有価証券報告書を3社、または3期分比較分析できる! いますぐトライアルで試す >>
 






セクション一覧
【製造原価明細書】

 

 

前事業年度

(自 平成19年4月1日

至 平成20年3月31日)

当事業年度

(自 平成20年4月1日

至 平成21年3月31日)

区分

注記

番号

金額(百万円)

構成比

(%)

金額(百万円)

構成比

(%)

Ⅰ 原材料費

 

    

    

    

    

    

    

1 期首原材料たな卸高

 

3,500

    

    

3,868

    

    

2 当期原材料仕入高

 

516,942

    

    

426,949

    

    

合計

 

520,442

    

    

430,817

    

    

3 期末原材料たな卸高

 

3,868

516,574

82.2

2,892

427,925

80.7

Ⅱ 加工費

 

    

    

    

    

    

    

1 労務費

※1

51,386

    

    

47,550

    

    

2 経費

※2

60,037

    

    

54,631

    

    

3 外注加工費

 

513

111,938

17.8

374

102,555

19.3

当期総製造費用

 

    

628,512

100.0

    

530,481

100.0

期首仕掛品たな卸高

 

    

3,505

    

    

5,686

    

合計

 

    

632,018

    

    

536,168

    

期末仕掛品たな卸高

 

    

5,686

    

    

3,628

    

他勘定振替高

※3

    

2,600

    

    

2,615

    

当期製品製造原価

 

    

623,731

    

    

529,923

    

 

 

    

    

    

    

    

    

(脚注)

前事業年度

(自 平成19年4月1日

至 平成20年3月31日)

当事業年度

(自 平成20年4月1日

至 平成21年3月31日)

(1) ※1 このうちに含まれる退職給付費用は2,407百万円であります。

(1) ※1 このうちに含まれる退職給付費用は2,573百万円であります。

※2 このうちに含まれる減価償却費は13,050百万円、研究開発費は29,099百万円であり、修繕費は1,986百万円であります。

※2 このうちに含まれる減価償却費は13,666百万円、研究開発費は26,538百万円であり、電力電灯料は1,854百万円であります。

※3 このうちに含まれる固定資産への振替高は2,276百万円、作業屑振替高等は324百万円であります。

※3 このうちに含まれる固定資産への振替高は2,266百万円、作業屑振替高等は348百万円であります。

(2) 原価計算の方法は、製品別総合原価計算方式であります。

(2) 原価計算の方法は、製品別総合原価計算方式であります。

 





出典: トヨタ紡織株式会社、2009-03-31 期 有価証券報告書