有価証券報告書を3社、または3期分比較分析できる! いますぐトライアルで試す >>
 






セクション一覧
2【財務諸表等】
(1) 【財務諸表】
① 【貸借対照表】
   
前事業年度 
(平成19年3月31日)
当事業年度 
(平成20年3月31日)
区分
注記
番号
金額(千円)
構成比
(%)
金額(千円)
構成比
(%)
(資産の部)
             
Ⅰ 流動資産
             
1.現金及び預金
   
7,073,548
   
6,916,018
 
2.受取手形
※3
 
54,967
   
58,503
 
3.売掛金
   
2,201,137
   
1,862,985
 
4.有価証券
   
3,485,170
   
3,482,185
 
5.原材料
   
11,773
   
14,165
 
6.仕掛品
   
159,619
   
160,626
 
7.貯蔵品
   
6,496
   
1,443
 
8.前払費用
   
137,143
   
170,976
 
9.未収入金
   
   
366,120
 
10.繰延税金資産
   
218,769
   
207,958
 
11.その他
   
50,709
   
16,790
 
貸倒引当金
   
△5,160
   
△3,403
 
流動資産合計
   
13,394,176
52.5
 
13,254,369
54.5
Ⅱ 固定資産
             
1.有形固定資産
             
(1) 建物
 
1,466,663
   
1,587,923
   
減価償却累計額
 
824,581
642,081
 
854,111
733,811
 
(2) 構築物
 
135,415
   
136,104
   
減価償却累計額
 
92,245
43,170
 
98,869
37,234
 
(3) 機械及び装置
 
1,546,555
   
1,448,881
   
減価償却累計額
 
992,868
553,686
 
1,023,743
425,138
 
(4) 車両運搬具
 
16,105
   
22,000
   
減価償却累計額
 
11,011
5,093
 
16,451
5,548
 
(5) 工具器具備品
 
584,550
   
675,233
   
減価償却累計額
 
411,065
173,484
 
404,892
270,340
 
(6) 土地
※1
 
2,567,592
   
2,567,592
 
有形固定資産合計
   
3,985,110
15.6
 
4,039,666
16.6
2.無形固定資産
             
(1) ソフトウェア
   
33,578
   
340,744
 
(2) 電話加入権
   
6,510
   
6,510
 
無形固定資産合計
   
40,088
0.2
 
347,254
1.5

 

   
前事業年度 
(平成19年3月31日)
当事業年度 
(平成20年3月31日)
区分
注記
番号
金額(千円)
構成比
(%)
金額(千円)
構成比
(%)
3.投資その他の資産
             
(1) 投資有価証券
   
6,173,872
   
4,251,914
 
(2) 関係会社株式
   
368,650
   
290,745
 
(3) 出資金
   
330
   
330
 
(4) 破産更生債権等
   
6,016
   
5,562
 
(5) 長期前払費用
   
6,199
   
10,037
 
(6) 繰延税金資産
   
368,128
   
602,271
 
(7) 敷金及び保証金
   
652,148
   
788,666
 
(8) 施設利用会員権
   
174,701
   
175,983
 
(9) 長期性預金
   
200,000
   
200,000
 
(10) 前払年金費用
   
   
304,920
 
(11) その他
   
234,617
   
107,851
 
貸倒引当金
   
△96,705
   
△75,829
 
投資その他の資産合計
   
8,087,958
31.7
 
6,662,452
27.4
固定資産合計
   
12,113,157
47.5
 
11,049,373
45.5
資産合計
   
25,507,334
100.0
 
24,303,742
100.0
 
 
 
 
 
 
 
 
(負債の部)
             
Ⅰ 流動負債
             
1.買掛金
※2
 
700,777
   
636,789
 
2.短期借入金
   
160,000
   
150,000
 
3.未払金
   
329,067
   
281,520
 
4.未払消費税等
   
75,773
   
30,668
 
5.未払費用
   
218,893
   
258,441
 
6.未払法人税等
   
966,506
   
458,033
 
7.前受金
   
9,495
   
13,770
 
8.預り金
   
114,688
   
100,539
 
9.賞与引当金
   
287,000
   
305,093
 
10.役員賞与引当金
   
50,000
   
50,000
 
11.前受収益
   
7,000
   
7,119
 
流動負債合計
   
2,919,203
11.5
 
2,291,976
9.4
Ⅱ 固定負債
             
1.退職給付引当金
   
397,170
   
473,735
 
2.役員退職慰労引当金
   
255,984
   
300,201
 
3.その他
   
17,321
   
165,601
 
固定負債合計
   
670,476
2.6
 
939,538
3.9
負債合計
   
3,589,679
14.1
 
3,231,514
13.3
 
 
 
 
 
 
 
 

 

   
前事業年度 
(平成19年3月31日)
当事業年度 
(平成20年3月31日)
区分
注記
番号
金額(千円)
構成比
(%)
金額(千円)
構成比
(%)
(純資産の部)
             
