

 

119,870

58.7

 

118,120

57.7

負債純資産合計

 

 

204,262

100.0

 

204,549

100.0

 

 

 

 

 

 

 

 


②【損益計算書】

 

 

前事業年度

(自 平成18年12月1日

至 平成19年11月30日)

当事業年度

(自 平成19年12月1日

至 平成20年11月30日)

区分

注記番号

金額(百万円)

百分比

(%)

金額(百万円)

百分比

(%)

Ⅰ 売上高

 

 

232,426

100.0

 

235,383

100.0

Ⅱ 売上原価

 

 

 

 

 

 

 

1.製品・商品期首たな卸高

 

5,737

 

 

6,463

 

 

2.当期製品製造原価

 

77,866

 

 

85,228

 

 

3.当期商品仕入高

※2

84,389

 

 

83,633

 

 

 

167,993

 

 

175,325

 

 

4.製品・商品期末たな卸高

 

6,463

 

 

6,651

 

 

5.他勘定へ振替高

※1

1,181

160,348

69.0

1,069

167,604

71.2

売上総利益

 

 

72,078

31.0

 

67,779

28.8

Ⅲ 販売費及び一般管理費

※3.4

 

65,575

28.2

 

62,355

26.5

営業利益

 

 

6,502

2.8

 

5,424

2.3

Ⅳ 営業外収益

 

 

 

 

 

 

 

1.受取利息

※2

280

 

 

337

 

 

2.有価証券利息

 

94

 

 

75

 

 

3.受取配当金

※2

526

 

 

1,024

 

 

4.その他

※2

257

1,157

0.5

329

1,766

0.8

Ⅴ 営業外費用

 

 

 

 

 

 

 

1.支払利息

 

243

 

 

316

 

 

2.社債利息

 

82

 

 

82

 

 

3.たな卸資産廃棄損

 

150

 

 

108

 

 

4.その他

 

153

629

0.3

197

704

0.3

経常利益

 

 

7,030

3.0

 

6,485

2.8

Ⅵ 特別利益

 

 

 

 

 

 

 

1.固定資産売却益

※5

 

 

206

 

 

2.投資有価証券売却益

 

93

 

 

 

 

3.貸倒引当金戻入益

 

43

 

 

 

 

4.助成金受入額

※7

373

 

 

 

 

5.関係会社株式売却益

 

 

 

64

 

 

6.その他

 

8

520

0.2

50

321

0.1

 

 

 

 

 

 

 

 

 


 

 

前事業年度

(自 平成18年12月1日

至 平成19年11月30日)

当事業年度

(自 平成19年12月1日

至 平成20年11月30日)

区分

注記番号

金額(百万円)

百分比

(%)

金額(百万円)

百分比

(%)

Ⅶ 特別損失

 

 

 

 

 

 

 

1.固定資産除却損

※6

503

 

 

655

 

 

2.投資有価証券評価損

 

35

 

 

355

 

 

3.貸倒引当金繰入額

 

475

 

 

240

 

 

4.関係会社株式評価損

 

61

 

 

 

 

5.基幹システム移設費用

※8

 

 

260

 

 

6.その他

 

209

1,285

0.5

101

1,612

0.7

税引前当期純利益

 

 

6,265

2.7

 

5,193

2.2

法人税、住民税及び事業税

 

1,473

 

 

417

 

 

法人税等調整額

 

1,408

2,881

1.2

1,216

1,633

0.7

当期純利益

 

 

3,383

1.5

 

3,560

1.5

 

 

 

 

 

 

 

 


製造原価明細書

 

 

前事業年度

(自 平成18年12月1日

至 平成19年11月30日)

当事業年度

(自 平成19年12月1日

至 平成20年11月30日)

区分

注記番号

金額(百万円)

構成比

(%)

金額(百万円)

構成比

(%)

材料費

 

56,042

72.0

62,945

73.9

労務費

 

7,179

9.2

7,355

8.6

経費

 

