有価証券報告書を3社、または3期分比較分析できる! いますぐトライアルで試す >>
 






セクション一覧

第一部 【企業情報】

第1 【企業の概況】

1 【主要な経営指標等の推移】

 

回次
第42期
第43期
第44期
第45期
第46期
決算年月
平成14年3月
平成15年3月
平成16年3月
平成17年3月
平成18年3月
(1) 連結経営指標等
売上高
(千円)
47,846,364
47,752,578
47,641,150
47,173,159
48,225,276
経常利益
(千円)
3,597,334
3,457,992
4,109,880
4,355,093
3,624,346
当期純利益
(千円)
1,210,132
823,980
2,571,632
2,487,676
2,238,113
純資産額
(千円)
43,772,058
44,293,911
46,536,352
48,116,335
50,577,568
総資産額
(千円)
56,831,045
58,204,397
61,863,403
61,204,971
64,307,452
1株当たり純資産額
(円)
1,501.48
1,519.45
1,639.17
1,705.34
1,793.30
1株当たり当期純利益
(円)
41.50
27.25
87.76
86.57
78.21
潜在株式調整後
1株当たり当期純利益
(円)
自己資本比率
(%)
77.0
76.1
75.2
78.6
78.6
自己資本利益率
(%)
2.8
1.9
5.7
5.3
4.5
株価収益率
(倍)
26.0
28.7
14.8
18.3
23.3
営業活動による
キャッシュ・フロー
(千円)
4,017,905
6,651,494
5,407,892
3,964,169
4,042,248
投資活動による
キャッシュ・フロー
(千円)
△3,994,111
△2,593,392
△824,472
△2,794,343
△2,170,542
財務活動による
キャッシュ・フロー
(千円)
△335,364
384,297
△1,534,809
△1,120,437
△996,651
現金及び現金同等物
の期末残高
(千円)
9,606,402
14,048,775
17,097,759
17,147,952
18,023,018
従業員数
(外、平均臨時
雇用者数)
(名)
1,074
(1,125)
1,065
(1,165)
1,049
(919)
1,001
(1,011)
1,011
(1,091)
(2) 提出会社の経営指標等
売上高
(千円)
43,100,604
43,133,278
44,506,550
46,535,467
47,547,301
経常利益
(千円)
3,078,219
3,510,748
3,848,950
3,957,451
3,195,941
当期純利益
(千円)
989,519
1,045,723
2,420,856
2,270,674
2,032,228
資本金
(千円)
6,566,535
6,566,535
6,566,535
6,566,535
6,566,535
発行済株式総数
(千株)
29,159
29,159
29,159
29,159
29,159
純資産額
(千円)
41,494,504
42,243,270
44,724,810
46,091,119
48,350,031
総資産額
(千円)
51,190,774
52,432,527
56,943,711
56,687,157
59,638,160
1株当たり純資産額
(円)
1,423.36
1,449.16
1,575.41
1,633.63
1,714.39
1株当たり配当額
(内1株当たり
中間配当額)
(円)
(円)
20.00
(10.00)
20.00
(10.00)
22.00
(10.00)
25.00
(11.00)
25.00
(12.50)
1株当たり当期純利益
(円)
33.94
34.96
82.64
79.03
71.03
潜在株式調整後
1株当たり当期純利益
(円)
自己資本比率
(%)
81.1
80.6
78.5
81.3
81.1
自己資本利益率
(%)
2.4
2.5
5.6
5.0
4.3
株価収益率
(倍)
31.8
22.4
15.7
20.0
25.7
配当性向
(%)
58.9
57.2
26.6
31.6
35.2
従業員数
(外、平均臨時
雇用者数)
(名)
824
(630)
818
(668)
846
(681)
813
(765)
820
(847)

(注) 1 売上高には、消費税等は含まれておりません。

2 1株当たり配当額は、第42期及び第43期は特別配当5円、第44期は特別配当7円、第45期及び第46期は特別配当10円を各々含んでおります。

3 潜在株式調整後1株当たり当期純利益金額については、潜在株式がないため記載しておりません。

4 第43期から「1株当たり当期純利益に関する会計基準」(企業会計基準委員会 平成14年9月25日 企業会計基準第2号)及び「1株当たり当期純利益に関する会計基準の適用指針」(企業会計基準委員会 平成14年9月25日 企業会計基準適用指針第4号)を適用しております。

5  提出会社は、平成18年3月31日を基準日とし、平成18年4月1日付をもって1株につき1.2株の割合で株式分割を行っており、平成18年3月末時点の株価は権利落ち後の株価となっております。そのため、第46期の株価収益率については、権利落ち後の株価に分割割合を乗じて算出しております。

