有価証券報告書を3社、または3期分比較分析できる! いますぐトライアルで試す >>
 






セクション一覧
(セグメント情報等)

【セグメント情報】

Ⅰ  前連結会計年度(自  平成24年4月1日  至  平成25年3月31日)

1.報告セグメントの概要

当社グループの報告セグメントは、当社及び子会社の構成単位のうち分離された財務諸表が入手可能であり、取締役会及び経営戦略会議が経営資源の配分の決定及び業績を評価するために、定期的に検討を行う対象となっているものであります。

当社は、当社及び子会社の構成単位に分離された財務諸表に基づき、分離された事業サービスについて国内及び海外の包括的な戦略を立案し、事業活動を展開しております。当社は、「不動産事業」及び「ホテル事業」を報告セグメントとしております。

「不動産事業」は、不動産の賃貸、売買、開発業務を行っております。「ホテル事業」は、ホテルマネジメント、コンサルタント、オペレ−ション、フランチャイズ業務を行っております。

 

2.報告セグメントごとの売上高、利益又は損失、資産、負債その他の項目の金額の算定方法

報告されている事業セグメントの会計処理の方法は、「連結財務諸表作成のための基本となる重要な事項」における記載と概ね同一であります。

報告セグメントの利益又は損失は、営業利益又は損失ベースの数値であります。

セグメント間の内部売上高又は振替高は、主に市場価格に基づいております。

 

3.報告セグメントごとの売上高、利益又は損失、資産、負債その他の項目の金額に関する情報

 

 

 

 

 

 

(単位:千円)

 

報告セグメント

その他
(注)1

合計

調整額
(注)2

連結財務諸表
計上額

不動産事業

ホテル事業

売上高

 

 

 

 

 

 

 

  外部顧客への売上高

1,227,291

3,637,440

4,864,731

14,734

4,879,465

4,879,465

  セグメント間の内部
  売上高又は振替高

342,783

342,783

342,783

342,783

1,570,074

3,637,440

5,207,514

14,734

5,222,248

342,783

4,879,465

セグメント利益
又は損失(△)

3,677

178,534

174,857

22,818

197,675

447,850

645,526

セグメント資産

7,888,722

1,365,832

9,254,554

10

9,254,564

213,257

9,467,822

その他の項目

 

 

 

 

 

 

 

  減価償却費

213,237

67,472

280,709

269

280,978

6,283

287,261

  有形固定資産及び無
  形固定資産の増加額

50,061

360,114

410,175

410,175

3,482

413,657

 

(注) 1.「その他」の区分は、報告セグメントに含まれない事業セグメントであり、旅行業等を含んでおります。

2.調整額は、以下のとおりであります。

・売上高は、セグメント間取引消去額であります。

・セグメント利益又は損失は、報告セグメントに帰属しない連結財務諸表提出会社の一般管理費であります。

・セグメント資産は、報告セグメントに帰属しない連結財務諸表提出会社の全社資産であり、主なものは、運用資金(現金及び預金)、長期投資資金(投資有価証券)及び管理部門に係る資産であります。

・減価償却費は、報告セグメントに帰属しない連結財務諸表提出会社の管理部門の減価償却費であります。

・固定資産の増加額は、報告セグメントに帰属しない連結財務諸表提出会社の管理部門の設備投資額であります。

3.セグメント利益又は損失は、連結財務諸表の営業損失と調整を行っております。

 

 

Ⅱ  当連結会計年度(自  平成25年4月1日  至  平成26年3月31日)

1.報告セグメントの概要

当社グループの報告セグメントは、当社及び子会社の構成単位のうち分離された財務諸表が入手可能であり、取締役会及び経営戦略会議が経営資源の配分の決定及び業績を評価するために、定期的に検討を行う対象となっているものであります。

当社は、当社及び子会社の構成単位に分離された財務諸表に基づき、分離された事業サービスについて国内及び海外の包括的な戦略を立案し、事業活動を展開しております。当社は、「不動産事業」及び「ホテル事業」を報告セグメントとしております。

