有価証券報告書を3社、または3期分比較分析できる! いますぐトライアルで試す >>
 






セクション一覧

第一部【企業情報】

第1【企業の概況】

1【主要な経営指標等の推移】

(1)連結経営指標等

回次

第61期

第62期

第63期

第64期

第65期

決算年月

平成22年3月

平成23年3月

平成24年3月

平成25年3月

平成26年3月

売上高

(千円)

2,391,848

2,370,454

2,280,524

3,036,178

4,077,503

経常損益

(千円)

115,263

8,659

95,101

180,357

138,448

当期純損益

(千円)

653,787

143,056

121,916

162,950

135,167

包括利益

(千円)

128,909

239,805

162,950

135,167

純資産額

(千円)

2,182,049

2,467,139

2,706,894

2,812,098

2,801,618

総資産額

(千円)

4,717,676

4,721,899

5,617,277

6,307,115

6,594,688

1株当たり純資産額

(円)

8.22

61.19

67.14

69.62

70.90

1株当たり当期純損益

(円)

2.73

5.06

3.02

4.14

3.37

潜在株式調整後1株当たり当期純利益

(円)

1.83

自己資本比率

(%)

46.19

52.25

48.19

44.59

42.48

自己資本利益率

(%)

36.72

6.16

4.71

5.91

4.82

株価収益率

(倍)

5.50

25.46

17.64

21.64

営業活動によるキャッシュ・フロー

(千円)

235,553

98,685

176,802

173,882

224,060

投資活動によるキャッシュ・フロー

(千円)

1,968

192,618

794,258

51,402

227,767

財務活動によるキャッシュ・フロー

(千円)

91,644

292,658

651,722

259,632

91,939

現金及び現金同等物の期末残高

(千円)

322,468

521,194

555,460

937,572

1,025,819

従業員数

(人)

43

45

47

59

60

(外、平均臨時雇用者数)

(2)

()

()

(9.5)

(9.5)

(注)1.売上高には、消費税等は含まれておりません。

2.潜在株式調整後1株当たり当期純利益について、第62期は潜在株式が存在するものの1株当たり当期純損失であるため、また第63期、第64期及び第65期は潜在株式が存在しないため記載しておりません。

3.株価収益率について、第62期は1株当たり当期純損失が計上されているため記載しておりません。

4.平成23年10月1日付で普通株式10株を1株とする株式併合を行いましたが、第62期連結会計年度の期首に当該株式併合が行われたと仮定し、1株当たり純資産額、1株当たり当期純利益金額又は1株当たり当期純損失金額を算定しております。

(2)提出会社の経営指標等

回次

第61期

第62期

第63期

第64期

第65期

決算年月

平成22年3月

平成23年3月

平成24年3月

平成25年3月

平成26年3月

売上高

(千円)

339,984

319,718

323,725

385,629

391,950

経常損益

(千円)

106,748

8,413

59,839

123,382

96,989

当期純損益

(千円)

309,291

156,564

105,764

131,234

101,439

資本金

(千円)

98,990

307,370

307,370

307,370

307,370

(発行済株式総数)

(株)

(266,721,725)

(404,721,725)

(40,472,172)

(40,472,172)

(40,472,172)

純資産額

(千円)

2,147,001

2,418,583

2,642,186

2,715,674

2,671,466

総資産額

(千円)

4,204,514

4,325,520

4,940,215

5,324,403

5,471,527

1株当たり純資産額

(円)

8.09

60.00

65.53

67.24

67.60

1株当たり配当額

(円)

2.00

2.00

2.00

(1株当たり中間配当額)

()

()

()

()

()

1株当たり当期純損益

(円)

1.29

5.54

2.62

3.33

2.53

潜在株式調整後1株当たり当期純利益

(円)

0.86

自己資本比率

(%)

51.00

55.91

53.48

51.00

48.83

自己資本利益率

(%)

16.13

6.86

4.18

4.90

3.77

株価収益率

(倍)

11.63

29.35

21.91

28.83

配当性向

(%)

66.2

60.0

79.0

従業員数

(人)

5

5

5

4

5

(外、平均臨時雇用者数)

()

()

()

()

()

(注)1.売上高には、消費税等は含まれておりません。

2.潜在株式調整後1株当たり当期純利益について、第62期は潜在株式が存在するものの1株当たり当期純損失であるため、また第63期、第64期及び第65期は潜在株式が存在しないため記載しておりません。

3.株価収益率について、第62期は1株当たり当期純損失が計上されているため記載しておりません。

4.平成23年10月1日付で普通株式10株を1株とする株式併合を行いましたが、第62期事業年度の期首に当該株式併合が行われたと仮定し、1株当たり純資産額、1株当たり当期純利益金額又は1株当たり当期純損失金額を算定しております。

2【沿革】

年月

沿革

昭和25年8月

埼玉製糸株式会社を設立、生糸製造を開始。

昭和29年9月

川越製糸㈱、三光蚕糸㈱、吸収合併。

 

松崎製糸㈱、埼玉共栄製糸㈱、買収。

昭和32年5月

富士メリヤス㈱買収、高崎撚糸工業㈱吸収合併。

 

