有価証券報告書を3社、または3期分比較分析できる! いますぐトライアルで試す >>
 






セクション一覧
⑤【附属明細表】
【有価証券明細表】
【株式】
銘柄
株式数(株)
貸借対照表計上額
(百万円)
投資有価証券
その他有価証券
㈱紀陽銀行
501,151
110
㈱紀陽銀行(優先株)
237,979
52
三井トラスト・ホールディングス㈱
12,891
13
その他12銘柄
81,760
41
833,781
218
【有形固定資産等明細表】
資産の種類
前期末残高
(百万円)
当期増加額
(百万円)
当期減少額
(百万円)
当期末残高
(百万円)
当期末減価償却累計額又は償却累計額
(百万円)
当期償却額
(百万円)
差引当期末残高(百万円)
有形固定資産
       
建物
2,733
38
696
2,076
1,181
56
894
構築物
1,012
42
18
1,036
681
45
355
機械装置
23,867
401
1,029
23,239
18,927
1,063
4,311
車両運搬具
69
0
0
69
65
0
4
工具器具備品
1,165
55
62
1,158
1,001
41
157
土地
478
1
477
477
建設仮勘定
124
671
539
257
257
有形固定資産計
29,452
1,211
2,347
28,315
21,858
1,207
6,457
無形固定資産
       
特許権
0
ソフトウエア
35
27
4
7
無形固定資産計
35
27
4
7
長期前払費用
56
19
36
36
繰延資産
       
繰延資産計
(注)1.当期増加額中主なもの
   機械装置 :高機能樹脂原料製造設備  85百万円
   建設仮勘定:高機能樹脂原料製造設備 178百万円
2.当期減少額中主なもの
   建物   :賃貸住宅        560百万円
機械装置 :高機能化学品製造設備  992百万円
3.無形固定資産の金額は資産の総額の百分の一以下であるため、「前期末残高」、「当期増加額」及び「当期減少額」の記載を省略した。
【資本金等明細表】
区分
前期末残高
当期増加額
当期減少額
当期末残高
資本金(百万円)
1,500
1,500
資本金のうち既発行株式
普通株式
(千株)
(11,500)
(−)
(−)
※1(11,500) 
普通株式
(百万円)
1,500
1,500
(千株)
(11,500)
(−)
(−)
(11,500)
(百万円)
1,500
1,500
資本準備金及びその他資本剰余金
(資本準備金)
     
株式払込剰余金
(百万円)
1,013
1,013
(百万円)
1,013
1,013
利益準備金及び任意積立金
(利益準備金)
(百万円)
211
211
(任意積立金)
     
配当準備積立金
(百万円)
20
20
固定資産圧縮積立金
(百万円)
197
   − 
 ※3   4
192
別途積立金
(百万円)
3,500
※2  100
3,600
(百万円)
3,928
100
4
4,023
 (注)※1 当期末における自己株式数は、9,381株である。
※2 当期増加額は、前期決算の利益処分によるものである。
※3 当期減少額は、前期決算の利益処分によるものである。
【引当金明細表】
区分
前期末残高
(百万円)
当期増加額
(百万円)
当期減少額
(目的使用)
(百万円)
当期減少額
(その他)
(百万円)
当期末残高
(百万円)
貸倒引当金
23
14
3
※    20
14
役員退職慰労引当金
71
30
4
97
 (注)※特定債権の回収による戻り入れ及び回収可能性の見直しによる洗替である。




出典: 本州化学工業株式会社、2005-03-31 期 有価証券報告書