Ⅰ 株主資本
             
1.資本金
   
3,054,954
12.0
 
3,058,034
12.6
2.資本剰余金
             
(1) 資本準備金
 
4,679,924
   
4,682,984
   
資本剰余金合計
   
4,679,924
18.3
 
4,682,984
19.2
3.利益剰余金
             
(1) 利益準備金
 
177,336
   
177,336
   
(2) その他利益剰余金
             
特別償却準備金
 
1,232
   
111
   
別途積立金
 
11,200,000
   
12,800,000
   
繰越利益剰余金
 
2,621,068
   
1,747,035
   
利益剰余金合計
   
13,999,638
54.9
 
14,724,483
60.6
4.自己株式
   
△159,403
△0.6
 
△1,461,749
△6.0
株主資本合計
   
21,575,113
84.6
 
21,003,752
86.4
Ⅱ 評価・換算差額等
             
1.その他有価証券評価差額金
   
342,541
1.3
 
68,475
0.3
評価・換算差額等合計
   
342,541
1.3
 
68,475
0.3
純資産合計
   
21,917,654
85.9
 
21,072,227
86.7
負債純資産合計
   
25,507,334
100.0
 
24,303,742
100.0
 
 
 
 
 
 
 
 
② 【損益計算書】
 
 
前事業年度
(自 平成18年4月1日
至 平成19年3月31日)
当事業年度
(自 平成19年4月1日
至 平成20年3月31日)
区分
注記
番号
金額(千円)
百分比
(%)
金額(千円)
百分比
(%)
Ⅰ 売上高
   
21,577,100
100.0
 
21,823,416
100.0
Ⅱ 売上原価
※2
           
1.当期製品製造原価
 
 
12,159,855
56.4
 
12,860,422
58.9
売上総利益
   
9,417,244
43.6
 
8,962,993
41.1
Ⅲ 販売費及び一般管理費
※2
           
1.荷造運搬費
 
44,861
   
42,409
   
2.広告宣伝費
 
302,321
   
233,324
   
3.貸倒引当金繰入額
 
129
   
493
   
4.役員報酬
 
205,550
   
203,330
   
5.給料手当
 
1,959,072
   
2,154,317
   
6.賞与
 
322,409
   
267,540
   
7.賞与引当金繰入額
 
174,704
   
181,358
   
8.役員賞与引当金繰入額
 
50,000
   
50,000
   
9.退職給付費用
 
80,795
   
64,998
   
10.役員退職慰労引当金繰入額
 
43,050
   
44,216
   
11.福利厚生費
 
542,343
   
549,021
   
12.交際費
 
38,452
   
34,600
   
13.旅費・通信費
 
186,596
   
194,723
   
14.消耗品費
 
238,403
   
238,808
   
15.減価償却費
 
36,666
   
73,946
   
16.賃借料
 
399,114
   
471,794
   
17.支払手数料
 
348,402
   
383,234
   
18.研究開発費
※1
146,061
   
178,971
   
19.その他
 
427,692
5,546,627
25.7
513,203
5,880,293
27.0
営業利益
   
3,870,617
17.9
 
3,082,700
14.1
Ⅳ 営業外収益
             
1.受取利息
 
601
   
822
   
2.有価証券利息
 
26,969
   
28,320
   
3.受取配当金
 
38,049
   
50,431
   
4.設備賃貸料
※2
111,724
   
108,334
   
5.投資事業組合投資利益
 
85,747
   
   
6.その他
 
38,225
301,317
1.4
39,174
227,083
1.0
Ⅴ 営業外費用
             
1.支払利息
 
4,275
   
3,548
   
2.設備賃貸費用
 
44,822
   
46,069
   
3.固定資産処分損
 
2,369
   
4,013
   
4.保険解約損
 
6,506
   
   
5.投資事業組合投資損失
 
   
91,469
   
6.その他
 
4,940
62,915
0.3
15,728
160,829
0.7
経常利益
   
4,109,019
19.0
 
3,148,955
14.4

 

 
 
前事業年度
(自 平成18年4月1日
至 平成19年3月31日)
当事業年度
(自 平成19年4月1日
至 平成20年3月31日)
区分
注記
番号
金額(千円)
百分比
(%)
金額(千円)
百分比
(%)
Ⅵ 特別利益
             
1.投資有価証券売却益
 
50,929
50,929
0.2
Ⅶ 特別損失
             
1.施設利用会員権評価損
 
1,250
   
   
2.事務所移転費用
 
2,589
   
251,226
   
3.関係会社株式評価損
 
   
117,904
   
4.投資有価証券評価損
 
   
4,406
   
5.貸倒引当金繰入額
 
3,839
0.0
5,325
378,863
1.7
税引前当期純利益
   
4,105,179
19.0
 
2,821,021
12.9
法人税、住民税及び事業税
 
1,699,642
   
1,283,320
   
法人税等調整額
 
9,285
1,708,927
7.9
△35,229
1,248,090
5.7
当期純利益
   
2,396,252
11.1
 
1,572,930
7.2
 
 
 
 
 
 
 
 
製造原価明細書
   
前事業年度
(自 平成18年4月1日
至 平成19年3月31日)
当事業年度
(自 平成19年4月1日
至 平成20年3月31日)
区分
注記
番号
金額(千円)
構成比
(%)
金額(千円)
構成比
(%)
Ⅰ 材料費
 
