有価証券報告書を3社、または3期分比較分析できる! いますぐトライアルで試す >>
 






セクション一覧

第一部【企業情報】

第1【企業の概況】

1【主要な経営指標等の推移】

(1)連結経営指標等

回次

第69期

第70期

第71期

第72期

第73期

決算年月

平成25年3月

平成26年3月

平成27年3月

平成28年3月

平成29年3月

売上高

(千円)

 

18,031,975

 

 

19,882,287

 

 

21,119,401

 

 

20,971,428

 

 

21,556,446

 

経常利益

(千円)

 

1,821,544

 

 

2,246,034

 

 

2,036,275

 

 

2,255,576

 

 

2,548,811

 

親会社株主に帰属する当期純利益

(千円)

 

1,166,839

 

 

1,417,335

 

 

1,358,694

 

 

1,680,422

 

 

1,804,479

 

包括利益

(千円)

 

1,361,515

 

 

1,522,573

 

 

1,562,705

 

 

1,720,629

 

 

1,819,255

 

純資産額

(千円)

 

21,758,010

 

 

21,819,877

 

 

20,934,098

 

 

20,852,166

 

 

21,400,079

 

総資産額

(千円)

 

27,812,566

 

 

27,890,760

 

 

27,478,429

 

 

27,624,245

 

 

28,360,056

 

1株当たり純資産額

(円)

 

646.90

 

 

668.41

 

 

693.30

 

 

716.79

 

 

747.85

 

1株当たり当期純利益金額

(円)

 

34.69

 

 

43.63

 

 

43.72

 

 

56.28

 

 

62.12

 

潜在株式調整後

1株当たり当期純利益金額

(円)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

自己資本比率

(%)

 

77.8

 

 

77.8

 

 

75.6

 

 

75.5

 

 

75.5

 

自己資本利益率

(%)

 

5.4

 

 

6.5

 

 

6.4

 

 

8.1

 

 

8.5

 

株価収益率

(倍)

 

19.7

 

 

17.5

 

 

18.6

 

 

21.3

 

 

19.3

 

営業活動による

キャッシュ・フロー

(千円)

 

2,761,703

 

 

1,969,122

 

 

3,038,433

 

 

2,707,453

 

 

2,397,244

 

投資活動による

キャッシュ・フロー

(千円)

164,023

 

798,822

 

1,061,059

 

64,329

 

564,273

 

財務活動による

キャッシュ・フロー

(千円)

1,970,743

 

1,749,482

 

2,895,812

 

1,370,650

 

986,562

 

現金及び現金同等物の

期末残高

(千円)

 

12,145,571

 

 

11,566,388

 

 

10,642,058

 

 

11,854,876

 

 

12,687,910

 

従業員数

(人)

 

887

 

 

928

 

 

988

 

 

967

 

 

1,029

 

[外、平均臨時雇用者数]

[

329

]

[

391

]

[

427

]

[

305

]

[

319

]

(注)1.売上高には消費税等は含まれておりません。

2.平均臨時雇用者数は、嘱託、パート、派遣及びアルバイトの年間平均人員数であります。

3.潜在株式調整後1株当たり当期純利益金額については、潜在株式が存在しないため記載しておりません。

 

(2)提出会社の経営指標等

回次

第69期

第70期

第71期

第72期

第73期

決算年月

平成25年3月

平成26年3月

平成27年3月

平成28年3月

平成29年3月

売上高

(千円)

 

17,485,241

 

 

19,013,964

 

 

19,570,474

 

 

20,900,682

 

 

21,471,648

 

経常利益

(千円)

 

1,686,950

 

 

2,108,910

 

 

2,066,256

 

 

2,251,302

 

 

2,198,714

 

当期純利益

(千円)

 

1,097,701

 

 

1,306,841

 

 

1,422,034

 

 

1,698,640

 

 

1,635,601

 

資本金

(千円)

 

3,058,650

 

 

3,058,650

 

 

3,058,650

 

 

