有価証券報告書を3社、または3期分比較分析できる! いますぐトライアルで試す >>
 






セクション一覧
(セグメント情報等)

【セグメント情報】

1.  報告セグメントの概要

当社の報告セグメントは、当社の構成単位のうち分離された財務情報が入手可能であり、取締役会が経営資源の配分の決定および業績を評価するために、定期的に検討を行う対象となっているものであります。

当社は、本社に製品・サービス別の事業部を置き、各事業部は取り扱う製品・サービスについて国内および海外の包括的な戦略を立案し、事業活動を展開しております。

従って、当社は事業部を基礎とした製品・サービス別のセグメントから構成されており、「産業資材」「ディバイス」「情報コミュニケーション」および「その他」の4つを報告セグメントとしております。

「産業資材」は加飾フィルム・金型・成形加工品の生産・販売をしております。「ディバイス」は入力ディバイスの生産・販売をしております。「情報コミュニケーション」は販売促進向けや出版印刷分野の製品・サービスを企画、生産、販売しております。「その他」はガスセンサー生産販売事業等であります。

 

2.  報告セグメントごとの売上高、利益または損失、資産、その他の項目の金額の算定方法

報告されている事業セグメントの会計処理の方法は、「連結財務諸表作成のための基本となる重要な事項」における記載と概ね同一であります。また、セグメント間の取引高および振替高は市場実勢価格に基づいております。

「会計方針の変更」に記載のとおり、当連結会計年度より、退職給付債務および勤務費用の計算方法を変更したことに伴い、事業セグメントの退職給付債務および勤務費用の計算方法を同様に変更しております。

なお、当該変更に伴うセグメント利益または損失(△)に与える影響は軽微であります。

 

3.  報告セグメントごとの売上高、利益または損失、資産、その他の項目の金額に関する情報

 

前連結会計年度(自 平成25年4月1日 至 平成26年3月31日)

 

 

(単位:百万円)

 

報告セグメント

調整額
(注)1

連結財務諸表計上額
(注)2

 

産業資材

ディバイス

情報コミュニケーション

その他

売上高

 

 

 

 

 

 

 

外部顧客への売上高

26,409

66,315

18,070

126

110,922

110,922

セグメント間の内部売上高または振替高

27

651

679

679

26,409

66,343

18,070

778

111,601

679

110,922

セグメント利益または損失(△)

1,122

7,440

691

46

5,580

3,644

1,935

セグメント資産

26,467

34,643

6,622

443

68,176

37,963

106,140

その他の項目

 

 

 

 

 

 

 

減価償却費

2,731

6,653

222

19

9,627

1,592

11,219

有形固定資産および無形
固定資産の増加額

895

10,581

164

76

11,717

569

12,287

 

(注) 1. 調整額は、以下のとおりであります。

 (1) セグメント利益または損失(△)の調整額△3,644百万円には各報告セグメントに配分していない全社費用等が含まれております。全社費用は、主に報告セグメントに帰属しない一般管理費であります。

 (2) セグメント資産の調整額37,963百万円には報告セグメントに配分していない現金・預金、投資有価証券および全社(研究開発・管理)の固定資産などが含まれております。

 (3) 減価償却費の調整額1,592百万円は、全社(研究開発・管理)の固定資産に係るものであります。

 (4) 有形固定資産および無形固定資産の増加額の調整額569百万円は、全社(研究開発・管理)の設備投資額であります。

2. セグメント利益または損失(△)は、連結損益計算書の営業利益と調整を行っております。

 

 

当連結会計年度(自 平成26年4月1日 至 平成27年3月31日)

 

 

(単位:百万円)

 

報告セグメント

調整額
(注)1

連結財務諸表計上額
(注)2

 

産業資材

ディバイス

情報コミュニケーション

その他

売上高

 

 

 

 

 

 

 

外部顧客への売上高

29,460

70,266

17,890

1,158

118,775

118,775

セグメント間の内部売上高または振替高

2

952

692

1,647

1,647

29,462

71,219

17,890

1,850

120,422

1,647

118,775

セグメント利益または損失(△)

235

13,594

657

284

12,416

3,666

8,750

セグメント資産

29,287

28,040

6,676

2,890

66,894

48,536

115,430

その他の項目

 

 

 

 

 

 

 

減価償却費

2,385

5,385

220

78

8,069

1,617

9,687

のれん償却額

12

0

161

173

173

有形固定資産および無形
固定資産の増加額

1,147

692

102

56

1,998

1,209

3,207

 

(注) 1. 調整額は、以下のとおりであります。

 (1) セグメント利益または損失(△)の調整額△3,666百万円には各報告セグメントに配分していない全社費用等が含まれております。全社費用は、主に報告セグメントに帰属しない一般管理費であります。

