有価証券報告書を3社、または3期分比較分析できる! いますぐトライアルで試す >>
 






セクション一覧
(セグメント情報等)

【セグメント情報】

 

1  報告セグメントの概要

当社の報告セグメントは、当社の構成単位のうち分離された財務情報が入手可能であり、経営者が、経営資源の配分の決定及び業績を評価するために、定期的に検討を行う対象となっているものであります。
 当社は取り扱う製品・商品に応じた区分である「美容・健康関連」、「食品関連」及び「アパレル関連」の3つを報告セグメントとしております。
 「美容・健康関連」は、美容関連用品、化粧品、健康食品等を販売しております。「食品関連」は乳製品等、菓子用原材料等を、「アパレル関連」はマタニティウェア等を販売しております。

当連結会計年度より、株式会社エンジェリーベが連結子会社となったことに伴い、事業セグメントの区分方法を見直し、従来の報告セグメント「美容・健康関連事業」「食品関連事業」に「アパレル関連事業」を追加しております。

なお、前連結会計年度のセグメント情報については、変更後の区分方法により作成しており、「3.報告セグメントごとの売上高、利益又は損失、資産、負債その他の項目の金額に関する情報」の前連結会計年度に記載しております。

 

2  報告セグメントごとの売上高、利益又は損失、資産、負債その他の項目の金額の算定方法

報告されているセグメントの会計処理の方法は、「連結財務諸表作成のための基本となる重要な事項」における記載と概ね同一であります。

セグメント間の売上高は、第三者間取引価格に基づいております。

 また、会計上の見積りの変更と区別することが困難な会計方針の変更に記載のとおり、法人税法の改正に伴い、当連結会計年度より、平成24年4月1日以後に取得した有形固定資産については、改正後の法人税法に基づく減価償却の方法に変更したため、報告セグメントの減価償却の方法を改正後の法人税法に基づく方法に変更しております。

 なお、この変更による影響は軽微であります。

 

3  報告セグメントごとの売上高、利益又は損失、資産、負債その他の項目の金額に関する情報

前連結会計年度(自  平成23年4月1日  至  平成24年3月31日)

(単位:千円)

 
報告セグメント
調整額
(注)1
連結財務諸表計上額
(注)2
美容・健康
関連
食品関連
アパレル関連
売上高
 
 
 
 
 
 
  外部顧客への売上高
11,042,495
2,403,316
13,445,812
13,445,812
  セグメント間の内部
  売上高又は振替高
20,721
20,721
(20,721)
11,042,495
2,424,038
13,466,534
(20,721)
13,445,812
セグメント利益
1,170,201
73,791
1,243,993
(334,239)
909,754
セグメント資産
5,963,380
3,082,925
9,046,306
112,890
9,159,197
その他の項目
 
 
 
 
 
 
  減価償却費
114,732
100,609
215,342
215,342
  のれん償却費
60,443
65,870
126,314
126,314
  有形固定資産及び
  無形固定資産の増加額
52,248
42,219
94,467
94,467

(注)1 調整額は以下のとおりであります。

(1)セグメント間の内部売上高又は振替高及びセグメント利益はセグメント間取引消去または各報告セグメントに配分していない全社費用によるものであります。全社費用は、主に報告セグメントに帰属しない一般管理費であります。

(2)セグメント資産の調整額は、主に報告セグメントに帰属しない資産であります。

2 セグメント利益は、連結損益計算書の営業利益と調整を行っております。

 

当連結会計年度(自  平成24年4月1日  至  平成25年3月31日)

(単位:千円)

 
報告セグメント
調整額
 (注)1
連結財務諸表計上額
(注)2
美容・健康
関連
食品関連
アパレル関連
売上高
 
 
 
 
 
 
  外部顧客への売上高
12,735,372
2,889,689
2,215,374
17,840,436
17,840,436
  セグメント間の内部
  売上高又は振替高
7,784
18,311
26,095
(26,095)
12,743,156
2,908,001
2,215,374
17,866,532
(26,095)
17,840,436
セグメント利益又は損失(△)
916,855
304,131
△26,199
1,194,787
(362,754)
832,032
セグメント資産
7,419,913
2,924,572
1,183,739
11,528,225
(58,909)
11,469,316
その他の項目
 
 
 
 
 
 
  減価償却費
144,462
86,407
6,008
236,878
236,878
  のれん償却費
117,551
65,870
12,086
195,508
195,508
  有形固定資産及び
  無形固定資産の増加額
820,582
122,078
72,660
1,015,321
1,015,321

(注)1 調整額は以下のとおりであります。

(1)セグメント間の内部売上高又は振替高及びセグメント利益はセグメント間取引消去または各報告セグメントに配分していない全社費用によるものであります。全社費用は、主に報告セグメントに帰属しない一般管理費であります。

