有価証券報告書を3社、または3期分比較分析できる! いますぐトライアルで試す >>
 






セクション一覧
(セグメント情報)

【事業の種類別セグメント情報】

前連結会計年度(自 平成18年4月1日 至 平成19年3月31日)

全セグメントの売上高の合計、営業利益及び全セグメントの資産の金額の合計額に占める「繊維事業」の割合がいずれも90%を越えているため、事業の種類別セグメント情報の記載を省略しております。

 

当連結会計年度(自 平成19年4月1日 至 平成20年3月31日)

繊維事業
(千円)
その他の事業
(千円)
計(千円)
消去又は
全社
(千円)
連結(千円)
Ⅰ 売上高及び営業損益
  売上高
 (1) 外部顧客に
   対する売上高
8,051,339
544,761
8,596,101
8,596,101
 (2) セグメント間の内部
   売上高又は振替高
51
114,193
114,244
(114,244)
8,051,391
658,954
8,710,346
(114,244)
8,596,101
  営業費用
8,014,083
633,250
8,647,334
(110,349)
8,536,984
  営業利益
37,307
25,703
63,011
(3,895)
59,116
Ⅱ 資産、減価償却費及び
  資本的支出
  資産
7,232,383
498,090
7,730,474
(444,716)
7,285,757
  減価償却費
446,096
4,156
450,252
(20,807)
429,445
  資本的支出
267,596
2,990
270,586
(10,588)
259,998

(注) 1 事業の区分は、内部管理上採用している区分によっております。

2 各区分の主な製品

(1) 繊維事業…………各種繊維製品の染色加工及び製造販売

(2) その他の事業……各種機械の製造販売及び内装業等の繊維事業以外の事業

3 営業費用のうち、消去又は全社の項目に含めた配賦不能営業費用はありません。

4 資産のうち、消去又は全社の項目に含めた全社資産の金額はありません。

5 「連結財務諸表作成のための基本となる重要な事項 4 会計処理基準に関する事項 (2)重要な減価償却資産の減価償却の方法 ①有形固定資産(会計方針の変更)に記載の通り、当連結会計年度より、法人税法の改正に伴い、平成19年4月1日以後に取得した有形固定資産については、改正後の法人税法に基づく減価償却方法に変更しております。これにより、当連結会計年度の営業費用は、繊維事業が7,339千円、その他の事業が374千円増加し、営業利益がそれぞれ同額減少しております。

6 「連結財務諸表作成のための基本となる重要な事項 4 会計処理基準に関する事項 (2)重要な減価償却資産の減価償却の方法 ①有形固定資産(追加情報)に記載の通り、当連結会計年度より、法人税法の改正に伴い、平成19年3月31日以前に取得した有形固定資産のうち償却可能限度額までの償却が終了しているものについては、残存価額を5年間で均等償却する方法によっております。これにより、当連結会計年度の営業費用は、繊維事業が83,176千円、その他の事業が 505千円増加し、営業利益がそれぞれ同額減少しております。

 

【所在地別セグメント情報】

前連結会計年度(自 平成18年4月1日 至 平成19年3月31日)

在外子会社及び重要な在外支店がない為、記載を省略しています。

当連結会計年度(自 平成19年4月1日 至 平成20年3月31日)

在外子会社及び重要な在外支店がない為、記載を省略しています。

【海外売上高】

前連結会計年度(自 平成18年4月1日 至 平成19年3月31日)

海外売上高が、連結売上高の10%未満のため、海外売上高の記載を省略しております。

当連結会計年度(自 平成19年4月1日 至 平成20年3月31日)

海外売上高が、連結売上高の10%未満のため、海外売上高の記載を省略しております。

 

【関連当事者との取引】

前連結会計年度(自 平成18年4月1日 至 平成19年3月31日)

 親会社及び法人主要株主等

属性
会社等
の名称
住所
資本金
(百万円)
事業の内容
又は職業
議決権等の
被所有割合
(%)
関係内容
取引の内容
取引金額
(千円)
科目
期末残高
(千円)
役員の
兼任等
事業上
の関係
法人
主要
株主
旭化成せんい㈱
大阪市
北区
3,000
各種繊維の製造加工・販売
直接  18.7
なし
繊維品の
染色加工
染色加工他
1,335,453
売掛金
86,302

(注)  染色加工については、委託加工で加工価格を交渉の上決定しております。なお、取引金額に消費税等は

含まれておりませんが、期末残高には消費税等が含まれております。

 

当連結会計年度(自 平成19年4月1日 至 平成20年3月31日)

 親会社及び法人主要株主等

属性
会社等
の名称
住所
資本金
(百万円)
事業の内容
又は職業
議決権等の
被所有割合
(%)
関係内容
取引の内容
取引金額
(千円)
科目
期末残高
(千円)
役員の
兼任等
事業上
の関係
法人
主要
株主
旭化成せんい㈱
大阪市
北区
3,000
各種繊維の製造加工・販売
直接  18.7
なし
繊維品の
染色加工
染色加工他
1,224,569
売掛金
73,522

(注)  染色加工については、委託加工で加工価格を交渉の上決定しております。なお、取引金額に消費税等は

含まれておりませんが、期末残高には消費税等が含まれております。

 

(1株当たり情報)
前連結会計年度
(自 平成18年4月1日
至 平成19年3月31日)
当連結会計年度
(自 平成19年4月1日
至 平成20年3月31日)
1株当たり純資産額
386.23円

1株当たり純資産額
374.07円

1株当たり当期純利益
26.61円

1株当たり当期純利益
5.97円

 なお、潜在株式調整後1株当たり当期純利益については、潜在株式が存在しないため記載しておりません。
 なお、潜在株式調整後1株当たり当期純利益については、潜在株式が存在しないため記載しておりません。
1株当たり当期純利益の算定上の基礎
 連結損益計算書上の当期純利益
268,694千円

 普通株式に係る当期純利益
268,694千円

普通株主に帰属しない金額の主要な内訳
 該当事項はありません。
普通株式の期中平均株式数
10,099千株

1株当たり当期純利益の算定上の基礎
 連結損益計算書上の当期純利益
60,272千円

 普通株式に係る当期純利益
60,272千円

普通株主に帰属しない金額の主要な内訳
 該当事項はありません。
普通株式の期中平均株式数
10,095千株


 

(重要な後発事象)

該当事項はありません。





出典: 倉庫精練株式会社、2008-03-31 期 有価証券報告書