有価証券報告書を3社、または3期分比較分析できる! いますぐトライアルで試す >>
 






セクション一覧
2【財務諸表等】
(1)【財務諸表】
①【貸借対照表】
 
 
前事業年度
(平成19年3月31日)
当事業年度
(平成20年3月31日)
区分
注記
番号
金額(百万円)
構成比
(%)
金額(百万円)
構成比
(%)
(資産の部)
 
 
 
 
 
 
 
Ⅰ 流動資産
 
 
 
 
 
 
 
1.現金及び預金
 
 
3,272
 
 
4,896
 
2.受取手形
※1
※4
 
11,063
 
 
8,817
 
3.売掛金
※1
 
9,150
 
 
8,016
 
4.商品
 
 
21
 
 
13
 
5.製品
 
 
4,903
 
 
4,711
 
6.原材料
 
 
863
 
 
788
 
7.仕掛品
 
 
1,246
 
 
1,236
 
8.前渡金
 
 
35
 
 
0
 
9.前払費用
 
 
160
 
 
129
 
10.繰延税金資産
 
 
477
 
 
430
 
11.関係会社短期貸付金
 
 
1,915
 
 
2,415
 
12.未収入金
※1
 
1,847
 
 
1,422
 
13.その他
 
 
186
 
 
146
 
貸倒引当金
 
 
△177
 
 
△231
 
流動資産合計
 
 
34,969
54.1
 
32,795
51.0
Ⅱ 固定資産
 
 
 
 
 
 
 
1.有形固定資産
 
 
 
 
 
 
 
(1)建物
 
15,883
 
 
16,022
 
 
減価償却累計額
 
△9,593
6,289
 
△10,067
5,955
 
(2)構築物
 
3,645
 
 
3,672
 
 
減価償却累計額
 
△2,686
959
 
△2,800
871
 
(3)機械及び装置
 
37,618
 
 
38,163
 
 
減価償却累計額
 
△32,506
5,111
 
△33,523
4,640
 
(4)車両及び運搬具
 
517
 
 
494
 
 
減価償却累計額
 
△468
48
 
△451
43
 
(5)工具器具及び備品
 
13,918
 
 
14,061
 
 
減価償却累計額
 
△12,623
1,295
 
△12,929
1,131
 
(6)土地
 
 
4,083
 
 
4,083
 

 

 
 
前事業年度
(平成19年3月31日)
当事業年度
(平成20年3月31日)
区分
注記
番号
金額(百万円)
構成比
(%)
金額(百万円)
構成比
(%)
(7)建設仮勘定
 
 
215
 
 
231
 
有形固定資産合計
 
 
18,004
27.8
 
16,956
26.4
2.無形固定資産
 
 
 
 
 
 
 
(1)ソフトウェア
 
 
313
 
 
250
 
(2)その他
 
 
30
 
 
73
 
無形固定資産合計
 
 
343
0.5
 
323
0.5
3.投資その他の資産
 
 
 
 
 
 
 
(1)投資有価証券
 
 
4,054
 
 
3,150
 
(2)関係会社株式
 
 
2,383
 
 
5,647
 
(3)出資金
 
 
36
 
 
34
 
(4)関係会社出資金
 
 
180
 
 
180
 
(5)株主、役員又は従業員に対する長期貸付金
 
 
28
 
 
29
 
(6)関係会社長期貸付金
 
 
254
 
 
213
 
(7)破産更生債権等
 
 
11
 
 
5
 
(8)差入保証金
 
 
317
 
 
282
 
(9)長期前払費用
 
 
72
 
 
243
 
(10)繰延税金資産
 
 
3,570
 
 
3,999
 
(11)その他
 
 
874
 
 
819
 
貸倒引当金
 
 
△82
 
 
△71
 
投資評価引当金
 
 
△358
 
 
△357
 
投資その他の資産合計
 
 
11,344
17.6
 
14,178
22.1
固定資産合計
 
 
29,692
45.9
 
31,458
49.0
資産合計
 
 
64,662
100.0
 
64,254
100.0
 
 
 
 
 
 
 
 

 

 
 
前事業年度
(平成19年3月31日)
当事業年度
(平成20年3月31日)
区分
注記
番号
金額(百万円)
構成比
(%)
金額(百万円)
構成比
(%)
(負債の部)
 
 
 
 
 
 
 
Ⅰ 流動負債
 
 
 
 
 
 
 
1.支払手形
※1
 
768
 
 
630
 
2.買掛金
※1
 
9,059
 
 
10,113
 
3.短期借入金
 
 
 
 
500
 
4.一年内返済長期借入金
 
 
 
 
1,500
 
5.未払金
 
 
1,119
 
 
1,454
 
6.未払消費税等
 
 
72
 
 
100
 
7.未払法人税等
 
 
889
 
 
73
 
8.未払費用
 
 
471
 
 
418
 
9.前受金
 
 
 
 
29
 
10.預り金
※1
 
885
 
 
866
 
11.賞与引当金
 
 
578
 
 
534
 
12.設備支払手形
 
 
123
 
 
60
 
13.役員賞与引当金
 
 
39
 
 
 
流動負債合計
 
 
14,008
21.7
 
16,280
25.3
Ⅱ 固定負債
 
 
 
 
 
 
 
1.長期借入金
 
 
1,500
 
 
 
2.退職給付引当金
 
 
10,235
 
 
9,849
 
3.役員退職引当金
 
 
246
 
 
 
4.その他
 
 
570
 
 
813
 
固定負債合計
 
 
12,553
19.4
 
10,662
16.6
負債合計
 
 
26,561
41.1
 
26,942
41.9
 
 
 
