有価証券報告書を3社、または3期分比較分析できる! いますぐトライアルで試す >>
 






セクション一覧
(セグメント情報)

【事業の種類別セグメント情報】

前連結会計年度(自 平成16年11月1日 至 平成17年10月31日)

 

木材事業
(千円)
ハウス事業
(千円)
アミューズ
メント事業
(千円)
不動産事業
(千円)
計(千円)
消去又は
全社(千円)
連結(千円)
Ⅰ 売上高及び営業損益
  売上高
 (1) 外部顧客に
   対する売上高
4,970,459
3,288,554
1,041,982
206,109
9,507,106
9,507,106
 (2) セグメント間の内部
   売上高又は振替高
2
136,138
424
1,546
138,111
(138,111)
4,970,461
3,424,693
1,042,407
207,655
9,645,217
(138,111)
9,507,106
  営業費用
4,418,981
3,295,062
998,150
129,346
8,841,542
53,145
8,894,687
  営業利益
551,479
129,630
44,256
78,308
803,675
(191,256)
612,419
Ⅱ 資産、減価償却費、減
  損損失及び資本的支出
  資産
4,586,945
2,870,783
1,832,572
357,609
9,647,910
1,056,654
10,704,564
  減価償却費
147,777
111,522
33,911
12,514
305,725
6,107
311,832
  減損損失
344
14,009
14,353
14,353
  資本的支出
9,146
111,353
221,087
2,850
344,438
2,337
346,775

(注) 1 事業区分は、内部管理上採用している区分によっております。

2 各事業の主な製品等

(1) 木材事業………………………
梱包用材、ドラム用材、土木建設仮設用材及び木材チップ等の製造、販売
(2) ハウス事業……………………
プレハブハウスの製造、販売、仮設建物等のリース及び一般建築の請負
(3) アミューズメント事業………
カラオケハウス及びゴルフ場の運営
(4) 不動産事業……………………
不動産の賃貸及び売買

3 営業費用のうち、消去又は全社の項目に含めた配賦不能営業費用は201,799千円であり、主なものは、当社本社の総務部門等管理部門に係る費用であります。

4 資産のうち、消去又は全社の項目に含めた全社資産は1,065,555千円であり、主なものは、当社での余資運用資金(現金及び預金)、長期投資資金(投資有価証券)及び管理部門に係る資産等であります。

5 当連結会計年度において「会計処理の変更」に記載のとおり、「固定資産の減損に係る会計基準」(「固定資産の減損に係る会計基準の設定に関する意見書」(平成14年8月9日 企業会計審議会))及び「固定資産の減損に係る会計基準の適用指針」(平成15年10月31日 企業会計基準適用指針第6号)が平成16年3月31日以降に終了する連結会計年度に係る連結財務諸表から適用できることとなったことに伴い、当連結会計年度から同会計基準及び同適用指針を適用しております。この変更に伴い、前連結会計年度と同一の方法によった場合と比べ、資産は「ハウス事業」において344千円減少し、「アミューズメント事業」で14,009千円減少しております。

 

当連結会計年度(自 平成17年11月1日 至 平成18年10月31日)

 

木材事業
(千円)
ハウス事業
(千円)
アミューズ
メント事業
(千円)
不動産事業
(千円)
計(千円)
消去又は
全社(千円)
連結(千円)
Ⅰ 売上高及び営業損益
  売上高
 (1) 外部顧客に
   対する売上高
5,198,450
2,983,231
969,935
94,127
9,245,744
9,245,744
 (2) セグメント間の内部
   売上高又は振替高
34
211,138
166
211,339
(211,339)
5,198,484
3,194,369
970,101
94,127
9,457,084
(211,339)
9,245,744
  営業費用
4,640,407
3,094,339
944,653
55,318
8,734,718
4,296
8,739,015
  営業利益
558,077
100,029
25,448
38,809
722,365
(215,636)
506,729
Ⅱ 資産、減価償却費、減
  損損失及び資本的支出
  資産
4,441,423
2,785,318
1,806,935
337,708
9,371,386
1,168,121
10,539,507
  減価償却費
145,134
116,067
56,205
4,572
321,979
6,110
328,090
  減損損失
4,238
4,238
4,238
  資本的支出
3,314
161,750
460,862
12,840
638,768
2,155
640,924

(注) 1 事業区分は、内部管理上採用している区分によっております。

2 各事業の主な製品等

(1) 木材事業………………………
梱包用材、ドラム用材、土木建設仮設用材及び木材チップ等の製造、販売
(2) ハウス事業……………………
プレハブハウスの製造、販売、仮設建物等のリース及び一般建築の請負
(3) アミューズメント事業………
カラオケハウス及びゴルフ場の運営
(4) 不動産事業……………………
不動産の賃貸及び売買

