有価証券報告書を3社、または3期分比較分析できる! いますぐトライアルで試す >>
 






セクション一覧

第一部 【企業情報】

 

第1 【企業の概況】

 

1 【主要な経営指標等の推移】

 

回次

第40期

第41期

第42期

第43期

第44期

決算年月

平成24年12月

平成25年12月

平成26年12月

平成27年12月

平成28年12月

売上高

(千円)

20,783,554

20,524,461

18,602,692

18,561,664

19,706,283

経常利益

(千円)

2,867,143

2,052,090

606,746

3,281

557,645

当期純利益又は当期純損失(△)

(千円)

1,578,458

1,129,560

281,857

126,168

175,369

持分法を適用した
場合の投資利益

(千円)

資本金

(千円)

735,286

735,286

735,286

735,286

735,286

発行済株式総数

(株)

9,644,554

9,644,554

9,644,554

9,644,554

9,644,554

純資産額

(千円)

10,929,403

11,224,399

10,772,205

9,762,790

9,588,032

総資産額

(千円)

15,546,926

15,787,066

17,063,606

17,983,284

18,364,495

1株当たり純資産額

(円)

1,134.23

1,164.84

1,117.91

1,013.16

995.02

1株当たり配当額
(内1株当たり
中間配当額)

(円)

90.00

80.00

80.00

60.00

40.00

(40.00)

(40.00)

(40.00)

(40.00)

( 20.00)

1株当たり当期純利益金額又は当期純損失金額(△)

(円)

163.81

117.22

29.25

13.09

18.20

潜在株式調整後
1株当たり
当期純利益金額

(円)

自己資本比率

(%)

70.3

71.1

63.1

54.3

52.2

自己資本利益率

(%)

15.0

10.2

2.6

1.2

1.8

株価収益率

(倍)

19.5

35.1

142.6

310.8

219.2

配当性向

(%)

54.9

68.2

273.5

458.4

219.8

営業活動による
キャッシュ・フロー

(千円)

2,644,130

1,698,207

1,301,105

480,709

2,542,222

投資活動による
キャッシュ・フロー

(千円)

1,223,001

1,717,261

2,553,061

2,521,432

1,262,821

財務活動による
キャッシュ・フロー

(千円)

770,545

866,814

229,580

1,529,273

904,845

現金及び現金同等物の
期末残高

(千円)

3,890,270

3,004,401

1,982,026

1,470,577

1,845,132

従業員数
[外、平均臨時雇用者数]

(人)

166

175

194

206

209

(167)

(207)

(186)

(237)

(238)

 

(注) 1 当社は連結財務諸表を作成しておりませんので、「連結経営指標等」については記載しておりません。

2 売上高には消費税等は含まれておりません。

3 持分法を適用した場合の投資利益は、関連会社がないため、記載しておりません。

4 第40期・第41期・第42期・第44期の潜在株式調整後1株当たり当期純利益金額については、潜在株式が存在しないため記載しておりません。
第43期の潜在株式調整後1株当たり当期利益金額については、1株当たり当期純損失であり、また、潜在株式が存在しないため記載しておりません。

 

 

2 【沿革】

 

年月

沿革

昭和48年12月
 

株式会社不二家が米国のバスキン・ロビンス社との合弁事業を行う目的で、ビー・アールジャパン株式会社を設立(資本金40百万円)しました。

昭和49年1月
 

米国のバスキン・ロビンス社に対して第三者割当増資を行い株式会社不二家とバスキン・ロビンス社の合弁会社としました。

昭和54年3月

静岡県駿東郡小山町に自社工場を建設し、年産2,000千ガロン体制を確立しました。

昭和58年12月

店舗網の全国展開により、店舗数(フランチャイズ店及び直営店)200店台乗せを達成しました。

昭和59年2月
 

関西以西の店舗展開の拡大のため、配送能率向上の見地から、外部営業倉庫の利用を開始しました。

同年11月

工場の生産能力を年産3,500千ガロンに増強しました。

昭和60年4月

カラーデザインを変更したアダルト志向第1号店「渋谷公園通り店」を出店しました。

同年7月
 
 

「サーティワン」のブランド名を入れ、社名をB−R サーティワン アイスクリーム株式会社(登記上商号 ビー・アール サーティワン アイスクリーム株式会社)に変更しました。車社会への対応として従来実験的に進めてきたロードサイドタイプの出店を本格的に開始しました。

昭和61年3月

店舗数300店台乗せを達成しました。

昭和62年5月

工場の生産能力を年産7,000千ガロンに増強しました。

同年10月

工場のスペシャリティデザート生産のための設備が完成しました。

同年10月

店舗数400店台乗せを達成しました。

同年12月

社団法人日本証券業協会東京地区協会に当社の株式を店頭登録し、公開しました。

平成2年9月

工場のスペシャリティデザート生産のための設備を1ライン増強しました。

平成3年9月
 

全世界で統一使用される新しいトレードマークを導入し、21世紀へ向けての新しいイメージ戦略を打ち出しました。

平成7年2月

本社、東京営業所、電算室を統合して現在地に移転しました。

平成8年6月
 

フランチャイズ店及び直営店の一部にてテスト販売を行ってきました「クレープ」を併売商品として正式に導入しました。

平成10年6月
 

財務指標の改善を図るため、利益による株式消却のための自己株式を1,050,000株、850,500千円で取得し、すべてを消却いたしました。

平成11年3月

工場では、平成11年3月25日に厚生省よりHACCPの認定工場として承認されました。

平成12年4月
 

 

 