 
 
 
 
 

 

 
 
前事業年度
(平成19年3月31日)
当事業年度
(平成20年3月31日)
区分
注記
番号
金額(百万円)
構成比
(%)
金額(百万円)
構成比
(%)
(純資産の部)
 
 
 
 
 
 
 
Ⅰ 株主資本
 
 
 
 
 
 
 
1.資本金
 
 
15,189
23.5
 
15,189
23.6
2.資本剰余金
 
 
 
 
 
 
 
(1)資本準備金
 
14,661
 
 
14,661
 
 
(2)その他資本剰余金
 
5
 
 
6
 
 
資本剰余金合計 
 
 
14,666
22.7
 
14,667
22.8
3.利益剰余金
 
 
 
 
 
 
 
(1)利益準備金
 
1,223
 
 
1,223
 
 
(2)その他利益剰余金
 
 
 
 
 
 
 
配当準備積立金
 
200
 
 
200
 
 
土地圧縮積立金 
 
82
 
 
82
 
 
別途積立金
 
3,750
 
 
5,750
 
 
繰越利益剰余金
 
3,183
 
 
905
 
 
利益剰余金合計 
 
 
8,439
13.0
 
8,162
12.7
4.自己株式
 
 
△1,385
△2.1
 
△1,382
△2.1
株主資本合計 
 
 
36,910
57.1
 
36,636
57.0
Ⅱ 評価・換算差額等
 
 
 
 
 
 
 
1.その他有価証券評価差額金
 
 
1,190
1.8
 
674
1.1
評価・換算差額合計 
 
 
1,190
1.8
 
674
1.1
純資産合計 
 
 
38,100
58.9
 
37,311
58.1
負債純資産合計 
 
 
64,662
100.0
 
64,254
100.0
               
②【損益計算書】
 
 
前事業年度
(自 平成18年4月1日
至 平成19年3月31日)
当事業年度
(自 平成19年4月1日
至 平成20年3月31日)
区分
注記
番号
金額(百万円)
百分比
(%)
金額(百万円)
百分比
(%)
Ⅰ 売上高
※2
 
47,880
100.0
 
44,141
100.0
Ⅱ 売上原価
 
 
 
 
 
 
 
1.製品・商品期首たな卸高
 
4,548
 
 
4,924
 
 
2.当期製品製造原価
 
29,904
 
 
28,478
 
 
3.当期商品仕入高
 
3,942
 
 
3,130
 
 
合計
 
38,395
 
 
36,533
 
 
4.他勘定振替高
※3
666
 
 
427
 
 
5.製品・商品期末たな卸高
※1
4,924
32,805
68.5
4,725
31,380
71.1
売上総利益
 
 
15,075
31.5
 
12,760
28.9
Ⅲ 販売費及び一般管理費
※6
※7
 
12,761
26.7
 
11,838
26.8
営業利益
 
 
2,314
4.8
 
921
2.1
Ⅳ 営業外収益
 
 
 
 
 
 
 
1.受取利息
※2 
29
 
 
46
 
 
2.受取配当金
※2
93
 
 
110
 
 
3.仕入割引
 
19
 
 
0
 
 
4.賃貸料
※2
130
 
 
142
 
 
5.経営指導料
※2
65
 
 
39
 
 
6.保険金受入
 
19
 
 
61
 
 
7.雑収入
 
67
423
0.9
75
477
1.0
Ⅴ 営業外費用
 
 
 
 
 
 
 
1.支払利息及び割引料
 
39
 
 
45
 
 
2.売上割引
 
26
 
 
26
 
 
3.賃貸経費
 
111
 
 
128
 
 
4.たな卸資産処分損
 
145
 
 
172
 
 
5.クレーム補償損
 
93
 
 
35
 
 
6.雑支出
 
64
481
1.0
93
501
1.1
経常利益
 
 
2,256
4.7
 
898
2.0

 

 
 
前事業年度
(自 平成18年4月1日
至 平成19年3月31日)
当事業年度
(自 平成19年4月1日
至 平成20年3月31日)
区分
注記
番号
金額(百万円)
百分比
(%)
金額(百万円)
百分比
(%)
Ⅵ 特別利益
 
 
 
 
 
 
 
1.固定資産売却益
※4
20
 
 
 
 
2.投資有価証券売却益
 
 
 
225
 
 
3.投資評価引当金戻入額
 
66
86
0.2
39
264
0.6
Ⅶ 特別損失
 
 
 
 
 
 
 
1.固定資産処分損
※5
47
 
 
39
 
 
2.投資評価引当金繰入額
 
 
 
38
 
 
3.投資有価証券評価損
 
9
 
 
79
 
 
4.会員権評価損 
 
6
 
 
 
 
5.減損損失
※8 
 
 
46
 
 
6.関係会社株式評価損
 
 
 
49
 
 
7.構造改革費用
※9 
 
 
65
 
 
8.貸倒引当金繰入額
 
 
 
57
 
 
9.特別退職金
 
26
90
0.2
376
0.8
税引前当期純利益
 
 
2,252
4.7
 
786
1.8
法人税、住民税及び  事業税
 
730
 
 
210
 
 
法人税等調整額
 
92
822
1.7
224
434
1.0
当期純利益
 
 
1,430
3.0
 
352
0.8
 
 
 
 
 
 
 
 
製造原価明細書
 
 
前事業年度
(自 平成18年4月1日
至 平成19年3月31日)
当事業年度
(自 平成19年4月1日
至 平成20年3月31日)
区分
注記
番号
金額(百万円)
構成比
(%)
金額(百万円)
構成比
(%)
Ⅰ 材料費
※1
 
