有価証券報告書を3社、または3期分比較分析できる! いますぐトライアルで試す >>
 






セクション一覧
④ 【附属明細表】
【有価証券明細表】

有価証券の金額が資産の総額の100分の1以下であるため、財務諸表等規則第124条の規定により記載を省略しております。

 

【有形固定資産等明細表】

 

資産の種類
前期末残高
(千円)
当期増加額
(千円)
当期減少額
(千円)
当期末残高
(千円)
当期末減価
償却累計額
又は償却
累計額(千円)
当期償却額
(千円)
差引当期末
残高
(千円)
有形固定資産
 
 
 
 
 
 
 
 リース用資産
1,046,219
15,192
180,315
881,095
543,037
93,745
338,057
 建物
1,857,647
11,998
21,973
(842)
1,847,672
979,808
60,870
867,863
 構築物
246,990
1,318
37,536
(963)
210,773
145,395
20,333
65,378
 機械及び装置
2,522,268
57,073
126,507
2,452,834
1,041,461
635,320
1,411,373
 車両運搬具
111,421
5,585
13,830
103,176
89,414
7,787
13,761
 工具、器具及び
 備品
65,085
2,790
12,591
55,284
41,749
8,604
13,535
 土地
1,280,955
6,213
(6,213)
1,274,741
1,274,741
 建設仮勘定
1,387
8,935
10,322
有形固定資産計
7,131,974
102,894
409,290
(8,019)
6,825,578
2,840,866
826,661
3,984,711
無形固定資産
 
 
 
 
 
 
 
 ソフトウェア
53,018
30,909
7,244
22,108
 電話加入権
11,566
11,566
 ソフトウェア
 仮勘定
5,462
5,462
無形固定資産計
70,046
30,909
7,244
39,137
長期前払費用
10,335
11,832
15,068
7,099
7,099
繰延資産
繰延資産計

(注) 1 当期減少額のうち主なものは次のとおりであります。

リース用資産
リース用部材
180,315千円
機械及び装置
東海工場の梱包用材等製造設備
117,249千円

なお、当期減少額のうち( )内は内書きで減損損失として計上した額であります。

2 無形固定資産の金額が資産総額の1%以下であるため、「前期末残高」、「当期増加額」及び「当期減少額」の記載を省略しております。

 

【引当金明細表】

 

区分
前期末残高
(千円)
当期増加額
(千円)
当期減少額
(目的使用)
(千円)
当期減少額
(その他)
(千円)
当期末残高
(千円)
貸倒引当金
5,164
6,794
5,164
6,794
賞与引当金
54,847
21,449
51,001
3,846
21,449
完成工事補償引当金
629
381
629
381
役員退職慰労引当金
102,252
9,357
2,433
109,176

(注) 1 貸倒引当金の当期減少額(その他)は、洗替額であります。

2 貸倒引当金の当期末残高は、破産更生債権等から直接控除した6,243千円は含まれておりません。

3 賞与引当金の当期減少額(その他)は、見積額と実際額の差額であります。





出典: 株式会社オービス、2009-10-31 期 有価証券報告書