有価証券報告書を3社、または3期分比較分析できる! いますぐトライアルで試す >>
 






セクション一覧

第一部 【企業情報】

 

第1 【企業の概況】

 

1 【主要な経営指標等の推移】

(1) 連結経営指標等

 

回次

第112期

第113期

第114期

第115期

第116期

決算年月

平成25年4月

平成26年4月

平成27年4月

平成28年4月

平成29年4月

売上高

(千円)

17,875,630

17,240,811

16,547,191

16,504,532

17,948,151

経常利益

(千円)

667,833

694,391

681,455

909,137

758,189

親会社株主に帰属する当期純利益

(千円)

304,090

497,499

417,576

594,107

557,946

包括利益

(千円)

499,946

481,764

605,414

487,470

601,549

純資産額

(千円)

3,065,943

3,455,457

3,987,269

4,396,787

4,907,012

総資産額

(千円)

17,223,147

17,283,239

18,780,775

19,277,041

19,635,644

1株当たり純資産額

(円)

114.98

129.51

149.59

1,645.93

1,842.95

1株当たり当期純利益

(円)

11.70

19.14

16.07

229.01

215.08

潜在株式調整後
1株当たり当期純利益

(円)

自己資本比率

(%)

17.4

19.5

20.7

22.2

24.3

自己資本利益率

(%)

11.0

15.7

11.5

14.6

12.3

株価収益率

(倍)

13.3

7.2

10.2

6.1

8.7

営業活動による
キャッシュ・フロー

(千円)

445,162

559,475

366,785

1,048,991

1,188,387

投資活動による
キャッシュ・フロー

(千円)

875,549

116,537

972,263

313,910

782,001

財務活動による
キャッシュ・フロー

(千円)

511,986

639,717

1,288,402

670,868

343,836

現金及び現金同等物
の期末残高

(千円)

533,233

332,745

285,335

343,988

409,470

従業員数
(ほか、平均臨時従業員数)

(名)
 
 

804

810

815

817

835

(140)

(133)

(147)

(138)

(159)

 

 

(注) 1  売上高には、消費税等は含まれておりません。

2  従業員数は、就業人員を表示しております。

3  潜在株式調整後1株当たり当期純利益については、潜在株式が存在しないため、記載しておりません。

4 平成28年11月1日付で普通株式10株につき1株の割合で株式併合を行っております。前連結会計年度の期首に当該株式併合が行われたと仮定し、1株当たり純資産額及び1株当たり当期純利益金額を算定しております。

 

 

(2) 提出会社の経営指標等

 

回次

第112期

第113期

第114期

第115期

第116期

決算年月

平成25年4月

平成26年4月

平成27年4月

平成28年4月

平成29年4月

売上高

(千円)

14,620,098

13,411,232

13,363,575

13,063,059

14,575,031

経常利益

(千円)

553,403

459,479

528,407

761,312

634,869

当期純利益

(千円)

211,542

333,897

330,184

492,320

434,294

資本金

(千円)

1,378,825

1,378,825

1,378,825

1,378,825

1,378,825

発行済株式総数

(千株)

26,050

26,050

26,050

26,050

2,605

純資産額

(千円)

2,798,143

3,052,526

3,407,194

3,720,180

4,114,636

総資産額

(千円)

14,088,532

13,724,759

15,349,715

15,835,615

16,051,056

1株当たり純資産額

(円)

107.63

117.41

131.33

1,433.99

1,586.23

1株当たり配当額
(内1株当たり
中間配当額)

(円)
(円)

2.00

2.50

3.00

3.50

40.0

(—)

(—)

(—)

(—)

(—)

1株当たり当期純利益

(円)

8.14

12.84

12.71

189.77

167.41

潜在株式調整後
1株当たり当期純利益

(円)

自己資本比率

(%)

19.9

22.2

22.2

23.5

25.6

自己資本利益率

(%)

8.0

11.4

10.2

13.8

11.1

株価収益率

(倍)

19.1

10.7

12.9

7.4

11.2

配当性向

(%)