埼玉繊維工業㈱と改称、生糸に加え撚糸、メリヤスの製造を開始。

昭和37年5月

製糸を本庄工場に集中、メリヤスを熊谷工場に移転。

昭和38年2月

本社所在地登記を東京都千代田区有楽町より熊谷市石原町に移転。

昭和38年5月

東証第二部に上場。

昭和43年8月

熊谷工場メリヤスを廃止、撚糸に転換。

昭和47年3月

熊谷工場撚糸部門を児玉工場に合併し跡地にゴルフ練習場を開業。

昭和52年11月

商事部門を設立、スポーツ用衣類等輸入販売開始。

昭和53年12月

㈱ホンダニュー埼玉(現・連結子会社)を設立。

昭和55年4月

本庄工場敷地の一部にテナントビル建設(㈱忠実屋に貸与)。

昭和56年3月

児玉工場撚糸閉業、電気部品加工開始。

昭和57年4月

児玉工場電気部品加工オーディオ不況により休業。

昭和61年4月

児玉工場工場建物建設(子会社㈱サイデンに貸与)。

昭和62年9月

熊谷ゴルフ練習場解体、跡地に本社事務所を移転し複合専門店建設。

昭和63年5月

同上専門店に貸与。

平成2年2月

第41期より決算期を11月30日から3月31日に変更。

平成3年8月

高崎ゴルフ練習場閉鎖。

平成4年7月

高崎ゴルフ練習場跡地売却。

平成6年3月

本庄工場製糸事業を廃止。

平成7年10月

子会社㈱サイデン解散。

平成8年4月

㈱松佳と改称。

平成14年2月

児玉工場電気部品組立加工事業を閉業。

平成16年10月

㈱バナーズと改称。

平成17年3月

㈱宮入バルブ製作所(東証二部)連結子会社化。

平成19年3月

㈱宮入バルブ製作所(東証二部)連結の範囲から除外。

平成25年3月

日本ダブルリード㈱連結子会社化。

 

3【事業の内容】

 当社グループ(当社及び当社の関係会社)は、当社(株式会社バナーズ)、連結子会社2社により構成されており、当社グループの事業に関わる位置づけ及びセグメントとの関連は次のとおりであります。
 なお、事業区分はセグメントと同一であります。

〈不動産利用事業〉

 

土地・建物並びに駐車場賃貸を行っております。

(連結子会社・株式会社ホンダニュー埼玉への店舗賃貸含む。)

〈自動車販売事業〉

ホンダ車の販売・整備並びに保険の販売を行っております。

〈楽器販売事業〉

楽器の輸入・販売を行っております。

 

 以上述べた事項を事業系統図並びに、連結子会社によって示すと次のとおりであります。

0101010_001.png

 

4【関係会社の状況】

(1)連結子会社

名称

住所

資本金

(百万円)

主要な事業の内容

議決権の所有割合又は被所有割合

(%)

関係内容

㈱ホンダニュー埼玉

(注2)

埼玉県熊谷市

10

自動車販売事業

100.0

当社所有の土地及び建物を賃借している。

役員の兼任:1名

日本ダブルリード㈱

(注3)

東京都新宿区

50

楽器販売事業

100.0

役員の兼任:1名

(注)1.「主要な事業の内容」欄には、セグメントの名称を記載しております。

2.㈱ホンダニュー埼玉については、売上高(連結会社相互間の内部売上高を除く。)の連結売上高に占める割合が10%を超えております。

主要な損益情報等      (1)売上高         3,231百万円

(2)経常利益          40百万円

(3)当期純利益        39百万円

(4)純資産額         151百万円

(5)総資産額       1,026百万円

3.日本ダブルリード㈱については、売上高(連結会社相互間の内部売上高を除く。)の連結売上高に占める割合が10%を超えております。

主要な損益情報等      (1)売上高           497百万円

(2)経常利益          14百万円

(3)当期純利益         8百万円

(4)純資産額         225百万円

(5)総資産額         396百万円

5【従業員の状況】

(1)連結会社の状況

(平成26年3月31日現在)

 

セグメントの名称

従業員数(人)

不動産利用事業

 

自動車販売事業

46

(−)

楽器販売事業

9

(9.5)

全社(共通)

5

(−)

合計

60

(9.5)

(注)1.従業員数は就業人員であり、臨時雇用者数は、年間の平均人員を( )外数で記載しております。

2.臨時雇用者には、パートタイマー及び嘱託契約の従業員を含み、派遣社員をのぞいております。

3.全社(共通)として記載されている従業員数は、特定のセグメントに区分できない管理部門に所属しているものであります。

 

(2)提出会社の状況

(平成26年3月31日現在)

 

従業員数(人)

平均年令

平均勤続年数

平均年間給与(円)

5

 

   44才2ヵ月

  8年5ヵ月

2,965,851

 

セグメントの名称

従業員数(人)

不動産利用事業

 

自動車販売事業

 

楽器販売事業

 

全社(共通)

5

(−)

合計

5

(−)

(注)1.従業員数は就業人員であり、臨時雇用者数は、年間の平均人員を( )外数で記載しております。

2.平均年間給与(税込み)は基準外賃金及び賞与を含んでおります。

3.全社(共通)として記載されている従業員数は、特定のセグメントに区分できない管理部門に所属しているものであります。

(3)労働組合の状況

 当社グループ内の株式会社ホンダニュー埼玉には、全労連・全国一般労働組合埼玉地方本部ホンダニュー埼玉支部が組織(組合員数21人)されており、全労連・全国一般労働組合埼玉地方本部に属しております。





出典: 株式会社バナーズ、2014-03-31 期 有価証券報告書