14,641

18.8

14,943

17.5

当期総製造費用

 

77,863

100.0

85,243

100.0

期首仕掛品たな卸高

 

58

 

55

 

合計

 

77,921

 

85,299

 

期末仕掛品たな卸高

 

55

 

70

 

当期製品製造原価

 

77,866

 

85,228

 

 

<注記>      前事業年度

<注記>      当事業年度

1.原価計算の方法

1.原価計算の方法

全工場統一の組別総合標準原価計算の方法によっております。

製品規格別に標準使用数、予定払出単価、標準労務費、標準経費負担額を計算し、各製品に配賦して製品原価を算定しております。

なお、当期は比較的多額(総製造費用の1%超)の原価差額が発生したため、これを売上原価と期末たな卸資産に配賦調整しております。

前期に同じであります。

2.経費の主な内訳は、下記のとおりです。

2.経費の主な内訳は、下記のとおりです。

 

減価償却費

4,666百万円

租税公課

407

保管運搬費

1,242

業務委託料

3,219

 

 

減価償却費

4,988百万円

租税公課

412

保管運搬費

1,330

業務委託料

3,014

 

3.労務費に含まれる賞与引当金繰入額は、101百万円であり、退職給付引当金繰入額は、7百万円であります。

3.労務費に含まれる賞与引当金繰入額は、 96百万円であり、退職給付引当金繰入額は、42百万円であります。


③【株主資本等変動計算書】

前事業年度(自平成18年12月1日 至平成19年11月30日)

 

株主資本

資本金

資本剰余金

利益剰余金

自己株式

株主資本合計

資本準備金

その他資本剰余金

利 益

準備金

その他利益剰余金

特別償却準備金

買換資産圧縮記帳積立金

別 途

積立金

繰越利益剰余金

平成18年11月30日残高(百万円)

24,104

29,418

14

3,115

33

2,108

56,500

3,063

△2,255

116,101

事業年度中の

変動額

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

その他利益剰余金の積立 

 

 

 

 

6

211

800

△1,018

 

その他利益剰余金の取崩 

 

 

 

 

△13

△63

 

76

 

剰余金の配当

 

 

 

 

 

 

 

△2,218

 

△2,218

当期純利益

 

 

 

 

 

 

 

3,383

 

3,383

自己株式の取得

 

 

 

 

 

 

 

 

△387

△387

株主資本以外の項目の事業年度中の変動額

(純額)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

事業年度中の変動額合計(百万円)

△6

148

800

222

△387

777

平成19年11月30日残高(百万円)

24,104

29,418

14

3,115

26

2,257

57,300

3,285

△2,642

116,879

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

評価・換算差額等

純資産合計

その他有価証券評価差額金

繰延

ヘッジ

損益

評価・換算差額等合計

平成18年11月30日残高(百万円)

4,223

4,223

120,325

事業年度中の

変動額

 

 

 

 

その他利益剰余金の積立 

 

 

 

その他利益剰余金の取崩 

 

 

 

剰余金の配当

 

 

 

△2,218

当期純利益

 

 

 

3,383

自己株式の取得

 

 

 

△387

株主資本以外の項目の事業年度中の変動額

(純額)

△1,203

△28

△1,232

△1,232

事業年度中の変動額合計(百万円)

△1,203

△28

△1,232

△454

平成19年11月30日残高(百万円)

3,019

△28

2,991

119,870

 

 

 

 

 

 


当事業年度(自平成19年12月1日 至平成20年11月30日)

 

株主資本

資本金

資本剰余金

利益剰余金

自己株式

株主資本合計

資本準備金

その他資本剰余金

利 益

準備金

その他利益剰余金

特別償却準備金

買換資産圧縮記帳積立金

別 途

積立金

繰越利益剰余金

平成19年11月30日残高(百万円)

24,104

29,418

14

3,115

26

2,257

57,300

3,285

△2,642

116,879

事業年度中の

変動額

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

その他利益剰余金の積立 

 