フランチャイズ店の売上向上と収益性の改善を目的として、加盟店との契約制度を4月度より大幅に変更いたしました。その内容といたしましては、新しいタイプの店舗「コンテンポラリー」店への改装を実施すること及び、その後のオペレーション強化のために、店長が再トレーニングを受講することを条件として、アイスクリームの卸売価格を31%引き下げました。その一方で、新たにフランチャイズ店より、ロイヤリティー及び広告宣伝分担金として、それぞれ店頭小売売上高の一定率を徴収することといたしました。

平成12年9月
 

財務指標の改善を図るため、利益による株式消却のための自己株式を447,000株、319,605千円で取得し、すべてを消却いたしました。

平成15年12月

店舗数500店台乗せを達成しました。

平成16年12月

日本証券業協会への店頭登録を取消し、ジャスダック証券取引所に株式を上場しました。

同年12月

店舗数600店台乗せを達成しました。

 

 

 

 

年月

沿革

平成17年12月

店舗数700店台乗せを達成しました。

平成18年11月

店舗数800店台乗せを達成しました。

平成19年3月
 

登記上の商号をビー・アール サーティワン アイスクリーム株式会社からB−R サーティワン アイスクリーム株式会社に変更しました。

同年4月

工場冷凍倉庫の改修を行い、製品の庫内搬送を自動化しました。

同年10月
 

中京、関西、九州の各営業所で、環境マネンジメントシステム規格であるISO14001を取得しました。

同年11月
 

投資家層の拡大および株式流動性の向上を図るため、単元株式数を1,000株から100株に変更しました。

平成20年6月

店舗数900店台乗せを達成しました。

平成21年10月
 

富士小山工場での、食品衛生管理への取組みが評価され「食品衛生優良施設 厚生労働大臣表彰」を受賞しました。

平成22年4月

証券市場の合併に伴い、大阪証券取引所(JASDAQ市場)に上場しました。

同年7月

店舗数1,000店台乗せを達成しました。

同年10月

証券市場の統合に伴い、大阪証券取引所JASDAQ(スタンダード)に上場しました。

平成23年7月
 

農林水産省より環境配慮への取組みを評価され「優良外食産業表彰 環境配慮部門 農林水産大臣賞」を受賞しました。

同年10月

兵庫県三木市に第2生産拠点建設のため土地を購入しました。

平成24年4月

店舗数1,100店台乗せを達成しました。

平成25年7月
 

東京証券取引所と大阪証券取引所の統合に伴い、東京証券取引所JASDAQ(スタンダード)に上場しました。

平成26年12月

第2生産拠点「神戸三木工場」を建設し、竣工式を行いました。

同年12月

富士小山工場において、FSSC22000認証を取得しました。

平成27年4月

神戸三木工場が稼働し、2工場体制になりました。

同年12月

神戸三木工場において、FSSC22000認証を取得しました。

 

 

 

3 【事業の内容】

当社は関係会社(その他の関係会社)であるバスキン・ロビンス・フランチャイジング エルエルシーと「ライセンス及び技術援助契約」を締結しており、日本国内におけるアイスクリーム類の製造・販売並びにフランチャイズ方式によるアイスクリーム販売の組織化及び運営に関するノウハウの提供を受けております。それに対し、当社は売上高の一定率をロイヤリティーとして同社に支払っております。

また、当社は関係会社(その他の関係会社)である㈱不二家との間に、バスキン・ロビンス31アイスクリーム小売店の運営並びに同アイスクリームに係る商標、意匠、小売店販売方法等の使用に関する「フランチャイズ契約」を他のフランチャイジーと同様に締結し、同社に対して、アイスクリーム等の販売及び店舗用設備を賃貸するとともに、小売売上高の一定率をロイヤリティーとして受取っております。

また、当社はその他の関係会社である㈱不二家の子会社(関連当事者)である不二家乳業㈱から原料を購入し、不二家テクノ㈱へ店舗用図面の設計を委託し、㈱不二家フードサービスとの間に、バスキン・ロビンス31アイスクリーム小売店の運営並びに同アイスクリームに係る商標、意匠、小売店販売方法等の使用に関する「フランチャイズ契約」を他のフランチャイジーと同様に締結し、同社に対して、アイスクリーム等の販売及び店舗用設備を賃貸するとともに、小売売上高の一定率をロイヤリティーとして受取っております。以上述べたことを事業系統図で示すと次のとおりであります。

なお、当社はアイスクリーム製品の製造及び販売等を行う単一セグメントのため、セグメント別の記載を省略しております。

 

 


 

4 【関係会社の状況】

その他の関係会社

名称

住所

資本金

主要な事業内容

議決権の被所有
割合(%)

関係内容

株式会社不二家
(注)

東京都文京区

(千円)

18,280,145

菓子類の製造販売等

43.31

製品の販売及び店舗用設備の賃貸。役員の兼任あり。

ダンキン ブランズ インターナショナル ホールディングス リミテッド

英国
ロンドン

(ポンド)

100

持株会社

43.31

 

(注) 有価証券報告書の提出会社であります。

 

5 【従業員の状況】

(1) 提出会社の状況

平成28年12月31日現在

従業員数(人)

平均年令(才)

平均勤続年数

平均年間給与(円)

 209 (238)

40.9

11年11ヶ月

7,554,474

 

(注) 1 平均年間給与は、税込で賞与を含んでおります。

2 従業員数は就業人員であり、臨時雇用者数は、年間の平均人員を( )外数で記載しております。

3 当社は、アイスクリーム製品の製造及び販売等を行う単一セグメントのため、セグメント別の記載を省略しております。

 

(2) 労働組合の状況

労働組合は結成されておりません。

 





出典: B−R サーティワン アイスクリーム株式会社、2016-12-31 期 有価証券報告書