20,789
69.3
 
18,949
66.4
Ⅱ 労務費
※2
 
3,825
12.7
 
3,802
13.3
Ⅲ 経費
 
 
 
 
 
 
 
1.減価償却費
 
1,743
 
 
2,158
 
 
2.電力料
 
802
 
 
780
 
 
3.修繕費
 
346
 
 
349
 
 
4.外注加工費
 
772
 
 
695
 
 
5.その他の経費
 
1,725
5,390
18.0
1,803
5,788
20.3
当期総製造費用
 
 
30,005
100.0
 
28,540
100.0
期首仕掛品たな卸高
 
 
1,164
 
 
1,246
 
合計
 
 
31,170
 
 
29,787
 
他勘定振替高
※3
 
18
 
 
41
 
期末仕掛品たな卸高
 
 
1,246
 
 
1,267
 
当期製品製造原価
 
 
29,904
 
 
28,478
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 (注)※1.材料費のうち当社仕様の加工品仕入高は前事業年度6,534百万円、当事業年度5,569百万円であります。
※2.主な内訳は以下のとおりです。
項目
前事業年度(百万円)
当事業年度(百万円)
賞与引当金繰入額
246
230
退職給付費用
526
522
※3.他勘定振替高は、試験等に使用した払出額であります。
4.原価計算の方法
部門別総合原価計算を採用しております。
③【株主資本等変動計算書】
前事業年度(自 平成18年4月1日 至 平成19年3月31日)
 
株主資本
資本金
資本剰余金
利益剰余金
資本準備金
その他資本剰余金
資本剰余金合計
利益準備金
その他利益剰余金
 
 
 
配当準備積立金
土地圧縮積立金
別途積立金
繰越利益剰余金
平成18年3月31日 残高
(百万円)
15,189
14,661
4
14,665
1,223
200
82
3,750
2,306
事業年度中の変動額
                 
剰余金の配当(注)
△518
役員賞与の支給(注)
△35
当期純利益
1,430
自己株式の取得
自己株式の処分
0
0
株主資本以外の項目の事業年度中の変動額(純額)
事業年度中の変動額合計
(百万円)
0
0
876
平成19年3月31日 残高
(百万円)
15,189
14,661
5
14,666
1,223
200
82
3,750
3,183
 
 株主資本
 評価・換算差額等
純資産合計
利益剰余金
自己株式
株主資本合計
その他有価証券差額金
その他利益剰余金合計
利益剰余金合計 
平成18年3月31日 残高
(百万円)
6,339
7,562
△1,400
36,016
1,408
37,425
事業年度中の変動額
           
剰余金の配当(注)
△518
△518
△518
△518
役員賞与の支給(注)
△35
△35
△35
△35
当期純利益
1,430
1,430
1,430
1,430
自己株式の取得
△8
△8
△8
自己株式の処分
23
24
24
株主資本以外の項目の事業年度中の変動額(純額)
△218
△218
事業年度中の変動額合計
(百万円)
876
876
15
893
△218
675
平成19年3月31日 残高
(百万円)
7,216
8,439
△1,385
36,910
1,190
38,100
(注)平成18年6月の定時株主総会における利益処分の項目287百万円及び中間配当金265百万円であります。
当事業年度(自 平成19年4月1日 至 平成20年3月31日)
 
株主資本
資本金
資本剰余金
利益剰余金
資本準備金
その他資本剰余金
資本剰余金合計
利益準備金
その他利益剰余金
 
 
 
配当準備積立金
土地圧縮積立金
別途積立金
繰越利益剰余金
平成19年3月31日 残高
(百万円)
15,189
14,661
5
14,666
1,223
200
82
3,750
3,183
事業年度中の変動額
                 
剰余金の配当
△629
当期純利益
352
自己株式の取得
自己株式の処分
0
0
別途積立金の積立 
2,000
△2,000
株主資本以外の項目の事業年度中の変動額(純額)
事業年度中の変動額合計
(百万円)
0
0
2,000
△2,277
平成20年3月31日 残高
(百万円)
15,189
14,661
6
14,667
1,223
200
82
5,750
905
 
 株主資本
 評価・換算差額等
純資産合計
利益剰余金
自己株式
株主資本合計
その他有価証券差額金
その他利益剰余金合計
利益剰余金合計 
平成19年3月31日 残高
(百万円)
7,216
8,439
△1,385
36,910
1,190
38,100
事業年度中の変動額
           
剰余金の配当
△629
△629
△629
△629
当期純利益
352
352
352
352
自己株式の取得
△9
△9
△9
自己株式の処分
12
13
13
別途積立金の積立
株主資本以外の項目の事業年度中の変動額(純額)
△515
△515
事業年度中の変動額合計
(百万円)
△277
△277
3
△273
△515
△788
平成20年3月31日 残高
(百万円)
6,938
8,162
△1,382
36,636
674
37,311
 