「不動産事業」は、不動産の賃貸、売買、開発業務を行っております。「ホテル事業」は、ホテルマネジメント、コンサルタント、オペレ−ション、フランチャイズ業務を行っております。

 

2.報告セグメントごとの売上高、利益又は損失、資産、負債その他の項目の金額の算定方法

報告されている事業セグメントの会計処理の方法は、「連結財務諸表作成のための基本となる重要な事項」における記載と概ね同一であります。

報告セグメントの利益又は損失は、営業利益又は損失ベースの数値であります。

セグメント間の内部売上高又は振替高は、主に市場価格に基づいております。

 

3.報告セグメントごとの売上高、利益又は損失、資産、負債その他の項目の金額に関する情報

 

 

 

 

 

 

(単位:千円)

 

報告セグメント

その他

合計

調整額
(注)1

連結財務諸表
計上額

不動産事業

ホテル事業

売上高

 

 

 

 

 

 

 

  外部顧客への売上高

830,725

4,720,436

5,551,161

5,551,161

5,551,161

  セグメント間の内部
  売上高又は振替高

322,278

322,278

322,278

322,278

1,153,003

4,720,436

5,873,440

5,873,440

322,278

5,551,161

セグメント利益
又は損失(△)

359,565

129,196

230,370

230,370

285,746

55,376

セグメント資産

5,724,096

1,279,793

7,003,889

7,003,889

359,347

7,363,236

その他の項目

 

 

 

 

 

 

 

  減価償却費

158,891

89,496

248,387

248,387

3,501

251,888

  有形固定資産及び無
  形固定資産の増加額

1,465,248

56,565

1,521,813

1,521,813

4,402

1,526,215

 

(注) 1.調整額は、以下のとおりであります。

・売上高は、セグメント間取引消去額であります。

・セグメント利益又は損失は、報告セグメントに帰属しない連結財務諸表提出会社の一般管理費であります。

・セグメント資産は、報告セグメントに帰属しない連結財務諸表提出会社の全社資産であり、主なものは、運用資金(現金及び預金)、長期投資資金(投資有価証券)及び管理部門に係る資産であります。

・減価償却費は、報告セグメントに帰属しない連結財務諸表提出会社の管理部門の減価償却費であります。

・固定資産の増加額は、報告セグメントに帰属しない連結財務諸表提出会社の管理部門の設備投資額であります。

2.セグメント利益又は損失は、連結財務諸表の営業損失と調整を行っております。

 

 

【関連情報】

Ⅰ  前連結会計年度(自  平成24年4月1日  至  平成25年3月31日)

1.製品及びサービスごとの情報

報告セグメントと同一区分なため、記載を省略しております。

 

2.地域ごとの情報

(1) 売上高

本邦の外部顧客への売上高が連結損益計算書の売上高の90%を超えるため、記載を省略しております。

 

(2) 有形固定資産

本邦に所在している有形固定資産の金額が連結貸借対照表の有形固定資産の金額の90%を超えるため、記載を省略しております。

 

3.主要な顧客ごとの情報

外部顧客への売上高のうち、特定の顧客への売上高であって、連結損益計算書の売上高の10%以上を占めるものがないため、記載を省略しております。

 

Ⅱ  当連結会計年度(自  平成25年4月1日  至  平成26年3月31日)

1.製品及びサービスごとの情報

報告セグメントと同一区分なため、記載を省略しております。

 

2.地域ごとの情報

(1) 売上高

本邦以外の外部顧客への売上高がないため、該当事項はありません。

 

(2) 有形固定資産

本邦以外に所在している有形固定資産がないため、該当事項はありません。

 

3.主要な顧客ごとの情報

外部顧客への売上高のうち、特定の顧客への売上高であって、連結損益計算書の売上高の10%以上を占めるものがないため、記載を省略しております。

 

【報告セグメントごとの固定資産の減損損失に関する情報】

前連結会計年度(自  平成24年4月1日  至  平成25年3月31日)

 

 

 

 

 

(単位:千円)

 