24.6

19.5

23.6

18.4

23.9

従業員数
(ほか、平均臨時従業員数)

(名)
 
 

274

269

272

268

270

(62)

(61)

(72)

(100)

(100)

 

 

(注) 1  売上高には、消費税等は含まれておりません。

2  従業員数は、就業人員を表示しております。

3  潜在株式調整後1株当たり当期純利益については、潜在株式が存在しないため、記載しておりません。

4 平成28年11月1日付で普通株式10株につき1株の割合で株式併合を行っております。前事業年度の期首に当該株式併合が行われたと仮定し、1株当たり純資産額及び1株当たり当期純利益金額を算定しております。

 

 

2 【沿革】

当社は、明治43年8月1日西備綟織株式会社(その後数次の商号変更を経た後、昭和23年11月日本製網株式会社となる。)として設立されましたが、昭和11年2月25日設立の東洋組網工業株式会社を形式上の存続会社として昭和38年4月1日吸収合併を行い、日東製網株式会社となったものであります。

従って、以下の記載については、実質上の存続会社である日本製網株式会社、日東製網株式会社に関する事項について記載しております。

 

明治43年8月

普通綟網製造販売の目的で、西備綟織株式会社を設立。

昭和12年5月

商号を日本製網株式会社に変更。

昭和14年5月

大阪株式取引所に上場。

昭和19年7月

福山製機株式会社を合併し、商号を日本造機製網株式会社に変更。

昭和20年8月

戦災により、福山市所在の工場が焼失。

昭和21年1月

富山県高岡市に無結節網製造のため高岡工場を新設。

昭和21年2月

福山工場を復旧し、商号を日本製網造機株式会社に変更。

昭和23年11月

ふしなし漁網株式会社を合併して、商号を日本製網株式会社に変更。

昭和24年4月

東京証券取引所市場第2部、大阪証券取引所に上場。

昭和38年4月

名古屋市の東洋組網工業株式会社と合併、商号を日東製網株式会社に変更。

昭和38年6月

名古屋証券取引所市場第2部に上場。

昭和38年12月

日東製網株式会社造機部を分離独立し、日本ターニング株式会社(現連結子会社)を設立。

昭和41年5月

佐賀県多久市に子会社多久製網株式会社(現連結子会社)を設立。

昭和43年4月

福山市一文字町に福山新工場を建設、従来の福山、名古屋両工場の設備を移設統合。

昭和48年8月

東京証券取引所・大阪証券取引所・名古屋証券取引所の各市場第1部銘柄に指定。

昭和55年7月

富山県氷見市に漁網仕立、修理並びに防汚加工のため分工場を建設。

昭和58年9月

北海道川上郡標茶町に漁網仕立、修理並びに防汚加工のため道東工場を建設。

昭和62年12月

南米チリ国に子会社現地法人レデス・ニットー・チリ・リミターダ(現連結子会社)を設立。

平成4年4月

富山県高岡市に子会社日東企画開発株式会社を設立。

平成10年8月

仕立部門及び防汚加工部門を分離独立し、子会社日東ネット株式会社(現連結子会社)を富山県氷見市に設立。

平成15年5月

中国・浙江省平湖市に子会社日東ネット株式会社の仕立て事業の一部を受託し、当社製品の仕立てを行うため、子会社平湖日東漁具有限公司(現非連結子会社)を設立。

平成15年8月

ペルー・リマ市にレデス・ニットー・チリ・リミターダの販売子会社としてレデス・ニットー・ペルー・S.A.C.(現非連結子会社)を設立。

平成17年4月

マルハグループ(現マルハニチロ株式会社)の泰東製綱株式会社から営業の一部を除き譲受け、底曳・トロール部門等の海洋事業部門は、日東製網株式会社で引継ぎ、産業用・事業用の網綱事業は、株式会社泰東(現連結子会社  旧社名日東企画開発株式会社)で引継ぎ、新体制で事業開始。