重要な会計方針
前事業年度
(自 平成18年4月1日
至 平成19年3月31日)
当事業年度
(自 平成19年4月1日
至 平成20年3月31日)
1.有価証券の評価基準および評価方法
(1)子会社株式および関連会社株式
 移動平均法による原価法
1.有価証券の評価基準および評価方法
(1)子会社株式および関連会社株式
同左
(2)有価証券(投資を含む)
  a. 満期保有目的の債券 
    償却原価法(定額法)
  b. その他有価証券
 時価のあるもの
 決算末日の市場価格等に基づく時価法(評価差額は全部純資産直入法により処理し、売却原価は移動平均法により算定)
(2)有価証券(投資を含む)
  a. 満期保有目的の債券
同左
  b. その他有価証券
 時価のあるもの
同左
 時価のないもの
 移動平均法による原価法
 時価のないもの
同左
2.たな卸資産の評価基準および評価方法
(1)製品
 総平均法による低価法
2.たな卸資産の評価基準および評価方法
(1)製品
同左
(2)商品
 移動平均法による低価法
(2)商品
同左
(3)原材料・仕掛品
 総平均法による原価法
(3)原材料・仕掛品
同左
3.固定資産の減価償却の方法
(1)有形固定資産・・・定率法          (但し、千歳工場は定額法)
3.固定資産の減価償却の方法
(1)有形固定資産・・・定率法          (但し、千歳工場は定額法)
 なお、耐用年数及び残存価額については、法人税法に規定する方法と同一の基準によっております。
 但し、平成10年4月1日以降に取得した建物(建物附属設備を除く)については、定額法によっております。
  なお、耐用年数及び残存価額については、法人税
法に規定する方法と同一の基準によっております。
 但し、平成10年4月1日以降に取得した建物(建物附属設備を除く)については、定額法によっております。
 
(会計方針の変更)
 法人税法の改正に伴い、当事業年度から平成19年4月1日以降に取得した有形固定資産について、改正後の法人税法に基づく減価償却の方法に変更しております。
 これにより営業利益、経常利益及び税引前当期純利益はそれぞれ112百万円減少しております。
(追加情報)
 法人税法の改正に伴い、平成19年3月31日以前に取得した資産については、改正前の法人税法に基づく減価償却の方法により取得価額の5%に到達した事業年度の翌事業年度より、取得価額の5%相当額と備忘価額との差額を5年間にわたり均等償却し、減価償却費に含めて計上しております。
 これにより営業利益、経常利益及び税引前当期純利益がそれぞれ326百万円減少しております。

 

前事業年度
(自 平成18年4月1日
至 平成19年3月31日)
当事業年度
(自 平成19年4月1日
至 平成20年3月31日)
(2)無形固定資産・・・定額法
(2)無形固定資産・・・定額法
 なお、償却年数については、法人税法に規定する方法と同一の基準によっております。
 但し、ソフトウェア(自社利用分)については、社内における利用可能期間(5年)に基づく定額法によっております。
同左
(3)長期前払費用・・・定額法
(3)長期前払費用・・・定額法
 なお、償却年数については、法人税法に規定する方法と同一の基準によっております。
同左
4.引当金の計上基準
(1)貸倒引当金
 売掛金等の債権の貸倒れによる損失に備えるため、一般債権については貸倒実績率により、貸倒懸念債権等特定の債権については個別に回収可能性を勘案し、回収不能見込額を計上しております。
4.引当金の計上基準
(1)貸倒引当金
同左
(2)投資評価引当金
 投資先の投融資額を評価するため、投資先の資産状態及び事業内容の実情を勘案して必要と認められる金額を計上しております。
(2)投資評価引当金
同左
(3)賞与引当金
 従業員の賞与の支給に充てるため、次期賞与支給見込額の当期間対応額を計上しております。
(3)賞与引当金
同左
(4)役員賞与引当金 
 役員賞与の支出に備えて、当事業年度における支給見込み額に基づき計上しております。 
(4)役員賞与引当金 
同左
(5)退職給付引当金
 従業員の退職給付に備えるため、当事業年度末における退職給付債務及び年金資産の見込額に基づき、当事業年度末において発生していると認められる額を計上しております。
 過去勤務債務については、発生年度において一括して費用処理または費用から減額処理する方法を採用しております。
 また、数理計算上の差異については、その発生時の従業員の平均残存勤務期間以内の一定の年数(15年)による按分額を翌事業年度より費用処理することとしております。
(5)退職給付引当金
同左
(6)役員退職引当金
 役員退職慰労金の支給に充てるため、内規に基づく期末要支給額を計上しております。
(6) 役員退職引当金
─────────────────── 
 
 
(追加情報)
 平成19年6月27日の株主総会において、役員退職慰労金制度の廃止及び同総会までの在任期間に係る退職慰労金を退任時に支給することを決定したことに伴い、退職慰労金相当額221百万円を固定負債の「その他(長期未払金)」に振り替えております。 
5.収益及び費用の計上基準
 売上の計上基準は出荷基準であります。
5.収益及び費用の計上基準
同左

 

前事業年度
(自 平成18年4月1日
至 平成19年3月31日)
当事業年度
(自 平成19年4月1日
至 平成20年3月31日)
6.リース取引の処理方法
 リース物件の所有権が借主に移転すると認められるもの以外のファイナンス・リース取引については、通常の賃貸借取引に係る方法に準じた会計処理によっております。
6.リース取引の処理方法
同左
7.ヘッジ会計の方法
① ヘッジ会計の方法
 繰延ヘッジ処理を採用しております。また、金利スワップについて特例処理の条件を満たしている場合には特例処理を採用しております。
7.ヘッジ会計の方法
① ヘッジ会計の方法
同左
② ヘッジ手段とヘッジ対象
 当事業年度にヘッジ会計を適用したヘッジ対象とヘッジ手段は以下のとおりであります。
② ヘッジ手段とヘッジ対象
同左
ヘッジ手段・・・金利スワップ
 