3,058,650

 

 

3,058,650

 

発行済株式総数

(株)

37,327,700

 

36,327,700

 

36,327,700

 

33,444,451

 

33,444,451

 

純資産額

(千円)

 

20,845,377

 

 

20,905,157

 

 

20,098,968

 

 

20,304,091

 

 

20,583,864

 

総資産額

(千円)

 

26,290,216

 

 

26,114,483

 

 

25,409,304

 

 

26,078,299

 

 

26,499,216

 

1株当たり純資産額

(円)

 

623.34

 

 

644.34

 

 

671.21

 

 

697.95

 

 

719.33

 

1株当たり配当額

(円)

 

18.00

 

 

20.00

 

 

18.00

 

 

23.00

 

 

24.00

 

(うち1株当たり中間配当額)

(

9.00

)

(

9.00

)

(

9.00

)

(

12.00

)

(

11.00

)

1株当たり当期純利益金額

(円)

 

32.64

 

 

40.23

 

 

45.76

 

 

56.89

 

 

56.31

 

潜在株式調整後

1株当たり当期純利益金額

(円)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

自己資本比率

(%)

 

79.3

 

 

80.1

 

 

79.1

 

 

77.9

 

 

77.7

 

自己資本利益率

(%)

 

5.2

 

 

6.3

 

 

6.9

 

 

8.4

 

 

8.0

 

株価収益率

(倍)

 

20.9

 

 

18.9

 

 

17.8

 

 

21.1

 

 

21.3

 

配当性向

(%)

 

55.1

 

 

49.7

 

 

39.3

 

 

40.4

 

 

42.6

 

従業員数

(人)

 

589

 

 

591

 

 

631

 

 

660

 

 

686

 

[外、平均臨時雇用者数]

[

134

]

[

148

]

[

157

]

[

173

]

[

173

]

(注)1.売上高には消費税等は含まれておりません。

2.平均臨時雇用者数は、嘱託、パート、派遣及びアルバイトの年間平均人員数であります。

3.第72期事業年度の1株当たり配当額23.00円には、創業85周年記念配当3.00円が含まれております。

4.潜在株式調整後1株当たり当期純利益金額については、潜在株式が存在しないため記載しておりません。

 

2【沿革】

昭和5年12月に証券の印刷を専門とする会社として、前身である亜細亜商会を創業いたしました。終戦後、事業の再興、発展を目指して昭和22年5月に亜細亜証券印刷株式会社を設立いたしました。その後の業容の拡大と発展を受け、平成18年10月1日、株式会社プロネクサスに商号変更いたしました。当社設立以後の当社グループ(当社及び連結子会社)に係る主要事項は次のとおりであります。

年月

事項

昭和22年5月

株券、証券の印刷を目的として「亜細亜証券印刷株式会社」を設立(東京都中央区)

上野一雄が社長に就任

昭和27年5月

本社工場を移転(東京都港区)

昭和32年7月

各証券取引所より上場会社の適格株券印刷会社として確認を得る

昭和43年10月

ビジネスフォーム分野に進出

昭和48年3月

関西地区における営業強化のため、大阪営業所(現・大阪支店)を設置(大阪市天王寺区)

昭和50年12月

東京都港区に工場建物を購入、株券印刷専門の新橋第1工場とする

昭和51年1月

上野守生が社長に就任

昭和53年4月

株券印刷専門会社から、株主総会関係書類をはじめとする商法(現・会社法)関連書類の印刷専門会社に事業を拡大

昭和60年4月

有価証券印刷、商法(現・会社法)関連書類に加え、上場、決算、ファイナンスなど証券取引法(現・金融商品取引法)関連開示書類を開拓、「ディスクロージャー・ビジネス」として事業分野を拡大

昭和60年12月

本社及び本社工場を新築(東京都港区)

昭和61年1月

IPS(Integrated Publishing System=電子出版システム)を導入、文字処理の充実を図る

昭和63年8月

大阪営業所(現・大阪支店)を北浜に移転(現在地  大阪市中央区北浜)