 (2) セグメント資産の調整額48,536百万円は報告セグメントに配分していない現金・預金、投資有価証券、全社(研究開発・管理)の固定資産等48,902百万円およびセグメント間の債権債務消去額△366百万円であります。

 (3) 減価償却費の調整額1,617百万円は、全社(研究開発・管理)の固定資産に係るものであります。

 (4) 有形固定資産および無形固定資産の増加額の調整額1,209百万円は、全社(研究開発・管理)の設備投資額であります。

2. セグメント利益または損失(△)は、連結損益計算書の営業利益と調整を行っております。

 

 

【関連情報】

前連結会計年度(自 平成25年4月1日 至 平成26年3月31日)

1.  製品およびサービスごとの情報

セグメント情報に同様の情報を開示しているため、記載を省略しております。

 

2.  地域ごとの情報

(1) 売上高

 

 

 

(単位:百万円)

日本

アイルランド

その他

合計

29,956

55,324

25,642

110,922

 

(注) 売上高は顧客の所在地を基礎とし、国または地域に分類しております。

 

(2) 有形固定資産

本邦に所在している有形固定資産の金額が連結貸借対照表の有形固定資産の金額の90%を超えているため、省略しております。

 

3. 主要な顧客ごとの情報

 

 

(単位:百万円)

顧客の名称または氏名

売上高

関連するセグメント名

APPLE OPERATIONS

55,324

ディバイス

 

 

当連結会計年度(自 平成26年4月1日 至 平成27年3月31日)

1.  製品およびサービスごとの情報

セグメント情報に同様の情報を開示しているため、記載を省略しております。

 

2.  地域ごとの情報

(1) 売上高

 

 

 

(単位:百万円)

日本

アイルランド

その他

合計

28,889

63,801

26,084

118,775

 

(注) 売上高は顧客の所在地を基礎とし、国または地域に分類しております。

 

(2) 有形固定資産

本邦に所在している有形固定資産の金額が連結貸借対照表の有形固定資産の金額の90%を超えているため、省略しております。

 

3. 主要な顧客ごとの情報

 

 

(単位:百万円)

顧客の名称または氏名

売上高

関連するセグメント名

APPLE OPERATIONS

63,801

ディバイス

 

 

 

【報告セグメントごとの固定資産の減損損失に関する情報】

前連結会計年度(自 平成25年4月1日 至 平成26年3月31日)

該当事項はありません。

 

当連結会計年度(自 平成26年4月1日 至 平成27年3月31日)

 

 

 

 

 

 

(単位:百万円)

 

産業資材

ディバイス

情報コミュニケーション

その他

全社・消去

合計

減損損失

954

430

9

0

1,394

 

 

【報告セグメントごとののれんの償却額及び未償却残高に関する情報】

前連結会計年度(自 平成25年4月1日 至 平成26年3月31日)

該当事項はありません。

 

当連結会計年度(自 平成26年4月1日 至 平成27年3月31日)

 

 

 

 

 

 

(単位:百万円)

 

産業資材

ディバイス

情報コミュニケーション

その他

全社・消去

合計

当期償却額

12

0

161

173

当期末残高

707

1,556

2,263

 

 

【報告セグメントごとの負ののれん発生益に関する情報】

前連結会計年度(自 平成25年4月1日 至 平成26年3月31日)

該当事項はありません。

 

当連結会計年度(自 平成26年4月1日 至 平成27年3月31日)

該当事項はありません。

 

 

【関連当事者情報】

該当事項はありません。

 

(1株当たり情報)

 

 

前連結会計年度

(自 平成25年4月1日

至 平成26年3月31日)

当連結会計年度

(自 平成26年4月1日

至 平成27年3月31日)

1株当たり純資産額

1,204.17円

1,545.30円

1株当たり当期純利益

92.46円

262.05円

 

(注) 1.潜在株式調整後1株当たり当期純利益については、潜在株式が存在しないため記載しておりません。

2.「会計方針の変更」に記載のとおり、退職給付会計基準等を適用し、退職給付会計基準第37項に定める経過的な取扱いに従っております。

この結果、当連結会計年度の1株当たり純資産が19円18銭増加しております。なお、1株当たり当期純利益に与える影響は軽微であります。

3.1株当たり当期純利益の算定上の基礎は、以下のとおりであります。

項目

前連結会計年度

(自 平成25年4月1日

至 平成26年3月31日)

当連結会計年度

(自 平成26年4月1日

至 平成27年3月31日)

 当期純利益(百万円)

3,967

11,245

 普通株主に帰属しない金額(百万円)

 普通株式に係る当期純利益(百万円)

3,967

11,245

 普通株式の期中平均株式数(千株)

42,914

42,913

 

 

(重要な後発事象)

該当事項はありません。





出典: 日本写真印刷株式会社、2015-03-31 期 有価証券報告書