有価証券報告書を3社、または3期分比較分析できる! いますぐトライアルで試す >>
 






セクション一覧
(セグメント情報)

【事業の種類別セグメント情報】

前連結会計年度(自 平成19年4月1日 至 平成20年3月31日)

 
繊維事業
(千円)
その他の事業
(千円)
計(千円)
消去又は
全社
(千円)
連結(千円)
Ⅰ 売上高及び営業損益
 
 
 
 
 
  売上高
 
 
 
 
 
 (1) 外部顧客に
   対する売上高
8,051,339
544,761
8,596,101
8,596,101
 (2) セグメント間の内部
   売上高又は振替高
51
114,193
114,244
(114,244)
8,051,391
658,954
8,710,346
(114,244)
8,596,101
  営業費用
8,014,083
633,250
8,647,334
(110,349)
8,536,984
  営業利益
37,307
25,703
63,011
(3,895)
59,116
Ⅱ 資産、減価償却費及び
  資本的支出
 
 
 
 
 
  資産
7,232,383
498,090
7,730,474
(444,716)
7,285,757
  減価償却費
446,096
4,156
450,252
(20,807)
429,445
  資本的支出
267,596
2,990
270,586
(10,588)
259,998

(注) 1 事業の区分は、内部管理上採用している区分によっております。

2 各区分の主な製品

(1) 繊維事業…………各種繊維製品の染色加工及び製造販売

(2) その他の事業……各種機械の製造販売及び内装業等の繊維事業以外の事業

3 営業費用のうち、消去又は全社の項目に含めた配賦不能営業費用はありません。

4 資産のうち、消去又は全社の項目に含めた全社資産の金額はありません。

5 「連結財務諸表作成のための基本となる重要な事項」 4 会計処理基準に関する事項 (2)重要な減価償却資産の減価償却の方法 ①有形固定資産(会計方針の変更)に記載の通り、当連結会計年度より、法人税法の改正に伴い、平成19年4月1日以後に取得した有形固定資産については、改正後の法人税法に基づく減価償却方法に変更しております。これにより、当連結会計年度の営業費用は、繊維事業が7,339千円、その他の事業が374千円増加し、営業利益がそれぞれ同額減少しております。

6 「連結財務諸表作成のための基本となる重要な事項」 4 会計処理基準に関する事項 (2)重要な減価償却資産の減価償却の方法 ①有形固定資産(追加情報)に記載の通り、当連結会計年度より、法人税法の改正に伴い、平成19年3月31日以前に取得した有形固定資産のうち償却可能限度額までの償却が終了しているものについては、残存価額を5年間で均等償却する方法によっております。これにより、当連結会計年度の営業費用は、繊維事業が83,176千円、その他の事業が 505千円増加し、営業利益がそれぞれ同額減少しております。

 

当連結会計年度(自 平成20年4月1日 至 平成21年3月31日)

 
繊維事業
(千円)
その他の事業
(千円)
計(千円)
消去又は
全社
(千円)
連結(千円)
Ⅰ 売上高及び営業損益
 
 
 
 
 
  売上高
 
 
 
 
 
 (1) 外部顧客に
   対する売上高
6,823,541
493,458
7,316,999
7,316,999
 (2) セグメント間の内部
   売上高又は振替高
28
113,839
113,868
(113,868)
6,823,570
607,297
7,430,868
(113,868)
7,316,999
  営業費用
7,220,159
588,616
7,808,775
(103,648)
7,705,127
    営業利益又は営業損失(△)
△396,588
18,681
△377,907
(10,220)
△388,127
Ⅱ 資産、減価償却費及び
  資本的支出
 
 
 
 
 
  資産
6,065,100
405,980
6,471,081
(426,404)
6,044,676
  減価償却費
417,363
2,621
419,984
(18,364)
401,619
  資本的支出
225,823
123
225,946
(6,253)
219,693