1,626,954
13.0
1,603,583
12.3
Ⅱ 労務費
 
2,210,949
17.8
2,372,989
18.1
Ⅲ 経費
※2
8,615,867
69.2
9,120,477
69.6
当期総製造費用
 
12,453,771
100.0
13,097,050
100.0
期首仕掛品棚卸高
 
221,441
 
159,619
 
合計
 
12,675,213
 
13,256,670
 
差引:会社分割に伴う仕掛品払出高
 
34,152
 
 
差引:他勘定振替高
※3
321,585
 
235,621
 
差引:期末仕掛品棚卸高
 
159,619
 
160,626
 
当期製品製造原価
 
12,159,855
 
12,860,422
 
(脚注)
前事業年度
(自 平成18年4月1日
至 平成19年3月31日)
当事業年度
(自 平成19年4月1日
至 平成20年3月31日)
 1.原価計算の方法
実際個別原価計算を採用しております。
 1.原価計算の方法
同左
※2.経費の主な内訳は次のとおりであります。
※2.経費の主な内訳は次のとおりであります。
科目
金額(千円)
外注加工費
7,673,984
賃借料
240,944
消耗品費
172,103
減価償却費
58,932
科目
金額(千円)
外注加工費
8,038,340
賃借料
253,937
消耗品費
155,720
減価償却費
160,173
※3.他勘定振替高の内訳は次のとおりであります。
※3.他勘定振替高の内訳は次のとおりであります。
科目
金額(千円)
広告宣伝費
209,342
消耗品費
108,858
福利厚生費
2,209
その他
1,175
321,585
 
科目
金額(千円)
広告宣伝費
174,002
消耗品費
58,195
福利厚生費
2,183
その他
1,239
235,621
 
③ 【株主資本等変動計算書】
前事業年度(自 平成18年4月1日 至 平成19年3月31日)
 
株主資本
資本金 
資本剰余金
利益剰余金
自己株式
株主資本
合計
資本
準備金
資本
剰余金
合計
利益
準備金
その他利益剰余金
利益
剰余金
合計
特別償却
準備金
別途
積立金
繰越利益
剰余金
平成18年3月31日
残高    (千円)
3,052,490
4,677,476
4,677,476
177,336
11,669
10,000,000
2,278,254
12,467,260
△159,186
20,038,040
事業年度中の変動額
                   
新株の発行
2,464
2,448
2,448
 
 
 
 
 
 
4,912
特別償却準備金の取崩(注)
 
 
 
 
△5,218
 
5,218
 
特別償却準備金の取崩
 
 
 
 
△5,218
 
5,218
 
別途積立金の積立(注)
 
 
 
 
 
1,200,000
△1,200,000
 
剰余金の配当(注)
 
 
 
 
 
 
△387,486
△387,486
 
△387,486
剰余金の配当
 
 
 
 
 
 
△426,388
△426,388
 
△426,388
役員賞与(注)
 
 
 
 
 
 
△50,000
△50,000
 
△50,000
当期純利益
 
 
 
 
 
 
2,396,252
2,396,252
 
2,396,252
自己株式の取得
 
 
 
 
 
 
 
 
△216
△216
株主資本以外の項目の事業年度中の変動額(純額)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
事業年度中の変動
額合計     (千円)
2,464
2,448
2,448
△10,436
1,200,000
342,813
1,532,377
△216
1,537,072
平成19年3月31日
残高       (千円)
3,054,954
4,679,924
4,679,924
177,336
1,232
11,200,000
2,621,068
13,999,638
△159,403
21,575,113
 
評価・換算差額等
純資産合計
その他
有価証券
評価差額金
評価・換算
差額等合計
平成18年3月31日  残高    (千円)
474,920
474,920
20,512,961
事業年度中の変動額
     
新株の発行
 
 
4,912
特別償却準備金の取崩(注)
 
 
特別償却準備金の取崩
 
 
別途積立金の積立(注)
 
 
剰余金の配当(注)
 
 
△387,486
剰余金の配当
 
 
△426,388
役員賞与(注)
 
 
△50,000
当期純利益
 
 
2,396,252
自己株式の取得
 
 
△216
株主資本以外の項目の事業年度中の変動額(純額)
△132,379
△132,379
△132,379
事業年度中の変動額
合計        (千円)
△132,379
△132,379
1,404,693
平成19年3月31日   残高       (千円)
342,541
342,541
21,917,654
 (注)平成18年6月の定時株主総会における利益処分項目であります。
当事業年度(自 平成19年4月1日 至 平成20年3月31日)
 
株主資本
資本金 
資本剰余金
利益剰余金
自己株式
株主資本
合計
資本
準備金
資本
剰余金
合計
利益
準備金
その他利益剰余金
利益
剰余金
合計
特別償却
準備金
別途
積立金
繰越利益
剰余金
平成19年3月31日
残高    (千円)
3,054,954
4,679,924
4,679,924
177,336
1,232
11,200,000
2,621,068
13,999,638
△159,403
21,575,113
事業年度中の変動額
                   
新株の発行
3,080
3,060
3,060
 
 
 
 
 
 
6,140
特別償却準備金の取崩
 
 
 
 
△1,121
 
1,121
 
別途積立金の積立
 
 
 
 
 
1,600,000
△1,600,000
 
剰余金の配当
 
 
 
 
 
 
△848,085
△848,085
 
△848,085
当期純利益
 
 
 
 
 
 
1,572,930
1,572,930
 
1,572,930
自己株式の取得
 
 
 