 

2 【沿革】

 

年月
沿革
昭和35年11月
 
神戸市東灘区において、現会長山岸八郎が株式会社富士昆布として設立、とろろ昆布の製造及び販売を開始。
昭和38年11月
兵庫県西宮市に本社及び工場(現西宮工場)を移転。
昭和43年8月
兵庫県美方郡浜坂町(現新温泉町)にフジコン食品株式会社(現連結子会社)を設立。
昭和45年8月
西宮工場隣接地に新社屋完成。食堂、社員寮を併設し、福利厚生施設の拡充を図る。
昭和47年11月
兵庫県朝来郡和田山町(現兵庫県朝来市)に和田山工場第一次設備完成。塩吹昆布の製造を開始。
昭和47年11月
西宮工場で佃煮昆布の製造を開始。
昭和50年9月
 
株式額面金額変更のため、株式会社ふじっ子と合併し、同時に存続会社の商号を株式会社富士昆布に変更。
昭和51年1月
埼玉県北埼玉郡北川辺町にふじっ子食品株式会社(現関東工場)を設立し、佃煮昆布の製造を開始。
昭和52年4月
和田山工場に煮豆工場棟を建設。煮豆の製造を開始。
昭和52年6月
高級贈答品として「味富士」製品の製造及び販売を開始。
昭和55年12月
 
兵庫県西宮市に鳴尾工場が完成し、佃煮昆布及びシェフオールスープ(洋風デリカ)の製造を開始。
昭和59年9月
漬物の製造及び販売を開始。
昭和60年5月
商号をフジッコ株式会社に変更。
昭和61年5月
 
栗原葡萄酒醸造株式会社(現会社名フジッコワイナリー株式会社……現連結子会社)を買収。ワインの製造を開始。
昭和62年4月
従業員の福利厚生面の拡充のため、フジッコグループの厚生年金基金を設立。
昭和62年8月
フジコン食品株式会社の発行済株式の100%を取得。
昭和63年3月
千葉県船橋市に東京工場が完成し、うどんつゆ、シェフオールスープ等の製造を開始。
平成元年4月
高級贈答品販売会社、味富士株式会社(現連結子会社)を設立。
平成元年8月
惣菜事業部を設置し、そう菜の本格的製造を開始。
平成2年12月
大阪証券取引所市場第二部に上場。
平成3年3月
神戸市中央区に本社を移転。
平成3年3月
 
鳥取県境港市において、フジッコマルシン株式会社(現会社名フジッコフーズ株式会社……現連結子会社)を設立。煮豆の製造を開始。
平成5年9月
フジッコフーズ株式会社にて、デザート原料の製造を開始。
平成6年3月
フジッコワイナリー株式会社にて、デザートの製造を開始。
平成7年3月
 
東京都文京区に「東京FFセンター」を建設し、販売拠点及び研究開発機能情報受発信機能を充実。
平成7年5月
 
中国山東省青島市において、青島富吉高食品有限公司(現非連結子会社)を設立。佃煮の製造を開始。
平成8年4月
横浜市緑区において、創食株式会社を設立。そう菜の製造を開始。
平成8年12月
東京証券取引所市場第二部に上場。
平成9年9月
東京証券取引所、大阪証券取引所市場第一部に指定替。
平成11年10月
フジッコフーズ株式会社において、ISO9002を認証取得。
平成11年11月
鳴尾生産事業部、関東工場において、ISO9001を認証取得。
平成12年11月
フジッコワイナリー株式会社において、ISO9002を認証取得。
平成13年9月
和田山工場、東京工場において、ISO14001を認証取得。
平成14年5月
鳥取県境港市竹内団地にフジッコフーズ株式会社の工場を新築移転。
平成14年8月
フジコン食品株式会社において、ISO14001を認証取得。
平成14年10月
西宮工場において、ISO9001を認証取得。
平成16年1月
兵庫県加古川市に加古川分工場が完成し、豆菓子の製造を開始。
平成16年2月
連結子会社創食株式会社を吸収合併し、横浜工場としてそう菜の製造を開始。
平成16年3月
西宮工場を鳴尾生産事業部に統合。
平成16年4月
厚生労働大臣の認可を受け、厚生年金基金から規約型企業年金へ移行。
平成18年1月
青島富吉高食品有限公司において、HACCPを認証取得。

 