平成22年10月

丸紅株式会社の連結子会社であるベニートヤマ株式会社から事業の一部を譲り受け、日東製網株式会社及び多久製網株式会社で引継ぎ、事業開始。

平成24年7月

タイ国に子会社現地法人タイ・ニットウセイモウ・グローバル Co.,Ltd.(現連結子会社)を設立。

平成29年3月

日東製網株式会社がCNK株式会社の株式を取得し、連結子会社とする。

 

 

 

3 【事業の内容】

当社グループは、当社、子会社12社及び関連会社2社で構成され、漁業用・陸上用無結節網及び綟網・ロープ等の製造・販売並びに漁労関係省力機械器具等の商品、水産物の仕入販売を主な事業としております。

当社グループの事業に係る位置付け及びセグメントとの関連は次のとおりであります。

漁業関連事業

製品関連………

当社が製造・販売するほか、多久製網株式会社が当社から半製品及び関連商品を仕入れて海苔網を主体とした漁網を製造し製品の大半を当社に販売し、また当社製品の加工も行っております。日東ネット株式会社は当社の施設を使用(賃借)して当社の漁網製品の撚糸及び仕立て並びに防汚加工を行っております。レデス・ニットー・チリ・リミターダは当社から原材料の供給を受け漁網を製造・販売し、製品及び関連商品を当社から仕入れて販売しております。レデス・ニットー・ペルー・S.A.C.は、製品及び関連商品をレデス・ニットー・チリ・リミターダから仕入れて販売しております。タイ・ニットウセイモウ・グローバル Co.,Ltd.は当社から原材料の供給を受け漁網を製造・販売し、製品及び関連商品を当社から仕入れて販売しております。CNK株式会社は、養殖用の金網を製造・販売しております。
なお、平湖日東漁具有限公司は、日東ネット株式会社より仕立て事業の一部を委託され、当社の漁網製品の仕立を行っております。

商品関連………

当社は漁労関係省力機械器具、漁船、ロープ、浮子、防汚剤等の漁業関連資材を仕入れて漁網製品と併せて販売しており、日本ターニング株式会社からは小魚加工機等の仕入れを行っております。インダストリアル・ニットー・ポリテン・リミターダは、浮子を製造し、レデス・ニットー・チリ・リミターダに販売しております。
なお、有限会社温泉津定置は、定置網漁業を行っております。

 

陸上関連事業

製品関連………

株式会社泰東は、当社から獣害防止ネット等を仕入れて販売するとともに、陸上用無結節網を仕入れてゴルフ練習場や防球・各種スポーツネット等の設計、施工、加工及び販売を行っております。また、外注先より防虫網・ロープ等を仕入れて販売を行っております。

商品関連………

株式会社泰東は、培土などの農業用資材を仕入れて販売を行っております。

 

その他

 

日本ターニング株式会社は、当社の組網機等の機械設備の製作及び修理のほか、機械の部品加工等を行っております。

 

 

 

事業系統図は次のとおりであります。

 


 

 

4 【関係会社の状況】

 

名称

住所

資本金又は
出資金
(千円)

主要な事業
の内容

議決権の所有割合(%)

関係内容

役員の
兼任等

事業上の関係

(連結子会社)

 

 

 

 

 

 

多久製網㈱

佐賀県多久市

35,000

漁業関連事業
陸上関連事業

100.0

兼任2人

・当社から原材料・商品等を仕入れ、製品を当社に販売しております。

・当社製品の受託加工を行っております。

・当社から機械を賃借しております。

・金融機関取引に関して債務保証しております。

㈱泰東
        (注)5

大阪市北区

90,000

陸上関連事業

100.0

兼任2人

・当社から製品・商品を仕入れております。

・当社の施設を賃借しております。

日東ネット㈱

富山県氷見市

30,000

漁業関連事業

100.0

兼任1人

・当社製品の受託加工(撚糸・仕立及び防汚加工)を行っております。

・当社の施設を賃借しております。

レデス・ニットー・チリ・リミターダ
                (注)3

チリ・
イキケ市

520,222
(1,819百万
チリペソ)

