有価証券報告書を3社、または3期分比較分析できる! いますぐトライアルで試す >>
 






セクション一覧
(セグメント情報)

【事業の種類別セグメント情報】

前連結会計年度(自 平成19年4月1日 至 平成20年3月31日)

全セグメントの売上高の合計、営業利益及び全セグメントの資産の金額の合計額に占める「スポーツウェア及びその関連商品の製造・販売に関する事業」の割合がいずれも90%を超えているため、記載を省略しております。

当連結会計年度(自 平成20年4月1日 至 平成21年3月31日)

同上

 

【所在地別セグメント情報】

前連結会計年度(自 平成19年4月1日 至 平成20年3月31日)

 
日 本
アジア
北 米
消去又は
連 結
 
 
 
 
 
全社
 
 
(百万円)
(百万円)
(百万円)
(百万円)
(百万円)
(百万円)
Ⅰ 売上高及び営業損益
 
 
 
 
 
 
  売上高
 
 
 
 
 
 
(1)外部顧客に対する売上高
63,016
16,533
1,757
81,307
81,307
(2)セグメント間の内部売上
   高又は振替高
3,037
20
3,057
(3,057)
66,053
16,554
1,757
84,365
(3,057)
81,307
  営業費用
62,336
15,636
1,854
79,827
(3,041)
76,786
  営業利益又は営業損失(△)
3,717
917
△96
4,537
(16)
4,521
Ⅱ 資  産
57,856
8,478
1,455
67,789
(4,390)
63,399

(注) 1 国又は地域の区分の方法及び各区分に属する主な国又は地域

① 国又は地域の区分の方法……………地理的近接度によっております。

 ② 各区分に属する主な国又は地域……アジア:韓国、中国、香港等

                   北 米:米国、カナダ

2 会計処理の方法の変更

  「連結財務諸表作成のための基本となる重要な事項」に記載のとおり、当社及び国内連結子会社は、法人税法の改正に伴い、当連結会計年度より、平成19年4月1日以降に取得した有形固定資産について、改正後の法人税法に基づく減価償却の方法に変更しております。従来の方法によった場合と比較して、この変更が損益、資産に与える影響は軽微であります。

 

当連結会計年度(自 平成20年4月1日 至 平成21年3月31日)

 
日 本
アジア
北 米
消去又は
連 結
 
 
 
 
 
全社
 
 
(百万円)
(百万円)
(百万円)
(百万円)
(百万円)
(百万円)
Ⅰ 売上高及び営業損益
 
 
 
 
 
 
  売上高
 
 
 
 
 
 
(1)外部顧客に対する売上高
63,299
12,577
1,172
77,049
77,049
(2)セグメント間の内部売上
   高又は振替高
3,116
16
3,133
(3,133)
66,415
12,594
1,172
80,182
(3,133)
77,049
  営業費用
62,942
11,727
1,291
75,961
(3,182)
72,779
  営業利益又は営業損失(△)
3,473
866
△119
4,221
49
4,270
Ⅱ 資  産
57,424
6,731
993
65,149
(4,224)
60,924

(注) 1 国又は地域の区分の方法及び各区分に属する主な国又は地域

① 国又は地域の区分の方法……………地理的近接度によっております。

② 各区分に属する主な国又は地域……アジア:韓国、中国、香港等

                  北 米:米国、カナダ

2 会計処理の方法の変更

  「連結財務諸表作成のための基本となる重要な事項の変更」に記載のとおり、当連結会計年度より、「連結財務諸表における在外子会社の会計処理に関する当面の取扱い」(実務対応報告第18号 平成18年5月17日)を適用し、連結決算上必要な修正を行っております。この変更が損益、資産に与える影響は軽微であります。

 

【海外売上高】

前連結会計年度(自 平成19年4月1日 至 平成20年3月31日)

 
アジア
北米
その他の地域
Ⅰ 海外売上高(百万円)
18,848
1,757
1,305
21,912
Ⅱ 連結売上高(百万円)
 
 
 
81,307
Ⅲ 連結売上高に占める
海外売上高の割合(%)
23.2
2.2
1.6
27.0

(注) 1 国又は地域の区分の方法及び各区分に属する主な国又は地域

① 国又は地域の区分の方法……………地理的近接度によっております。

② 各区分に属する主な国又は地域……アジア:韓国、中国、香港等

北 米:米国、カナダ

その他の地域:スペイン、ロシア、イタリア等

2 海外売上高は、当社及び連結子会社の本邦以外の国又は地域における売上高であります。

 

当連結会計年度(自 平成20年4月1日 至 平成21年3月31日)

 
アジア
北米
その他の地域
Ⅰ 海外売上高(百万円)
14,957
1,197
1,382
17,538
Ⅱ 連結売上高(百万円)
 
 
 
77,049
Ⅲ 連結売上高に占める
海外売上高の割合(%)
19.4
1.6
1.8
22.8

(注) 1 国又は地域の区分の方法及び各区分に属する主な国又は地域

① 国又は地域の区分の方法……………地理的近接度によっております。

② 各区分に属する主な国又は地域……アジア:韓国、香港、中国等

北 米:米国、カナダ

その他の地域:ロシア、スペイン、スイス等

2 海外売上高は、当社及び連結子会社の本邦以外の国又は地域における売上高であります。

 