(2)セグメント資産の調整額は、主に報告セグメントに帰属しない資産であります。

2 セグメント利益又は損失は、連結損益計算書の営業利益と調整を行っております。

 

【関連情報】

前連結会計年度(自 平成23年4月1日 至 平成24年3月31日)

1  製品及びサービスごとの情報

  報告セグメントの中で同様の情報を開示しているため、記載を省略しております。

 

2  地域ごとの情報

(1) 売上高

国内の外部顧客への売上高が連結損益計算書の売上高の90%を超えるため、記載を省略しております。

 

(2) 有形固定資産

国内に所在している有形固定資産の金額が連結貸借対照表の有形固定資産の金額の90%を超えるため、記載を省略しております。

 

3  主要な顧客ごとの情報

  主要な顧客に該当する外部顧客は存在しないため、記載を省略しております。

 

当連結会計年度(自 平成24年4月1日 至 平成25年3月31日)

1  製品及びサービスごとの情報

  報告セグメントの中で同様の情報を開示しているため、記載を省略しております。

 

2  地域ごとの情報

(1) 売上高

国内の外部顧客への売上高が連結損益計算書の売上高の90%を超えるため、記載を省略しております。

 

(2) 有形固定資産

国内に所在している有形固定資産の金額が連結貸借対照表の有形固定資産の金額の90%を超えるため、記載を省略しております。

 

3  主要な顧客ごとの情報

  主要な顧客に該当する外部顧客は存在しないため、記載を省略しております。

 

 

【報告セグメントごとの固定資産の減損損失に関する情報】

前連結会計年度(自  平成23年4月1日  至  平成24年3月31日)

該当事項はありません。

 

当連結会計年度(自  平成24年4月1日  至  平成25年3月31日)

該当事項はありません。

 

【報告セグメントごとののれんの償却額及び未償却残高に関する情報】

前連結会計年度(自  平成23年4月1日  至  平成24年3月31日)

 
 
 
 
(単位:千円)
 
報告セグメント
全社・消去
合計
美容・健康関連
食品関連
アパレル関連
当期末残高
469,920
359,475
829,396
829,396

(注)  のれん償却額に関しては、セグメント情報に同様の情報を開示しているため、記載を省略しております。

 

当連結会計年度(自  平成24年4月1日  至  平成25年3月31日)

 
 
 
 
(単位:千円)
 
報告セグメント
全社・消去
合計
美容・健康関連
食品関連
アパレル関連
当期末残高
717,009
293,605
119,770
1,130,385
1,130,385

(注)  のれん償却額に関しては、セグメント情報に同様の情報を開示しているため、記載を省略しております。

 

【報告セグメントごとの負ののれん発生益に関する情報】

前連結会計年度(自  平成23年4月1日  至  平成24年3月31日)

該当事項はありません。

 

当連結会計年度(自  平成24年4月1日  至  平成25年3月31日)

該当事項はありません。

 

 

【関連当事者情報】
前連結会計年度(自 平成23年4月1日 至 平成24年3月31日)
該当事項はありません。

 

当連結会計年度(自 平成24年4月1日 至 平成25年3月31日)
関連当事者との取引
 連結財務諸表提出会社の連結子会社と関連当事者との取引
  連結財務諸表提出会社の連結子会社役員及び主要株主等
 
種類
会社等の
名称
又は氏名
所在地
資本金又
は出資金
(千円)
事業の内容
又は職業
議決権等
の所有
(被所有)
割合(%)
関連当事者
との関係
取引の内容
取引金額
(千円)
科目
期末残高
(千円)
 役員
坂本敏彦
連結子会社
取締役
債務被保証
債務被保証(注1、2)
189,332

(注) 1.株式会社エンジェリーベの銀行借入(189,332千円)に対して、連結財務諸表提出会社の連結子会社役員として債務保証をおこなったものであります。

2.債務保証に対して保証料の支払及び担保の提供はありません。

 

 

 

(1株当たり情報)

1株当たり純資産額及び算定上の基礎、1株当たり当期純利益及び算定上の基礎は、以下のとおりであります。

項目
前連結会計年度
(平成24年3月31日)
当連結会計年度
(平成25年3月31日)
(1) 1株当たり純資産額
71円61銭
80円83銭
 (算定上の基礎)
 
 
連結貸借対照表の純資産の部
の合計額(千円)
2,278,181
2,652,999
普通株式に係る純資産額
(千円)
2,209,867
2,494,554
差額の主な内訳(千円)
68,314
158,445
少数株主持分
普通株式の発行済株式数
(株)
30,859,000
30,859,000
普通株式の自己株式数(株)
1株当たり純資産額の算定に用いられた普通株式の数(株)
30,859,000
30,859,000