平成元年12月

文字処理体制強化のため、富山市に「株式会社アスプコミュニケーションズ」を設立(現・連結子会社)

平成3年1月

東海地区における営業強化のため、名古屋営業所を設置(名古屋市中区)

平成6年7月

日本証券業協会に株式を店頭登録

平成6年12月

九州地区における営業強化のため、福岡営業所を設置(福岡市中央区)

平成7年3月

顧客へのディスクロージャー実務関連情報サービス機関として、ディスクロージャー実務研究会を発足

平成7年10月

北海道地区における営業強化のため、札幌営業所を設置(札幌市中央区)

平成8年9月

東京証券取引所市場第二部に株式を上場

平成9年1月

事業規模の拡大に向け富山市に工場を新築、「株式会社アスプコミュニケーションズ」に貸与、同社本社を移転

平成11年3月

中国地区における営業強化のため、広島営業所を設置(広島市中区)

平成11年5月

「株式会社アスプコミュニケーションズ」内に「ASP情報センター」を設置

平成11年5月

お客様専用ハイセキュリティ送受信ネットワークASPNET運用開始

平成12年4月

当社製品等の配送業務を行うため、「株式会社セキュリティー・ロジスティックス」を設立

平成13年3月

「株式会社アスプコミュニケーションズ」内「ASP情報センター」を、セキュリティ・能力強化拡充のため増築

平成13年6月

コンテンツ事業開拓のため、企業財務情報のWeb配信を行う「株式会社イーオーエル」を設立

平成14年8月

IR事業拡充のため、IRツールの企画制作を行う「株式会社エーツーメディア」を設立(現・「株式会社a2media」)

平成15年3月

「株式会社アスプコミュニケーションズ」が、情報セキュリティ国際基準「ISMS」の認証を取得

平成15年5月

開示書類作成支援システム「エディッツ・サービス」を本格導入

平成16年9月

東京証券取引所市場第一部銘柄の指定を受ける

平成16年10月

「株式会社アスプコミュニケーションズ」が、財団法人日本科学技術連盟より2004年度TQM奨励賞を受賞

平成17年1月

大阪支店事務所を大阪証券取引所ビル内に移転(大阪市中央区北浜)

平成18年5月

新・経営理念を制定、新たに行動基準を制定

平成18年5月

当社製造部門が環境マネジメントシステムISO14001の認証を取得

平成18年10月

「株式会社プロネクサス(英文名 PRONEXUS INC.)」に商号変更

平成18年10月

証券印刷部門を簡易新設分割し、旧社名を引き継ぐ「亜細亜証券印刷株式会社」として設立

平成18年12月

財務資料専門の翻訳会社「日本財務翻訳株式会社」を合弁で設立

平成20年2月

本社事務所を東京都港区海岸一丁目に移転[現在地]

 

 

