有価証券報告書を3社、または3期分比較分析できる! いますぐトライアルで試す >>
 






セクション一覧

第一部 【企業情報】

 

第1 【企業の概況】

 

1 【主要な経営指標等の推移】

(1) 連結経営指標等

 

回次

第75期

第76期

第77期

第78期

第79期

決算年月

平成24年11月

平成25年11月

平成26年11月

平成27年11月

平成28年11月

売上高

(千円)

52,836,715

56,800,021

60,208,240

60,756,848

64,922,806

経常利益

(千円)

2,142,203

3,011,035

2,351,683

1,590,486

3,713,397

親会社株主に帰属する
当期純利益

(千円)

3,333,328

2,046,908

1,529,177

1,030,898

2,303,723

包括利益

(千円)

3,823,376

2,975,736

2,224,512

657,311

1,835,671

純資産額

(千円)

13,606,278

16,449,900

18,910,056

19,329,196

20,712,287

総資産額

(千円)

40,829,360

49,985,748

52,512,507

49,104,387

52,834,938

1株当たり純資産額

(円)

840.45

1,006.86

1,029.45

1,051.88

1,159.38

1株当たり当期純利益金額

(円)

220.81

135.59

94.31

61.38

140.35

潜在株式調整後1株
当たり当期純利益金額

(円)

自己資本比率

(%)

31.1

30.4

32.9

36.0

35.7

自己資本利益率

(%)

30.4

14.7

9.4

5.9

12.6

株価収益率

(倍)

1.5

4.5

4.5

5.6

4.8

営業活動による
キャッシュ・フロー

(千円)

3,229,212

4,763,421

3,048,816

1,101,640

4,917,398

投資活動による
キャッシュ・フロー

(千円)

2,525,784

184,417

3,900,936

4,108,676

1,426,643

財務活動による
キャッシュ・フロー

(千円)

43,760

961,906

1,498,777

462,220

1,026,820

現金及び現金同等物
の期末残高

(千円)

7,419,752

11,405,809

12,052,235

8,582,993

11,047,102

従業員数

(人)

1,223

1,210

1,233

1,306

1,311

 

(注) 1 売上高には、消費税等は含まれておりません。

2 潜在株式調整後1株当たり当期純利益金額については、潜在株式が存在しないため記載しておりません。

3 従業員数は、就業人員を記載しております。

4 「企業結合に関する会計基準」(企業会計基準第21号 平成25年9月13日)等を適用し、当連結会計年度より、「当期純利益」を「親会社株主に帰属する当期純利益」としております。

 

 

(2) 提出会社の経営指標等

 

回次

第75期

第76期

第77期

第78期

第79期

決算年月

平成24年11月

平成25年11月

平成26年11月

平成27年11月

平成28年11月

売上高

(千円)

38,985,134

41,511,996

42,347,342

43,005,173

46,824,623

経常利益

(千円)

1,342,100

1,449,600

408,028

268,023

1,690,547

当期純利益

(千円)

2,322,319

807,684

109,483

217,283

1,122,714

資本金

(千円)

2,141,000

2,141,000

2,141,000

2,141,000

2,141,000

発行済株式総数

(株)

17,339,200

17,339,200

17,339,200

17,339,200

17,339,200

純資産額

(千円)

12,477,559

13,468,375

14,143,417

14,167,277

14,849,108

総資産額

(千円)

30,939,151

36,480,919

38,377,834

36,514,509

38,942,822

1株当たり純資産額

(円)

826.54

892.17

842.06

843.48

911.81

1株当たり配当額
(内1株当たり
中間配当額)

(円)

7.50

10.00

12.00

12.00

16.00

(3.75)

(5.00)

(6.00)

(5.00)

(7.50)

1株当たり当期純利益金額

(円)

153.83

53.50

6.75

12.94

68.40

潜在株式調整後1株当たり当期純利益金額

(円)

自己資本比率

(%)

40.3

36.9

36.9

38.8

38.1

自己資本利益率

(%)

20.5

6.2

0.8

1.5

7.7

株価収益率

(倍)

2.2

11.4

63.3

26.5

9.9

配当性向

(%)

4.9

18.7

177.8

92.7

23.4

従業員数

(人)