漁業関連事業

100.0

兼任2人

・当社から原材料及び商品等を仕入れ製品をチリ国内及び周辺国に販売しております。

㈲温泉津定置    (注)6

島根県大田市

3,000

漁業関連事業

100.0

兼任2人

・当社から製品・商品を仕入れております。

・当社からの委託により、漁場に関す
る試験研究を行っております。

・金融機関取引に関して債務保証しております。

日本ターニング㈱
                (注)2
                (注)4

広島県福山市

50,000

漁業関連事業
その他

39.0

[61.0]

兼任2人

・当社から商品を仕入れております。

・当社に商品及び機械装置・部品を販売しております。

・当社の機械装置の修理を行っております。

・金融機関取引に関して債務保証しております。

タイ・ニットウセイモウ・グローバル Co.,Ltd.        (注)3

タイ・サムットプラカーン地区

250,882

(100百万

タイバ−ツ)

漁業関連事業

陸上関連事業

100.0

兼任2人

・当社から原材料・製品・商品を仕入れ製品を東南アジア等に販売しております。

CNK㈱

鹿児島県
霧島市

50,000

漁業関連事業

100.0

兼任2人

・当社に商品等を販売しております。

(持分法適用関連会社)

 

 

 

 

 

 

インダストリアル・ニットー・ポリテン・リミターダ
                (注)2

チリ・
イキケ市

29,576
(100百万
チリペソ)

漁業関連事業

45.0

(45.0)

兼任1人

・レデス・ニットー・チリ・リミターダに製品を販売しております。

 

(注) 1  「主要な事業の内容」欄には、セグメントの名称を記載しております。

2  「議決権の所有割合」欄の(内書)は間接所有であり、[外書]は緊密な者等の所有割合であります。

3  特定子会社であります。

4  持分は100分の50以下でありますが、実質的に支配しているため連結子会社としたものであります。

5  売上高(連結会社相互間の内部売上高を除く)の連結売上高に占める割合が10%を超えておりますが、セグメントにおいて、当連結会計年度における陸上関連事業の売上高に占める割合が、90%を超えているため、主要な損益情報等の記載を省略しております。

6  債務超過会社であり、債務超過額は212,443千円(平成29年2月28日現在)であります。

 

 

5 【従業員の状況】

(1) 連結会社の状況

平成29年4月30日現在

セグメントの名称

従業員数(名)

漁業関連事業

732(151)

陸上関連事業

101(8)

その他

2(—)

合計

835(159)

 

(注) 1  従業員数は当社グループからグループ外への出向者を除き、グループ外から当社グループへの出向者を含む就業人員であります。

2  従業員数欄の(外書)は、臨時従業員の当連結会計年度の平均雇用人員(1日7時間40分換算)であります。

3  臨時従業員には、パートタイマー及び嘱託契約の従業員を含んでおります。

 

(2) 提出会社の状況

平成29年4月30日現在

従業員数(名)

平均年齢(歳)

平均勤続年数(年)

平均年間給与(千円)

270(100)

45.03

11.01

4,778

 

 

セグメントの名称

従業員数(名)

漁業関連事業

261(97)

陸上関連事業

9(3)

その他

—(—)

合計

270(100)

 

(注) 1  従業員数は当社から他社への出向者を除き、他社から当社への出向者を含む就業人員であります。

2  従業員数欄の(外書)は、臨時従業員の当期の平均雇用人員(1日7時間40分換算)であります。

3  臨時従業員には、パートタイマー及び嘱託契約の従業員を含んでおります。

4  平均年間給与は、賞与及び基準外賃金を含んでおります。

 

(3) 労働組合の状況

①  日東製網㈱(提出会社)及び日東ネット㈱(連結子会社)の従業員により日東製網労働組合が組織(組合員数112人)されており、UAゼンセンに属しております。

②  日本ターニング㈱(連結子会社)の従業員により日本ターニング労働組合が組織(組合員数8人)されており、JAMに属しております。

③  レデス・ニットー・チリ・リミターダ(連結子会社)の従業員によりレデス・ニットー労働組合が組織(組合員数49人)されており、上部団体には属しておりません。

    なお、労使関係については特に記載すべき事項はありません。

 





出典: 日東製網株式会社、2017-04-30 期 有価証券報告書