ヘッジ対象・・・借入金の利息
 
③ ヘッジ方針
 主に当社の内規である「デリバティブ管理規程」に基づき、金利変動リスクをヘッジしております。
③ ヘッジ方針
同左
④ ヘッジ有効性評価の方法
 ヘッジ対象の相場変動又はキャッシュ・フロー変動の累計とヘッジ手段の相場変動又はキャッシュ・フロー変動の累計を比較し、その変動額の比率によって有効性を評価しております。
 ただし、特例処理によっている金利スワップについては、有効性の評価を省略しております。
④ ヘッジ有効性評価の方法
同左
 
8.その他財務諸表作成のための重要な事項
(1)消費税等の処理方法
 税抜方式によっております。
8.その他財務諸表作成のための重要な事項
(1)消費税等の処理方法
同左
会計処理方法の変更
前事業年度
(自 平成18年4月1日
至 平成19年3月31日)
当事業年度
(自 平成19年4月1日
至 平成20年3月31日)
(貸借対照表の純資産の部の表示に関する会計基準)
 当事業年度より、「貸借対照表の純資産の部の表示に関する会計基準」(企業会計基準第5号 平成17年12月9日)及び「貸借対照表の純資産の部の表示に関する会計基準等の適用指針」(企業会計基準適用指針第8号 平成17年12月9日)を適用しております。
 従来の資本の部の合計に相当する金額は、38,100百万円であります。
 なお、財務諸表等規則の改正により、当事業年度における財務諸表は、改正後の財務諸表等規則により作成しております。
 
──────────────────
(役員賞与に関する会計基準)
 当事業年度より、「役員賞与に関する会計基準」(企業会計基準第4号 平成17年11月29日)を適用しております。
 これにより、営業利益、経常利益及び税引前当期純利益は、それぞれ39百万円減少しております。
  なお、セグメント情報に与える影響は、当該箇所に記載しております。
 
──────────────────
(ストック・オプション等に関する会計基準)
 当事業年度より、「ストック・オプション等に関する会計基準」(企業会計基準第8号 平成17年12月27日)及び「ストック・オプション等に関する会計基準の適用指針」(企業会計基準適用指針第11号 平成18年5月31日)を適用しております。 
──────────────────
表示方法の変更
前事業年度
(自 平成18年4月1日
至 平成19年3月31日)
当事業年度
(自 平成19年4月1日
至 平成20年3月31日)
 (貸借対照表)
  前期まで区分掲記しておりました「借地権」(当期末残高0百万円)は、金額的重要性が乏しくなったため「その他」に含めております。
 
 ────────────────── 
 
注記事項
(貸借対照表関係)
前事業年度
(平成19年3月31日)
当事業年度
(平成20年3月31日)
※1 関係会社に係る注記
 区分掲記されたもの以外で各科目に含まれている関係会社に対する主なものは次のとおりであります。
※1 関係会社に係る注記
 区分掲記されたもの以外で各科目に含まれている関係会社に対する主なものは次のとおりであります。
受取手形
     3,655百万円
売掛金
     1,724百万円
支払手形
  5百万円
買掛金
     692百万円
未収入金
     1,608百万円
預り金
   694百万円
受取手形
    3,059百万円
売掛金
2,046百万円
支払手形
4百万円
買掛金
    2,459百万円
未収入金
     1,221百万円
預り金
     690百万円
 なお、「関係会社株式」には、平成19年4月1日付で設立したタキロンクボタホームインプルーブメント㈱に対する新株式払込金37百万円が含まれております。
 
 
 
2 借入金
2 借入金
  借入金のうち長期借入金1,500百万円には以下の財務制限条項がついており、これに抵触した場合借入先の要求に基づき、該当する借入金を一括返済することがあります。
(1)各決算期末における連結及び単体の資本の額が、直前の年度決算期末または平成14年3月期末における連結及び単体の資本の額のいずれか高いほうの75 %を下回らないこと。
  借入金のうち一年内返済長期借入金1,500百万円には以下の財務制限条項がついており、これに抵触した場合借入先の要求に基づき、該当する借入金を一括返済することがあります。
(1)各決算期末における連結及び単体の資本の額が、直前の年度決算期末または平成14年3月期末における連結及び単体の資本の額のいずれか高いほうの75  %を下回らないこと。
(2)各年度の連結及び単体の経常損益が、2期連続してマイナスにならないこと。
(2)各年度の連結及び単体の経常損益が、2期連続してマイナスにならないこと。
 3 保証債務
 下記の銀行借入金等について保証しております。
 3 保証債務
 下記の銀行借入金等について保証しております。
従業員の住宅資金借入金
保証
 343百万円
タキロンエンジニアリング㈱
保証
360百万円
PT.TAKIRON INDONESIA
保証  
 62百万円
タキロンポリマー㈱
保証
40百万円
 
805百万円
従業員の住宅資金借入金
保証
 281百万円
タキロンエンジニアリング㈱
保証
320百万円
PT.TAKIRON INDONESIA
保証  
78百万円
タキロンポリマー㈱
保証
35百万円
 
 715百万円
※4 事業年度末日満期手形
 事業年度末日満期手形の会計処理については、手形交換日をもって決済処理しております。なお、当事業年度末日は金融機関の休日であったため、次の事業年度末日満期手形が当事業年度末残高に含まれております。
  受取手形            1,145百万円
※4  ───────────────────
 
 
 
 
 