不動産事業

ホテル事業

その他

全社・消去

合計

減損損失

106,311

106,311

 

 

当連結会計年度(自  平成25年4月1日  至  平成26年3月31日)

 

 

 

 

 

(単位:千円)

 

不動産事業

ホテル事業

その他

全社・消去

合計

減損損失

13,045

13,045

 

 

 

【報告セグメントごとののれんの償却額及び未償却残高に関する情報】

前連結会計年度(自  平成24年4月1日  至  平成25年3月31日)

 

 

 

 

 

(単位:千円)

 

不動産事業

ホテル事業

その他

全社・消去

合計

当期償却額

12,754

12,754

当期末残高

51,016

51,016

 

 

なお、平成21年4月1日前に行われた企業結合により発生した負ののれんの償却額及び未償却残高は、以下のとおりであります。

 

 

 

 

 

(単位:千円)

 

不動産事業

ホテル事業

その他

全社・消去

合計

当期償却額

712

11,553

12,265

当期末残高

6,739

6,739

 

 

当連結会計年度(自  平成25年4月1日  至  平成26年3月31日)

 

 

 

 

 

(単位:千円)

 

不動産事業

ホテル事業

その他

全社・消去

合計

当期償却額

12,754

12,754

当期末残高

38,262

38,262

 

 

なお、平成21年4月1日前に行われた企業結合により発生した負ののれんの償却額及び未償却残高は、以下のとおりであります。

 

 

 

 

 

(単位:千円)

 

不動産事業

ホテル事業

その他

全社・消去

合計

当期償却額

6,739

6,739

当期末残高

 

 

【報告セグメントごとの負ののれん発生益に関する情報】

前連結会計年度(自  平成24年4月1日  至  平成25年3月31日)

該当事項はありません。

 

当連結会計年度(自  平成25年4月1日  至  平成26年3月31日)

 該当事項はありません。

 

【関連当事者情報】

関連当事者との取引

(ア)連結財務諸表提出会社の親会社及び主要株主(会社等の場合に限る。)等

前連結会計年度(自 平成24年4月1日 至 平成25年3月31日)

該当事項はありません。

 

当連結会計年度(自 平成25年4月1日  至 平成26年3月31日)

種類

会社等の名称又は氏名

所在地

資本金
又は
出資金
(千円)

事業の内容
又は職業

議決権等
の所有
(被所有)
割合(%)

関連当事者
との関係

取引の内容

取引金額
(千円)

科目

期末残高
(千円)

主要株主(法人)

㈱レンブラントホテルホールディングス

神奈川県厚木市

30,000

ホテル事業持株会社

14.72

資金の借入

資金の借入(注)1

1,986,527

長期借入金

1,986,527

資金の一時的な借入

212,150

仮受金

212,150

役務の提供

利息の支払(注)1

44,341

未払費用

11,669

債務被保証

当社銀行借入に対する債務被保証(注)2

1,775,000

担保の提供

借入に対する不動産の担保提供(注)3

467,497

 

上記の金額のうち、取引金額には消費税等が含まれておらず、期末残高には消費税等が含まれております。

取引条件及び取引条件の決定方針等

(注) 1.借入金の利率については、市場金利を勘案して合理的に決定しております。

2.当社は、銀行借入等に対して㈱レンブラントホテルホールディングスより債務保証を受けております。なお、保証料の支払は行っておりません。

3.借入れに対し当社所有の不動産物件を担保提供しております。

 

(イ)連結財務諸表提出会社の役員及び主要株主(個人の場合に限る。)等

前連結会計年度(自 平成24年4月1日 至 平成25年3月31日)

種類

会社等の名称又は氏名

所在地

資本金

又は
出資金
(千円)

事業の内容又は職業

議決権等
の所有
(被所有)
割合(%)

関連当事者との関係

取引の内容

取引金額(千円)
(注)6

科目

期末残高(千円)

役員

阿部裕二

北海道
札幌市中央区

当社代表
取締役社長

3,448

千株

 