 

 

 

5

97

1,100

△1,202

 

その他利益剰余金の取崩 

 

 

 

 

△11

△54

 

65

 

剰余金の配当

 

 

 

 

 

 

 

△2,132

 

△2,132

当期純利益

 

 

 

 

 

 

 

3,560

 

3,560

自己株式の取得

 

 

 

 

 

 

 

 

△1,148

△1,148

株主資本以外の項目の事業年度中の変動額

(純額)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

事業年度中の変動額合計(百万円)

   △6

43

1,100

290

△1,148

279

平成20年11月30日残高(百万円)

24,104

29,418

14

3,115

20

2,300

58,400

3,576

△3,791

117,158

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

評価・換算差額等

純資産合計

その他有価証券評価差額金

繰延

ヘッジ

損益

評価・換算差額等合計

平成19年11月30日残高(百万円)

3,019

△28

2,991

119,870

事業年度中の

変動額

 

 

 

 

その他利益剰余金の積立 

 

 

 

その他利益剰余金の取崩 

 

 

 

剰余金の配当

 

 

 

△2,132

当期純利益

 

 

 

3,560

自己株式の取得

 

 

 

△1,148

株主資本以外の項目の事業年度中の変動額

(純額)

△2,000

△28

△2,029

△2,029

事業年度中の変動額合計(百万円)

△2,000

△28

△2,029

△1,749

平成20年11月30日残高(百万円)

1,019

△57

961

118,120

 

 

 

 

 

 


重要な会計方針

 

前事業年度

(自 平成18年12月1日

至 平成19年11月30日)

当事業年度

(自 平成19年12月1日

至 平成20年11月30日)

1.有価証券の評価基準および評価方法

 

(1) 子会社および関連会社株式は、移動平均法による原価法によっております。

(1) 前期に同じであります。

 

(2) その他有価証券のうち時価のあるものは、決算日の市場価格等に基づく時価法(評価差額は全部純資産直入法により処理し、売却原価は移動平均法により算定)により、時価のないものは、移動平均法による原価法によっております。

(2) 前期に同じであります。

 

(3)満期保有目的の債券は、償却原価法(定額法)によっております。

(3)前期に同じであります。

2.デリバティブの評価基準および評価方法

時価法によっております。

なお、ヘッジ会計の要件を満たす取引については、ヘッジ会計を採用しております。

前期に同じであります。

3.たな卸資産の評価基準および評価方法

(評価基準)

(評価基準)

商品、製品、原材料、仕掛品および貯蔵品は原価法によっております。

前期に同じであります。

 

(評価方法)

(評価方法)

 

商品、製品、原材料、仕掛品および貯蔵品は月別移動平均法によっております。

前期に同じであります。

 


 

前事業年度

(自 平成18年12月1日

至 平成19年11月30日)

当事業年度

(自 平成19年12月1日

至 平成20年11月30日)

4.固定資産の減価償却の方法

(1) 有形固定資産は、下記の資産を除き、定率法によっております。

建物のうち平成10年4月1日以降に取得した建物(建物附属設備を除く)については、定額法によっております。

耐用年数および残存価額については、法人税法の定めと同一の基準によっております。

なお、主な耐用年数は以下の通りであります。 

(1) 前期に同じであります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

建物   3〜50年

 

 

機械装置 2〜17年

 

 

(会計処理の変更)

(追加情報)

 

法人税法の改正((所得税法等の一部を改正する法律 平成19年3月30日 法律第6号)および(法人税法施行令の一部を改正する政令 平成19年3月30日 政令83号))に伴い、当事業年度から平成19年4月1日以降に取得した有形固定資産の減価償却の方法については、改正後の法人税法の定めと同一の基準による方法に変更しております。なお、これによる損益に与える影響は軽微であります。