年月

事項

平成20年4月

情報セキュリティマネジメントシステムISO27001の認証を全社範囲で取得

平成20年5月

品質マネジメントシステムISO9001の認証を全社範囲で再取得

平成20年6月

執行役員制度を導入

平成20年7月

開示書類作成支援システム「PRONEXUS  WORKS」のサービス提供開始

平成21年4月

ISO27001・ISO9001・ISO14001の「統合マネジメントシステム」認証を全社範囲で取得

平成21年4月

開示書類作成支援ツール「WORKS−i」のサービス提供開始

平成21年5月

CSR活動の一環として「プロネクサス懸賞論文」の募集を開始

平成21年7月

東京都との間で、港区虎ノ門の本社工場用地の都市計画事業収用に関する補償契約を締結

平成21年11月

上記土地収用に伴い、埼玉県戸田市に新工場の建設を開始

平成22年4月

「亜細亜証券印刷株式会社」が、証券印刷部門を当社へ移管し営業活動を休止

平成22年6月

上野剛史が社長に就任

平成22年7月

東京都港区虎ノ門の本社工場を閉鎖、埼玉県戸田市の戸田工場竣工、稼働開始

平成22年9月

森林資源保護活動の一環として「プロネクサスの森」を山梨県道志村に設置する契約を締結

平成22年10月

データベース・WebIR事業強化のため、100%連結子会社「株式会社イーオーエル」を吸収合併

平成22年10月

当社及び「株式会社アスプコミュニケーションズ」が、それぞれ加入する総合設立型厚生年金基金(東京印刷工業厚生年金基金及び中部印刷工業厚生年金基金)から脱退

平成23年4月

物流体制再編のため、100%連結子会社「株式会社セキュリティー・ロジスティックス」を吸収合併

平成23年4月

データベース事業の海外展開のため、台北に駐在員事務所を設置

平成23年6月

投資信託書類作成支援システム「PRONEXUS FUND DOCUMENT SYSTEM」を開発

平成23年6月

中期経営計画2011を策定

平成25年1月

「株式会社日立ハイテクノロジーズ」の企業情報データベース「NEXT有報革命」を承継、「eolDB」に統合

平成25年4月

財務資料専門の翻訳会社「日本財務翻訳株式会社」を完全子会社化

平成25年7月

「株式会社a2media」から不動産投資信託関連システム開発会社「Japan REIT株式会社」を新設分割

平成25年11月

Web制作専門会社の「株式会社ミツエーリンクス」に20%出資し、持分法適用関連会社化

平成26年7月

「台湾普羅納克廈斯股份有限公司」を100%連結子会社として台北に設立、日系企業向けBPO事業を開始

平成27年3月

開示BPOサービス会社「株式会社ディスクロージャー・プロ」を35%出資して設立、持分法適用関連会社化

平成27年4月

「株式会社a2media」及びその子会社である「Japan REIT株式会社」について、連結の範囲から除外し、持分法適用関連会社化

平成27年12月

「株式会社ビジネスブレイン太田昭和」と業務資本提携

平成28年4月

「新中期経営計画2018」を策定

平成28年4月

開示実務支援サービス「WORKS−Core」提供開始

平成28年11月

日本企業ベトナム進出サポート体制強化に向け、ベトナム ダナン投資促進センターと業務提携

 

3【事業の内容】

当社グループ(当社及び当社の関係会社)は、当社と子会社4社及び関連会社2社で構成されています。当社グループの事業セグメントは、「第5  経理の状況  1  連結財務諸表等  注記事項(セグメント情報等)」に記載のとおり、ディスクロージャー関連事業の単一セグメントでありますが、取扱製品を上場会社ディスクロージャー関連、上場会社IR関連等、金融商品ディスクロージャー関連、データベース関連の4部門に区分しております。当社グループの事業の特徴は、これら製品の受託に伴い、法的チェック、セミナー、ガイドブックなどのコンサルティングサービスと、ITを活用したインフラ・システムサービスをお客様に提供し、開示内容の適正化、開示実務の効率化、迅速化を支援する点にあります。

当社グループのうち、連結決算の対象となる子会社は、当社事業に関連するデータ加工、情報セキュリティ管理及びシステム開発業務を行っている株式会社アスプコミュニケーションズ、開示書類等の英文翻訳サービスを行う日本財務翻訳株式会社、台湾において日系企業向けBPO事業を行う台湾普羅納克廈斯股份有限公司の3社であります。

なお、前連結会計年度において持分法適用関連会社でありました株式会社a2media及びその連結子会社であるJapan REIT株式会社、ブレインプレス株式会社につきましては、当社の持株比率が低下したため、当連結会計年度より持分法の適用範囲から除外しております。

 

製品区分

主要製品名

当該事業に携わっている会社名

上場会社ディスクロージャー関連

■上場会社向け法定開示支援サービス 等:

株主総会招集通知、決議通知、フォーム印刷、有価証券報告書、四半期報告書、有価証券届出書、目論見書、上場申請書類、決算短信等の作成支援・印刷及び関連するコンサルティング・システムサービスの提供  等