3.26

資金の借入

資金の借入(注)1

△20,000

短期借入金

27,893

一時的な営業資金の借入

10,000

仮受金

10,000

役員及びその近親者が議決権の過半数を所有している会社(当該会社の子会社を含む)

株式会社

ケイアール

(注)2

東京都
新宿区

10,000

情報処理に関する技術の開発及び販売

資金の借入

資金の借入(注)3

120,000

短期借入金

120,000

利息の支払(注)3

947

未払費用

947

役員及びその近親者が議決権の過半数を所有している会社(当該会社の子会社を含む)

アースプランニング
株式会社
(注)4

東京都渋谷区

10,000

不動産の売買・仲介・賃貸及び管理

不動産売却の仲介

不動産売却の仲介

(注)5

28,060

 

(注) 1.資金の借入については、平成25年11月の返済期限とし無利息としております。

2.当社役員 田部井清志が議決権の100%を直接保有しております。

3.借入金の利率については、市場金利を勘案して合理的に決定しております。

4.当社役員  髙橋民雄が議決権の85%を直接保有しております。

5.宅地建物取引業法に基づく、仲介報酬の範囲内の取引であります。

6.取引金額には、消費税等は含まれておりません。

 

当連結会計年度(自 平成25年4月1日 至 平成26年3月31日)

種類

会社等の名称又は氏名

所在地

資本金

又は
出資金
(千円)

事業の内容又は職業

議決権等
の所有
(被所有)
割合(%)

関連当事者との関係

取引の内容

取引金額(千円)

科目

期末残高(千円)

役員及びその近親者が議決権の過半数を所有している会社(当該会社の子会社を含む)

株式会社

ケイアール

(注)1

東京都
新宿区

10,000

情報処理に関する技術の開発及び販売

資金の借入

資金の借入(注)2

△120,000

利息の支払(注)2

2,599

 

上記の金額のうち、取引金額には消費税等が含まれておらず、期末残高には消費税等が含まれております。

取引条件及び取引条件の決定方針等

(注) 1.当社役員 田部井清志が議決権の100%を直接保有しております。

2.借入金の利率については、市場金利を勘案して合理的に決定しております。

 

(1株当たり情報)

  

前連結会計年度

(自  平成24年4月1日

至  平成25年3月31日)

当連結会計年度

(自  平成25年4月1日

至  平成26年3月31日)

1株当たり純資産額

0円 41銭

 

1株当たり純資産額

7円 89銭

 

1株当たり当期純損失金額(△)

△31円 55銭

 

1株当たり当期純利益金額

0円 68銭

 

なお、潜在株式調整後1株当たり当期純利益金額については、潜在株式は存在するものの1株当たり当期純損失金額であるため記載しておりません。

潜在株式調整後
1株当たり当期純利益金額

0円 67銭

 

 

(注)1株当たり当期純利益金額、1株当たり当期純損失金額及び潜在株式調整後1株当たり当期純利益金額の算定上の基礎は、以下のとおりであります。

 

 

前連結会計年度

(自  平成24年4月1日

至  平成25年3月31日)

当連結会計年度

(自  平成25年4月1日

至  平成26年3月31日)

1株当たり当期純利益金額又は1株当たり当期純損失金額

 

 

当期純利益金額又は当期純損失金額(△)(千円)

△3,314,952

87,520

普通株主に帰属しない金額(千円)

普通株式に係る当期純利益金額又は当期純損失金額(△)(千円)

△3,314,952

87,520

期中平均株式数(株)

105,081,378

128,966,486

 

 

 

潜在株式調整後1株当たり当期純利益金額

 

 

当期純利益調整額(千円)

普通株式増加数(株)

1,162,610

 希薄化効果を有しないため、潜在株式調整後1株当たり当期純利益金額の算定に含めなかった潜在株式の概要

平成17年6月29日定時株主総会決議新株予約権1,138個及び平成24年8月28日取締役会決議新株予約権2,045個。

平成17年6月29日定時株主総会決議新株予約権1,088個。

 

 

(重要な後発事象)

       該当事項はありません。

 





出典: 価値開発株式会社、2014-03-31 期 有価証券報告書