有価証券報告書を3社、または3期分比較分析できる! いますぐトライアルで試す >>
 






セクション一覧

2【財務諸表等】

(1)【財務諸表】

①【貸借対照表】

 

 

(単位:百万円)

 

前事業年度

(2016年3月31日)

当事業年度

(2017年3月31日)

資産の部

 

 

流動資産

 

 

現金及び預金

75,274

60,965

受取手形

37

62

電子記録債権

※2 20,908

※2 23,046

売掛金

※2 88,317

※2 79,588

有価証券

5,000

商品及び製品

944

805

仕掛品

2,421

2,911

原材料及び貯蔵品

5,313

5,074

繰延税金資産

10,979

5,113

未収入金

※2 44,468

※2 44,442

その他

※2 8,439

※2 2,175

貸倒引当金

3

流動資産合計

262,102

224,185

固定資産

 

 

有形固定資産

 

 

建物

※1 29,659

※1 28,952

構築物

※1 3,130

※1 3,047

機械及び装置

18,901

20,021

車両運搬具

366

324

工具、器具及び備品

※1 5,558

※1 6,952

土地

※1 17,520

※1 17,402

建設仮勘定

48

21

その他

33

64

有形固定資産合計

75,217

76,786

無形固定資産

 

 

のれん

6,073

4,747

借地権

268

238

その他

104

2,022

無形固定資産合計

6,445

7,009

投資その他の資産

 

 

投資有価証券

7,770

8,218

関係会社株式

43,746

43,786

関係会社出資金

15,676

15,603

長期貸付金

※2 360

※2 3,560

前払年金費用

1,237

1,494

繰延税金資産

18,628

17,293

その他

2,044

4,768

貸倒引当金

1,659

4,072

投資その他の資産合計

87,804

90,653

固定資産合計

169,467

174,449

資産合計

431,569

398,635

 

 

 

 

(単位:百万円)

 

前事業年度

(2016年3月31日)

当事業年度

(2017年3月31日)

負債の部

 

 

流動負債

 

 

支払手形

896

87

電子記録債務

※2 16,824

※2 20,675

買掛金

※2 113,004

※2 110,931

1年内返済予定の長期借入金

22,354

2,354

未払金

※2 4,265

※2 5,665

未払費用

※2 25,177

※2 26,921

未払法人税等

371

335

役員賞与引当金

108

249

製品保証引当金

6,116

1,922

債務保証損失引当金

14,427

2,134

事業整理損失引当金

18,224

資産除去債務

78

その他

409

421

流動負債合計

222,257

171,699

固定負債

 

 

社債

20,000

20,000

長期借入金

36,087

33,690

リース債務

24

38

退職給付引当金

28,221

30,934

資産除去債務

250

258

その他

※1 1,106

※1 1,825

固定負債合計

85,691

86,747

負債合計

307,949

258,446

純資産の部

 

 

株主資本

 

 

資本金

8,400

8,400

資本剰余金

 

 

資本準備金

9,013

9,013

その他資本剰余金

125

118

資本剰余金合計

9,139

9,132

利益剰余金

 

 

利益準備金

2,412

2,412

その他利益剰余金

 

 

特別償却準備金

52

21

固定資産圧縮積立金

978

1,011

別途積立金

95,913

95,913

繰越利益剰余金

9,195

25,369

利益剰余金合計

108,551

124,727

自己株式

4,050

3,874

株主資本合計

122,040

138,385

評価・換算差額等

 

 

その他有価証券評価差額金

1,507

1,803

評価・換算差額等合計

1,507

1,803

新株予約権

72

純資産合計

123,620

140,189

負債純資産合計

431,569

398,635

 

②【損益計算書】

 

 

(単位:百万円)

 

前事業年度

(自 2015年4月1日

 至 2016年3月31日)

当事業年度

(自 2016年4月1日

 至 2017年3月31日)

売上高

※1 688,425

※1 684,444

売上原価

※1 647,530

※1 642,012

売上総利益

40,895

42,432

販売費及び一般管理費

※2 25,099

※2 28,982

営業利益

15,795

13,449

営業外収益

 

