有価証券報告書を3社、または3期分比較分析できる! いますぐトライアルで試す >>
 






セクション一覧

第一部【企業情報】

第1【企業の概況】

1【主要な経営指標等の推移】

(1)連結経営指標等

回次

第40期

第41期

第42期

第43期

第44期

第45期

決算年月

平成24年3月

平成25年3月

平成26年3月

平成27年3月

平成28年3月

平成28年12月

売上高

(千円)

18,476,250

15,580,117

11,731,219

10,186,899

経常利益

(千円)

254,444

256,907

803,992

672,056

親会社株主に帰属する当期純利益

(千円)

243,092

207,286

686,696

346,662

包括利益

(千円)

315,013

278,189

821,039

424,486

純資産額

(千円)

6,102,358

6,311,222

7,062,564

7,375,765

総資産額

(千円)

12,552,906

10,753,922

10,177,140

10,103,714

1株当たり純資産額

(円)

440.81

455.91

510.22

532.87

1株当たり当期純利益金額

(円)

17.56

14.97

49.61

25.04

潜在株式調整後1株当たり当期純利益金額

(円)

自己資本比率

(%)

48.6

58.7

69.4

73.0

自己資本利益率

(%)

4.1

3.3

10.3

4.8

株価収益率

(倍)

21.93

38.87

12.92

37.13

営業活動によるキャッシュ・フロー

(千円)

1,483,274

1,069,050

37,391

811,275

投資活動によるキャッシュ・フロー

(千円)

157,006

34,779

255,570

337,168

財務活動によるキャッシュ・フロー

(千円)

810,442

1,019,779

78,068

117,305

現金及び現金同等物の期末残高

(千円)

1,933,786

1,954,906

2,111,983

2,484,163

従業員数

(人)

194

168

174

184

[外、平均臨時雇用者数]

[57]

[52]

[61]

[72]

[]

[]

 (注)1.売上高には消費税等は含まれておりません。

2.潜在株式調整後1株当たり当期純利益金額については、潜在株式が存在しないため記載しておりません。

3.第44期より連結財務諸表を作成しておりませんので、第44期及び第45期の連結会計年度に係る主要な経営指標等の推移については記載しておりません。

4.第45期は、決算期変更により平成28年4月1日から平成28年12月31日までの9ヶ月間となっております。

(2)提出会社の経営指標等

回次

第40期

第41期

第42期

第43期

第44期

第45期

決算年月

平成24年3月

平成25年3月

平成26年3月

平成27年3月

平成28年3月

平成28年12月

売上高

(千円)

18,476,250

15,580,117

11,731,219

10,186,899

11,086,769

8,757,116

経常利益

(千円)

217,685

231,731

807,663

635,627

468,392

288,835

当期純利益

(千円)

206,333

182,110

691,239

310,233

1,082,263

226,302

持分法を適用した場合の投資利益

(千円)

資本金

(千円)

4,216,500

4,216,500

4,216,500

4,216,500

4,216,500

4,216,500

発行済株式総数

(株)

13,869,200

13,869,200

13,869,200

13,869,200

13,869,200

13,869,200

純資産額

(千円)

5,998,175

6,145,438

6,823,227

7,050,340

7,952,475

6,453,322

総資産額

(千円)

12,441,867

10,594,411

9,960,584

9,793,825

10,823,692

10,317,644

1株当たり純資産額

(円)

433.29

443.94

492.93

509.36

574.56

531.55

1株当たり配当額

(円)

5.00

5.00

8.00

8.00

8.00

8.00

(内1株当たり中間配当額)

()

()

()

()

()

()

1株当たり当期純利益金額

(円)

14.90

13.16

49.94

22.41

78.19

17.05

潜在株式調整後1株当たり当期純利益金額

(円)

自己資本比率

(%)

48.2

58.0

68.5

72.0

73.5

62.5

自己資本利益率

(%)

3.5

3.0

10.7

4.5

14.4

3.1

株価収益率

(倍)

