有価証券報告書を3社、または3期分比較分析できる! いますぐトライアルで試す >>
 






セクション一覧
(セグメント情報等)

【セグメント情報】

1  報告セグメントの概要

当社のセグメントは、当社の構成単位のうち分離された財務情報が入手可能であり、取締役会が、経営資源の配分の決定及び業績を評価するために、定期的に検討を行う対象となっているものであります。

当社グループは、製品・サービス別に事業部及び連結子会社を置き、各事業部及び連結子会社は取り扱う製品・サービスについて戦略を立案し、事業活動を展開しております。

従って、当社は事業部及び連結子会社を基礎とした製品・サービス別セグメントから構成されており、「木材事業」「ハウス・エコ事業」「アミューズメント事業」「不動産事業」の4つを報告セグメントとしております。

「木材事業」は梱包用材、ドラム用材、土木建設仮設用材及び木材チップ等の製造、販売、「ハウス・エコ事業」はプレハブハウスの製造、販売、仮設建物等のリース、一般建築の請負及び太陽光発電パネルの設置、販売、「アミューズメント事業」はカラオケハウス及びゴルフ場の運営、「不動産事業」は不動産の賃貸及び売買を営んでおります。

 

2  報告セグメントごとの売上高、利益又は損失、資産、その他の項目の金額の算定方法

報告されている事業セグメントの会計処理の方法は、「連結財務諸表作成のための基本となる重要な事項」における記載と概ね同一であります。

報告セグメントの利益は、営業利益ベースの数値であります。セグメント間の内部収益及び振替高は市場実勢価格に基づいております。

 

3  報告セグメントごとの売上高、利益又は損失、資産、その他の項目の金額に関する情報

前連結会計年度(自  平成23年11月1日  至  平成24年10月31日)

 
 
 
 
 
(単位:千円)
 
報告セグメント
合計
木材事業
ハウス・
エコ事業
アミューズ
メント事業
不動産事業
売上高
 
 
 
 
 
  外部顧客への売上高
6,445,689
2,418,837
760,488
119,268
9,744,284
  セグメント間の内部
  売上高又は振替高
231
231
6,445,689
2,418,837
760,720
119,268
9,744,515
セグメント利益
43,187
200,253
5,709
50,103
299,253
セグメント資産
5,393,609
2,421,784
1,302,370
795,160
9,912,925
その他の項目
 
 
 
 
 
  減価償却費
423,612
52,004
48,921
16,271
540,810
  有形固定資産及び
  無形固定資産の増加額
116,283
69,379
11,848
2,419
199,931

 

 

 

 

当連結会計年度(自  平成24年11月1日  至  平成25年10月31日)

 
 
 
 
 
(単位:千円)
 
報告セグメント
合計
木材事業
ハウス・
エコ事業
アミューズ
メント事業
不動産事業
売上高
 
 
 
 
 
  外部顧客への売上高
6,425,023
3,675,440
747,644
141,578
10,989,687
  セグメント間の内部
  売上高又は振替高
2
2
6,425,023
3,675,440
747,647
141,578
10,989,690
セグメント利益又は
セグメント損失(△)
△258,961
371,997
18,035
60,171
191,243
セグメント資産
3,873,440
2,326,113
1,246,832
720,438
8,166,825
その他の項目
 
 
 
 
 
  減価償却費
362,652
40,367
41,553
15,619
460,193
  有形固定資産及び
  無形固定資産の増加額
89,011
112,035
6,361
2,632
210,041

 

 

4  報告セグメント合計額と連結財務諸表計上額との差額及び当該差額の主な内容(差異調整に関する事項)

 
 
(単位:千円)
売上高
前連結会計年度
当連結会計年度
報告セグメント計
9,744,515
10,989,690
セグメント間取引消去
△231
△2
連結財務諸表の売上高
9,744,284
10,989,687

 

 

 
 
(単位:千円)
利益
前連結会計年度
当連結会計年度
報告セグメント計
299,253
191,243
セグメント間取引消去
13,838
15,036
全社費用(注)
△198,294
△189,713
連結財務諸表の営業利益
114,797
16,565

 

(注) 全社費用は、報告セグメントに帰属しない一般管理費であります。

 

 
 