 
 
 
 
 
△1,302,346
△1,302,346
株主資本以外の項目の事業年度中の変動額(純額)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
事業年度中の変動
額合計     (千円)
3,080
3,060
3,060
△1,121
1,600,000
△874,033
724,844
△1,302,346
△571,361
平成20年3月31日
残高       (千円)
3,058,034
4,682,984
4,682,984
177,336
111
12,800,000
1,747,035
14,724,483
△1,461,749
21,003,752
 
評価・換算差額等
純資産合計
その他
有価証券
評価差額金
評価・換算
差額等合計
平成19年3月31日  残高    (千円)
342,541
342,541
21,917,654
事業年度中の変動額
     
新株の発行
 
 
6,140
特別償却準備金の取崩
 
 
別途積立金の積立
 
 
剰余金の配当
 
 
△848,085
当期純利益
 
 
1,572,930
自己株式の取得
 
 
△1,302,346
株主資本以外の項目の事業年度中の変動額(純額)
△274,065
△274,065
△274,065
事業年度中の変動額
合計        (千円)
△274,065
△274,065
△845,426
平成20年3月31日   残高       (千円)
68,475
68,475
21,072,227
重要な会計方針
項目
前事業年度
(自 平成18年4月1日
至 平成19年3月31日)
当事業年度
(自 平成19年4月1日
至 平成20年3月31日)
1.有価証券の評価基準及び評価方法
(1) 満期保有目的の債券
   償却原価法(定額法) 
(1) 満期保有目的の債券
             同    左
 
(2) 子会社株式及び関連会社株式
    移動平均法による原価法
(2) 子会社株式及び関連会社株式
             同    左
 
(3) その他有価証券
時価のあるもの
決算日の市場価格等に基づく時価法(評価差額は全部純資産直入法により処理し、売却原価は移動平均法により算定)
(3) その他有価証券
時価のあるもの
         同    左
 
時価のないもの
移動平均法による原価法
 なお、投資事業有限責任組合及びこれに類する組合への出資(証券取引法第2条第2項により有価証券とみなされるもの)については、組合契約に規定される決算報告日に応じて入手可能な最近の決算書を基礎とし、持分相当額を純額で取り込む方法によっております。
時価のないもの
移動平均法による原価法
 なお、投資事業有限責任組合及びこれに類する組合への出資(金融商品取引法第2条第2項により有価証券とみなされるもの)については、組合契約に規定される決算報告日に応じて入手可能な最近の決算書を基礎とし、持分相当額を純額で取り込む方法によっております。
2.棚卸資産の評価基準及び評価方法
原材料・貯蔵品……最終仕入原価法
仕掛品………………個別法による原価法
同    左
3.固定資産の減価償却の方法
(1) 有形固定資産
 定率法(ただし、平成10年4月1日以降に取得した建物(附属設備は除く)については定額法)を採用しております。
 なお、主な耐用年数は以下のとおりであります。
 建物          15〜38年
 機械及び装置        10年
(1) 有形固定資産
 定率法(ただし、平成10年4月1日以降に取得した建物(附属設備は除く)については定額法)を採用しております。
 なお、主な耐用年数は以下のとおりであります。
 建物          15〜38年
 機械及び装置        10年
 (会計方針の変更)
  法人税法の改正に伴い、当事業年度より、平成19年4月1日以降に取得した有形固定資産について、改正後の法人税法に基づく減価償却の方法に変更しております。これによる損益に与える影響額は軽微であります。
(追加情報)
  法人税法の改正に伴い、平成19年3月31日以前に取得した有形固定資産については、改正前の法人税法に基づく減価償却の方法の適用により取得価額の5%に到達した事業年度の翌事業年度より、取得価額の5%相当額と備忘価額との差額を5年間にわたり均等償却し、減価償却費に含めて計上しております。これによる損益に与える影響額は軽微であります。

 

項目
前事業年度
(自 平成18年4月1日
至 平成19年3月31日)
当事業年度
(自 平成19年4月1日
至 平成20年3月31日)
 
(2) 無形固定資産
自社利用のソフトウェアについては、社内における利用可能期間(5年)に基づく定額法
(2) 無形固定資産
同    左
4.引当金の計上基準
(1) 貸倒引当金
 債権の貸倒れによる損失に備えるため、一般債権については貸倒実績率により、貸倒懸念債権等特定の債権については個別に回収可能性を勘案し回収不能見込額を計上しております。
(1) 貸倒引当金
同    左
 
(2) 賞与引当金
 従業員の賞与の支給に備えるため、翌期賞与支給見込額のうち当期に帰属する部分の金額を計上しております。
(2) 賞与引当金
同    左
 
(3) 役員賞与引当金
 役員賞与の支出に備えるため、当事業年度における支給見込額に基づき計上しております。
(会計方針の変更)
 当事業年度より、「役員賞与に関する
会計基準」(企業会計基準第4号 平成
17年11月29日)を適用しております。
 これにより営業利益、経常利益及び税
引前当期純利益は、それぞれ50,000千円
減少しております。
(3) 役員賞与引当金
 役員賞与の支出に備えるため、当事業  年度における支給見込額に基づき計上し
ております。
 