 

受取利息及び受取配当金

※1 14,200

※1 16,129

その他

※1 1,925

※1 4,138

営業外収益合計

16,125

20,268

営業外費用

 

 

支払利息

846

520

その他

2,125

1,849

営業外費用合計

2,971

2,370

経常利益

28,948

31,347

特別利益

 

 

受取保険金

2,678

特別利益合計

2,678

特別損失

 

 

減損損失

186

関係会社株式評価損

711

関係会社出資金評価損

890

72

事業整理損

892

事業整理損失引当金繰入額

18,224

債務保証損失引当金繰入額

14,427

2,134

製品保証引当金繰入額

※3 1,268

その他

1,215

特別損失合計

37,630

2,393

税引前当期純利益又は税引前当期純損失(△)

8,681

31,633

法人税、住民税及び事業税

5,616

1,697

法人税等調整額

9,712

7,075

法人税等合計

4,096

8,773

当期純利益又は当期純損失(△)

4,585

22,860

 

③【株主資本等変動計算書】

前事業年度(自 2015年4月1日 至 2016年3月31日)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

(単位:百万円)

 

株主資本

 

資本金

資本剰余金

利益剰余金

 

資本準備金

その他資本剰余金

資本剰余金合計

利益準備金

その他利益剰余金

利益剰余金合計

 

特別償却準備金

固定資産圧縮積立金

別途積立金

繰越利益剰余金

当期首残高

8,400

9,013

82

9,096

2,412

78

966

95,913

18,217

117,588

当期変動額

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

特別償却準備金の取崩

 

 

 

 

 

26

 

 

26

固定資産圧縮積立金の積立

 

 

 

 

 

 

57

 

57

固定資産圧縮積立金の取崩

 

 

 

 

 

 

46

 

46

剰余金の配当

 

 

 

 

 

 

 

 

4,451

4,451

当期純損失(△)

 

 

 

 

 

 

 

 

4,585

4,585

自己株式の取得

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

自己株式の処分

 

 

42

42

 

 

 

 

 

 

株主資本以外の項目の当期変動額(純額)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

当期変動額合計

42

42

26

11

9,022

9,036

当期末残高

8,400

9,013

125

9,139

2,412

52

978

95,913

9,195

108,551

 

 

 

 

 

 

 

 

 

株主資本

評価・換算差額等

新株予約権

純資産合計

 

自己株式

株主資本合計

その他有価証券評価差額金

評価・換算差額等合計

当期首残高

4,618

130,466

2,119

2,119

332

132,918

当期変動額

 

 

 

 

 

 

特別償却準備金の取崩

 

 

 

 

固定資産圧縮積立金の積立

 

 

 

 

固定資産圧縮積立金の取崩

 

 

 

 

剰余金の配当

 

4,451

 

 

 

4,451

当期純損失(△)

 

4,585

 

 

 

4,585

自己株式の取得

1

1

 

 

 

1

自己株式の処分

568

611

 

 

 

611

株主資本以外の項目の当期変動額(純額)

 

 

611

611

259

870

当期変動額合計

567

8,426

611

611

259

9,297

当期末残高

4,050

122,040

1,507

1,507

72

123,620

 

当事業年度(自 2016年4月1日 至 2017年3月31日)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

(単位:百万円)

 

株主資本

 

資本金

資本剰余金

利益剰余金

 

資本準備金

その他資本剰余金

資本剰余金合計

利益準備金

その他利益剰余金

利益剰余金合計

 

特別償却準備金

固定資産圧縮積立金

別途積立金

繰越利益剰余金

当期首残高

8,400

9,013

125

9,139

2,412

52

978

95,913

9,195

108,551

当期変動額

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

特別償却準備金の取崩

 

 

 

 

 

30

 

 

30

固定資産圧縮積立金の積立

 

 

 

 

 

 

113

 

113

固定資産圧縮積立金の取崩

 

 

 

 

 