883

872

888

937

952

 

(注) 1 売上高には、消費税等は含まれておりません。

2 潜在株式調整後1株当たり当期純利益金額については、潜在株式が存在しないため記載しておりません。

3 従業員数は、就業人員を記載しております。

 

 

2 【沿革】

昭和13年1月

資本金48万円をもって、合板の製造販売を事業目的とする株式会社野田製材所を設立。本社を静岡県庵原郡富士川町(現 富士市)に設置。

昭和17年6月

野田合板株式会社に商号変更。

昭和27年12月

米国向けドア用合板(ドアスキン)の輸出を開始。

昭和35年4月

プリント合板の製造販売を開始。

昭和38年3月

静岡県清水市(現 静岡市)に本社を移転。同所に乾式多層工法によるハードボード製造設備を新設し、ハードボードを発売。

昭和46年1月

本社を清水市(現 静岡市)より東京都中央区に移転。

昭和48年4月

清水事業所に、型枠用合板製造設備を新設し、型枠用合板を発売。

昭和51年5月

モルタル下地材「ノダラスカット」を発売。

昭和59年12月

清水事業所にMDF(中質繊維板)製造設備を新設し、「ノダハイベストウッド」を発売。

昭和62年2月

内・外装工事を事業目的とする「株式会社ナフィックス」を子会社化(現 連結子会社)。

昭和62年7月

富士川事業所にフロア製造設備を新設し、「ノダハウスキットフロア」を発売。

昭和62年9月

清水事業所に造作材製造設備を新設し、造作材を発売。

昭和62年10月

富士川事業所にラミネート合板製造設備を新設し、ラミネート合板を発売。
住宅機器製造分野を強化するため子会社「株式会社高山木工」を設立。

昭和63年3月

清水事業所隣地にドア製造子会社「アドン株式会社」を設立。

昭和63年7月

清水事業所に階段及び階段の素材となるLVB(単板積層合板)製造設備を新設。

平成元年1月

本社を台東区浅草橋(現 本社所在地)に移転。

平成元年3月

株式会社ノダに商号変更。

平成2年3月

インドネシアにおける木材ムク製品の製造合弁事業に参画し、「スラインダー社(PT. SURA INDAH WOOD INDUSTRIES)」を設立(現 持分法適用関連会社)。

平成2年10月

MDFの輸入販売を開始。

平成7年10月

東京証券取引所市場第二部に株式を上場。

平成15年1月

事業基盤の充実・強化のため宮城県石巻市の「石巻合板工業株式会社」を株式取得により子会社化(現 連結子会社)。

平成16年8月

新木造建築工法用のプレカット設備を新設し「P&C‐MJシステム(木造住宅合理化システム認定)」を発売。

平成21年6月

子会社「株式会社高山木工」は、子会社「アドン株式会社」を吸収合併し、商号を「アドン株式会社」に変更(現 連結子会社)。

平成27年5月

富士川事業所に国産材を原材料とする針葉樹合板製造設備を新設し、針葉樹合板を発売。

 

 

 

3 【事業の内容】

当社の企業集団は、当社、子会社4社及び関連会社2社で構成され、住宅建材(建材製品、繊維板、住宅関連工事)及び合板の製造販売を主な事業として行っております。

当社及び当社の関係会社の事業における当社及び関係会社の位置付け及びセグメントとの関連は、次のとおりであります。

住宅建材事業

当社が製造するほか、子会社アドン㈱及び関連会社スラインダー社(PT. SURA INDAH WOOD INDUSTRIES)に加工を委託し、当社及び子会社㈱ナフィックスが販売しております。また、子会社㈱ナフィックスは当社の製品を使用した住宅関連工事を請負っております。

合板事業

当社及び子会社石巻合板工業㈱並びに関連会社サンヤン社(SANYAN WOOD INDUSTRIES SDN.BHD.)で製造、販売しております。また、子会社石巻合板工業㈱は、一部を子会社アイピーエムサービス㈱に加工委託しております。

 

 

〔事業の系統図〕

 


 

グループ各社の主な事業の内容は次のとおりであります。

会社名

セグメント

主な事業の内容

(当社)