(4) 退職給付引当金
 従業員の退職給付に備えるため、当事業年度末における退職給付債務及び年金資産の見込額に基づき計上しております。
 なお、数理計算上の差異は、5年による定額法により按分した額をそれぞれ発生の翌事業年度から費用処理することとしております。
(4) 退職給付引当金
      同    左
 
(5) 役員退職慰労引当金
 役員の退職慰労金の支給に備えるため、役員退職慰労金支給内規に基づく期末要支給見込額を計上しております。
(5) 役員退職慰労引当金
同    左
5.リース取引の処理方法
 リース物件の所有権が借主に移転すると認められるもの以外のファイナンス・リース取引については、通常の賃貸借取引に係る方法に準じた会計処理によっております。
同    左

 

項目
前事業年度
(自 平成18年4月1日
至 平成19年3月31日)
当事業年度
(自 平成19年4月1日
至 平成20年3月31日)
6.ヘッジ会計の方法
(1) ヘッジ会計の方法
 金利スワップについて特例処理を行っております。
──────
 
(2) ヘッジ手段とヘッジ対象
ヘッジ手段 … 金利スワップ
ヘッジ対象 … 借入金
 
 
(3) ヘッジ方針
 金利リスク低減のため対象債務の範囲内でヘッジを行っております。
 
 
(4) ヘッジ有効性評価の方法
 特例処理によっている金利スワップであるため、有効性の評価は省略しております。
 
7.その他財務諸表作成のための基本となる重要な事項
(1) 消費税等の会計処理
 税抜方式によっております。
(1) 消費税等の会計処理
同    左
会計処理方法の変更
前事業年度
(自 平成18年4月1日
至 平成19年3月31日)
当事業年度
(自 平成19年4月1日
至 平成20年3月31日)
(貸借対照表の純資産の部の表示に関する会計基準)
  当事業年度より、「貸借対照表の純資産の部の表示に関する会計基準」(企業会計基準第5号 平成17年12月9日)及び「貸借対照表の純資産の部の表示に関する会計基準等の適用指針」(企業会計基準適用指針第8号 平成17年12月9日)を適用しております。
 これまでの資本の部の合計に相当する金額は21,917,654千円であります。
 なお、当事業年度における貸借対照表の純資産の部については、財務諸表等規則の改正に伴い、改正後の財務諸表等規則により作成しております。
 ────── 
(企業結合に係る会計基準等)
  当事業年度より、「事業分離等に関する会計基準」(企業会計基準第7号 平成17年12月27日)並びに「企業結合会計基準及び事業分離等会計基準に関する適用指針」(企業会計基準適用指針第10号 平成17年12月27日)を適用しております。
 ────── 
表示方法の変更
前事業年度
(自 平成18年4月1日
至 平成19年3月31日)
当事業年度
(自 平成19年4月1日
至 平成20年3月31日)
 ────── 
(貸借対照表)
1.前事業年度において、流動資産の「その他」に含めて表示しておりました「未収入金」は、資産の総額の100分の1を超えたため、当事業年度より区分掲記しました。
 なお、前事業年度末の「未収入金」は20,825千円であります。
2.前事業年度において、投資その他の資産の「その他」に含めて表示しておりました「前払年金費用」は、資産の総額の100分の1を超えたため、当事業年度より区分掲記しました。
 なお、前事業年度末の「前払年金費用」は221,021千円であります。
注記事項
(貸借対照表関係)
前事業年度
(平成19年3月31日)
当事業年度
(平成20年3月31日)
※1.国庫補助金等の受入れにより、土地の取得価額から控除している圧縮記帳額は105,760千円であります。
※1.         同    左 
※2.関係会社に対する負債には次のものが含まれております。
買掛金
  283,984千円
※2.関係会社に対する負債には次のものが含まれております。
買掛金
282,540千円
※3.期末日満期手形
 期末日満期手形の会計処理については、手形交換日をもって決済処理をしております。なお、当期末日が金融機関の休日であったため、次の期末日満期手形が期末残高に含まれております。
受取手形
    5,620千円
※3.         ────── 
         
(損益計算書関係)
前事業年度
(自 平成18年4月1日
至 平成19年3月31日)
当事業年度
(自 平成19年4月1日
至 平成20年3月31日)
※1.研究開発費の総額 
一般管理費に含まれる研究開発費
146,061千円
※1.研究開発費の総額 
一般管理費に含まれる研究開発費
178,971千円
※2.関係会社との取引に係るものが次のとおり含まれて
おります。
売上原価                3,913,910千円
販売費及び一般管理費           300,573
設備賃貸料           105,263           
※2.関係会社との取引に係るものが次のとおり含まれて
おります。
売上原価                4,187,355千円
販売費及び一般管理費           310,286
設備賃貸料           102,312           
(株主資本等変動計算書関係)
前事業年度(自 平成18年4月1日 至 平成19年3月31日)
自己株式の種類及び株式数に関する事項
 
前事業年度末
株式数(株)
当事業年度増加
 株式数(株)
当事業年度減少
 株式数(株)
当事業年度末
株式数(株)
自己株式
       
普通株式 (注)
269,516
269,715
539,231
合計
269,516
269,715
539,231
(注)普通株式の自己株式の株式数の増加269,715株は、平成18年4月1日付の株式分割による増加269,516株及び単元未満株式の買取りによる増加199株であります。
当事業年度(自 平成19年4月1日 至 平成20年3月31日)
自己株式の種類及び株式数に関する事項
 