 

80

 

80

剰余金の配当

 

 

 

 

 

 

 

 

6,684

6,684

当期純利益

 

 

 

 

 

 

 

 

22,860

22,860

自己株式の取得

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

自己株式の処分

 

 

7

7

 

 

 

 

 

 

株主資本以外の項目の当期変動額(純額)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

当期変動額合計

7

7

30

32

16,173

16,176

当期末残高

8,400

9,013

118

9,132

2,412

21

1,011

95,913

25,369

124,727

 

 

 

 

 

 

 

 

 

株主資本

評価・換算差額等

新株予約権

純資産合計

 

自己株式

株主資本合計

その他有価証券評価差額金

評価・換算差額等合計

当期首残高

4,050

122,040

1,507

1,507

72

123,620

当期変動額

 

 

 

 

 

 

特別償却準備金の取崩

 

 

 

 

-

固定資産圧縮積立金の積立

 

 

 

 

-

固定資産圧縮積立金の取崩

 

 

 

 

-

剰余金の配当

 

6,684

 

 

 

6,684

当期純利益

 

22,860

 

 

 

22,860

自己株式の取得

0

0

 

 

 

0

自己株式の処分

176

169

 

 

 

169

株主資本以外の項目の当期変動額(純額)

 

 

295

295

72

222

当期変動額合計

176

16,345

295

295

72

16,568

当期末残高

3,874

138,385

1,803

1,803

-

140,189

 

【注記事項】
(重要な会計方針)

1 資産の評価基準及び評価方法

 (1)有価証券

  ①子会社株式及び関連会社株式

   移動平均法による原価法

  ②その他有価証券

   時価のあるもの

   決算末日の市場価格等に基づく時価法(評価差額は、全部純資産直入法により処理し、売却原価は、移

  動平均法により算定)

   時価のないもの

   移動平均法による原価法

 (2)デリバティブ取引により生じる債権及び債務

   時価法により評価しております。

 (3)たな卸資産

   製品・原材料・仕掛品・貯蔵品は、総平均法による原価法(貸借対照表価額は収益性の低下に基づく簿価

  切下げの方法により算定)により評価しております。

2 固定資産の減価償却の方法

  償却の方法は、有形固定資産(リース資産を除く)については定率法、無形固定資産については定額法、所

 有権移転外ファイナンス・リース取引に係るリース資産は、リース期間を耐用年数とし、残存価額を零とす

 る定額法を採用しております。

3 引当金の計上基準

 (1)貸倒引当金

   一般債権については貸倒実績率等を含めて総合的に勘案し、貸倒懸念債権等特定の債権については個別に

  回収可能性を勘案し、回収不能見込額を計上しております。

 (2)役員賞与引当金

   役員賞与の支出に備えて、当事業年度における支給見込額の当事業年度負担額を計上しております。

 (3)製品保証引当金

   製品のアフターサービスに対する費用の支出に備えるため、将来支出が見込まれる額を計上しておりま

  す。

 (4)退職給付引当金

   従業員等の退職給付に備えるため、当事業年度末における退職給付債務及び年金資産の見込額に基づき、

  計上しております。

  ① 退職給付見込額の期間帰属方法

    退職給付債務の算定にあたり、退職給付見込額を当事業年度末までの期間に帰属させる方法について

   は、期間定額基準によっております。

  ② 数理計算上の差異及び過去勤務費用の費用処理方法

    過去勤務費用については、その発生時における従業員の平均残存勤務期間以内の一定の年数(17年)に

   よる定額法により費用処理しております。

    数理計算上の差異については、各事業年度の発生時における従業員の平均残存勤務期間以内の一定の年

   数(17年)による定額法により按分した額をそれぞれ発生の翌事業年度から費用処理しております。

 (5)債務保証損失引当金

   債務保証に係る損失に備えるため、被保証先の財政状態を個別に勘案し、損失負担見積額を計上しており

  ます。

 (6)事業整理損失引当金

   事業の譲渡等に伴い発生することとなる損失の見込額を計上しております。

 