3 営業費用のうち、消去又は全社の項目に含めた配賦不能営業費用は216,682千円であり、主なものは、当社本社の総務部門等管理部門に係る費用であります。

4 資産のうち、消去又は全社の項目に含めた全社資産は1,170,007千円であり、主なものは、当社での余資運用資金(現金及び預金)、長期投資資金(投資有価証券)及び管理部門に係る資産等であります。

 

【所在地別セグメント情報】

前連結会計年度(自 平成16年11月1日 至 平成17年10月31日)

 

日本
(千円)
パナマ
(千円)
計(千円)
消去又は
全社(千円)
連結(千円)
Ⅰ 売上高及び営業損益
  売上高
 (1) 外部顧客に
   対する売上高
9,507,106
9,507,106
9,507,106
 (2) セグメント間の内部
   売上高又は振替高
349,504
349,504
(349,504)
9,507,106
349,504
9,856,611
(349,504)
9,507,106
  営業費用
8,786,983
256,403
9,043,387
(148,699)
8,894,687
  営業利益
720,122
93,101
813,224
(200,804)
612,419
Ⅱ 資産
9,677,395
1,816,016
11,493,411
(788,846)
10,704,564

(注) 1 連結会社の所在国によりセグメントを区分し、「日本」「パナマ」のセグメントを設定しております。

2 営業費用のうち、消去又は全社の項目に含めた配賦不能営業費用は201,799千円であり、主なものは、当社本社の総務部門等管理部門に係る費用であります。

3 資産のうち、消去又は全社の項目に含めた全社資産は1,065,555千円であり、主なものは、当社での余資運用資金(現金及び預金)、長期投資資金(投資有価証券)及び管理部門に係る資産等であります。

4 当連結会計年度において「会計処理の変更」に記載のとおり、「固定資産の減損に係る会計基準」(「固定資産の減損に係る会計基準の設定に関する意見書」(平成14年8月9日 企業会計審議会))及び「固定資産の減損に係る会計基準の適用指針」(平成15年10月31日 企業会計基準適用指針第6号)が平成16年3月31日以降に終了する連結会計年度に係る連結財務諸表から適用できることとなったことに伴い、当連結会計年度から同会計基準及び同適用指針を適用しております。この変更に伴い、前連結会計年度と同一の方法によった場合と比べ、資産は「日本」において14,353千円減少しております。

 

当連結会計年度(自 平成17年11月1日 至 平成18年10月31日)

 

日本
(千円)
パナマ
(千円)
計(千円)
消去又は
全社(千円)
連結(千円)
Ⅰ 売上高及び営業損益
  売上高
 (1) 外部顧客に
   対する売上高
9,193,932
51,812
9,245,744
9,245,744
 (2) セグメント間の内部
   売上高又は振替高
361,188
361,188
(361,188)
9,193,932
413,000
9,606,933
(361,188)
9,245,744
  営業費用
8,597,095
287,196
8,884,291
(145,276)
8,739,015
  営業利益
596,837
125,803
722,641
(215,912)
506,729
Ⅱ 資産
9,389,502
1,724,335
11,113,838
(574,331)
10,539,507

(注) 1 連結会社の所在国によりセグメントを区分し、「日本」「パナマ」のセグメントを設定しております。

2 営業費用のうち、消去又は全社の項目に含めた配賦不能営業費用は216,682千円であり、主なものは、当社本社の総務部門等管理部門に係る費用であります。

3 資産のうち、消去又は全社の項目に含めた全社資産は1,170,007千円であり、主なものは、当社での余資運用資金(現金及び預金)、長期投資資金(投資有価証券)及び管理部門に係る資産等であります。

 

【海外売上高】

前連結会計年度(自 平成16年11月1日 至 平成17年10月31日)

海外売上高がないため、該当事項はありません。

 

当連結会計年度(自 平成17年11月1日 至 平成18年10月31日)

海外売上高がないため、該当事項はありません。

 

【関連当事者との取引】

前連結会計年度(自 平成16年11月1日 至 平成17年10月31日)

役員及び個人主要株主等

 

属性
氏名
住所
資本金又
は出資金
(千円)
事業の内容
又は職業
議決権等
の所有
(被所有)
割合(%)
関係内容
取引の内容
取引金額
(千円)
科目
期末残高
(千円)
役員の
兼任等
事業上
の関係
役員及びその近親者、主要株主及びその近親者
中浜勇
当社取締役
会長、TUI
MARITIME
S.A.代表取締役社長、株式会社パル代表取締役社長
被所有
直接
21.6
当社のリース契約取引に係る債務被保証
(注)2
当社の借入金に対する債務被保証
(注)3
7,940
2,468,544
役員及びその近親者
御輿岩男
当社代表
取締役社長
被所有
直接
4.3
当社の借入金に対する債務被保証
(注)3
2,547,628