 
(損益計算書関係)
前事業年度
(自 平成18年4月1日
至 平成19年3月31日)
当事業年度
(自 平成19年4月1日
至 平成20年3月31日)
※1 製品・商品の低価基準による評価損は、製品38百万円、商品0百万円であります。
※1 製品・商品の低価基準による評価損は、製品61百万円であります。
※2 関係会社との取引に係るもの
※2 関係会社との取引に係るもの
売上高
     11,312百万円
賃貸料
   129百万円
経営指導料
  65百万円
売上高
      12,397百万円
賃貸料
      142百万円
経営指導料
    39百万円
受取利息 
 42百万円 
受取配当金 
 39百万円 
※3 自家消費及び商品見本等への振替高
※3 自家消費及び商品見本等への振替高
※4 固定資産売却益の主なものは、次のとおりであります。
※4  ───────────────────
建物
 4百万円
土地
  14百万円
その他
 2百万円
   20百万円
 
 
 
 
   
 
 
 
    
 
※5 固定資産処分損の主なものは、次のとおりであります。
※5 固定資産処分損の主なものは、次のとおりであります。
建物
 1百万円
構築物
  12百万円
機械及び装置 
 21百万円
工具器具及び備品
  11百万円
その他
 0百万円
   47百万円
建物
  0百万円
構築物
    0百万円
機械及び装置 
   16百万円
工具器具及び備品
    20百万円
その他
  1百万円
     39百万円
※6 販売費に属する費用のおおよその割合は71%であり、一般管理費に属する費用のおおよその割合は 29%であります。
※6 販売費に属する費用のおおよその割合は68%であり、一般管理費に属する費用のおおよその割合は  32%であります。
主要な費目および金額は次のとおりであります。
主要な費目および金額は次のとおりであります。
運搬費・倉庫料
     2,993百万円
従業員給料
     2,259百万円
賞与引当金繰入額
   270百万円
役員賞与引当金繰入額 
39百万円
退職給付費用
   394百万円
役員退職引当金繰入額
  44百万円
旅費・交通費・通信費
   724百万円
販売手数料・販売促進費
   457百万円
広告宣伝費・見本費
   372百万円
減価償却費
   293百万円
研究開発費
     1,104百万円
修繕費・賃借料
   652百万円
運搬費・倉庫料
       2,805百万円
従業員給料
       2,107百万円
賞与引当金繰入額
      246百万円
退職給付費用
      354百万円
役員退職引当金繰入額
    15百万円
旅費・交通費・通信費
      648百万円
販売手数料・販売促進費
      328百万円
広告宣伝費・見本費
      370百万円
減価償却費
      282百万円
研究開発費
       1,078百万円
修繕費・賃借料
      643百万円
※7 一般管理費に含まれる研究開発費は1,104百万円であります。
※7 一般管理費に含まれる研究開発費は1,078百万円であります。

 

前事業年度
(自 平成18年4月1日
至 平成19年3月31日)
当事業年度
(自 平成19年4月1日
至 平成20年3月31日)
───────────────────
※8 減損損失
当社は、事業部制を採用しており、資産のグルーピングにあたっては事業部を基礎として事業部別事業所別にグルーピングし、遊休資産については、個々の資産毎に減損の兆候を判定しております。
当社は以下の資産グループについて減損損失を計上しました。 
 
 
場所
用途
種類
東京工場
(茨城県かすみがうら市)
遊休資産
その他(工具器具及び備品) 
東京工場
(茨城県かすみがうら市)
遊休資産
機械装置等 
将来の使用が見込めない遊休資産である東京工場住設資材製造用金型は、その使用範囲について、回収可能価額を著しく低下させる変化が生じたため、帳簿価額を回収可能価額まで減額し、当該減少額を減損損失(39百万円)として特別損失に計上致しました。
同様に、将来の使用が見込めない遊休資産である東京工場プレート製造設備の帳簿価額を回収可能価額まで減額し、当該減少額を減損損失(6百万円)として特別損失に計上致しました。
なお、回収可能価額の算定に当たっては、金型および機械装置等については、償却可能限度額を基にした正味売却価額により評価しております。
 ───────────────────
※9 構造改革費用
構造改革に伴い、電材事業部を事業譲渡することにより発生したものであります。
(株主資本等変動計算書関係)
前事業年度(自 平成18年4月1日 至 平成19年3月31日)
自己株式の種類及び株式数に関する事項
 
前事業年度末株式数 (千株)
当事業年度増加株式数(千株)
当事業年度減少株式数(千株)
当事業年度末株式数(千株)
 普通株式
4,701
19
78
4,642
(注)1.普通株式の自己株式の株式数の増加19千株は、単元未満株式の買取りによる増加19千株であります。
2.普通株式の自己株式の株式数の減少78千株は、新株予約権の行使による減少78千株、単元未満株式の売渡しによる減少0千株であります。
当事業年度(自 平成19年4月1日 至 平成20年3月31日)
自己株式の種類及び株式数に関する事項
 
前事業年度末株式数 (千株)
当事業年度増加株式数(千株)
当事業年度減少株式数(千株)
当事業年度末株式数(千株)
 普通株式
4,642
25
42
4,624
(注)1.普通株式の自己株式の株式数の増加25千株は、単元未満株式の買取りによる増加25千株であります。
2.普通株式の自己株式の株式数の減少42千株は、新株予約権の行使による減少35千株、単元未満株式の売渡しによる減少7千株であります。
(リース取引関係)
前事業年度
(自 平成18年4月1日
至 平成19年3月31日)
当事業年度
(自 平成19年4月1日
至 平成20年3月31日)
 リース物件の所有権が借主に移転すると認められるもの以外のファイナンス・リース取引
 リース物件の所有権が借主に移転すると認められるもの以外のファイナンス・リース取引
1.借主
(1)リース物件の取得価額相当額、減価償却累計額相当額、減損損失累計額相当額及び期末残高相当額
1.借主
(1)リース物件の取得価額相当額、減価償却累計額相当額、減損損失累計額相当額及び期末残高相当額
 