 

4 その他財務諸表作成のための基本となる重要な事項

 (1)退職給付に係る会計処理

   退職給付に係る未認識数理計算上の差異及び未認識過去勤務費用の未処理額の会計処理の方法は、連結

  財務諸表におけるこれらの会計処理の方法と異なっております。

 (2)消費税等の会計処理

   消費税の会計処理は、税抜方式によっております。

 (3)のれんの償却に関する事項

   のれんの償却については、原則として発生時以降5年間の均等償却を行っておりますが、金額が僅少な場

  合は、発生時に一括償却しております。

(追加情報)

(繰延税金資産の回収可能性に関する適用指針の適用)

 「繰延税金資産の回収可能性に関する適用指針」(企業会計基準適用指針第26号 平成28年3月28日)を当

事業年度から適用しております。

 

(貸借対照表関係)

※1 担保に供している資産及び担保に係る債務

   担保に供している資産

 

前事業年度

(2016年3月31日)

当事業年度

(2017年3月31日)

建物

272百万円

246百万円

構築物等

9百万円

8百万円

土地

939百万円

939百万円

1,221百万円

1,194百万円

 

   担保に係る債務

 

前事業年度

(2016年3月31日)

当事業年度

(2017年3月31日)

預り保証金

392百万円

327百万円

 

※2 関係会社に対する金銭債権及び金銭債務

 

前事業年度

(2016年3月31日)

当事業年度

(2017年3月31日)

短期金銭債権

103,351百万円

90,460百万円

長期金銭債権

360百万円

7,520百万円

短期金銭債務

46,414百万円

47,142百万円

 

 3 保証債務

   金融機関等からの借入等に対する保証債務

 

前事業年度

(2016年3月31日)

当事業年度

(2017年3月31日)

 

6,425百万円

7,107百万円

 

(損益計算書関係)

※1 関係会社との取引高

 

 

 

前事業年度

(自 2015年4月1日

  至 2016年3月31日)

当事業年度

(自 2016年4月1日

  至 2017年3月31日)

営業取引による取引高

 

 

 売上高

436,446百万円

421,850百万円

 仕入高

342,499百万円

345,304百万円

営業取引以外の取引による取引高

16,425百万円

17,078百万円

 

 

※2 販売費に属する費用のおおよその割合は前事業年度16%、当事業年度14%、一般管理費に属する費用のお

およその割合は前事業年度84%、当事業年度86%であります。

販売費及び一般管理費のうち主要な費目及び金額は次のとおりであります。

 

前事業年度

(自 2015年4月1日

    至 2016年3月31日)

当事業年度

(自 2016年4月1日

    至 2017年3月31日)

運送費及び保管費

3,660百万円

3,926百万円

給料及び賞与

6,966百万円

7,683百万円

 

※3 製品保証引当金繰入額

詳細は、「第5 経理の状況 1連結財務諸表等(1)連結財務諸表 注記事項(連結損益計算書関係)」

に記載しているため、注記を省略しております。

 

(有価証券関係)

 子会社株式及び関連会社株式(当事業年度及び前事業年度の貸借対照表計上額は子会社株式39,840百万円、関

連会社株式2,637百万円)は、市場価格がなく、時価を把握することが極めて困難と認められることから、記載

しておりません。

 

 

(税効果会計関係)

1.繰延税金資産及び繰延税金負債の発生の主な原因別の内訳

 

前事業年度

(2016年3月31日)

 

当事業年度

(2017年3月31日)

繰延税金資産

 

 

 

賞与引当金

2,759百万円

 

2,763百万円

未払費用

2,045百万円

 

5,375百万円

未払事業税

112百万円

 

−百万円

製品保証引当金

758百万円

 

398百万円

債務保証損失引当金

4,360百万円

 

638百万円

事業整理損失引当金

6,212百万円

 

−百万円

減価償却費

2,568百万円

 

2,570百万円

無形固定資産

1,691百万円

 

1,339百万円

退職給付引当金

8,077百万円

 