(単位:千円)
資産
前連結会計年度
当連結会計年度
報告セグメント計
9,912,925
8,166,825
全社資産(注)
830,211
1,278,529
連結財務諸表の資産合計
10,743,136
9,445,354

 

(注) 全社資産は、主に報告セグメントに帰属しない当社での余資運用資金(現金及び預金)、長期投資資金(投資有価証券)及び管理部門に係る資産等であります。

 

 

 

 
 
 
 
 
 
 
(単位:千円)
その他の項目
報告セグメント計
その他
調整額(注)
連結財務諸表計上額
前連結
会計年度
当連結
会計年度
前連結
会計年度
当連結
会計年度
前連結
会計年度
当連結
会計年度
前連結
会計年度
当連結
会計年度
減価償却費
540,810
460,193
15,694
14,794
556,505
474,987
有形固定資産及び
無形固定資産の増加額
199,931
210,041
32,028
6,345
231,959
216,386

 

 (注) 減価償却費の調整額は、報告セグメントに配分していない全社資産に係る減価償却費であります。また、有形固定資産及び無形固定資産の増加額の調整額は、報告セグメントに配分していない全社資産に係る資本的支出であります。

 

【関連情報】

前連結会計年度(自 平成23年11月1日 至 平成24年10月31日)

1  製品及びサービスごとの情報

セグメント情報に同様の情報を開示しているため、記載を省略しております。

 

2  地域ごとの情報

(1) 売上高

本邦以外の外部顧客への売上高がないため、該当事項はありません。

 

(2) 有形固定資産

 
 
(単位:千円)
日本
パナマ
合計
4,117,817
851,425
4,969,242

 

 

3  主要な顧客ごとの情報

外部顧客への売上高のうち、連結損益計算書の売上高の10%以上を占める相手先がないため、記載はありません。

 

当連結会計年度(自 平成24年11月1日 至 平成25年10月31日)

1  製品及びサービスごとの情報

セグメント情報に同様の情報を開示しているため、記載を省略しております。

 

2  地域ごとの情報

(1) 売上高

本邦の外部顧客への売上高が連結損益計算書の売上高の90%を超えるため、記載を省略しております。

 

(2) 有形固定資産

 
 
(単位:千円)
日本
パナマ
合計
2,949,820
723,163
3,672,983

 

 

3  主要な顧客ごとの情報

外部顧客への売上高のうち、連結損益計算書の売上高の10%以上を占める相手先がないため、記載はありません。

 

 

【報告セグメントごとの固定資産の減損損失に関する情報】

前連結会計年度(自 平成23年11月1日 至 平成24年10月31日)

該当事項はありません。

 

当連結会計年度(自 平成24年11月1日 至 平成25年10月31日)

 
 
 
 
 
(単位:千円)
 
報告セグメント
合計
木材事業
ハウス・
エコ事業
アミューズ
メント事業
不動産事業
減損損失
988,623
26,014
1,014,638

 

 

【報告セグメントごとののれんの償却額及び未償却残高に関する情報】

該当事項はありません。

 

【報告セグメントごとの負ののれん発生益に関する情報】

該当事項はありません。

 

【関連当事者情報】

1 関連当事者との取引

(1) 連結財務諸表提出会社と関連当事者の取引

連結財務諸表提出会社の役員及び主要株主(個人の場合に限る。)等

前連結会計年度(自  平成23年11月1日  至  平成24年10月31日)

 

種類
会社等の名称
又は氏名
所在地
資本金又
は出資金
(千円)
事業の内容
又は職業
議決権等
の所有
(被所有)割合(%)
関連当事者
との関係
取引の内容
取引金額
(千円)
科目
期末残高
(千円)
役員の
近親者が
議決権の
過半数を
所有して
いる会社
株式会社和幸
広島県
福山市
95,000
自然エネ
ルギー等
による
発電事業
被所有
直接
3.5
太陽光発電システムの施工及び土地造成工事
太陽光発電システムの施工及び土地造成工事(注)3
247,491
完成工事
未収入金
152,419

 

(注) 1 取引金額には、消費税等を含んでおりません。

2 当社役員中浜勇治及び中浜勇の近親者が100%直接保有しております。

3 取引条件及び取引条件の決定方針は、一般の取引先と同様であります。

 