 

項目
前連結会計年度
(自 平成23年4月1日
至 平成24年3月31日)
当連結会計年度
(自 平成24年4月1日
至 平成25年3月31日)
(2) 1株当たり当期純利益
28円77銭
13円03銭
 (算定上の基礎)
 
 
連結損益計算書上の
当期純利益(千円)
887,841
402,109
普通株式に係る当期純利益
(千円)
887,841
402,109
普通株主に帰属しない金額
(千円)
普通株式の期中平均株式数
(株)
30,859,000
30,859,000

(注)1.  当社は平成24年10月1日付けで普通株式1株につき普通株式100株の割合で株式分割を行っております。
 前連結会計年度の期首に当該株式分割が行われたと仮定して1株当たり純資産額、1株当たり当期純利
 益金額を算定しております。

 2. 潜在株式調整後1株当たり当期純利益金額については、潜在株式が存在しないため記載しておりません。

 

(重要な後発事象)

当連結会計年度(自 平成24年4月1日 至 平成25年3月31日)

 

Ⅰ事業の譲受け

当社の連結子会社であるグローバルメディカル研究所株式会社(以下「グローバルメディカル」という。)は、平成25年4月22日開催の取締役会において、株式会社スポーツアカデミー(以下、「スポーツアカデミー」という)よりウイングスポーツクラブ及びゴルフガーデン事業を譲り受けることを決議いたしました。

(1)事業譲受けの理由

当社の100%子会社であるグローバルメディカルは、トータルボディメイクジム「RIZAP(ライザップ)」の運営等を行っております。平成24年2月に第1号店をオープンして以来、大型直営店9店舗、サテライト店5店舗を全国展開するまでに成長しております。
 事業譲受を行うスポーツアカデミーは、スポーツクラブの企画運営等を行い、日本全国に施設展開しております。
 譲受をするウイングスポーツクラブ及びゴルフガーデンは山口県下関市に所在し、登録会員数は約1,300名、スポーツアカデミーが全国展開するスポーツクラブ施設の中で唯一ゴルフ練習場設備であるゴルフガーデンを併設する施設であり、当該事業を譲り受けることで、健康志向の高い登録会員に対する「RIZAP」事業の営業展開や、ゴルフガーデン及び施設内エステサロン等との事業連携による多様化が図れることから事業譲受を決議いたしました。

(2)譲り受ける相手会社の名称

株式会社スポーツアカデミー

(3)譲り受ける事業の内容

株式会社スポーツアカデミーが行うウイングスポーツクラブ及びゴルフガーデン事業

(4)譲り受ける資産・負債の額 (平成25年4月22日時点)

資産
金額(百万円)
 
負債
金額(百万円)
流動資産
 
流動負債
固定資産
48
 
固定負債
資産合計
48
 
負債合計

(5)譲受の時期

平成25年4月22日

(6)譲受会社(当社子会社)の概要

①会社の名称    グローバルメディカル研究所株式会社

②本店所在地    東京都新宿区北新宿二丁目21番1号

③代表者      代表取締役社長 瀬戸 健

④事業の内容    フィットネス事業

⑤資本金      10百万円

 

Ⅱ株式会社エンジェリーベの株式取得

当社は、平成25年5月10日開催の取締役会決議に基づき株式会社エンジェリーベ(以下「エンジェリーベ」という。)の株式を追加取得し完全子会社といたしました。

 

(1)株式取得の理由

当社は、平成24年4月17日付でエンジェリーベの普通株式10,001株(持株比率50.01%)を取得し、連結子会社といたしました。株式取得後は、顧客基盤の共有や、広告媒体の相互活用など、双方の強みを活かした営業力の強化を図ってまいりました。
 今回、株式追加取得によりエンジェリーベを完全子会社化することで、グループ経営における意思決定の迅速化、経営効率の向上ならびに収益力の拡大を図ってまいります。

(2)株式会社エンジェリーベの概要

①会社の名称     株式会社エンジェリーベ

②本店所在地     神奈川県横浜市都筑区仲町台五丁目4番22号

③代表者       代表取締役社長 瀬戸 健

④設立        平成元年4月17日

⑤事業の内容     マタニティ関連商品、内祝いギフト関連商品等の販売

⑥資本金       10百万円

(3)取得株式数、取得価格及び取得前後の所有株式の状況

①取得前の株式数   10,001株(所有割合50.01%)

②取得株式数      9,999株(取得原価 150百万円)

③異動後の株式数   20,000株(100.00%)

(4)取得年月日

平成25年5月10日





出典: RIZAPグループ株式会社、2013-03-31 期 有価証券報告書