有価証券報告書を3社、または3期分比較分析できる! いますぐトライアルで試す >>
 






セクション一覧
(セグメント情報)
【事業の種類別セグメント情報】
前連結会計年度(自 平成17年4月1日 至 平成18年3月31日)および当連結会計年度(自 平成18年4月1日 至 平成19年3月31日)
 当社グループは、自動車部品の製造、販売を主な事業としている。全セグメントの売上高の合計金額、営業利益の合計金額および資産の合計金額に占める自動車部品の割合がいずれも90%を超えているため、事業の種類別セグメント情報の記載を省略している。
【所在地別セグメント情報】
前連結会計年度(自 平成17年4月1日 至 平成18年3月31日)
区分
日本
(百万円)
北中南米
(百万円)
アジア
(百万円)
その他
(百万円)
(百万円)
消去又は
全社
(百万円)
連結
(百万円)
Ⅰ 売上高及び営業損益
 
 
 
 
 
 
 
売上高
 
 
 
 
 
 
 
(1) 外部顧客に
対する売上高
543,533
225,197
77,263
31,602
877,596
877,596
(2) セグメント間の内部
売上高又は振替高
26,670
297
3,882
112
30,962
△30,962
570,204
225,494
81,145
31,714
908,558
△30,962
877,596
営業費用
554,777
213,602
76,122
29,996
874,499
△30,667
843,831
営業利益
15,427
11,892
5,022
1,717
34,059
△294
33,764
Ⅱ 資産
243,450
81,603
69,395
22,873
417,322
△20,631
396,691
 (注)1 国または地域の区分は、地理的近接度によっている。
2 日本以外の区分に属する主な国または地域
北中南米…アメリカ、カナダ、メキシコ、アルゼンチン
アジア…中国、タイ、ベトナム、フィリピン、インドネシア、インド
その他…オーストラリア、トルコ
3 資産のうち、消去又は全社の項目に含めた全社資産(17,931百万円)の主なものは、現金及び預金、有価証券
 及び投資有価証券である。 
当連結会計年度(自 平成18年4月1日 至 平成19年3月31日)
区分
日本
(百万円)
北中南米
(百万円)
アジア
(百万円)
その他
(百万円)
(百万円)
消去又は
全社
(百万円)
連結
(百万円)
Ⅰ 売上高及び営業損益
 
 
 
 
 
 
 
売上高
 
 
 
 
 
 
 
(1) 外部顧客に
対する売上高
655,486
230,248
145,994
51,026
1,082,755
1,082,755
(2) セグメント間の内部
売上高又は振替高
26,127
82
6,844
0
33,054
△33,054
681,614
230,330
152,839
51,026
1,115,809
△33,054
1,082,755
営業費用
659,572
217,647
139,910
50,882
1,068,012
△33,637
1,034,374
営業利益
22,042
12,683
12,928
143
47,797
583
48,381
Ⅱ 資産
267,028
90,610
88,672
31,608
477,920
△13,172
464,747
 (注)1 国または地域の区分は、地理的近接度によっている。
2 日本以外の区分に属する主な国または地域
北中南米…アメリカ、カナダ、メキシコ、アルゼンチン
アジア…中国、タイ、ベトナム、フィリピン、インドネシア、インド
その他…オーストラリア、トルコ、南アフリカ
3 資産のうち、消去又は全社の項目に含めた全社資産(30,896百万円)の主なものは、現金及び預金、有価証券
 及び投資有価証券である。
4 「連結財務諸表作成のための基本となる重要な事項の変更」に記載のとおり、当連結会計年度より「役員賞
 与に関する会計基準」(企業会計基準委員会 平成17年11月29日 企業会計基準第4号)を適用している。 
  この変更に伴い、従来の方法によった場合に比べて、「日本」の営業費用は301百万円増加し、営業利益
 が同額減少している。
5 「連結財務諸表作成のための基本となる重要な事項の変更」に記載のとおり、当連結会計年度より「ストッ 
 ク・オプション等に関する会計基準」(企業会計基準委員会 平成17年12月27日 企業会計基準第8号)お
 よび「ストック・オプション等に関する会計基準の適用指針」(企業会計基準委員会  平成18年5月31日
  企業会計基準適用指針第11号)を適用している。この変更に伴い、従来の方法によった場合に比べ、「日
  本」の営業費用は16百万円増加し、営業利益が同額減少している。     




出典: トヨタ紡織株式会社、2007-03-31 期 有価証券報告書