工器具・備品
「その他」
(百万円)
その他
「その他」
(百万円)
合計
(百万円)
取得価額
相当額
1,139
419
1,558
減価償却
累計額相当額
619
238
857
期末残高  相当額
520
180
700
 
工器具・備品
「その他」
(百万円)
その他
「その他」
(百万円)
合計
(百万円)
取得価額
相当額
1,027
401
1,429
減価償却
累計額相当額
617
233
851
期末残高  相当額
409
168
578
  取得価額相当額は、未経過リース料期末残高が有形固定資産の期末残高等に占める割合が低いため、支払利子込み法により算定しております。
 
同左
(2)未経過リース料期末残高相当額等
  未経過リース料期末残高相当額
(2)未経過リース料期末残高相当額等
  未経過リース料期末残高相当額
1年以内
   335百万円
1年超
   364百万円
合計
   700百万円
1年以内
      296百万円
1年超
      281百万円
合計
      578百万円
  未経過リース料期末残高相当額は、未経過リース料期末残高が有形固定資産の期末残高等に占める割合が低いため、支払利子込み法により算定しております。
 
同左
(3)支払リース料、リース資産減損勘定の取崩額、減価償却費相当額、支払利息相当額及び減損損失
(3)支払リース料、リース資産減損勘定の取崩額、減価償却費相当額、支払利息相当額及び減損損失
支払リース料
 292百万円
減価償却費相当額
   292百万円
支払リース料
    287百万円
減価償却費相当額
      287百万円
(4)減価償却費相当額の算定方法
 リース期間を耐用年数とし、残存価額を零とする定額法によっております。
(4)減価償却費相当額の算定方法
同左
(減損損失について)
  リース資産に配分された減損損失はありません。 
(減損損失について)
  リース資産に配分された減損損失はありません。 
(有価証券関係)
前事業年度
(平成19年3月31日)
当事業年度
(平成20年3月31日)
子会社株式及び関連会社株式で時価のあるもの
 該当事項はありません。
子会社株式及び関連会社株式で時価のあるもの
 該当事項はありません。
(税効果会計関係)
前事業年度
(平成19年3月31日)
当事業年度
(平成20年3月31日)
(1)繰延税金資産及び繰延税金負債の発生の主な原因別の内訳
(1)繰延税金資産及び繰延税金負債の発生の主な原因別の内訳
(繰延税金資産)
 
 
退職給付引当金損金算入限度超過額
4,126
百万円
賞与引当金繰入限度超過額
233
百万円
投資評価引当金否認
144
百万円
投資有価証券評価損否認
402
百万円
役員退職引当金否認
99
百万円
貸倒引当金損金算入限度超過額
97
百万円
その他
255
百万円
繰延税金資産小計
5,359
百万円
評価性引当額
△452
百万円
繰延税金資産合計
4,907
百万円
(繰延税金負債)
 
 
土地圧縮積立金
△56
百万円
その他有価証券評価差額金
△803
百万円
繰延税金負債合計
△859
百万円
繰延税金資産の純額
4,047
百万円
(繰延税金資産)
 
 
退職給付引当金損金算入限度超過額
3,969
百万円
賞与引当金繰入限度超過額
215
百万円
投資評価引当金否認
143
百万円
投資有価証券評価損否認
430
百万円
役員退職引当金否認
82
百万円
貸倒引当金損金算入限度超過額
118
百万円
その他
245
百万円
繰延税金資産小計
5,205
百万円
評価性引当額
△545
百万円
繰延税金資産合計
4,660
百万円
(繰延税金負債)
 
 
土地圧縮積立金
△33
百万円
その他有価証券評価差額金
△196
百万円
繰延税金負債合計
△229
百万円
繰延税金資産の純額
4,430
百万円
(2)法定実効税率と税効果会計適用後の法人税等の負担率と差異の原因となった主な項目別の内訳
(2)法定実効税率と税効果会計適用後の法人税等の負担率と差異の原因となった主な項目別の内訳
法定実効税率
40.3%
(調整)
 
交際費等永久に損金に算入されない項目
4.9%
受取配当金等永久に益金に算入されない項目
△1.1%
住民税均等割額
1.3%
評価性引当額の増減
1.2%
税額控除額
△6.4%
過年度法人税等戻入額
△4.7%
その他
1.0%
税効果会計適用後の法人税等の負担率
36.5%
法定実効税率
  40.3%
(調整)
 
交際費等永久に損金に算入されない項目
 12.2%
受取配当金等永久に益金に算入されない項目
△3.5%
住民税均等割額
  3.7%
評価性引当額の増減
 11.8%
税額控除額
△5.8%
その他
△3.5%
税効果会計適用後の法人税等の負担率
  55.2%
(1株当たり情報)
前事業年度
(自 平成18年4月1日
至 平成19年3月31日)
当事業年度
(自 平成19年4月1日
至 平成20年3月31日)
1株当たり純資産額
     514円48銭
1株当たり当期純利益
    19円31銭
潜在株式調整後1株当たり当期純利益
    19円24銭
1株当たり純資産額
    503円71銭
1株当たり当期純利益
       4円76銭
潜在株式調整後1株当たり当期純利益
      4円75銭
 (注)1. 1株当たり当期純利益金額の算定上の基礎は、以下のとおりであります。
 
前事業年度
(自 平成18年4月1日
至 平成19年3月31日)
当事業年度
(自 平成19年4月1日
至 平成20年3月31日)
1株当たり当期純利益金額
 
 
当期純利益(百万円)
1,430
352
普通株主に帰属しない金額(百万円)
普通株式に係る当期純利益(百万円)
1,430
352
期中平均株式数(千株)
74,051
74,075
潜在株式調整後1株当たり当期純利益金額
 