8,814百万円

役員退職慰労引当金

54百万円

 

54百万円

有価証券・出資金評価損

24,845百万円

 

24,867百万円

固定資産減損

203百万円

 

259百万円

外国税額控除限度超過額

2,344百万円

 

2,598百万円

資産調整勘定

2,333百万円

 

1,755百万円

その他

1,606百万円

 

2,767百万円

繰延税金資産小計

59,976百万円

 

54,202百万円

 評価性引当額

△29,404百万円

 

△30,657百万円

繰延税金資産合計

30,572百万円

 

23,545百万円

繰延税金負債

 

 

 

固定資産圧縮積立金

418百万円

 

432百万円

その他有価証券評価差額金

510百万円

 

635百万円

その他

34百万円

 

69百万円

繰延税金負債合計

964百万円

 

1,137百万円

繰延税金資産の純額

29,607百万円

 

22,407百万円

 

2.法定実効税率と税効果会計適用後の法人税等の負担率との間に重要な差異があるときの、当該差異の原因となった主要な項目別の内訳

 

前事業年度

(2016年3月31日)

 

当事業年度

(2017年3月31日)

法定実効税率

税引前当期純損失を計上

 

30.3%

(調整)

しているため、記載を省

 

 

外国税額控除

略しております。

 

4.7%

海外関係会社の配当源泉税

 

 

3.7%

試験研究費税額控除

 

 

△0.8%

受取配当金益金不算入

 

 

△14.6%

評価性引当額の増減

 

 

4.0%

税率変更による期末繰延税金資産の減額修正

 

 

0.2%

その他

 

 

0.2%

税効果会計適用後の法人税等の負担率

 

 

27.7%

 

 

(企業結合等関係)

取得による企業結合

 詳細は、「第5 経理の状況 1連結財務諸表等(1)連結財務諸表 注記事項(企業結合等関係)」に記載し

ているため、注記を省略しております。

(重要な後発事象)

 該当事項はありません。

 

④【附属明細表】
【有形固定資産等明細表】

(単位:百万円)

区分

資産の種類

当期首残高

当 期

増加額

当 期

減少額

当 期

償却額

当期末残高

減価償却

累 計 額

 

 

 

 

 

建物

29,659

2,422

162

(110)

2,967

28,952

59,674

構築物

3,130

356

11

428

3,047

8,097

機械及び装置

18,901

7,298

330

5,846

20,021

91,353

車両運搬具

366

169

41

169

324

1,775

工具、器具及び備品

5,558

5,321

35

3,891

6,952

67,127

土地

17,520

118

(76)

17,402

建設仮勘定

48

21

48

21

その他

33

57

1

24

64

56

75,217

15,647

750

(186)

13,327

76,786

228,085

のれん

6,073

1,325

4,747

1,877

借地権

268

29

238

その他

104

2,020

5

96

2,022

166

6,445

2,020

35

1,421

7,009

2,043

 (注)1 機械及び装置の当期増加額の主なものは、シート事業の設備3,003百万円、内外装事業の設備1,902百万円、

ユニット部品事業の設備1,736百万円であります。

2 工具、器具及び備品の当期増加額の主なものは、シート事業の金型・治具1,131百万円、内外装事業の金

型・治具1,587百万円、ユニット部品事業の金型・治具1,284百万円であります。

3 「当期減少額」欄の()は内数で、当期の減損損失計上額であります。

 

【引当金明細表】

(単位:百万円)

区分

期首残高

当期増加額

当期減少額

期末残高

貸倒引当金

1,662

2,413

3

4,072

役員賞与引当金

108

249

108

249

製品保証引当金

6,116

203

4,396

1,922

債務保証損失引当金

14,427

2,134

14,427

2,134

事業整理損失引当金

18,224

18,224

 

 

(2)【主な資産及び負債の内容】

連結財務諸表を作成しているため、記載を省略しております。

 

(3)【その他】

 該当事項はありません。

 





出典: トヨタ紡織株式会社、2017-03-31 期 有価証券報告書