有価証券報告書を3社、または3期分比較分析できる! いますぐトライアルで試す >>
 






セクション一覧
(セグメント情報)

【事業の種類別セグメント情報】

前連結会計年度(自平成20年4月1日  至平成21年3月31日)及び当連結会計年度(自平成21年4月1日  至平成22年3月31日)

当社グループは、一般的な印刷物の製造・販売並びに印刷技術の応用展開による特殊な印刷物及び関連機材の製造・販売を主な事業としております。全セグメントの売上高の合計、営業利益及び全セグメントの資産の金額の合計額に占める一セグメントの割合がいずれも90%を超えているため、事業の種類別セグメント情報の記載を省略しております。

 

【所在地別セグメント情報】

前連結会計年度(自 平成20年4月1日 至 平成21年3月31日)

 
日本
(百万円)
アジア
(百万円)
その他
(百万円)
合計
(百万円)
消去又は全社
(百万円)
連結
(百万円)
Ⅰ 売上高及び営業損益
 
 
 
 
 
 
  売上高
 
 
 
 
 
 
 (1) 外部顧客に
   対する売上高
106,893
13,980
6,892
127,767
127,767
 (2) セグメント間の内部
   売上高又は振替高
16,294
1,479
964
18,738
(18,738)
123,187
15,460
7,857
146,505
(18,738)
127,767
  営業費用
108,201
13,973
7,635
129,810
(18,346)
111,464
  営業利益
14,986
1,486
221
16,694
(391)
16,302
Ⅱ 資産
146,006
9,696
3,859
159,562
(10,775)
148,787

(注) 1 国又は地域の区分方法は、地理的近接度によっております。

2 日本以外の区分に属する主な国又は地域は以下のとおりであります。

  アジア:東アジア及び東南アジア諸国

  その他:ヨーロッパ諸国及び米国その他

3 アジアにおける売上高の金額が、全セグメントの売上高の10%を超えたため、当連結会計年度より、所在地別セグメント情報を記載しております。

4 「会計方針の変更」に記載のとおり、当連結会計年度から「棚卸資産の評価に関する会計基準」(企業会計基準委員会 平成18年7月5日公表分)を適用しております。

  この結果、従来の方法に比べて、当連結会計年度の営業利益は日本が975百万円、アジアが32百万円それぞれ減少しております。

 

当連結会計年度(自 平成21年4月1日 至 平成22年3月31日)

 
日本
(百万円)
アジア
(百万円)
その他
(百万円)
合計
(百万円)
消去又は全社
(百万円)
連結
(百万円)
Ⅰ 売上高及び営業損益
 
 
 
 
 
 
  売上高
 
 
 
 
 
 
 (1) 外部顧客に
   対する売上高
105,129
17,734
4,101
126,965
126,965
 (2) セグメント間の内部
   売上高又は振替高
17,658
3,933
844
22,435
(22,435)
122,787
21,668
4,945
149,401
(22,435)
126,965
  営業費用
112,554
20,587
4,866
138,008
(22,299)
115,708
  営業利益
10,233
1,080
78
11,392
(135)
11,257
Ⅱ 資産
148,666
11,940
3,466
164,074
(10,996)
153,077

(注) 1 国又は地域の区分方法は、地理的近接度によっております。

2 日本以外の区分に属する主な国又は地域は以下のとおりであります。

  アジア:東アジア及び東南アジア諸国

  その他:ヨーロッパ諸国及び米国その他

【海外売上高】

前連結会計年度(自 平成20年4月1日 至 平成21年3月31日)

 
アジア
欧州
北米
Ⅰ 海外売上高(百万円)
65,047
3,021
12,005
80,075
Ⅱ 連結売上高(百万円)
127,767
Ⅲ 連結売上高に占める海外売上高の割合(%)
50.9
2.4
9.4
62.7