法人税法の改正に伴い、平成19年3月31日以前に取得した資産については、改正前の法人税法に基づく減価償却の方法の適用により取得価額の5%に到達した事業年度の翌事業年度より、取得価額の5%相当額と備忘価額との差額を5年間にわたり均等償却し、減価償却費に含めて計上しております。これにより、営業利益、経常利益および税引前当期純利益はそれぞれ393百万円減少しております。

 

(2) 無形固定資産は、定額法によっております。

耐用年数については、法人税法の定めと同一の基準によっております。

自社利用のソフトウェアについては、社内における見込利用可能期間(5年)に基づく定額法によっております。

(2) 前期に同じであります。

 

(3) 長期前払費用は、定額法によっております。

(3) 前期に同じであります。

 


 

前事業年度

(自 平成18年12月1日

至 平成19年11月30日)

当事業年度

(自 平成19年12月1日

至 平成20年11月30日)

5.引当金の計上基準

(1)貸倒引当金

(1)貸倒引当金

 

債権の貸倒損失に備えるため、一般債権については過年度実績率を基礎とした将来の貸倒予測率により、貸倒懸念債権等特定の債権については個別に回収可能性を勘案し、回収不能見込額を計上しております。

前期に同じであります。

 

(2) 売上割戻引当金

(2) 売上割戻引当金

 

当期において負担すべき割戻金の支払に備えるため、売上高に対し会社の基準(売上高に対する割戻支出予想額の割合)により発生主義で計算した額を計上しています。

前期に同じであります。

 

(3) 賞与引当金

(3) 賞与引当金

 

従業員に支給する賞与の支払に備えるため、支給対象期間基準を基礎とし、将来の支給見込額を加味して計上しております。

前期に同じであります。

 

(4) 役員賞与引当金

(4) 役員賞与引当金

 

役員に支給する賞与の支払に備えるため、当事業年度末における支給見込額を計上しております。

前期に同じであります。

 


 

前事業年度

(自 平成18年12月1日

至 平成19年11月30日)

当事業年度

(自 平成19年12月1日

至 平成20年11月30日)

 

(5) 退職給付引当金

(5) 退職給付引当金

 

従業員の退職給付に備えるため、当事業年度末における退職給付債務および年金資産の見込額に基づき、当事業年度末において発生していると認められる額を計上しております。

各期の過去勤務債務は、その発生時の従業員の平均残存勤務期間以内の一定年数(12年)による定額法により、それぞれの発生事業年度から処理しております。

また、各期の数理計算上の差異は、その発生時の従業員の平均残存勤務期間以内の一定年数(12年)による定額法により、それぞれの発生年度の翌事業年度から処理しております。

なお、当事業年度は前払年金費用として計上しております。

当社の退職給付制度は、確定給付企業年金制度(基金型および規約型)を採用しております。

前期に同じであります。

 

(6) 役員退任慰労引当金

(6) 役員退任慰労引当金

 

将来の役員退任慰労金の支出に備えるため、内規に基づく期末要支給額を計上しております。

————————

 

 

(追加情報)

 

 

従来、将来の役員退任慰労金の支出に備えるため、内規に基づく期末要支給額を役員退任慰労引当金として計上しておりましたが、平成19年11月20日開催の取締役会において、平成20年2月22日開催の定時株主総会終結の時をもって取締役および監査役の退任慰労金制度を廃止することを決議するとともに、平成20年2月22日開催の定時株主総会において、取締役および監査役の退任時に、退任慰労金制度廃止日までの在任期間に応じた役員退任慰労金を支給することを決議しました。

これに伴い、当該総会までの期間に対応する役員退任慰労金相当額の当事業年度末残高446百万円を固定負債の「その他」として計上しております。

 


 

前事業年度

(自 平成18年12月1日

至 平成19年11月30日)

当事業年度

(自 平成19年12月1日

至 平成20年11月30日)

6.リース取引の処理方法

リース物件の所有権が借主に移転すると認められるもの以外のファイナンス・リース取引については、通常の賃貸借取引に係る方法に準じた会計処理によっております。

前期に同じであります。

7.ヘッジ会計の方法

(1) ヘッジ会計の方法

(1) ヘッジ会計の方法

 