当連結会計年度(自  平成24年11月1日  至  平成25年10月31日)

 

種類
会社等の名称
又は氏名
所在地
資本金又
は出資金
(千円)
事業の内容
又は職業
議決権等
の所有
(被所有)割合(%)
関連当事者
との関係
取引の内容
取引金額
(千円)
科目
期末残高
(千円)
役員の
近親者が
議決権の
過半数を
所有して
いる会社
株式会社和幸
広島県
福山市
95,000
自然エネ
ルギー等
による
発電事業
被所有
直接
1.1
太陽光発電システムの施工及び土地造成工事
太陽光発電システムの施工及び土地造成工事(注)3
349,710
完成工事
未収入金
103,568

 

(注) 1 取引金額には、消費税等を含んでおりません。

2 当社役員中浜勇治及び中浜勇の近親者が100%直接保有しております。

3 取引条件及び取引条件の決定方針は、一般の取引先と同様であります。 

 

(2) 連結財務諸表提出会社の連結子会社と関連当事者との取引

該当事項はありません。

 

 

2 親会社又は重要な関連会社に関する注記

(1) 親会社情報

該当事項はありません。

 

(2) 重要な関連会社の要約財務情報

該当事項はありません。

 

(1株当たり情報)

 

項目
前連結会計年度
(自 平成23年11月1日
至 平成24年10月31日)
当連結会計年度
(自 平成24年11月1日
至 平成25年10月31日)
1株当たり純資産額
814円68銭
160円64銭
1株当たり当期純利益金額
又は当期純損失金額(△)
37円94銭
△666円22銭

 

(注)  潜在株式調整後1株当たり当期純利益金額については、潜在株式が存在しないため、記載しておりません。

算定上の基礎

1 1株当たり純資産額

 

項目
前連結会計年度
(平成24年10月31日)
当連結会計年度
(平成25年10月31日)
連結貸借対照表の純資産の部の合計額(千円)
1,410,474
278,085
純資産の部の合計額から控除する金額(千円)
普通株式に係る期末の純資産額(千円)
1,410,474
278,085
1株当たり純資産額の算定に用いられた期末の普通株式の数(株)
1,731,326
1,731,145

 

  

2 1株当たり当期純利益金額

 

項目
前連結会計年度
(自 平成23年11月1日
至 平成24年10月31日)
当連結会計年度
(自 平成24年11月1日
至 平成25年10月31日)
連結損益計算書上の当期純利益
又は当期純損失(△)(千円)
65,692
△1,153,387
普通株主に帰属しない金額(千円)
普通株式に係る当期純利益
又は当期純損失(△)(千円)
65,692
△1,153,387
普通株式の期中平均株式数(株)
1,731,326
1,731,240

 

 

 

(重要な後発事象)

当連結会計年度(自 平成24年11月1日 至 平成25年10月31日)

当社の連結子会社であるTUI MARITIME S.A.(パナマ国)は、平成26年1月7日開催の取締役会で、下記のとおり所有する固定資産(船舶)の譲渡を決議いたしました。

 

1.譲渡の理由 

当社グループの資産の有効的活用及び財務体質の強化を図るため、連結子会社が所有する固定資産を譲渡することといたしました。

 

2.譲渡資産の内容

資産の内容 船名       : グリーンホープ    

      最大載貨重量屯数 : 35,107トン

      竣工年月     : 平成14年8月

譲渡価格  1,300万米ドル

譲渡益    690百万円(譲渡益は、譲渡に係る費用を控除した額を記載しております。)

 

3.譲渡先の概要

譲渡先は海外の一般事業者でありますが、譲渡先との取り決めにより公表を控えさせていただきます。
 なお、当社と譲渡先である海外の一般事業者との間には、通常の商取引関係がありますが、資本関係、人的関係、関連当事者として特記すべき事項はありません。

 

4.譲渡日程

   契約締結日   平成26年1月21日

   物件引渡予定日 平成26年5月下旬

 

5.当該事象で連結損益に与える影響額

上記の固定資産の譲渡に伴い、平成26年10月期(自 平成25年11月1日 至 平成26年10月31日)において、固定資産売却益690百万円を特別利益に計上する見込みであります。

 





出典: 株式会社オービス、2013-10-31 期 有価証券報告書