当社

株式会社アスプコミュニケーションズ

株式会社ディスクロージャー・プロ

上場会社IR関連等

■上場会社向けIR支援サービス 等:

株主通信、アニュアルレポート、会社案内、各種IRツール、Webコンテンツ(ホームページ・IRサイト等)の作成支援・印刷及び関連する企画制作・コンサルティングサービスの提供、開示書類翻訳サービス、有料セミナー、海外進出日系企業支援 等

当社

株式会社アスプコミュニケーションズ

日本財務翻訳株式会社

台湾普羅納克廈斯股份有限公司

株式会社ミツエーリンクス

 

金融商品ディスクロージャー関連

■投資信託・不動産投資信託運用会社・外国会社向け開示支援サービス 等:

有価証券届出書、目論見書、有価証券報告書、半期報告書、運用報告書、資産運用報告書等の法定開示書類、各種販売用ツール・Webサイト等の作成支援・印刷及び関連する企画制作・システムサービスの提供  等

当社

株式会社アスプコミュニケーションズ

データベース関連

■企業情報・財務情報検索用データベース 等

当社

株式会社アスプコミュニケーションズ

 

以上で述べた事項を事業系統図によって示すと次のとおりであります。

0101010_001.png

(注)亜細亜証券印刷株式会社は、平成22年4月1日より営業活動を休止、有価証券印刷事業を当社へ移管し、重要性が乏しいため、連結の範囲から除外しております。

 

4【関係会社の状況】

名称

住所

資本金

(百万円)

主要な事業の内容

議決権の

所有割合

(%)

関係内容

(連結子会社)

 

 

 

 

 

株式会社アスプコミュニケーションズ

(注)2

富山県

富山市

30

上場会社ディスクロージャー関連・上場会社IR関連等・金融商品ディスクロージャー関連・データベース関連

100.0

 当社製品のデータ加工、情報セキュリティ管理及びシステム開発業務を行っております。

 役員の兼任があります。

日本財務翻訳株式会社

東京都

港区

80

上場会社IR関連等

100.0

 開示書類等の翻訳業務を行っております。

 役員の兼任があります。

台湾普羅納克廈斯股份

有限公司

台湾

台北市

65

百万

上場会社IR関連等

100.0

 日系企業向けBPOサービスを行っております。

 役員の兼任があります。

 

 NT$

(持分法適用関連会社)

 

 

 

 

 

株式会社ミツエーリンクス

東京都

新宿区

99

上場会社IR関連等

20.0

 Webページの制作サービス等を行っております。

株式会社ディスクロージャー・プロ

東京都

港区

10

上場会社ディスクロージャー関連

35.0

 開示書類作成のBPOサービスを行っております。

(注)1.主要な事業の内容欄には、製品区分の名称を記載しております。

2.特定子会社に該当しております。

 

5【従業員の状況】

(1)連結会社の状況

平成29年3月31日現在

従業員数(人)

1,029

[319]

(注)1.臨時雇用者数は[  ]内に年間の平均人員を外数で記載しております。

2.当社グループの事業セグメントは、ディスクロージャー関連事業の単一セグメントであるため、セグメント別の従業員数の記載はしておりません。

 

(2)提出会社の状況

 

 

 

平成29年3月31日現在

従業員数(人)

平均年令(歳)

平均勤続年数(年)

平均年間給与(円)

686

39.8

11.6

6,620,007

[173]

(注)1.平均年間給与は、賞与及び基準外賃金を含んでおります。

2.臨時雇用者数は[  ]内に年間の平均人員を外数で記載しております。

3.当社の事業セグメントは、ディスクロージャー関連事業の単一セグメントであるため、セグメント別の従業員数の記載はしておりません。

 

(3)労働組合の状況

労働組合は結成されておりませんが、労使関係は円満に推移しております。

 





出典: 株式会社プロネクサス、2017-03-31 期 有価証券報告書