㈱ノダ

住宅建材事業及び合板事業

建材製品(内装材・外装材・住宅機器他)、繊維板の製造、販売並びに合板の製造、販売

《連結子会社》

アドン㈱

㈱ナフィックス

石巻合板工業㈱

アイピーエムサービス㈱

 

住宅建材事業

住宅建材事業

合板事業

合板事業

 

建材製品(建具・収納家具)の製造

建設(住宅関連工事)、建設資材販売

合板の製造、販売

合板の加工

<持分法適用関連会社>

スラインダー社

サンヤン社

 

住宅建材事業

合板事業

 

建材製品(建具・造作材・収納家具)の製造

合板の製造

 

 

 

4 【関係会社の状況】

 

名称

住所

資本金又は
出資金

主要な事業
の内容

議決権の所有
(被所有)割合
(%)

関係内容

(連結子会社)

 

 

 

 

 

アドン㈱

静岡市清水区

30百万円

住宅建材事業

100

当社製品の加工委託を行っております。
当社は同社に対し土地の賃貸を行っております。
役員の兼任 1名

㈱ナフィックス

東京都台東区

30百万円

住宅建材事業

100

当社製品の販売・内装工事を行っております。

役員の兼任 2名

石巻合板工業㈱

(注)2,5

宮城県石巻市

330百万円

合板事業

80

当社は合板製品の一部を購入しております。
役員の兼任 2名

アイピーエムサービス㈱

宮城県石巻市

20百万円

合板事業

100

(100)

—————

(持分法適用関連会社)

 

 

 

 

 

スラインダー社
(PT. SURA INDAH WOOD
INDUSTRIES)

インドネシア
スラバヤ

6,000
千米ドル

住宅建材事業

49.58

当社製品の製造を行っております。
当社は同社に対し貸付による資金援助を行っております。
役員の兼任 1名

サンヤン社
(SANYAN WOOD INDUSTRIES
SDN.BHD.)

マレーシア

20,000千
マレーシア
リンギット

合板事業

49

(49)

当社は合板製品の一部を購入しております。
役員の兼任 1名

 

(注) 1 「主要な事業の内容」欄には、セグメント情報に記載された名称を記載しております。

2 特定子会社であります。

3 上記会社のうち有価証券届出書又は有価証券報告書を提出している会社はありません。

4 「議決権の所有(被所有)割合」欄の(内書)は、間接所有の割合であります。

5 石巻合板工業㈱については、売上高(連結会社相互間の内部売上高を除く)の連結売上高に占める割合が10%を超えております。

  主要な損益情報等

①売上高

18,626百万円

②経常利益

1,786

③当期純利益

1,350

④純資産額

6,497

⑤総資産額

13,087

 

 

 

5 【従業員の状況】

(1) 連結会社の状況

平成28年11月30日現在

セグメントの名称

従業員数(名)

住宅建材事業

784

合板事業

337

全社(共通)

190

合計

1,311

 

(注) 従業員数は就業人員であります。

 

(2) 提出会社の状況

平成28年11月30日現在

従業員数(名)

平均年齢(歳)

平均勤続年数(年)

平均年間給与(円)

952

42.7

18.7

5,707,498

 

 

セグメントの名称

従業員数(名)

住宅建材事業

675

合板事業

87

全社(共通)

190

合計

952

 

(注) 1 従業員数は就業人員であります。

2 平均年間給与は、賞与及び基準外賃金を含んでおります。

 

(3) 労働組合の状況

当社の労働組合は、「民間統合労働組合ノダ支部」として昭和22年9月1日に結成されましたが、上部団体の全日産・一般業種労働組合連合会の組織形態変更に伴い民間統合労働組合が解散し、あらたに平成17年10月1日に「ノダ労働組合」として全日産・一般業種労働組合連合会に直接加盟しております。

平成28年11月30日現在の組合員数は、586名であります。

また、石巻合板工業㈱の労働組合は、昭和48年12月2日に結成され、上部団体は全国繊維化学食品流通サービス一般労働組合同盟であります。

労使関係は極めて円滑に推移しており、特記すべき事項はありません。

 





出典: 株式会社ノダ、2016-11-30 期 有価証券報告書