25.83

44.22

12.84

41.49

11.78

56.60

配当性向

(%)

33.6

38.0

16.0

35.7

10.2

46.9

営業活動によるキャッシュ・フロー

(千円)

801,030

1,284,774

投資活動によるキャッシュ・フロー

(千円)

817,982

153,545

財務活動によるキャッシュ・フロー

(千円)

571,687

1,736,633

現金及び現金同等物の期末残高

(千円)

3,364,316

2,759,038

従業員数

(人)

130

123

120

130

134

124

[外、平均臨時雇用者数]

[57]

[52]

[61]

[72]

[76]

[82]

 (注)1.売上高には消費税等は含まれておりません。

2.潜在株式調整後1株当たり当期純利益金額については、潜在株式が存在しないため記載しておりません。

3.第43期までは連結財務諸表を作成しておりましたので、営業活動によるキャッシュ・フロー、投資活動によるキャッシュ・フロー、財務活動によるキャッシュ・フロー並びに現金及び現金同等物の期末残高は記載しておりません。

4.持分法を適用した場合の投資利益については関係会社がないため記載しておりません。

5.第45期は、決算期変更により平成28年4月1日から平成28年12月31日までの9ヶ月間となっております。

 

2【沿革】

年月

事  項

昭和47年11月

コーヒー生豆商社株式会社ワタル商会(現ワタル株式会社及びワタル不動産株式会社)とコーヒー焙煎加工業者57社の共同出資により、共同コーヒー焙煎加工工場とその販売会社として、東京都港区西新橋二丁目11番9号に株式会社ユニカフェを資本金9,800万円をもって設立。

昭和48年6月

神奈川県厚木市飯山に厚木工場が完成し、レギュラーコーヒーの焙煎加工及び販売を開始。

平成2年2月

神奈川県厚木市酒井に加工量増加に対応する目的で酒井工場が完成。

平成5年10月

コーヒー加工技術の向上と当社独自製品の開発を目的に本社内に開発研究室を設置。

平成6年9月

神奈川県厚木市飯山に二次加工(袋詰、缶詰)工場として飯山工場が完成。

平成7年10月

神奈川県伊勢原市に生産能力向上を目的として伊勢原工場が完成。

平成11年6月

日本証券業協会に株式を店頭登録。

平成11年8月

本社、厚木工場、飯山工場、酒井工場、伊勢原工場のすべての事業所においてISO9002の認証を取得。

平成12年8月

東京証券取引所市場第二部に株式を上場。

平成12年10月

「フード&ドラッグ」の新業態でのコーヒー販売拠点の開拓・拡販を目指し、ドラッグストアチェーンの株式会社いいのの株式を取得し子会社化。

平成13年4月

神奈川県愛甲郡愛川町に従来の4工場(厚木工場、飯山工場、酒井工場、伊勢原工場)を集約した神奈川総合工場が完成。

平成13年5月

神奈川総合工場においてJAS有機食品の製造業者認定を取得。

平成13年9月

東京証券取引所市場第一部に株式を上場。

平成13年9月

サントリー株式会社との合弁でサンカフェ株式会社を設立。

平成14年12月

本社、神奈川総合工場においてISO9001:2000年版の認証を取得。

平成15年10月

フードエックス・グローブ株式会社の公開買付に応募し、保有株式(3,250株)を売却し、新たに今後の主体会社となる株式会社AC-Tully'sへ29.7%出資。

平成16年3月

業務用コーヒーと家庭用コーヒーの販売拡大に伴う包装加工工程等の増強を目的として、神奈川総合工場の隣接地を取得。(土地面積:8,459㎡)

