有価証券報告書を3社、または3期分比較分析できる! いますぐトライアルで試す >>
 






セクション一覧

第一部 【企業情報】

第1 【企業の概況】

1 【主要な経営指標等の推移】

(1) 連結経営指標等

 

回次
第42期
第43期
第44期
第45期
第46期
決算年月
 平成18年3月
平成19年3月
平成20年3月
平成21年3月
平成22年3月
売上高
(千円)
20,403,883
19,806,401
16,355,479
16,150,315
17,174,814
経常利益又は経常損失(△)
(千円)
△62,543
83,692
367,920
591,247
872,657
当期純利益
又は当期純損失(△)
(千円)
△378,738
△486,030
230,981
332,115
373,964
純資産額
(千円)
2,197,089
1,697,890
1,900,115
2,156,880
2,467,322
総資産額
(千円)
11,835,247
10,645,202
9,870,411
9,038,547
8,512,309
1株当たり純資産額
(円)
276.29
212.03
237.05
271.00
310.08
1株当たり
当期純利益金額
又は当期純損失金額(△)
(円)
△47.64
△61.07
29.01
41.72
46.99
潜在株式調整後
1株当たり当期純利益金額
(円)
自己資本比率
(%)
18.6
15.8
19.1
23.9
29.0
自己資本利益率
(%)
12.9
16.4
16.2
株価収益率
(倍)
3.6
3.2
3.9
営業活動による
キャッシュ・フロー
(千円)
382,361
879,883
396,211
1,070,340
743,775
投資活動による
キャッシュ・フロー
(千円)
△945,626
△361,913
15,005
611
31,508
財務活動による
キャッシュ・フロー
(千円)
△29,960
△411,976
△298,764
△1,339,145
△838,886
現金及び現金同等物
の期末残高
(千円)
1,632,683
1,736,336
1,827,243
1,558,805
1,495,203
従業員数
(名)
296
304
306
323
326
〔ほか、平均臨時
雇用人員〕
(名)
〔822〕
〔863〕
〔848〕
〔968〕
〔952〕

(注) 1 売上高には、消費税等は含まれておりません。

2 純資産額の算定にあたり、平成19年3月期から「貸借対照表の純資産の部の表示に関する会計基準」(企業会計基準第5号)及び「貸借対照表の純資産の部の表示に関する会計基準等の適用指針」(企業会計基準適用指針第8号)を適用しております。

3 潜在株式調整後1株当たり当期純利益金額については、平成18年3月期及び平成19年3月期は潜在株式は存在しますが1株当たり当期純損失であるため、平成20年3月期、平成21年3月期及び平成22年3月期は希薄化効果を有している潜在株式が存在しないため、それぞれ記載しておりません。

4 自己資本利益率及び株価収益率は、平成18年3月期と平成19年3月期は当期純損失が計上されているため、それぞれ記載しておりません。

5 従業員数は就業人員を表示しており、臨時従業員は年間の平均雇用人員(1日8時間換算)を〔外書〕で記載しております。

6 臨時従業員には、季節工およびパートタイマーを含み、派遣社員を除いております。

7 平成22年3月期については、決算期の変更により、連結子会社である株式会社ファンシーコーポレーションは平成21年1月1日から平成22年3月31日までの15ヶ月決算、株式会社ビーデリサービスは平成21年3月1日から平成22年3月31日までの13ヶ月決算となっております。

(2) 提出会社の経営指標等

 

回次
第42期
第43期
第44期
第45期
第46期
決算年月
 平成18年3月
平成19年3月
平成20年3月
平成21年3月
平成22年3月
売上高
(千円)
18,483,406
17,419,373
13,682,207
13,436,884
12,828,415
経常利益又は経常損失(△)
(千円)
△69,314
129,024
295,840
630,052
866,581
当期純利益
又は当期純損失(△)
(千円)
△311,901
△411,398
218,035
333,041
437,354
資本金
(千円)
823,810
823,810
823,810
823,810
823,810
発行済株式総数
(株)
8,477,890
8,477,890
8,477,890
8,477,890
8,477,890
純資産額
(千円)
2,347,212
1,912,479
2,098,081
2,369,415
2,749,434
総資産額
(千円)
11,798,783
10,696,946
9,766,594
8,935,541
8,480,477
1株当たり純資産額
(円)
295.17
240.21
263.53
297.71
345.53
1株当たり配当額
(円)
7.00
7.00
8.00
(1株当たり中間配当額)
(円)
(−)
(−)
(−)
(−)
(−)
1株当たり
当期純利益金額
又は当期純損失金額(△)
(円)
△39.23
△51.69
27.39
41.84
54.96
潜在株式調整後
1株当たり当期純利益金額
(円)
自己資本比率
(%)
19.9
17.9
21.5
26.5
32.4
自己資本利益率
(%)
10.9
14.9
17.1
株価収益率
(倍)
3.8
3.2
3.4
配当性向
(%)
25.6
16.7
14.6
従業員数
 