【関連当事者情報】

前連結会計年度(自 平成19年4月1日 至 平成20年3月31日)

     親会社及び法人主要株主等

属性
会社等
の名称
住所
資本金又
は出資金
(百万円)
事業の内容
又は職業
議決権等の
被所有割合
(%)
関係内容
取引の内容
取引金額
(百万円)
科目
期末残高
(百万円)
役員の
兼任等
事業上
の関係
法人主
要株主
伊藤忠
商事㈱
大阪市
中央区
202,241
総合商社
 直接 19.2 
仕入先
商品の販売
98
受取手形及び売掛金
24
商品の仕入
10,135
支払手形及び買掛金
4,080

(注) 1 上記取引のうち取引金額には消費税等は含んでおりません。また、期末残高には消費税等を含んでおります。

2 取引条件及び取引条件の決定方針等

  取引条件は、一般取引先と同様に決定しております。

 

当連結会計年度(自 平成20年4月1日 至 平成21年3月31日)

 (追加情報)

  当連結会計年度より、「関連当事者の開示に関する会計基準」(企業会計基準第11号 平成18年10月17日)及び「関連当事者の開示に関する会計基準の適用指針」(企業会計基準適用指針第13号 平成18年10月17日)を適用しております。
この結果、従来の開示対象範囲に加えて、デサントアパレル㈱が開示対象に追加されております。
 

1 関連当事者との取引

(1) 連結財務諸表提出会社と関連当事者の取引

  連結財務諸表提出会社の親会社及び主要株主(会社等の場合に限る。)等

種類
会社等の
名称
又は氏名
所在地
資本金又
は出資金
(百万円)
事業の内容
又は職業
議決権等
の被所有割合(%)
関連当事者
との関係
取引の内容
取引金額
(百万円)
科目
期末残高
(百万円)
その他の
関係会社
伊藤忠
商事㈱
大阪市
中央区
202,241
総合商社
直接20.0
商品の仕入
仕入高
9,685
支払手形
及び買掛金
4,092

(注) 1 上記取引のうち取引金額には消費税等は含んでおりません。また、期末残高には消費税等を含んでおります。

2 取引条件及び取引条件の決定方針等

  取引条件は、一般取引先と同様に決定しております。

 

(2) 連結財務諸表提出会社の連結子会社と関連当事者との取引

  連結財務諸表提出会社の親会社及び主要株主(会社等の場合に限る。)等

種類
会社等の
名称
又は氏名
所在地
資本金又
は出資金
(百万円)
事業の内容
又は職業
議決権等
の被所有割合(%)
関連当事者
との関係
取引の内容
取引金額
(百万円)
科目
期末残高
(百万円)
その他の
関係会社
伊藤忠
商事㈱
大阪市
中央区
202,241
総合商社
なし
半製品及び
主材料の仕入
仕入高
4,082
支払手形
及び買掛金
1,082

(注) 1 上記取引のうち取引金額には消費税等は含んでおりません。また、期末残高には消費税等を含んでおります。

2 取引条件及び取引条件の決定方針等

  取引条件は、一般取引先と同様に決定しております。

3 上記取引は、デサントアパレル㈱の取引によるものです。

 

(1株当たり情報)

 

前連結会計年度
(自 平成19年4月1日
至 平成20年3月31日)
当連結会計年度
(自 平成20年4月1日
至 平成21年3月31日)
1株当たり純資産額
511円18銭

1株当たり純資産額
512円 2銭

1株当たり当期純利益金額
27円 3銭

1株当たり当期純利益金額
29円20銭

なお、潜在株式調整後1株当たり当期純利益については、潜在株式がないため記載しておりません。
なお、潜在株式調整後1株当たり当期純利益金額については、潜在株式がないため記載しておりません。

 

(注) 算定上の基礎

1.1株当たり純資産額

 
前連結会計年度末
(平成20年3月31日)
当連結会計年度末
(平成21年3月31日)
純資産の部の合計額(百万円)
38,998
38,911
純資産の部の合計額から控除する金額(百万円)
441
308
(うち少数株主持分)
(441)
(308)
普通株式に係る期末の純資産額(百万円)
38,557
38,602
1株当たり純資産額の算定に用いられた期末の普通株式の数(千株)
75,427
75,392

 

2.1株当たり当期純利益金額

 
前連結会計年度
(自 平成19年4月1日
至 平成20年3月31日)
当連結会計年度
(自 平成20年4月1日
至 平成21年3月31日)
当期純利益(百万円)
2,039
2,202
普通株式に係る当期純利益(百万円)
2,039
2,202
普通株主に帰属しない金額(百万円)
普通株式の期中平均株式(千株) 
75,482
75,409

 

(重要な後発事象)

該当事項はありません。

 





出典: 株式会社デサント、2009-03-31 期 有価証券報告書