繰延ヘッジ処理を、採用しております。

なお、振当処理の要件を満たす取引については、振当処理を採用しております。

前期に同じであります。

 

(2) ヘッジ手段とヘッジ対象

(2) ヘッジ手段とヘッジ対象

 

 

ヘッジ手段…為替予約取引および金利スワップ

ヘッジ対象…外貨建仕入取引および借入金の利息

前期に同じであります。

 

(3) ヘッジ方針

(3) ヘッジ方針

 

為替相場の変動によるリスクを回避する目的で為替予約取引を行っております。また、将来予想される金利変動リスクを回避する目的で金利スワップ取引を行っております。

なお、投機的な取引は行わない方針であります。

前期に同じであります。

 

(4) ヘッジ有効性評価の方法

(4) ヘッジ有効性評価の方法

 

管理手続は社内の管理規定に基づいて行い、ヘッジ対象の時価変動額とヘッジ手段の時価変動額を対比分析し、その有効性を評価し厳格に管理しております。

前期に同じであります。

8.その他財務諸表作成のための基本となる重要な事項

 

 

消費税等の会計処理

税抜方式によっております。

未払消費税等は未払金に含めております。

前期に同じであります。

 


表示方法の変更

前事業年度

(自 平成18年12月1日

至 平成19年11月30日)

当事業年度

(自 平成19年12月1日

至 平成20年11月30日)

 (貸借対照表関係)

————————

前事業年度において「現金及び預金」に含めておりました譲渡性預金は、改正後の財務諸表等規則に基づき、当事業年度より「有価証券」として表示しております。

なお、譲渡性預金の残高は、当事業年度は5,000百万円、前事業年度は5,000百万円であります。

 

 

 

 

 

 

————————

(損益計算書関係)

 

1.前事業年度まで区分掲記していた「投資有価証券売却益」は、当事業年度において特別利益の総額の100分の10以下となったため、特別利益の「その他」に含めて表示することに変更しました。なお、当事業年度における「投資有価証券売却益」の金額は15百万円であります。

 

2.前事業年度まで区分掲記していた「貸倒引当金戻入益」は、当事業年度において特別利益の総額の100分の10以下となったため、特別利益の「その他」に含めて表示することに変更しました。なお、当事業年度における「貸倒引当金戻入益」の金額は27百万円であります。

 


注記事項

(貸借対照表関係)

前事業年度

(平成19年11月30日)

当事業年度

(平成20年11月30日)

1.※1.関係会社に対する債権および債務は、区分掲記されたもの以外で各科目に含まれているものは、次のとおりであります。

1.※1.関係会社に対する債権および債務は、区分掲記されたもの以外で各科目に含まれているものは、次のとおりであります。

 

売掛金

4,480百万円

未収入金

835百万円

その他(流動資産)

1,453百万円

買掛金

12,485百万円

短期借入金

4,353百万円

未払金

2,380百万円

預り保証金

4,812百万円

 

 

売掛金

5,893百万円

未収入金

826百万円

その他(流動資産)

1,468百万円

買掛金

11,618百万円

短期借入金

5,066百万円

未払金

1,797百万円

預り保証金

4,308百万円

 

2.偶発債務

2.偶発債務

保証債務

保証債務

下記の債務について連帯保証しております。

下記の債務について連帯保証しております。

 

被保証者

保証金額

(百万円)

被保証債務の内容

従業員

506

銀行借入他

光和デリカ㈱

32

銀行借入

㈱ポテトデリカ

14

銀行借入

㈱菜華

50

銀行の関税保証に対する保証

HENNINGSEN FOODS,INC.

2,500

銀行借入

 

226

ネブラスカ州ディヴィット市よりの借入に対する再保証

THAI Q.P.CO.,LTD.

2

銀行借入

KEWPIE(THAILAND) CO.,LTD.