平成16年11月

神奈川総合工場においてISO14001の認証を取得。

株式会社いいのの全株式をイオン株式会社に譲渡。

平成17年7月

中国におけるコーヒーショップチェーンの展開及びコーヒー豆の焙煎販売を行う新会社「大連欧米奇咖啡有限公司」を設立することに合意し合弁契約書に調印。

平成17年9月

中国の「大連欧米奇咖啡有限公司」が正式な企業法人資格および合法的な営業認可を取得。

平成17年10月

神奈川総合工場のさらなる充実・進化を目指す目的で、業務用、家庭用製品の生産量の増加に伴う包装加工工程の増設と倉庫機能の充実化を図り、併せて研究・開発部門の充実を図るため、本社にあった「開発研究室」を移転し「R&Dセンター」として新設。

平成17年12月

リテール事業のさらなる拡大・発展を目的として、株式会社トラベルカフェの株式を追加取得し子会社化。

平成19年8月

「上海緑一企業有限公司」の親会社であるリューイ・テック株式会社から同社の事業を買収。同年11月から100%子会社化。

平成20年6月

右妮咖啡(上海)有限公司が生産・営業活動を開始。ユニカフェ初の海外生産拠点が稼働。

平成21年12月

ユーシーシー上島珈琲株式会社(現ユーシーシーホールディングス株式会社)を割当先とした第三者割当により募集株式の発行を行い同社と資本・業務提携を実施。ユーシーシー上島珈琲株式会社(現ユーシーシーホールディングス株式会社)の子会社となる。

平成22年3月

サンカフェ株式会社(現サントリーコーヒーロースタリー株式会社)の株式の一部を譲渡。持分法適用関連会社から外れる。

平成22年4月

株式会社インストアメディア社の株式のすべてを譲渡。連結子会社から外れる。

平成23年1月

右妮咖啡(上海)有限公司の出資持分のすべてをユーシーシー上島珈琲株式会社に譲渡。連結子会社から外れる。

平成23年7月

神奈川総合工場において食品安全マネジメントシステム認証規格「FSSC22000:2010」の認証を取得。

平成24年7月

神奈川総合工場において労働安全衛生マネジメントシステム「OSHMS」の認定を取得。

平成28年2月

上海緑一企業有限公司の出資持分のすべてをユーシーシー上島珈琲株式会社に譲渡。連結子会社から外れる。

 

3【事業の内容】

 

 当企業集団は、当社のみで構成されており、その事業は「コーヒー関連事業」のみであります。
 当社の事業にかかわる位置づけ、及び事業の種類別セグメントとの関連は、以下のとおりであります。

 

区分

会社名

セグメント名

事業内容

当社

株式会社ユニカフェ

コーヒー関連事業

工業用コーヒー製造販売、業務用コーヒー製造販売、家庭用コーヒー製造販売、エキス加工販売、コーヒーに関連する食品・商材等の仕入販売

 

 

 

4【関係会社の状況】

親会社は次のとおりであります。

名称

住所

資本金

(百万円)

主要な事業の内容

議決権の被所有割合

(%)

関係内容

ユーシーシーホールディングス株式会社

兵庫県神戸市中央区

100

グループ全体の経営方針の策定及び経営管理等

58.28

役員の兼任3名

 (注)1.上記親会社は、有価証券報告書又は、有価証券届出書提出会社には該当しておりません。

 

5【従業員の状況】

(1)提出会社の状況

平成28年12月31日現在

 

従業員数(人)

平均年令(才)

平均勤続年数(年)

平均年間給与(円)

124[82]

36.7

13.7

4,561,463

(注)1.従業員数は、就業人員であります。

2.従業員数欄の[外数]は、臨時雇用者(顧問、派遣社員及びパートタイマー)の年間平均人員であります。

3.従業員数には、社外から当社への出向者(4名)を含みます。

4.平均年間給与(当期は決算期変更により9ヶ月間となっておりますが、平成28年1月1日から平成28年12月31日までの12ヶ月間の金額を記載しております。)は、賞与及び基準外賃金を含んでおります。

(2)労働組合の状況

 労働組合は結成されておりませんが、労使関係は円満に推移しております。





出典: 株式会社ユニカフェ、2016-12-31 期 有価証券報告書