有価証券報告書を3社、または3期分比較分析できる! いますぐトライアルで試す >>
 






セクション一覧

第4 【提出会社の状況】

1 【株式等の状況】

(1) 【株式の総数等】

① 【株式の総数】

 

種類
会社が発行する株式の総数(株)
普通株式
90,000,000
90,000,000

(注)1「株式の消却が行われた場合には、これに相当する株式数を減ずる。」旨を定款で定めております。
 なお、平成18年6月29日開催の定時株主総会において定款の一部変更が行われ、当該定めは削除されました。

    2 平成18年2月13日開催の取締役会決議により、平成18年4月1日付で株式分割に伴う定款変更を行い、会社が
 発行する株式の総数は18,000,000株増加し108,000,000株になりました。

 

② 【発行済株式】

 

種類
事業年度末現在
発行数(株)
(平成18年3月31日)
提出日現在
発行数(株)
(平成18年6月29日)
上場証券取引所名又は登録証券業協会名
内容
普通株式
29,159,601
34,991,521
東京証券取引所
市場第一部
大阪証券取引所
市場第一部
完全議決権株式であり、権利内容に何ら限定のない当社における標準となる株式
29,159,601
34,991,521

(注)  平成18年2月13日開催の取締役会決議により、平成18年4月1日付で1株を1.2株に株式分割いたしました。
これにより、株式数は5,831,920株増加し、発行済株式総数は34,991,521株になりました。

 

 

(2) 【新株予約権等の状況】

該当事項はありません。

 

(3) 【発行済株式総数、資本金等の推移】

 

年月日
発行済株式
総数増減数
(株)
発行済株式
総数残高
(株)
資本金増減額

(千円)
資本金残高

(千円)
資本準備金
増減額
(千円)
資本準備金
残高
(千円)
平成11年5月20日
4,859,933
29,159,601
6,566,535
7,299,140

(注)1 株式分割(1:1.2)による増加

    2 平成18年2月13日開催の取締役会決議により、平成18年4月1日付で1株を1.2株に株式分割いたしました。
 これにより、株式数は5,831,920株増加し、発行済株式総数は34,991,521株になりました。

     

 

(4) 【所有者別状況】

平成18年3月31日現在

区分
株式の状況(1単元の株式数1,000株)
単元未満
株式の状況
(株)
政府及び
地方公共
団体
金融機関
証券会社
その他の
法人
外国法人等
個人
その他
個人以外
個人
株主数
(人)
56
18
215
58
1
3,395
3,743
所有株式数
(単元)
7,008
137
4,862
2,547
1
14,232
28,787
372,601
所有株式数
の割合(%)
24.34
0.48
16.89
8.85
0.00
49.44
100.00

(注) 1 自己株式974,679株は、「個人その他」に974単元、「単元未満株式の状況」に679株含まれております。

2 「単元未満株式の状況」の欄には、証券保管振替機構名義の株式が、200株含まれております。

 

(5) 【大株主の状況】

平成18年3月31日現在

氏名又は名称
住所
所有株式数
(千株)
発行済株式総数に対する
所有株式数の割合(%)
山 岸 八 郎
神戸市中央区
3,122
10.71
有限会社ミニマル興産
神戸市中央区港島中町6丁目13−4
2,241
7.69
山 岸 英 子
神戸市中央区
1,161
3.98
福 井 正 一
神戸市中央区
1,145
3.93
日本マスタートラスト信託
銀行株式会社(信託口)
東京都港区浜松町2丁目11−3
1,067
3.66
日本トラスティ・サービス信託
銀行株式会社(信託口)
東京都中央区晴海1丁目8−11
827
2.84
株式会社三菱東京UFJ銀行
東京都千代田区丸の内2丁目7−1
745
2.56
 住友生命保険相互会社
大阪市中央区城見1丁目4−35
712
2.44
日本生命保険相互会社
東京都千代田区丸の内1丁目6−6
573
1.97
田 中 久 子
東京都世田谷区
514
1.76
12,110
41.53

(注) 1 上記の他、当社所有の自己株式974千株(3.34%)があります。

2 上記の所有株式数のうち、信託業務に係る株式数は、次のとおりであります。

日本マスタートラスト信託銀行株式会社
992千株
日本トラスティ・サービス信託銀行株式会社
825千株

 