(注) 1 国又は地域の区分方法は、地理的近接度によっております。

2 各区分に属する主な国又は地域は以下のとおりであります。

  アジア:東アジア及び東南アジア諸国

  欧州:ヨーロッパ諸国

  北米:米国

3 海外売上高は当社及び連結子会社の本邦以外の国又は地域に対する売上高であります。

4 従来、「その他」として表示しておりました北米その他の地域は、北米の重要性が増し、かつ該当する地域が北米のみとなったため、当連結会計年度より地域名を「北米」と変更しております。

 

当連結会計年度(自 平成21年4月1日 至 平成22年3月31日)

 
アジア
欧州
米州
Ⅰ 海外売上高(百万円)
76,688
2,428
7,855
86,972
Ⅱ 連結売上高(百万円)
126,965
Ⅲ 連結売上高に占める海外売上高の割合(%)
60.4
1.9
6.2
68.5

(注) 1 国又は地域の区分方法は、地理的近接度によっております。

2 各区分に属する主な国又は地域は以下のとおりであります。

  アジア:東アジア及び東南アジア諸国

  欧州:ヨーロッパ諸国

  米州:米国、中南米その他

3 従来、「北米」として表示しておりました米国その他の地域は、南米での売上高が発生したことに伴い、当連結会計年度より地域名を「米州」と変更しております。

4 海外売上高は当社及び連結子会社の本邦以外の国又は地域に対する売上高であります。

 

(企業結合等関係)

前連結会計年度(自 平成20年4月1日 至 平成21年3月31日)

重要性が乏しいため記載を省略しております。

 

当連結会計年度(自 平成21年4月1日 至 平成22年3月31日)

重要性が乏しいため記載を省略しております。

 

【関連当事者情報】

前連結会計年度(自 平成20年4月1日 至 平成21年3月31日)

該当事項はありません。

 

当連結会計年度(自 平成21年4月1日 至 平成22年3月31日)

関連当事者との取引

連結財務諸表提出会社の連結子会社と関連当事者との取引

連結財務諸表提出会社の役員及び主要株主(個人の場合に限る。)等

 

種類
会社等の名称又は氏名
所在地
資本金又は出資金
(百万円)
事業の内容
又は職業
議決権等の
所有(被所有)割合(%)
関連当事者との関係
取引の
内容
取引金額
(百万円)
科目
期末残高
(百万円)
役員及びその近親者が議決権の過半数を所有する会社
鈴木興産㈱
京都市
北区
10
資産管理
(被所有)
直接 5.92
役員の
兼任
土地
売却
(注)2
159

(注) 1 取引金額には消費税等を含めておりません。

2 取引条件及び取引条件の決定方針等

当社の子会社であるニッシャビジネスサービス株式会社が所有する土地を売却したものであり、売却価格は独立した不動産鑑定士による鑑定価格を勘案して決定しております。

 

(1株当たり情報)

 

前連結会計年度
(自 平成20年4月1日
至 平成21年3月31日)
当連結会計年度
(自 平成21年4月1日
至 平成22年3月31日)
1株当たり純資産額
1,902.12円
1株当たり純資産額
2,051.09円
1株当たり当期純利益
200.97円
1株当たり当期純利益
160.38円
 潜在株式調整後1株当たり当期純利益は、潜在株式が存在しないため記載しておりません。
 潜在株式調整後1株当たり当期純利益は、潜在株式が存在しないため記載しておりません。

 

 

   (注) 1株当たり当期純利益金額の算定上の基礎は、以下のとおりであります。

項  目
前連結会計年度
(自 平成20年4月1日
至 平成21年3月31日)
当連結会計年度
(自 平成21年4月1日
至 平成22年3月31日)
当期純利益(百万円)
8,689
6,934
普通株主に帰属しない金額(百万円)
普通株式に係る当期純利益(百万円)
8,689
6,934
期中平均株式数(千株)
43,239
43,237

 
(重要な後発事象)

該当事項はありません。





出典: 日本写真印刷株式会社、2010-03-31 期 有価証券報告書