(注) 1 事業の区分は、内部管理上採用している区分によっております。

2 各区分の主な製品

(1) 繊維事業…………各種繊維製品の染色加工及び製造販売

(2) その他の事業……各種機械の製造販売及び内装業等の繊維事業以外の事業

3 営業費用のうち、消去又は全社の項目に含めた配賦不能営業費用はありません。

4 資産のうち、消去又は全社の項目に含めた全社資産の金額はありません。

5 連結財務諸表作成のための基本となる重要な事項の変更
(棚卸資産の評価に関する会計基準の適用)
 「連結財務諸表作成のための基本となる重要な事項の変更」に記載のとおり、当連結会計年度から、「棚卸資産の評価に関する会計基準」(企業会計基準第9号 平成18年7月5日公表分)を適用しております。なお、これによるセグメント情報に与える影響はありません。

   (リース取引に関する会計基準の適用)
 「連結財務諸表作成のための基本となる重要な事項の変更」に記載のとおり、当連結会計年度から、「リース取引に関する会計基準」(企業会計基準第13号 平成19年3月30日)を適用しております。なお、これによるセグメント情報に与える影響はありません。

 

【所在地別セグメント情報】

前連結会計年度(自 平成19年4月1日 至 平成20年3月31日)

在外子会社及び重要な在外支店がないため、記載を省略しております。

当連結会計年度(自 平成20年4月1日 至 平成21年3月31日)

在外子会社及び重要な在外支店がないため、記載を省略しております。

 

【海外売上高】

前連結会計年度(自 平成19年4月1日 至 平成20年3月31日)

海外売上高が、連結売上高の10%未満のため、海外売上高の記載を省略しております。

当連結会計年度(自 平成20年4月1日 至 平成21年3月31日)

海外売上高が、連結売上高の10%未満のため、海外売上高の記載を省略しております。

【関連当事者情報】

前連結会計年度(自 平成19年4月1日 至 平成20年3月31日)

 親会社及び法人主要株主等

属性
会社等
の名称
住所
資本金
(百万円)
事業の内容
又は職業
議決権等の
被所有割合
(%)
関係内容
取引の内容
取引金額
(千円)
科目
期末残高
(千円)
役員の
兼任等
事業上
の関係
法人
主要
株主
旭化成せんい㈱
大阪市
北区
3,000
各種繊維の製造加工・販売
直接  18.7
 
なし
繊維品の
染色加工
染色加工他
1,224,569
売掛金
73,522

(注)  染色加工については、委託加工で加工価格を交渉の上決定しております。なお、取引金額に消費税等は

含まれておりませんが、期末残高には消費税等が含まれております。

 

当連結会計年度(自 平成20年4月1日 至 平成21年3月31日)

(追加情報)

当連結会計年度から平成18年10月17日公表の、「関連当事者の開示に関する会計基準」(企業会計基準委員会 企業会計基準第11号)及び「関連当事者の開示に関する会計基準の適用指針」(企業会計基準委員会 企業会計基準適用指針第13号)を適用しております。

なお、これによる開示対象範囲の変更はありません。

 

  関連当事者との取引

連結財務諸表提出会社と関連当事者の取引

   連結財務諸表提出会社の親会社及び主要株主(会社等に限る)等

種類
会社等の名称
所在地
資本金又
は出資金
(百万円)
事業の内容
 
議決権等
の所有(被所有)割合(%)
関連当事者
との関係
取引の内容
取引金額
(千円)
科目
期末残高
(千円)
法人
主要
株主
旭化成せんい㈱
大阪市
北区
3,000
各種繊維の製造加工・販売
(被所有)
直接  18.7
繊維品の
染色加工
染色加工他
991,050
売掛金
57,124

(注)  染色加工については、委託加工で加工価格を交渉の上決定しております。なお、取引金額に消費税等は

含まれておりませんが、期末残高には消費税等が含まれております。

 

 

(1株当たり情報)
前連結会計年度
(自 平成19年4月1日
至 平成20年3月31日)
当連結会計年度
(自 平成20年4月1日
至 平成21年3月31日)
1株当たり純資産額
374.07円