226
216
214
207
215
〔ほか、平均臨時
雇用人員〕
(名)
〔618〕
〔608〕
〔542〕
〔509〕
〔519〕

(注) 1 売上高には、消費税等は含まれておりません。

2 純資産額の算定にあたり、平成19年3月期から「貸借対照表の純資産の部の表示に関する会計基準」(企業会計基準第5号)及び「貸借対照表の純資産の部の表示に関する会計基準等の適用指針」(企業会計基準適用指針第8号)を適用しております。

3 平成20年3月期の1株当たり配当額7円には、記念配当2円を含んでおります。

4 潜在株式調整後1株当たり当期純利益金額については、平成18年3月期及び平成19年3月期は潜在株式は存在しますが1株当たり当期純損失であるため、平成20年3月期、平成21年3月期及び平成22年3月期は希薄化効果を有している潜在株式が存在しないため、それぞれ記載しておりません。

5 自己資本利益率、株価収益率及び配当性向は、平成18年3月期と平成19年3月期は当期純損失が計上されているため、それぞれ記載しておりません。

6 従業員数は就業人員を表示しており、臨時従業員は年間の平均雇用人員(1日8時間換算)を〔外書〕で記載しております。

7 臨時従業員には、パートタイマーと嘱託契約の従業員を含み、派遣社員を除いております。

 

2 【沿革】

 

年月
事項
昭和39年11月
株式会社ジェー アンド シーカンパニーを設立、米国より冷凍ピザを輸入し、販売を開始
昭和40年5月
東京都目黒区に工場を建設、ピザの自社製造を開始(昭和56年11月に閉鎖)
昭和40年10月
福岡県福岡市赤坂に営業所を開設
昭和44年7月
福岡県粕屋郡古賀町に量産工場(現九州工場)を建設 ピザの全国販売を開始
昭和52年5月
大阪府大阪市西区に大阪営業所(現大阪支店)を開設
昭和54年11月
愛知県名古屋市千種区に名古屋営業所(現名古屋支店)を開設
昭和56年11月
商号を「株式会社ジェーシー・フーズ」に変更
昭和57年4月
千葉県成田市に東京工場(成田工場)を建設 最新の自動機械の導入により、ピザの量産体制を確立
昭和60年9月
ピザの宅配チェーン“ドミノピザ”に食材供給を開始
 
神奈川県川崎市高津区にチーズの加工製造を目的とした三菱商事株式会社との合弁会社、株式会社ジェー・シー・シーを設立
昭和60年12月
北関東・信越地区の営業拠点として、群馬県高崎市に高崎営業所を開設
昭和61年1月
中国地区の増販対応策として、広島県広島市中区に広島営業所を開設
昭和62年4月
大阪支店(昭和61年8月大阪営業所を支店に昇格)を大阪府大阪市福島区に移転 同時に製造工場を新設し、関西地区における販売力を強化
昭和63年10月
関西地区の需要の急増に対応するため、大阪支店、大阪工場を移転(同一区内)・増設し、12月より本格稼動開始
平成元年8月
千葉県香取郡大栄町に関東地区の第二番目の工場として千葉工場の操業開始
平成3年7月
中京地区の生産拠点として、愛知県名古屋市中川区に名古屋工場を新設
平成3年11月
関西地区の需要の増加に対応するため、関西地区二番目の工場として大阪府茨木市に茨木工場を建設し、操業開始
平成4年7月
四国地区の営業拠点として、香川県高松市に高松営業所を開設
平成5年2月
日本証券業協会に店頭登録銘柄として登録
平成5年9月
北陸地区の営業拠点として、石川県金沢市に金沢営業所を開設
平成6年5月
東海地区の営業拠点として、静岡県静岡市に静岡営業所を開設
平成6年9月
クラストの需要の増加に対応するため、静岡県田方郡大仁町にピザクラスト製造工場の建屋、機械設備一式を取得し、クラストの製造を目的とする株式会社大仁ジェーシー・フーズを設立、同年10月より製造委託開始
平成8年2月
市販マーケットへの本格的な進出を図るため、東京デリカ株式会社(東京都調布市、資本金3億円)の全株式を取得
平成9年6月
生産の集約化のため、東京都稲城市に多摩工場を新設し、同工場における生産委託を目的とする株式会社多摩ジェーシー・フーズを設立
平成9年8月
成田工場の全部門、千葉工場のトッピング部門及び子会社の東京デリカ株式会社の生産部門を多摩工場に移転
平成9年10月
名古屋工場を閉鎖、高崎、金沢、高松、広島及び静岡(11月)営業所を各統括支店に統合
平成11年9月
大阪工場を閉鎖、茨木工場に統合、大阪支店を同一区内に移転
平成12年9月
商号を「株式会社ジェーシー・フーズネット」に変更するとともに、生販一体体制を確立するため、本社、東京支店及び東京デリカ株式会社を多摩工場隣接地に移転
平成13年4月
株式会社サム・アップ(東京都目黒区、資本金1千万円、寿司宅配事業)の株式の60%を取得
平成14年4月
東京デリカ株式会社を吸収合併