前事業年度末
株式数(株)
当事業年度増加
 株式数(株)
当事業年度減少
 株式数(株)
当事業年度末
株式数(株)
自己株式
       
普通株式 (注)
539,231
1,400,413
1,939,644
合計
539,231
1,400,413
1,939,644
(注)普通株式の自己株式の株式数の増加1,400,413株は、会社法第165条第2項の規定による定款の定めに基づく自己株式の取得による増加1,400,000株及び単元未満株式の買取りによる増加413株であります。
(リース取引関係)
前事業年度
(自 平成18年4月1日
至 平成19年3月31日)
当事業年度
(自 平成19年4月1日
至 平成20年3月31日)
1.リース物件の所有権が借主に移転すると認められるもの以外のファイナンス・リース取引
1.リース物件の所有権が借主に移転すると認められるもの以外のファイナンス・リース取引
(1) リース物件の取得価額相当額、減価償却累計額相当額及び期末残高相当額
(1) リース物件の取得価額相当額、減価償却累計額相当額及び期末残高相当額
 
取得価額
相当額
(千円)
減価償却累
計額相当額
(千円)
期末残高
相当額
(千円)
機械及び装置
256,868
182,120
74,748
工具器具備品
19,209
15,811
3,398
合計
276,078
197,931
78,146
 
取得価額
相当額
(千円)
減価償却累
計額相当額
(千円)
期末残高
相当額
(千円)
機械及び装置
156,259
74,364
81,895
工具器具備品
21,461
13,468
7,992
合計
177,721
87,832
89,888
(注)取得価額相当額は、未経過リース料期末残高が有形固定資産の期末残高等に占める割合が低いため、支払利子込み法により算定しております。
(注)        同   左
(2) 未経過リース料期末残高相当額
(2) 未経過リース料期末残高相当額
1年内
      32,627千円
1年超
            45,518
合計
             78,146
1年内
      32,494千円
1年超
            57,393
合計
             89,888
(注)未経過リース料期末残高相当額は、未経過リース料期末残高が有形固定資産の期末残高等に占める割合が低いため、支払利子込み法により算定しております。
(注)        同   左
(3) 支払リース料及び減価償却費相当額
(3) 支払リース料及び減価償却費相当額
支払リース料
     75,763千円
減価償却費相当額
           75,763
支払リース料
     40,258千円
減価償却費相当額
           40,258
(4) 減価償却費相当額の算定方法
 リース期間を耐用年数とし、残存価額を零とする定額法によっております。
(4) 減価償却費相当額の算定方法
 同   左
2.オペレーティング・リース取引
    未経過リース料
2.オペレーティング・リース取引
    未経過リース料
1年内
      42,285千円
1年超
           116,285
合計
            158,571
1年内
     769,139千円
1年超
2,799,698
合計
3,568,837
(有価証券関係)
前事業年度(自平成18年4月1日 至平成19年3月31日)及び当事業年度(自平成19年4月1日 至平成20年3月31日)における子会社株式及び関連会社株式で時価のあるものはありません。
(税効果会計関係)
前事業年度
(平成19年3月31日)
当事業年度
(平成20年3月31日)
1.繰延税金資産及び繰延税金負債の発生の主な原因別の内訳
1.繰延税金資産及び繰延税金負債の発生の主な原因別の内訳
繰延税金資産
(千円)
退職給付引当金損金算入限度超過額
161,647
役員退職慰労引当金否認額
104,185
賞与引当金損金算入限度超過額
116,809
未払事業税否認額
76,402
研究開発費等自己否認額
120,807
投資有価証券評価損否認額
70,632
その他
213,980
繰延税金資産計
864,465
繰延税金負債
 
特別償却準備金認容額
△751
その他有価証券評価差額金
△186,860
その他
△89,955
繰延税金負債計
△277,567
繰延税金資産の純額
586,897
繰延税金資産
(千円)
退職給付引当金損金算入限度超過額
192,809
役員退職慰労引当金否認額
122,181
賞与引当金損金算入限度超過額
124,172
未払事業税否認額
39,324
研究開発費等自己否認額
125,051
投資有価証券評価損否認額
62,097
その他
335,823
繰延税金資産小計
1,001,462
評価性引当額
△47,987
繰延税金資産合計
953,475
繰延税金負債
 
その他有価証券評価差額金
△19,143
前払年金費用
△124,102
繰延税金負債合計
△143,246
繰延税金資産の純額
810,229
2.法定実効税率と税効果会計適用後の法人税等の負担率との間に重要な差異があるときの、当該差異の原因となった主要な項目別の内訳
 法定実効税率と税効果会計適用後の法人税等の負担率との間の差異が法定実効税率の100分の5以下であるため、記載を省略しております。
2.法定実効税率と税効果会計適用後の法人税等の負担率との差異の原因となった主な項目別の内訳
 
(%)
 
法定実効税率
40.7
 
(調整)
   