(6) 【議決権の状況】

① 【発行済株式】

平成18年3月31日現在

区分
株式数(株)
議決権の数(個)
内容
無議決権株式
議決権制限株式(自己株式等)
議決権制限株式(その他)
完全議決権株式(自己株式等)
(自己保有株式)
普通株式
974,000
権利内容に何ら限定のない当社における標準となる株式
完全議決権株式(その他)
普通株式
27,813,000
27,813
同上
単元未満株式
普通株式
372,601
同上
発行済株式総数
29,159,601
総株主の議決権
27,813

(注) 1 「単元未満株式」欄の普通株式には、証券保管振替機構名義の株式が200株含まれております。

2 「単元未満株式」欄の普通株式には、当社所有の自己株式が679株含まれております。

     

 

 

② 【自己株式等】

平成18年3月31日現在

所有者の氏名
又は名称
所有者の住所
自己名義
所有株式数
(株)
他人名義
所有株式数
(株)
所有株式数
の合計
(株)
発行済株式総数
に対する所有
株式数の割合(%)
(自己保有株式)
フジッコ株式会社
神戸市中央区港島中町
6丁目13—4
974,000
974,000
3.34
974,000
974,000
3.34

 

(7) 【ストックオプション制度の内容】

該当事項はありません。

 

2 【自己株式の取得等の状況】

(1) 【定時総会決議又は取締役会決議による自己株式の買受け等の状況】

① 【前決議期間における自己株式の取得等の状況】

該当事項はありません。

 

② 【当定時株主総会における自己株式取得に係る決議状況】

該当事項はありません。

 

(2) 【資本減少、定款の定めによる利益による消却又は償還株式の消却に係る自己株式の買受け等の状況】

① 【前決議期間における自己株式の買受け等の状況】

該当事項はありません。

 

② 【当定時株主総会における自己株式取得に係る決議状況等】

該当事項はありません。

 

3 【配当政策】

当社は、収益力の向上と財務体質の強化に努め、着実に業績を向上させ、株主への利益還元を充実させていくことを最重要課題としております。配当金につきましては、1株当たり当期純利益と配当性向を勘案し、株主の皆様のご期待に報いるよう努力してまいります。

また、当期の内部留保資金につきましては、新たな成長に繋がる研究開発投資、生産設備投資及び会社の飛躍を担っての新規投資等に充当いたします。

当期の期末配当金につきましては、1株につき12円50銭(中間配当・特別配当を含めて年間25円)といたしました。

この結果、配当性向35.2%、株主資本配当率は1.5%となります。

次期の配当金につきましては、平成18年4月1日付で実施した株式分割(1株を1.2株に分割)を勘案すると、当期比実質5円の増配となり1株につき年間25円(うち中間配当金12円50銭)を予定しております。

 

(注) 当期の中間配当に関する取締役会決議日 平成17年11月18日

 

4 【株価の推移】

(1) 【最近5年間の事業年度別最高・最低株価】

 

回次
第42期
第43期
第44期
第45期
第46期
決算年月
平成14年3月
平成15年3月
平成16年3月
平成17年3月
平成18年3月
最高(円)
1,500
1,226
1,310
1,650
1,833
□1,540
最低(円)
980
737
781
1,151
1,520
□1,480

(注) 1 最高・最低株価は、東京証券取引所市場第一部におけるものを記載しております。

     2 □印は、株式分割(平成18年4月1日、1株→1.2株)による権利落後の株価であります。

 

(2) 【最近6月間の月別最高・最低株価】

 

月別
平成17年
10月
11月
12月
平成18年
1月
2月
3月
最高(円)
1,726
1,655
1,710
1,710
1,728
1,833
□1,540
最低(円)
1,582
1,553
1,610
1,520
1,622
1,688
□1,480

(注) 1 最高・最低株価は、東京証券取引所市場第一部におけるものを記載しております。

     2 □印は、株式分割(平成18年4月1日、1株→1.2株)による権利落後の株価であります。





出典: フジッコ株式会社、2006-03-31 期 有価証券報告書