有価証券報告書を3社、または3期分比較分析できる! いますぐトライアルで試す >>
 






セクション一覧
④ 【附属明細表】
【有形固定資産等明細表】

 (単位:千円)

区分

資産の種類

当期首残高

当期増加額

当期減少額

当期償却額

当期末残高

減価償却累計額

有形固定資産

建物

934,189

14,218

25,496

60,418

862,492

1,040,724

構築物

3,281

695

2,585

17,513

機械及び装置

 

910,554

 

139,094

 

35,095

(2,822)

216,474

 

798,079

 

2,195,452

 

車両運搬具

1,276

0

846

429

56,520

工具、器具
及び備品

 

102,843

 

56,260

 

1,740

(1,684)

54,537

 

102,824

 

864,924

 

土地

1,165,851

1,165,851

リース資産

144,110

12,981

36,800

94,329

151,397

建設仮勘定

18,230

21,236

31,596

7,870

 

3,280,337

 

230,809

 

106,909

(4,506)

369,773

 

3,034,463

 

4,326,532

 

無形固定資産

商標権

102

19

83

ソフトウエア

209,899

99,017

1,843

83,109

223,962

その他

37,621

26,505

39,854

5

24,266

247,623

125,522

41,698

83,135

248,311

 

(注)1 当期増加額のうち主なものは、以下のとおりであります。

機械及び装置

ハガキ検査装置

59,700千円

 

オンデマンドプリンター

26,429千円

工具、器具及び備品

年賀工場監視カメラ

13,106千円

ソフトウェア

年賀状関連システム

49,575千円

 

新販促システム

36,179千円

 

   2 当期減少額のうち主なものは、以下のとおりであります。

建物

社宅売却

24,329千円

機械及び装置

オフセット輪転機

32,272千円

 

   3 「当期減少額」欄の( )内は内書きで、減損損失の計上額であります。

 

【引当金明細表】

 

(単位:千円)

区分

当期首残高

当期増加額

当期減少額

当期末残高

貸倒引当金

124,303

2,616

26,997

99,922

賞与引当金

14,172

13,635

14,172

13,635

 

 

【主な資産及び負債の内容】

連結財務諸表を作成しているため、記載を省略しております。

 

【その他】

該当事項はありません。

 





出典: 総合商研株式会社、2017-07-31 期 有価証券報告書