交際費等永久に損金に算入されない項目
1.3
 
受取配当金等永久に益金に算入されない項目
△0.1
 
関係会社株式評価損
1.7
 
その他
0.6
 
税効果会計適用後の法人税等の負担率
44.2
 
(1株当たり情報)
前事業年度
(自 平成18年4月1日
至 平成19年3月31日)
当事業年度
(自 平成19年4月1日
至 平成20年3月31日)
1株当たり純資産額
565.41
1株当たり当期純利益金額  
61.78
潜在株式調整後1株当たり当期純利益金額
61.74
1株当たり純資産額
563.67
1株当たり当期純利益金額  
41.15
潜在株式調整後1株当たり当期純利益金額
41.14
 当社は、平成18年4月1日付で株式1株につき2株の株式分割を行っております。
 なお、当該株式分割が前期首に行われたと仮定した場合の前事業年度における1株当たり情報については、以下のとおりとなります。
 1株当たり純資産額                          528.10円
 1株当たり当期純利益金額            56.53円
 潜在株式調整後1株当たり当期純利益金額    56.24円 
  
  
(注)1株当たり当期純利益金額及び潜在株式調整後1株当たり当期純利益金額の算定上の基礎は、以下のとおりであります。
項目
前事業年度
(自 平成18年4月1日
至 平成19年3月31日)
当事業年度
(自 平成19年4月1日
至 平成20年3月31日)
1株当たり当期純利益金額
   
当期純利益        (千円)
2,396,252
1,572,930
普通株主に帰属しない金額 (千円)
普通株式に係る当期純利益 (千円)
2,396,252
1,572,930
期中平均株式数       (株)
38,785,503
38,220,323
 
   
潜在株式調整後1株当たり当期純利益金額
   
普通株式増加数       (株)
28,783
14,313
(うち新株予約権)
(28,783)
(14,313)
(重要な後発事象)
前事業年度
(自 平成18年4月1日
至 平成19年3月31日)
当事業年度
(自 平成19年4月1日
至 平成20年3月31日)
──────
(自己株式の取得)
当社は、平成20年4月30日開催の取締役会において、会社法第165条第3項の規定により読み替えて適用される同法第156条第1項の規定に基づき、自己株式を取得することを決議いたしました。
1.自己株式の取得を行う理由
資本効率の向上及び経営環境の変化に対応した機動的な資本政策の実施並びに株主への一層の利益還元を目的として、自己株式を取得するものであります。
2.取得の内容
 
(1) 取得する株式の種類
普通株式
(2) 取得する株式の総数
1,000,000株(上限)
(3) 株式取得価額の総額
1,000,000千円(上限)
(4) 自己株式取得の期間
平成20年5月14日から
平成20年11月28日まで
なお、平成20年5月14日から平成20年5月31日にかけて東京証券取引所において買受けた自己株式は、普通株式223,800株、取得価額は172,959千円であります。
④ 【附属明細表】
【有価証券明細表】
【株式】
 
 
銘柄
株式数(株)
貸借対照表計上額
(千円)
投資有価証券
その他
有価証券
㈱デジタルガレージ
1,471
286,845
㈱紀文食品
230,000
188,540
松竹㈱
228,000
140,220
㈱みずほフィナンシャルグループ
(第11回第11種優先株式)
100
100,000
㈱共立メンテナンス
52,600
93,522
㈱キッツ
156,247
92,341
東京美装興業㈱
127,000
85,090
協和発酵工業㈱
71,118
67,704
東海旅客鉄道㈱
50
51,500
岩塚製菓㈱
22,000
43,802
㈱エーティーエルシステムズ
360
37,800
その他(52銘柄)
248,825
194,275
小計
1,137,771
1,381,641
1,137,771
1,381,641
【債券】
 
 
銘柄
券面総額
(千円)
貸借対照表計上額
(千円)
有価証券
満期保有目的の債券
分離元本振替国庫債券(5年)第27回
1,000,000
998,733
利付国庫債券(5年)第27回
500,000
499,607
 小計
1,500,000
1,498,341
 投資有価証券
満期保有目的の債券
マルチコーラブル・スワップレート連動債
200,000
200,000
小計
200,000
200,000
1,700,000
1,698,341
【その他】
 
 
種類及び銘柄
 投資口数等(口)
貸借対照表計上額
(千円)
有価証券
その他
有価証券
野村マネー・マネージメント・ファンド
1,184,241,801
1,184,241
ダイワマネー・マネージメント・ファンド
423,519,843
423,519
新光マネー・マネージメント・ファンド
233,569,531
233,569
国際マネー・マネージメント・ファンド
82,018,303
82,018
DKAマネー・マネージメント・ファンド
60,494,245
60,494
小計
1,983,843,723
1,983,843
投資有価証券
その他
有価証券
(証券投資信託受益証券)
 
 
ダイワ・グローバル債券ファンド(毎月分配型)
460,463,079
449,642
公社債投信(9月号)
100,000,000
100,420
公社債投信(12月号)
100,000,000
100,210
三菱UFJスタイルセレクトバリューファンド/変革
50,000,000
46,760
その他(8銘柄)
104,006,927
84,322
(投資事業組合出資)
 
