有価証券報告書を3社、または3期分比較分析できる! いますぐトライアルで試す >>
 






セクション一覧
(セグメント情報等)

【セグメント情報】

 Ⅰ  前連結会計年度

1  報告セグメントの概要

当グループは、製品の種類、性質、製造方法、販売市場の類似性から判断して同様・同系列の加工食品を専ら製造販売しており、前連結会計年度(自  平成22年4月1日  至  平成23年3月31日)及び当連結会計年度(自  平成23年4月1日  至  平成24年3月31日)において事業セグメントを区分開示する重要性が乏しいため、報告セグメントは単一となっています。

 

 Ⅱ  当連結会計年度

1  報告セグメントの概要

当グループは、製品の種類、性質、製造方法、販売市場の類似性から判断して同様・同系列の加工食品を専ら製造販売しており、前連結会計年度(自  平成23年4月1日  至  平成24年3月31日)及び当連結会計年度(自  平成24年4月1日  至  平成25年3月31日)において事業セグメントを区分開示する重要性が乏しいため、報告セグメントは単一となっています。

 

【関連情報】

前連結会計年度(自  平成23年4月1日  至  平成24年3月31日)

1  製品及びサービスごとの情報

 
 
 
 
 
 
(単位:百万円)
 
昆布製品
豆製品
そう菜製品
デザート製品
その他製品
合計
外部顧客への売上高
17,259
12,979
12,082
5,721
5,205
53,247

 

2  地域ごとの情報

(1) 売上高

       本邦以外の外部顧客への売上がないため、該当事項はありません。

(2) 有形固定資産

       本邦以外に所在している有形固定資産がないため、該当事項はありません。

3  主要な顧客ごとの情報

 
 
(単位:百万円)
顧客の名称又は氏名
売上高
関連するセグメント名
㈱日本アクセス
8,884
               −

 

当連結会計年度(自  平成24年4月1日  至  平成25年3月31日)

1  製品及びサービスごとの情報

 
 
 
 
 
 
(単位:百万円)
 
昆布製品
そう菜製品
豆製品
デザート製品
その他製品
合計
外部顧客への売上高
16,713
13,299
12,894
5,950
5,017
53,874

 

 

2  地域ごとの情報

(1) 売上高

       本邦以外の外部顧客への売上がないため、該当事項はありません。

(2) 有形固定資産

       本邦以外に所在している有形固定資産がないため、該当事項はありません。

3  主要な顧客ごとの情報

 
 
(単位:百万円)
顧客の名称又は氏名
売上高
関連するセグメント名
㈱日本アクセス
9,306

 

【報告セグメントごとの固定資産の減損損失に関する情報】

前連結会計年度(自  平成23年4月1日  至  平成24年3月31日)

該当事項はありません。

 

当連結会計年度(自 平成24年4月1日 至 平成25年3月31日)

該当事項はありません。

 

【報告セグメントごとののれんの償却額及び未償却残高に関する情報】

前連結会計年度(自  平成23年4月1日  至  平成24年3月31日)

該当事項はありません。

 

当連結会計年度(自 平成24年4月1日 至 平成25年3月31日)

該当事項はありません。

 

【報告セグメントごとの負ののれん発生益に関する情報】

前連結会計年度(自  平成23年4月1日  至  平成24年3月31日)

該当事項はありません。

 

当連結会計年度(自 平成24年4月1日 至 平成25年3月31日)

該当事項はありません。

 

【関連当事者情報】

前連結会計年度(自 平成23年4月1日 至 平成24年3月31日)

該当事項はありません。

 

当連結会計年度(自 平成24年4月1日 至 平成25年3月31日)

該当事項はありません。

 

 

(1株当たり情報)

 

 
前連結会計年度
(自  平成23年4月1日
至  平成24年3月31日)
当連結会計年度
(自  平成24年4月1日
至  平成25年3月31日)
1株当たり純資産額
1,637.68円
1,699.01円
1株当たり当期純利益
65.56円
71.96円

(注)1.1株当たり当期純利益の算定上の基礎は、以下のとおりであります。

 

項目
前連結会計年度
(自  平成23年4月1日
至  平成24年3月31日)
当連結会計年度
(自  平成24年4月1日
至  平成25年3月31日)
1株当たり当期純利益
 
 
 当期純利益(百万円)
2,099
2,304
 普通株主に帰属しない金額(百万円)
 普通株式に係る当期純利益(百万円)
2,099
2,304
 普通株式の期中平均株式数 (千株)
32,025
32,022
希薄化効果を有しないため、潜在株式調整後   1株当たり当期純利益の算定に含まれなかった  潜在株式の概要
平成19年7月23日取締役会
決議ストック・オプション
(新株予約権 601個)
普通株式 601千株

(注)前連結会計年度の潜在株式調整後1株当たり当期純利益については、希薄化効果を有している潜在株式が存在

   しないため、記載しておりません。また、当連結会計年度の潜在株式調整後1株当たり当期純利益については、

    潜在株式が存在しないため記載しておりません。

 

    2.1株当たり純資産額の算定上の基礎は、以下のとおりであります。

 

項目
前連結会計年度
 
(平成24年3月31日)
当連結会計年度
 
(平成25年3月31日)
純資産の部の合計額(百万円)
52,506
54,402
純資産の部の合計額から控除する金額(百万円)
 
 
 (うち新株予約権)
(61)
普通株式に係る期末の純資産額(百万円)
52,444
54,402
1株当たり純資産額の算定に用いられた期末の普通株式の数(千株)
32,023
32,020

 

(重要な後発事象)

   該当事項はありません。

 





出典: フジッコ株式会社、2013-03-31 期 有価証券報告書