1株当たり純資産額
277.51円

1株当たり当期純利益
5.97円

1株当たり当期純損失(△)
△80.16円

 なお、潜在株式調整後1株当たり当期純利益については、潜在株式が存在しないため記載しておりません。
 なお、潜在株式調整後1株当たり当期純利益については、1株当たり当期純損失であり、また、潜在株式が存在しないため記載しておりません。
 
1株当たり当期純利益の算定上の基礎
 連結損益計算書上の当期純利益
60,272千円

 

 普通株式に係る当期純利益
60,272千円

普通株主に帰属しない金額の主要な内訳
 該当事項はありません。
普通株式の期中平均株式数
10,095千株

 
1株当たり当期純損失の算定上の基礎
 連結損益計算書上の当期純損失(△)
△808,902千円

 

 普通株式に係る当期純損失(△)
△808,902千円

普通株主に帰属しない金額の主要な内訳
 該当事項はありません。
普通株式の期中平均株式数
10,091千株


(重要な後発事象)
前連結会計年度
(自 平成19年4月1日
至 平成20年3月31日)
当連結会計年度
(自 平成20年4月1日
至 平成21年3月31日)
─────
 当社は、平成21年5月15日開催の取締役会において、当社100%連結子会社である株式会社ソーコゴーセンを吸収合併することを決議し、同日付で合併契約書を締結し、平成21年10月1日に合併する予定であります。
1 合併の目的
株式会社ソーコゴーセンは、合成繊維織物の染色加工を主体とした、当社100%出資の連結子会社であります。このたび、グループの経営資源の集中と経営の効率化を図るべく、同社を吸収合併することといたしました。本合併により、株式会社ソーコゴーセンが行ってきた事業につきましては、当社が引き継ぎ、業務効率の改善と経費削減、保有資産の管理を効率化することを目的としています。また本合併を契機に、グループ全体の基盤強化を図るとともに、当社グループのさらなる企業価値の向上を進めてまいる所存であります。
2 合併の要旨
 (1) 合併の日程
   平成21年5月15日 両社取締役会決議
            合併契約書締結
   平成21年10月1日 合併期日(効力発生日)
(注)本合併は、当社においては会社法第796条第3項に定める簡易合併であり、株式会社ソーコゴーセンにおいては会社法第784条第1項に規定する略式合併であるため、いずれも株主総会の承認を得ることなく行なうものであります。
 (2) 企業結合の法的形式
倉庫精練株式会社を存続会社、株式会社ソーコゴーセンを消滅会社とする吸収合併となります。
 (3) 合併比率
株式会社ソーコゴーセンは当社の100%子会社であるため、本合併による新株式の発行および資本金の増加ならびに合併交付金の支払は行いません。
 (4)会計処理の概要
「企業結合に係る会計基準 三 企業結合に係る会計基準 4 共通支配下の取引等の会計処理」に規定する会計処理を適用する予定であります。
3 当該合併の相手会社の概要(平成21年3月31日現在)
商号
株式会社ソーコゴーセン
主な事業内容
合成繊維製品の染色加工
設立年月日
平成8年11月12日
本社所在地
石川県金沢市古府町南459番地
代表者の役職・氏名
代表取締役社長 長髙 昭夫
資本金
20百万円
発行済株式総数
400株
純資産
△108百万円
総資産
126百万円
決算期
3月31日
従業員数
66名
主要取引先
東レ株式会社 
旭化成せんい株式会社

 
 

前連結会計年度
(自 平成19年4月1日
至 平成20年3月31日)
当連結会計年度
(自 平成20年4月1日
至 平成21年3月31日)
                    ─────
  最近3年間に終了した各事業年度の業績
決算期
平成19年
 3月期
平成20年
 3月期
平成21年
 3月期
売上高     (百万円)
1,270
1,068
880
営業利益又は営業損失(△)    (百万円)
36.1
△30.8
△109.9
経常利益又は経常損失(△)    (百万円)
43.2
△22.6
△103.0
当期純利益又は当期純損失(△)  (百万円)
41.2
△23.0
△103.0

 

 





出典: 倉庫精練株式会社、2009-03-31 期 有価証券報告書