 
NIFSMBC−V2006S2投資事業有限責任組合
3
284,593
ジャフコV2−C号投資事業有限責任組合
3
266,667
ジャフコ・スーパーV3−A号投資事業有限責任組合
2
197,842
アント・リード2号投資事業有限責任組合
2
116,192
NVCC6号投資事業有限責任組合
1
95,977
カタライザーB3号投資事業有限責任組合
2
92,523
ジャパン・スプレッド・パートナーズⅡ投資事業有限責任組合
20
89,265
SBIブロードバンドファンド1号投資事業有限責任組合
1
87,127
SBIバイオ・ライフサイエンス投資事業有限責任組合
1
85,851
JAIC−IF3号投資事業有限責任組合
1
78,455
SBI Value UP Fund1号投資事業有限責任組合
1
69,401
SBIビービー・モバイル投資事業有限責任組合
1
66,284
SBIライフサイエンス・テクノロジー投資事業有限責任組合
1
45,507
TICC大学連携投資事業有限責任組合
100
39,208
投資事業組合「NIFニューテクノロジーファンド2000/2号」
2
35,584
その他(22銘柄)
129
238,433
小計
814,470,276
2,670,272
2,798,313,999
4,654,116
【有形固定資産等明細表】
資産の種類
前期末残高
(千円)
当期増加額
(千円)
当期減少額
(千円)
当期末残高
(千円)
当期末減価償却累計額又は償却累計額
(千円)
当期償却額
(千円)
差引
当期末残高
(千円)
有形固定資産
             
建物
1,466,663
162,418
41,158
1,587,923
854,111
53,395
733,811
構築物
135,415
688
136,104
98,869
6,624
37,234
機械及び装置
1,546,555
14,310
111,985
1,448,881
1,023,743
134,065
425,138
車両運搬具
16,105
5,895
22,000
16,451
5,440
5,548
工具器具備品
584,550
200,377
109,694
675,233
404,892
80,664
270,340
土地
2,567,592
2,567,592
2,567,592
有形固定資産計
6,316,883
383,690
262,838
6,437,735
2,398,069
280,189
4,039,666
無形固定資産
             
ソフトウェア
44,280
321,578
365,858
25,114
14,412
340,744
電話加入権
6,510
6,510
6,510
無形固定資産計
50,791
321,578
372,369
25,114
14,412
347,254
長期前払費用
13,747
9,515
7,820
15,442
5,404
5,677
10,037
繰延資産
             
繰延資産計
(注)ソフトウェアの主な増加は、開示実務支援システム「PRONEXUS WORKS」288,238千円であります。
【引当金明細表】
区分
前期末残高
(千円)
当期増加額
(千円)
当期減少額
(目的使用)
(千円)
当期減少額
(その他)
(千円)
当期末残高
(千円)
貸倒引当金
101,866
10,978
28,450
5,160
79,233
賞与引当金
287,000
305,093
287,000
305,093
役員賞与引当金
50,000
50,000
50,000
50,000
役員退職慰労引当金
255,984
44,216
300,201
(注)貸倒引当金の「当期減少額(その他)」は、一般債権の貸倒実績率による洗替額であります。
(2) 【主な資産及び負債の内容】
① 資産の部
1)現金及び預金
区分
金額(千円)
現金
3,542
預金の種類
 
当座預金
5,418,003
普通預金
1,487,447
別段預金
7,024
小計
6,912,475
合計
6,916,018
2)受取手形
(イ)相手先別内訳
相手先
金額(千円)
㈱トッパン プロスプリント
36,849
㈱東陽テクニカ
2,399
オリエンタル白石㈱
1,962
田中精密工業㈱
1,758
㈱マースエンジニアリング
1,640
その他
13,894
合計
58,503
(ロ)期日別内訳
期日別
金額(千円)
平成20年4月
39,323
5月
9,749
6月
7,513
7月
1,497
8月
420
合計
58,503
3)売掛金
(イ)相手先別内訳
相手先
金額(千円)
フィデリティ投信㈱
55,493
HSBC投信㈱
52,790
JPモルガン・アセット・マネジメント㈱
44,986
MID都市開発㈱
29,569
三菱UFJ投信㈱
27,349
その他
1,652,796
合計
1,862,985
(ロ)売掛金の発生及び回収並びに滞留状況
前期繰越高
(千円)
当期発生高
(千円)
当期回収高
(千円)
次期繰越高
(千円)
回収率(%)
滞留期間(日)
(A)
(B)
(C)
(D)
(C)
─────
(A) + (B)
× 100
(A) + (D)
─────
──────
(B)
─────
366
2,201,137
22,913,230
23,251,382
1,862,985
92.6
32
(注)当期発生髙には消費税等が含まれております。
4)原材料
品目
金額(千円)
用紙
8,424
PS版
4,458
フィルム
589
インキ
693
合計
14,165
5)仕掛品
品目
金額(千円)
会社法関連
28,837
金融商品取引法関連
105,867
IR等
24,611
有価証券印刷
1,309
合計
160,626
6)貯蔵品
品目
金額(千円)
製造用消耗品等
1,443
合計
1,443
② 負債の部
1)買掛金
相手先
金額(千円)
㈱エーツーメディア
136,395
㈱アスプコミュニケーションズ
77,973
共同印刷㈱
55,050
㈱セキュリティー・ロジスティックス
37,964
京橋紙業㈱
27,965
その他
301,439
合計
636,789
(3) 【その他】
該当事項はありません。




出典: 株式会社プロネクサス、2008-03-31 期 有価証券報告書