3

銀行借入

杭州丘比食品有限公司

518

銀行借入

3,855

 

 

被保証者

保証金額

(百万円)

被保証債務の内容

従業員

403

銀行借入他

光和デリカ㈱

24

銀行借入

㈱ポテトデリカ

7

銀行借入

㈱菜華

50

銀行の関税保証に対する保証

HENNINGSEN FOODS,INC.

1,093

銀行借入

KIFUKI U.S.A. CO., INC.

171

銀行借入

THAI Q.P.CO.,LTD.

2

銀行借入

KEWPIE(THAILAND) CO.,LTD.

200

銀行借入

杭州丘比食品有限公司

245

銀行借入他

2,198

 

3.      ————————

3.(追加情報)

 

※2.期末日満期手形

 

期末日満期手形の会計処理については、手形交換日をもって決済処理しております。なお、当期末日が金融機関の休日であったため、次の期末日満期手形が期末残高に含まれております。

受取手形

36百万円

 

 


(損益計算書関係)

前事業年度

(自 平成18年12月1日

至 平成19年11月30日)

当事業年度

(自 平成19年12月1日

至 平成20年11月30日)

1.※1.他勘定振替高は、見本品、贈答用等の経費使用分および製品の原材料として使用したものの合計額であります。

1.※1.前期に同じであります。

2.※2.関係会社との取引高は、下記のとおりであります。

2.※2.関係会社との取引高は、下記のとおりであります。

 

商品及び原材料仕入高

86,076百万円

営業外収益

 

受取利息

260百万円

受取配当金

305百万円

その他

97百万円

664百万円

 

 

商品及び原材料仕入高

80,615百万円

営業外収益

 

受取利息

256百万円

受取配当金

784百万円

その他

175百万円

1,215百万円

 

3.※3.販売費と一般管理費のおおよその割合は、販売費81%、一般管理費19%であります。

販売費及び一般管理費のうち、主要な費目および金額は次のとおりであります。

3.※3.販売費と一般管理費のおおよその割合は、販売費79%、一般管理費21%であります。

販売費及び一般管理費のうち、主要な費目および金額は次のとおりであります。

 

運送費及び保管料

11,899百万円

広告宣伝費

8,449百万円

販売促進費

21,359百万円

研究開発費

2,544百万円

給料手当

8,790百万円

減価償却費

845百万円

賞与引当金繰入額

235百万円

退職給付引当金繰入額

20百万円

役員退任慰労引当金繰入額

169百万円

 

 

運送費及び保管料

11,682百万円

広告宣伝費

7,989百万円

販売促進費

18,359百万円

研究開発費

2,584百万円

給料手当

8,553百万円

減価償却費

824百万円

賞与引当金繰入額

219百万円

退職給付引当金繰入額

108百万円

役員退任慰労引当金繰入額

26百万円

 

4.※4.研究開発費の総額は2,544百万円であり、すべて一般管理費に含めております。

4.※4.研究開発費の総額は2,584百万円であり、すべて一般管理費に含めております。

5.      ————————

 

5.※5.固定資産売却益の内訳は、下記のとおりであります。    

 

 

 

機械及び装置

0百万円

土地

206百万円

206百万円

 

6.※6.固定資産除却損の内訳は、下記のとおりであります。

6.※6.固定資産除却損の内訳は、下記のとおりであります。

 

建物

184百万円

機械及び装置

295百万円

構築物他

23百万円

503百万円

 

 

建物

301百万円

機械及び装置

325百万円

構築物他

28百万円

655百万円

 

 7.※7.助成金受入額の内訳は、富士吉田工場に対する企業立地促進助成金等であります。

 7.       ————————

 

 8.      ————————

 8.※8.基幹システム移設費用の内訳は、地震災害に

対する防災対策としての情報機器関連設備の

      移設費用であります。

 


(株主資本等変動計算書関係)

前事業年度

(自 平成18年12月1日

至 平成19年11月30日)