 

年月
事項
平成14年7月
大仁工場を閉鎖、その生産を千葉工場に集約
平成15年1月
株式会社コムサネットに資本参加
平成15年2月
株式会社大仁ジェーシー・フーズを清算
平成15年10月
株式会社コムサネット及び株式会社多摩ジェーシー・フーズを吸収合併
 
商号を「株式会社ジェーシー・コムサ」に変更するとともに、本社を恵比寿(現住所)に移転
 
株式会社コムサネットの子会社であった株式会社ファンシーコーポレーションを連結子会社とした
平成16年5月
イタリアンレストラン「ポポラマーマ久米川店」を開店(フランチャイジーとしての1号店)
平成16年7月
ISO9001の認証を取得(多摩工場・多摩事務所)
平成16年12月
日本証券業協会への店頭登録を取消し、ジャスダック証券取引所に上場
平成17年3月
北海道「ハーベスター・八雲」をリニューアルオープン、本格石窯焼きピザ&ハーブ鶏のレストランに生まれ変わる
 
デルソーレブランドの強化と拡大を図るため、ロゴマークを一新
平成17年10月
多摩工場にエスニックブレッド新ラインを増設
平成18年1月
社会貢献を理念にもつ“ほのぼの運動”を実行するため、株式会社ファンシーコーポレーション(連結子会社)が株式会社ほのぼの運動を設立
平成18年6月
株式会社ポポラーレ(現在㈱ポポラマーマ 東京都江戸川区、資本金1億2,450万円、外食店経営)と資本提携
平成19年6月
茨木工場がISO9001の認証を取得
平成20年3月
農林水産省主催の「第16回優良フードサービス事業者等・国産食材安定調達部門」の農林水産大臣賞を受賞
平成20年12月
既存宅配事業の統合を目的として、当社100%出資で株式会社ベネフィットデリバリーを設立
平成21年3月
寿司宅配事業を行う株式会社サム・アップの発行済株式の40%を追加取得し、完全子会社化
 
宅配機能の拡充を目指し、中華・洋食宅配事業を行う株式会社上海エクスプレス(東京都新宿区、資本金1億円)の全株式を子会社である株式会社ベネフィットデリバリーが取得
平成21年6月
宅配事業経営の効率化を推し進め、当社グループ全体の競争力向上を図るため、当社の100%子会社である株式会社サム・アップの全株式を、同じく当社の100%子会社である株式会社ベネフィットデリバリーに売却
平成21年7月
株式会社サム・アップと株式会社上海エクスプレスは、株式会社上海エクスプレスを存続会社として合併し、商号を株式会社ビーデリサービスに変更
平成22年3月
新ブランド「やくも八景」を横浜にオープン
平成22年4月
ジャスダック証券取引所と大阪証券取引所の合併に伴い、大阪証券取引所(JASDAQ市場)に上場

 

3 【事業の内容】

当社グループは、当社、連結子会社3社、持分法適用関連会社1社、持分法非適用非連結子会社1社並びに関連当事者1社の計7社で構成されており、「ピザ、エスニックブレッド製品等の製造、ピザ関連商品の販売並びに物流業務受託」、「焼き鳥を中心とする外食店舗経営並びに寿司及び弁当の宅配、その他商品の販売」を行っております。

当社グループの事業における位置付け及び事業の種類別セグメントとの関連は、次のとおりであります。なお、当連結会計年度より、事業の種類別セグメントの区分を変更しております。詳細は、「第5 経理の状況 1 連結財務諸表等 (1)連結財務諸表 注記事項 (セグメント情報)事業の種類別セグメント情報」の「(注)6 事業区分の変更」をご参照ください。