3 【事業の内容】

当グループは、当社及び子会社6社で構成され、昆布製品、豆製品、そう菜製品、デザート製品、漬物製品、その他製品の製造・販売を主な事業としております。

各分類の主な内容及び当グループの事業に係わる位置づけは次のとおりであります。

昆布製品……………
主要な製品は、ふじっ子煮(佃煮昆布)・ふじっ子(塩吹昆布)・純とろ(とろろ昆布)・だし昆布であります。
当社が製造・販売するほか、連結子会社フジコン食品株式会社が製造しており、当社が仕入れて販売しております。また、非連結子会社 青島富吉高食品有限公司が原料を加工及び製造しており、当社が仕入れて加工・販売しております。
豆製品………………
主要な製品は、おまめさん(煮豆)・大豆水煮・納豆・豆菓子であります。
当社が製造・販売するほか、連結子会社フジッコフーズ株式会社が製造しており、当社が仕入れて販売しております。
そう菜製品…………
主要な製品は、おかず畑惣菜・日配惣菜であります。
当社が製造・販売しております。
デザート製品………
主要な製品は、フルーツセラピー等のナタデココデザート・杏仁豆腐等のアジアン・カフェデザートであります。
連結子会社フジッコフーズ株式会社が、原料を製造しており、当社が仕入れて加工・販売するほか、連結子会社フジッコワイナリー株式会社及びフジッコフーズ株式会社が製造しており、当社が仕入れて販売しております。
漬物製品……………
主要な製品は、つけもの百選であります。
連結子会社フジコン食品株式会社が製造しており、当社が仕入れて販売しております。
その他製品…………
主要な製品は、飲料・機能性素材・調味食品・贈答品・ワイン・ヨーグルト製品であります。
当社が製造・販売するほか、贈答品及びヨーグルト製品は連結子会社味富士株式会社が販売し、ワインは連結子会社フジッコワイナリー株式会社が製造・販売し、一部は当社が仕入れて販売しております。

 

以上の事項を事業の系統図によって示すと次のとおりであります。


 

連結子会社及び非連結子会社は次のとおりであります。

連結子会社

フジコン食品株式会社
昆布製品及び漬物製品の製造
フジッコワイナリー
株式会社
ワインの製造・販売及びデザート製品の製造
味富士株式会社
贈答品及びヨーグルト製品の販売
フジッコフーズ株式会社
豆製品の製造、デザート原料及び製品の製造

非連結子会社

有限会社菜彩
飲食業
青島富吉高食品有限公司
各種農水産食品の加工と製造販売

 

4 【関係会社の状況】

 

名称
住所
資本金
(千円)
主要な事業
の内容
議決権の所有
割合(%)
関係内容
(連結子会社)
フジコン食品株式会社
兵庫県美方郡新温泉町
90,500
昆布製品及び漬物製品の製造
100.00
製品の購入及び建物の賃借
役員の兼任 4人
フジッコワイナリー株式会社
山梨県甲州市
96,000
ワインの製造販売及びデザート製品の製造
100.00
製品の購入及び建物・機械設備の賃貸
役員の兼任 3人
味富士株式会社
神戸市中央区
30,000
贈答品及びヨーグルト製品の販売
100.00
製品の販売及び建物の賃貸
役員の兼任 1人
フジッコフーズ株式会社(注)1
鳥取県境港市
95,000
豆製品の製造、デザート原料及び製品の製造
100.00
製品及び原料の購入、資金の貸付
役員の兼任 1人

(注) 1 フジッコフーズ株式会社は、特定子会社に該当します。

2 上記子会社は有価証券届出書又は有価証券報告書を提出しておりません。

 

5 【従業員の状況】

(1) 連結会社の状況

平成18年3月31日現在

事業の部門等の名称
従業員数(名)
営業部門
303
(125)
製造部門
626
(951)
管理部門
82
(15)
合計
1,011
(1,091)

(注) 1 従業員数は就業人員(当グループからグループ外への出向者を除く)であります。

2 従業員数欄の(外書)は、臨時従業員の年間平均雇用人員であります。

 

(2) 提出会社の状況

平成18年3月31日現在

従業員数(名)
平均年齢(歳)
平均勤続年数(年)
平均年間給与(千円)
820
(847)
37.8
12.5
5,085

(注) 1 従業員数は就業人員(当社から社外への出向者を除く)であります。

2 平均年間給与は、賞与及び基準外賃金を含んでおります。

3 従業員数欄の(外書)は、臨時従業員の年間平均雇用人員であります。

 

(3) 労働組合の状況

当グループには、労働組合は結成されておらず、特記すべき事項はありません。





出典: フジッコ株式会社、2006-03-31 期 有価証券報告書