有価証券報告書を3社、または3期分比較分析できる! いますぐトライアルで試す >>
 






セクション一覧
④ 【附属明細表】
【有価証券明細表】

【株式】

 

銘柄
株式数(株)
貸借対照表計上額(千円)
(投資有価証券)
その他有価証券
三浦工業㈱
235,800
709,758
阪神電気鉄道㈱
653,000
646,470
㈱三菱UFJフィナンシャル・
グループ
358
646,146
オーケー㈱
400,000
491,500
㈱日阪製作所
197,000
472,800
㈱南都銀行
548,000
408,260
加藤産業㈱
203,063
404,095
㈱ローソン
77,000
341,110
㈱ノーリツ
112,500
256,500
東洋テック㈱
149,280
218,993
㈱奥村組
303,000
196,344
㈱三井住友フィナンシャル・
グループ
143
186,316
大日本印刷㈱
65,000
138,450
大阪魚市場㈱
372,750
133,071
その他 66銘柄
861,352
1,064,760
6,314,575

 

 

【債券】

 

銘柄
券面総額(千円)
貸借対照表計上額(千円)
(投資有価証券)
その他有価証券
地方債等 2銘柄
39,801
39,801

 

【その他】

 

種類及び銘柄
投資口数等(千口)
貸借対照表計上額(千円)
(投資有価証券)
その他有価証券
(投資信託受益証券)
スパークスジャパンエクイティ
ファンド
80,000
143,696
YPW日本株バリューアップ・
セレクト
6
105,852
DLジャパン・リサーチ・
オープン
10
103,500
アーカスリーダーズファンド
50,000
91,425
新光スーパートレード
50,000
69,440
スパーク・ジャパン・スモール・
キャップ・ファンド
30,000
62,154
三井住友・日本株オープン
37,919
43,281
619,348

 

【有形固定資産等明細表】

 

資産の種類
前期末残高
(千円)
当期増加額
(千円)
当期減少額
(千円)
当期末残高
(千円)
当期末減価
償却累計額
又は償却
累計額(千円)
当期償却額
(千円)
差引当期末
残高
(千円)
有形固定資産
 建物
19,726,018
104,411
205,215
19,625,214
12,128,197
593,388
7,497,016
 構築物
1,911,263
1,044
16,124
1,896,183
1,473,314
46,753
422,869
 機械及び装置
13,426,294
702,625
769,252
13,363,232
10,376,257
780,271
2,986,974
 車両及び運搬具
117,286
13,332
15,708
114,911
89,774
7,621
25,137
 工具器具及び備品
1,126,737
49,239
17,366
1,158,610
897,090
68,416
261,519
 土地
9,662,234
1,162,034
8,331(8,331)
10,815,936
—    
10,815,936
 建設仮勘定
111,043
829,334
108,543
831,834
831,834
有形固定資産計
46,080,877
2,862,022
1,140,543
(8,331)
47,805,921
24,964,634
1,496,450
22,841,287
無形固定資産
 特許権
13,360
7,264
1,483
6,095
 商標権
24,678
13,981
2,019
10,697
 ソフトウェア
118,847
75,976
20,924
42,870
 ソフトウェア仮勘定
222,295
222,295
 その他の
 無形固定資産
81,626
30,807
2,604
50,819
無形固定資産計
460,807
128,029
27,031
332,777
長期前払費用
8,425
2,250
10,675
6,032
1,004
4,642

(注) 1 当期増加額のうち主なものは、次のとおりであります。

機械及び装置
関東工場(埼玉県北埼玉郡)
生産設備
302,694千円
和田山工場(兵庫県朝来市)
生産設備
216,800千円
土地
新物流センター建設予定地
(神戸市東灘区)
1,162,034千円
建設仮勘定
新物流センター建設工事
(神戸市東灘区)
倉庫設備
315,888千円

2 当期減少額のうち主なものは、次のとおりであります。

機械及び装置
東京生産事業部(千葉県船橋市)
生産設備
461,414千円

    なお、当期減少額のうち( )内は内書きで減損損失の計上額であります。

3 無形固定資産の金額が、資産の総額の1%以下であるため「前期末残高」「当期増加額」及び「当期減少額」の記載を省略しております。

 

 

【資本金等明細表】

 

区分
前期末残高
当期増加額
当期減少額
当期末残高
資本金
(千円)
6,566,535
6,566,535
資本金のうち
既発行株式
普通株式(注)1
(株)
(29,159,601)
(—)
(—) 
(29,159,601)
普通株式
(千円)
6,566,535
6,566,535
(株)
(29,159,601)
(—)
(—)
(29,159,601)
(千円)
6,566,535
6,566,535
資本準備金及び
その他資本剰余金
資本準備金
 株式払込剰余金
(千円)
6,819,140
6,819,140
 合併差益
(千円)
480,000
480,000
(千円)
7,299,140
7,299,140
利益準備金及び
任意積立金
利益準備金
(千円)
635,548
635,548
任意積立金(注)2
 別途積立金
(千円)
29,540,000
1,500,000
31,040,000
(千円)
30,175,548
1,500,000
31,675,548

(注) 1 当期末における自己株式数は974,679株であります。

2 任意積立金の増加は前期決算の利益処分によるものであります。

 

【引当金明細表】

 

区分
前期末残高
(千円)
当期増加額
(千円)
当期減少額
(目的使用)
(千円)
当期減少額
(その他)
(千円)
当期末残高
(千円)
貸倒引当金
180,423
32,444
16,396
40,329
156,141
賞与引当金
343,876
358,128
343,876
358,128
役員退職金引当金
353,300
25,100
378,400

(注) 貸倒引当金の当期減少額の「その他」は、一般債権の貸倒実績率による洗替額及び債権の回収等に伴う戻入額であります。





出典: フジッコ株式会社、2006-03-31 期 有価証券報告書