ピザ関連(食料品)事業

当部門においては、ピザ等の製造・販売並びにピザ関連商品の物流業務受託、加工チーズの製造・販売をしております。

(関係会社)

株式会社ジェーシー・コムサ(当社)

(関連当事者)

株式会社ヒガ・インターナショナル(現㈱ヒガ・インダストリーズ)

外食事業

当部門においては、外食チェーン店と宅配店舗の経営をしております。

(関係会社)

株式会社ジェーシー・コムサ(当社)

株式会社ファンシーコーポレーション(連結子会社)

株式会社ベネフィットデリバリー(連結子会社)

株式会社ビーデリサービス(連結子会社)

株式会社ポポラマーマ(持分法適用関連会社)

株式会社ほのぼの運動(持分法非適用非連結子会社)

 

事業の系統図は、次のとおりであります。

 


 

4 【関係会社の状況】

 

名称
注記
住所
資本金
(百万円)
主要な
事業の内容
議決権の
所有割合(%)
関係内容
(連結子会社)
 
 
 
 
 
 
 株式会社ファンシーコーポレーション
東京都練馬区
231
外食事業
100.0
営業取引
業務受託
債務保証
役員の兼任 6名
 株式会社ベネフィットデリバリー
 
東京都渋谷区
60
宅配事業
100.0
役員の兼任 5名
 株式会社ビーデリサービス
東京都中野区
40
宅配事業
100.0 
(100.0)
資金の援助
業務受託
役員の兼任 2名
(持分法適用関連会社)
 
 
 
 
 
 
 株式会社ポポラマーマ
東京都江戸川区
124
外食店経営
17.6
営業取引
役員の兼任 1名

(注) 1 特定子会社であります。

2 株式会社ファンシーコーポレーションについては、売上高(連結会社相互間の内部取引高を除く)の連結売上高に占める割合が10%を超えております。

主要な損益情報等 ① 売上高   2,860百万円

② 経常利益     69百万円

③ 当期純利益    15百万円

④ 純資産額    435百万円

⑤ 総資産額    758百万円

なお、決算期の変更により、株式会社ファンシーコーポレーションは平成21年1月1日から平成22年3月31日までの15ヶ月決算となっております。

3 株式会社ビーデリサービスについては、売上高(連結会社相互間の内部取引高を除く)の連結売上高に占める割合が10%を超えております。

主要な損益情報等 ① 売上高   2,275百万円

② 経常損失     49百万円

③ 当期純損失    67百万円

④ 純資産額      1百万円

⑤ 総資産額    260百万円

なお、決算期の変更により、株式会社ビーデリサービスは平成21年3月1日から平成22年3月31日までの13ヶ月決算となっております。

4 持分は100分の20未満でありますが、実質的な影響力を持っているため関連会社としております。

5 有価証券届出書又は有価証券報告書を提出している会社はありません。

 

5 【従業員の状況】

(1) 連結会社の状況

平成22年3月31日現在

事業の種類別セグメントの名称
従業員数(名)
ピザ関連事業
116
(291)
 
外食事業
187
(660)
 
全社(共通)
23
(1)
 
合計
326
(952)
 

(注) 1 従業員数は、当社グループから当社グループ外への出向者を除き、当社グループ外から当社グループへの出向者を含む就業人員数であります。

2 従業員数欄の(外書)は、臨時従業員の年間平均雇用人員(1日8時間換算)であります。

3 臨時従業員には、季節工およびパートタイマーを含み、派遣社員を除いております。

4 全社(共通)は、総務及び経理等の管理部門の従業員であります。

 

(2) 提出会社の状況

平成22年3月31日現在

従業員数(名)
平均年齢(歳)
平均勤続年数(年)
平均年間給与(千円)
215
(519)
43.5
10.3
5,132

(注) 1 従業員数は、当社から他社への出向者を除き、他社から当社の出向者を含む就業人員数であります。

2 従業員数欄の(外書)は、臨時従業員の年間平均雇用人員(1日8時間換算)であります。

3 臨時従業員には、季節工およびパートタイマーを含み、派遣社員を除いております。

4 平均年間給与は、賞与及び基準外賃金を含んでおります。

 

(3) 労働組合の状況

労働組合は結成されておりません。

なお、労使関係については円滑な関係にあり、特記すべき事項はありません。

 





出典: 株式会社ジェーシー・コムサ、2010-03-31 期 有価証券報告書