取引条件及び取引条件の決定方針等

(注) 1 取引金額には消費税等を含んでおりません。

2 当社のリース契約取引に係る債務被保証は、当社とリース会社とのリース契約について、中浜勇氏より保証を受けているものであります。なお、保証料の支払はありません。

3 当社の借入金に対する債務被保証は、当社の金融機関からの借入について、中浜勇氏及び御輿岩男氏より保証を受けているものであります。なお、保証料の支払はありません。

 

当連結会計年度(自 平成17年11月1日 至 平成18年10月31日)

該当事項はありません。

 

(1株当たり情報)

 

項目
前連結会計年度
(自 平成16年11月1日
至 平成17年10月31日)
当連結会計年度
(自 平成17年11月1日
至 平成18年10月31日)
1株当たり純資産額
5,533円50銭
1,954円07銭
1株当たり当期純利益金額
794円70銭
170円90銭
なお、潜在株式調整後1株当たり当期純利益金額については、潜在株式が存在しないため、記載しておりません。
なお、潜在株式調整後1株当たり当期純利益金額については、潜在株式が存在しないため、記載しておりません。
当社は、平成18年3月1日付で普通株式1株につき3株の株式分割を行っております。当該株式分割が前連結会計年度の期首に行われたと仮定した場合の前連結会計年度における1株当たり情報については、以下のとおりであります。
 1株当たり純資産
          1,844円50銭
 1株当たり当期純利益金額
           264円90銭
なお、潜在株式調整後1株当たり当期純利益金額については、潜在株式が存在しないため、記載しておりません。
(追加情報)
「1株当たり当期純利益に関する会計基準の適用指針」(企業会計基準適用指針第4号)が平成18年1月31日付で改正されたことに伴い、当連結会計年度から繰延ヘッジ損益(税効果調整後)の金額を普通株式に係る期末の純資産額に含めております。
なお、前連結会計年度に係る連結財務諸表において採用していた方法により算定した当連結会計年度の1株当たり純資産額は、1,954円51銭であります。

(注) 算定上の基礎

1 1株当たり純資産額

 

項目
前連結会計年度
(自 平成16年11月1日
至 平成17年10月31日)
当連結会計年度
(自 平成17年11月1日
至 平成18年10月31日)
連結貸借対照表の純資産の部の合計額(千円)
3,384,187
純資産の部の合計額から控除する金額(千円)
普通株式に係る期末の純資産額(千円)
3,384,187
1株当たり純資産額の算定に用いられた期末の普通株式の数(株)
1,731,863

  

  

2 1株当たり当期純利益金額

 

項目
前連結会計年度
(自 平成16年11月1日
至 平成17年10月31日)
当連結会計年度
(自 平成17年11月1日
至 平成18年10月31日)
連結損益計算書上の当期純利益(千円)
352,846
238,495
普通株主に帰属しない金額(千円)
普通株式に係る当期純利益(千円)
352,846
238,495
普通株式の期中平均株式数(株)
444,000
1,395,546

 

(重要な後発事象)
前連結会計年度
(自 平成16年11月1日
至 平成17年10月31日)
当連結会計年度
(自 平成17年11月1日
至 平成18年10月31日)
平成18年1月13日開催の当社取締役会の決議に基づき、次のように株式分割による新株式を発行いたしました。
1 平成18年3月1日付をもって普通株式1株につき3株に分割いたしました。
 (1) 分割により増加する株式数
    普通株式 888,000株
 (2) 分割方法
   平成18年2月9日最終の株主名簿に記載または記録された株主の所有株式数を、1株につき3株の割合をもって分割いたしました。
2 配当起算日
   平成17年11月1日
  前期首に当該株式分割が行われたと仮定した場合における(1株当たり情報)の各数値はそれぞれ以下のとおりであります。
前連結会計年度
当連結会計年度
1株当たり純資産額
1,587円70銭
1株当たり当期純利益
136円35銭
なお、潜在株式調整後1株当たり当期純利益金額については、潜在株式が存在しないため記載しておりません。
1株当たり純資産額
1,844円50銭
1株当たり当期純利益
264円90銭
なお、潜在株式調整後1株当たり当期純利益金額については、潜在株式が存在しないため記載しておりません。

 
———

 

 





出典: 株式会社オービス、2006-10-31 期 有価証券報告書