有価証券報告書を3社、または3期分比較分析できる! いますぐトライアルで試す >>
 






セクション一覧

第一部【企業情報】

第1【企業の概況】

1【主要な経営指標等の推移】

回次

第172期

第173期

第174期

第175期

第176期

決算年月

平成25年5月

平成26年5月

平成27年5月

平成28年5月

平成29年5月

売上高

(千円)

8,690,592

8,493,975

8,638,021

8,435,086

8,356,118

経常利益

(千円)

530,877

234,941

157,042

310,447

94,393

当期純利益

(千円)

361,605

129,465

76,779

179,623

64,124

持分法を適用した場合の投資

利益

(千円)

資本金

(千円)

821,070

821,070

821,070

821,070

821,070

発行済株式総数

(株)

7,000,000

7,000,000

7,000,000

5,500,000

5,500,000

純資産額

(千円)

7,428,077

7,508,637

8,047,702

7,914,751

7,996,708

総資産額

(千円)

10,862,434

11,151,781

12,061,163

11,656,031

11,790,915

1株当たり純資産額

(円)

1,245.94

1,259.72

1,395.10

1,609.51

1,626.38

1株当たり配当額

(円)

12.00

12.00

12.00

12.00

12.00

(うち1株当たり中間配当額)

(6.00)

(6.00)

(6.00)

(6.00)

(6.00)

1株当たり当期純利益金額

(円)

58.52

21.71

13.04

34.24

13.04

潜在株式調整後1株当たり当期

純利益金額

(円)

自己資本比率

(%)

68.4

67.3

66.7

67.9

67.8

自己資本利益率

(%)

5.1

1.7

1.0

2.3

0.8

株価収益率

(倍)

6.9

17.1

37.3

13.8

44.1

配当性向

(%)

20.5

55.3

92.0

35.0

92.0

営業活動によるキャッシュ・

フロー

(千円)

749,017

337,455

557,715

380,319

532,752

投資活動によるキャッシュ・

フロー

(千円)

266,175

247,532

23,281

32,263

112,612

財務活動によるキャッシュ・

フロー

(千円)

204,516

83,914

158,855

453,539

66,517

現金及び現金同等物の期末残高

(千円)

2,213,771

2,219,780

2,595,358

2,489,875

3,068,722

従業員数

(人)

166

170

176

176

175

(注)1.当社は連結財務諸表を作成しておりませんので、連結会計年度にかかる主要な経営指標等の推移については記載しておりません。

2.売上高には消費税等は含まれておりません。

3.持分法を適用した場合の投資利益については、関連会社がないため、記載しておりません。

4.潜在株式調整後1株当たり当期純利益金額については、潜在株式が存在しないため、記載しておりません。

2【沿革】

明治40年2月   板紙の製造を目的として、岡山製紙株式会社を設立

明治41年9月   本社工場に1号円網式抄紙機を新設し、板紙の製造販売を開始

昭和16年4月   天城板紙合資会社を吸収合併

昭和18年6月   共同紙器合資会社を吸収合併し、大阪工場、東京工場として、紙器事業を開始

昭和26年8月   東京工場閉鎖

昭和27年8月   本社工場に2号円網式抄紙機を新設

昭和34年4月   本社工場に3号円網式抄紙機を新設

昭和43年2月   3号抄紙機を長網式に改造

昭和45年6月   大阪工場を現在地に移転

昭和48年3月   加工工場を新設し、美粧段ボール事業を開始

昭和52年6月   2号抄紙機を廃棄(業界過剰設備対策)

昭和63年8月   2号円網式抄紙機を新設

平成元年4月   自家発電設備を新設

平成2年7月   N−3号長網抄紙機を新設

平成2年8月   社名を株式会社岡山製紙に変更

平成5年1月   原質設備を更新

平成6年5月   株式会社林原に第三者割当増資を実施し、同社の子会社となる

平成10年9月   5号パルパー設備を新設

平成12年12月   株式公開(日本証券業協会に店頭売買銘柄として登録)

平成13年6月   大阪工場を大阪営業所に改組

平成13年10月   太陽殖産株式会社の株主の異動により、当社は株式会社林原の子会社ではなくなる

平成14年5月   ISO14001を認証取得(本社工場・事業所)

平成14年12月   フレキソ印刷機を新設

平成16年12月   日本証券業協会への店頭登録を取消し、ジャスダック証券取引所に株式を上場

平成17年5月   ISO9001を認証取得(本社工場・事業所)

平成18年11月   ガスタービン発電設備を新設

平成22年4月   ジャスダック証券取引所と大阪証券取引所の合併に伴い、大阪証券取引所JASDAQ(現 東京証券取引所JASDAQ(スタンダード))に上場

平成23年12月   大阪営業所閉鎖

平成25年7月   東京証券取引所と大阪証券取引所の統合に伴い、東京証券取引所JASDAQ(スタンダード)に上場

平成27年4月   大阪加工営業所開設

3【事業の内容】

 当社の企業集団(当社及び当社の関係会社)は当社(株式会社岡山製紙)と王子ホールディングス株式会社(その他の関係会社)から構成されており、当社は中芯原紙・紙管原紙を主体とした板紙と美粧段ボールの製造、販売を主たる事業としております。

 当社の事業内容は、次のとおりであります。

板紙事業……………この事業は、段ボール製造用原紙の一品種である中芯原紙及び紙、布、セロファン、テープ、糸などの巻しんに使用される紙管原紙の製造販売を行っております。

美粧段ボール事業…この事業は、青果物、食品、家電製品等の包装箱や贈答箱の製造販売を行っております。

 当社と関係会社の当該事業に係る位置付けは次のとおりであります。

 その他の関係会社の王子ホールディングス株式会社の100%子会社である森紙販売株式会社、佐賀板紙株式会社及び王子コンテナ−株式会社とは、当社製品の販売取引を行っております。

 また、当社の監査役岡﨑彬氏が代表取締役社長の岡山ガス株式会社とは、産業用ガスの購入取引を行っております。

[事業系統図]

以上述べた事項を事業系統図によって示すと次のとおりであります。

0101010_001.png

4【関係会社の状況】

名称

住所

資本金

(百万円)

主要な事業の内容

議決権の所有割合

又は被所有割合(%)

関係内容

(その他の関係会社)

王子ホールディングス

株式会社

東京都中央区

103,880

板紙事業

(所有)

(被所有)

46.47

───

(注)1.主要な事業の内容欄には、セグメントの名称を記載しております。

2.有価証券報告書提出会社であります。

5【従業員の状況】

(1)提出会社の状況

平成29年5月31日現在

 

従業員数(人)

平均年齢(歳)

平均勤続年数(年)

平均年間給与(円)

175

42.1

19.1

4,768,797

 

セグメントの名称

従業員数(人)

板紙事業

118

美粧段ボール事業

44

報告セグメント計

162

全社(共通)

13

合計

175

(注)1.平均年間給与は、賞与及び基準外賃金を含んでおります。

2.全社(共通)として記載されている従業員数は、管理部門に所属しているものであります。

(2)労働組合の状況

労働組合は結成されておりませんが、労使関係は円満に推移しております。





出典: 株式会社岡山製紙、2017-05-31 期 有価証券報告書