当事業年度

(自 平成19年12月1日

至 平成20年11月30日)

自己株式の種類及び株式数に関する事項

自己株式の種類及び株式数に関する事項

 

自己株式の種類

普通株式

前事業年度末株式数

2,252,715

当事業年度増加株式数

374,804

当事業年度減少株式数

当事業年度末株式数

2,627,519

 

 

自己株式の種類

普通株式

前事業年度末株式数

2,627,519

当事業年度増加株式数

1,049,499

当事業年度減少株式数

-

当事業年度末株式数

3,677,018

 

 

注)当事業年度増加株式数は、会社法第165条第3項の規定により読み替えて適用される同法第156条の規定に基づき取得した365,900株および単元未満株式の取得による8,904株であります。

 

注)当事業年度増加株式数は、会社法第165条第3項の規定により読み替えて適用される同法第156条の規定に基づき取得した1,042,100株および単元未満株式の取得による7,399株であります。

 


(リース取引関係)

前事業年度

(自 平成18年12月1日

至 平成19年11月30日)

当事業年度

(自 平成19年12月1日

至 平成20年11月30日)

1.リース物件の所有権が借主に移転すると認められるもの以外のファイナンス・リース取引

1.リース物件の所有権が借主に移転すると認められるもの以外のファイナンス・リース取引

(1)リース物件の取得価額相当額、減価償却累計額相当額および期末残高相当額

(1)リース物件の取得価額相当額、減価償却累計額相当額および期末残高相当額

 

 

取得価額相当額

(百万円)

減価償却累計額相当額

(百万円)

期末残高相当額

(百万円)

機械及び装置

168

88

80

車両運搬具

638

314

324

工具器具及び備品

1,100

627

473

ソフトウェア

101

73

27

合計

2,008

1,102

906

 

 

 

取得価額相当額

(百万円)

減価償却累計額相当額

(百万円)

期末残高相当額

(百万円)

機械及び装置

244

52

191

車両運搬具

594

285

309

工具器具及び備品

893

471

421

ソフトウェア

38

24

13

合計

1,770

834

935

 

(2)未経過リース料期末残高相当額

(2)未経過リース料期末残高相当額

 

1年内

456百万円

1年超

462百万円

合計

918百万円

 

 

1年内

412百万円

1年超

537百万円

合計

949百万円

 

(3)支払リース料、減価償却費相当額および支払利息相当額

(3)支払リース料、減価償却費相当額および支払利息相当額

 

支払リース料

607百万円

減価償却費相当額

585百万円

支払利息相当額

22百万円

 

 

支払リース料

551百万円

減価償却費相当額

525百万円

支払利息相当額

26百万円

 

(4)減価償却費相当額の算定方法

(4)減価償却費相当額の算定方法

リース期間を耐用年数とし、残存価額を零とする定額法によっております。

前期に同じであります。

(5)利息相当額の算定方法

(5)利息相当額の算定方法

リース料総額とリース物件の取得価額相当額との差額を利息相当額とし、各期への配分方法については、利息法によっております。

前期に同じであります。

(減損損失について)

(減損損失について)

リース資産に配分された減損損失はありませんので、項目等の記載は省略しております。

前期に同じであります。  

 


(有価証券関係)

子会社株式及び関連会社株式で時価のあるもの

種類

前事業年度(平成19年11月30日)

当事業年度(平成20年11月30日)

貸借対照表計上額

(百万円)

時価

(百万円)

差額

(百万円)

貸借対照表計上額

(百万円)

時価

(百万円)

差額

(百万円)

子会社株式

3,472

6,050

2,578

3,472

4,839

1,367

関連会社株式

290

1,735

1,444

290

1,442

1,152

合計

3,763

7,786

4,023

3,763

6,282

2,519

 


(税効果会計関係)

 

前事業年度

(平成19年11月30日)

当事業年度

(平成20年11月30日)

1.繰延税金資産及び繰延税金負債の発生の主な原因別の内訳

 

