有価証券報告書を3社、または3期分比較分析できる! いますぐトライアルで試す >>
 






セクション一覧
④【附属明細表】
【有価証券明細表】
【株式】
銘柄
株式数(株)
貸借対照表計上額
(千円)
有価証券
売買目的有価証券
ボーソー油脂株式会社
片倉チッカリン株式会社
有機合成薬品株式会社
株式会社三條機械製作所
日本伸銅株式会社
株式会社赤坂鉄工所
春日電機株式会社
森尾電機株式会社
株式会社リード
国産電機株式会社
1,417,000
1,477,000
517,000
261,000
654,000
756,000
888,000
707,000
617,000
320,000
527,124
899,493
237,820
130,761
202,086
260,064
621,600
200,081
431,900
145,600
小計
7,614,000
3,656,529
投資有価証券
その他有価証券
株式会社大庄
中国工業株式会社
本庄ガス株式会社
春日電機株式会社
旭コンクリート工業株式会社
株式会社埼玉新聞社
本庄ケーブルテレビ株式会社
㈱アイアール・コミュニケーションズ
600
4,072,000
400
1,369,000
404,000
100
20
20
1,109
1,983,064
200
958,300
299,768
50
1,000
1,000
小計
5,846,140
3,244,491
13,460,140
6,901,020
【有形固定資産等明細表】
資産の種類
前期末残高
(千円)
当期増加額
(千円)
当期減少額
(千円)
当期末残高
(千円)
当期末減価償却累計額又は償却累計額
(千円)
当期償却額
(千円)
差引当期末残高(千円)
有形固定資産
       
建物
2,749,445
75,527
(75,527)
2,673,918
1,660,927
65.183
1,012,991
構築物
348,685
348,685
271,313
13,208
77,372
機械及び装置
9,949
9,949
8,369
279
1,580
車輌運搬具
2,777
2,777
2,078
327
699
工具・器具・備品
12,186
12,186
10,955
204
1,231
土地
3,015,060
67,320
(67,320)
2,947,740
2,947,740
有形固定資産計
6,138,102
142,847
(142,847)
5,995,255
1,953,642
79,201
4,041,613
無形固定資産
       
その他
2,662
2,662
1,599
93
1,063
無形固定資産計
2,662
2,662
1,599
93
1,063
長期前払費用
4,511
5,832
4,093
6,250
6,250
繰延資産
       
繰延資産計
 (注)1.「当期減少額」欄の( )内は内書きで、減損損失の計上額であります。
    2. 無形固定資産については、資産総額の100分の1以下のため「前期末残高」、「当期増加額」及び「当期減少額」の記載を省略い
      たしました。
【資本金等明細表】
区分
前期末残高
当期増加額
当期減少額
当期末残高
資本金(千円)
2,304,438
500,000
2,804,438
資本金のうち既発行株式
普通株式 (注)1,2
(千株)
(36,992)
(2,755)
 
(39,747)
 
普通株式 (注)2
(千円)
2,304,438
500,000
2,804,438
(千株)
(36,992)
(2,755)
 
(39,747)
(千円)
2,304,438
500,000
2,804,438
資本準備金及びその他資本剰余金
(資本準備金)
     
株式払込剰余金 (注)2
(千円)
1,832,656
500,000
2,332,656
(千円)
1,832,656
500,000
 
2,332,656
利益準備金及び任意積立金
(利益準備金)
(千円)
18,300
18,300
(任意積立金)
     
固定資産圧縮積立金 (注)3
(千円)
34,582
2,556
32,026
役員退職積立金 (注)4
(千円)
10,500
4,095
6,405
別途積立金
(千円)
28,000
28,000
(千円)
91,382
6,651
84,731
 (注)1.当期末における自己株式数は、44,998株であります。
2.資本金、資本準備金及び株式数の当期増加額は、平成17年6月16日に発行いたしました当社第1回無担保転換社債型新株予約権付社債について、平成17年12月19日をもって株式への転換が全額完了したことによるものであります。
3.固定資産圧縮積立金の当期減少額は、租税特別措置法に基づく取崩しであります。
4.役員退職積立金の当期減少額は、役員退職慰労金の支払に伴う目的取崩額であります。
【引当金明細表】
区分
前期末残高
(千円)
当期増加額
(千円)
当期減少額
(目的使用)
(千円)
当期減少額
(その他)
(千円)
当期末残高
(千円)
貸倒引当金(注)2
70,640
4,098
6,832
67,907
賞与引当金
2,406
3,144
2,406
3,144
(注)1.引当金の計上理由及び額の算定方法につきましては、貸借対照表及び損益計算書に記載した注記事項の重要な会計方針をご参照下さい。
2.貸倒引当金の当期減少額(その他)は、貸倒懸念債権の回収によるものであります。




出典: 株式会社バナーズ、2006-03-31 期 有価証券報告書