 

 

繰延税金資産(流動)

売上割戻引当金

賞与引当金

未払事業税

未払社会保険料

その他

繰延税金資産(流動)小計

評価性引当額

繰延税金資産(流動)合計

繰延税金資産(固定)

退職給付信託

役員退任慰労引当金

長期未払金

ゴルフ会員権評価損

その他

繰延税金資産(固定)小計

評価性引当額

繰延税金資産(固定)合計

繰延税金資産合計

繰延税金負債(固定)

前払年金費用

買換資産圧縮記帳積立金

特別償却準備金

その他有価証券評価差額金

繰延税金負債(固定)計

繰延税金負債合計

繰延税金資産(負債)の純額

 

 

 

 

 

534

百万円

 

137

百万円

 

93

百万円

 

百万円

 

753

百万円

 

1,518

百万円

 

△569

百万円

 

949

百万円

 

 

 

 

1,442

百万円

 

275

百万円

 

百万円

 

96

百万円

 

283

百万円

 

2,097

百万円

 

△475

百万円

 

1,622

百万円

 

2,571

百万円

 

 

 

 

△4,589

百万円

 

△1,549

百万円

 

△18

百万円

 

△2,078

百万円

 

△8,236

百万円

 

△8,236

百万円

 

△5,664

百万円

 

 

 

 

 

 

281

百万円

 

128

百万円

 

7

百万円

 

102

百万円

 

845

百万円

 

1,365

百万円

 

△666

百万円

 

698

百万円

 

 

 

 

1,442

百万円

 

百万円

 

181

百万円

 

98

百万円

 

325

百万円

 

2,048

百万円

 

△332

百万円

 

1,715

百万円

 

2,414

百万円

 

 

 

 

△5,603

百万円

 

△1,579

百万円

 

△13

百万円

 

△695

百万円

 

△7,892

百万円

 

△7,892

百万円

 

△5,478

百万円

 

 

2.法定実効税率と税効果会計適用後の法人税等の負担率との間に重要な差異があるときの、当該差異の原因となった主要な項目別内訳

 

 

 

法定実効税率

(調整)

評価性引当額の増減

交際費等永久に損金に算入されない項目

受取配当金等永久に益金に算入されない項目

住民税均等割

過年度税金等

税効果会計適用後の法人税等の負担率

 

 

 

40.7

 

 

 

 

9.2

 

 

 

 

1.5

 

 

 

 

△2.6

 

1.3

 

△4.1

 

46.0

 

 

 

40.7

 

 

 

 

△0.9

 

 

 

 

1.7

 

 

 

 

△6.8

 

1.5

 

△4.7

 

31.5

 


(1株当たり情報)

 

前事業年度

(自 平成18年12月1日

至 平成19年11月30日)

当事業年度

(自 平成19年12月1日

至 平成20年11月30日)

1株当たり純資産額(円)

784.30

778.20

1株当たり当期純利益(円)

22.14

23.40

潜在株式調整後1株当たり当期純利益(円)

 (注)1.「潜在株式調整後1株当たり当期純利益」については、潜在株式が存在しないため記載しておりません。

2.1株当たり当期純利益の算定上の基礎は、以下のとおりであります。

 

前事業年度

(自 平成18年12月1日

至 平成19年11月30日)

当事業年度

(自 平成19年12月1日

至 平成20年11月30日)

1株当たり当期純利益

 

 

当期純利益(百万円)

3,383

3,560

普通株主に帰属しない金額(百万円)

普通株式に係る当期純利益(百万円)

3,383

3,560

普通株式の期中平均株式数(千株)

152,871

152,139

 

(重要な後発事象)

前事業年度

(自 平成18年12月1日

至 平成19年11月30日)

当事業年度

(自 平成19年12月1日

至 平成20年11月30日)

該当事項ありません。

前期に同じであります。

 





出典: キユーピー株式会社、2008-11-30 期 有価証券報告書