 
当期純利益調整額(百万円)
普通株式増加数(千株)
287
92
(うち、自己株式取得方式によるストックオプション(千株))
(62)
(9)
(うち、新株予約権(千株))
(225)
(82)
希薄化効果を有しないため、潜在株式調整後1株当たり当期純利益の算定に含めなかった潜在株式の概要
自己株式取得方式によるストックオプション(千株)
平成16年6月29日定時株主総会決議による自己株式取得方式のストックオプション(株式の数1,146千株)
平成16年6月29日定時株主総会決議による自己株式取得方式のストックオプション(株式の数1,143千株)
    2.1株当たり純資産額の算定上の基礎は、以下のとおりであります。
 
 
前事業年度 
(自 平成18年4月1日
  至 平成19年3月31日)
当事業年度 
(自 平成19年4月1日
  至 平成20年3月31日)
純資産の部の合計額(百万円)
38,100
37,311
純資産の部の合計額から控除する金額(百万円)
普通株式に係る期末の純資産額(百万円)
38,100
37,311
 普通株式の発行済株式数(千株)
78,698
78,698
普通株式の自己株式数(千株)
4,642
4,624
1株当たり純資産額の算定に用いられた期末の普通株式の数(千株)
74,056
74,073
(重要な後発事象)
前事業年度(自 平成18年4月1日 至 平成19年3月31日)及び当事業年度(自 平成19年4月1日 至 平成20年3月31日)
 該当事項はありません。
④【附属明細表】
【有価証券明細表】
【株式】
投資有価証券
その他
有価証券
銘柄
株式数
(株)
貸借対照表計上額
(百万円)
㈱三菱UFJフィナンシャルグループ
372,000
319
積水樹脂㈱
620,000
580
栗田工業㈱
105,480
387
㈱クレハ
466,000
289
大和ハウス工業㈱
130,000
128
㈱カネカ
520,915
324
エス・イー・エス㈱
335,030
105
東ソー㈱
389,000
133
不二製油㈱
154,000
143
伊藤忠エネクス㈱
127,000
72
その他(57銘柄)
1,041,015
463
4,260,440
2,946
【その他】
投資有価証券
その他
有価証券
銘柄
投資口数等
 
貸借対照表計上額
(百万円)
 三井住友銀行永久劣後債
 2口
203
203
【有形固定資産等明細表】
資産の種類
前期末残高
(百万円)
当期増加額
(百万円)
当期減少額
(百万円)
当期末残高
(百万円)
当期末減価償却累計額又は償却累計額
(百万円)
当期償却額
(百万円)
差引当期末残高(百万円)
有形固定資産
 
 
 
 
 
 
 
建物
15,883
145
6
16,022
10,067
479
5,955
構築物
3,645
27
1
3,672
2,800
115
871
機械及び装置
37,618
935
390
(135)
38,163
33,523
1,387
4,640
車両及び運搬具
517
21
44
494
451
25
43
工具器具及び備品
13,918
579
436
(63) 
14,061
12,929
689
1,131
土地
4,083
4,083
4,083
建設仮勘定
215
1,734
1,718
231
231
有形固定資産計
75,882
3,444
2,597
(199) 
76,729
59,772
2,697
16,956
無形固定資産
 
 
 
 
 
 
 
借地権
0
0
ソフトウェア
1,004
753
133
250
その他
86
14
0
72
無形固定資産計
1,091
768
133
323
長期前払費用
387
301
102
586
343
35
243
繰延資産 
   繰延資産計
 (注)1.当期増加額のうち主な内容は、次のとおりであります。
 
 機械及び装置
 網干工場
 プレート産業資材製品製造設備
  316百万円
 
 
 工具器具及び備品
 網干工場
 プレート産業資材製品製造設備
126百万円
 
 
 機械及び装置
 安富工場
 床製品製造設備
114百万円
 
2.無形固定資産の金額が資産総額の100分の1以下であるため、「前期末残高」、「当期増加額」及び「当期減少額」の記載を省略しております。
3.「当期減少額」欄の()内は内書きで、減損損失の計上額であります。
【引当金明細表】
区分
前期末残高
(百万円)
当期増加額
(百万円)
当期減少額
(目的使用)
(百万円)
当期減少額
(その他)
(百万円)
当期末残高
(百万円)
貸倒引当金(注)1
259
59
16
302
投資評価引当金(注)2
358
38
39
357
賞与引当金
578
534
578
534
役員賞与引当金
39
39
役員退職引当金(注)3
246
15
40
221
 (注)1.貸倒引当金の「当期減少額」の(その他)は、一般債権の貸倒実績率等による洗替額であります。
    2.投資評価引当金の「当期減少額」の(その他)は、対象会社の業績回復に伴った取崩額であります。
3.役員退職引当金の「当期減少額」の(その他)は、役員退職慰労金制度廃止に伴ない、打ち切り支給額を
固定負債の「その他(長期未払金)」へ振替えたものであります。
(2)【主な資産及び負債の内容】
① 現金及び預金
区分
金額(百万円)
現金
54
預金
 
当座預金
1,541
普通預金
3,240
通知預金
60
小計
4,842
合計
4,896
② 受取手形
相手先別内訳
相手先
金額(百万円)
タキロンマテックス㈱
1,956
ロンテック㈱
707
山宗㈱
686
渡辺パイプ㈱
447
新興プラスチックス㈱
399
その他
4,619
合計
8,817
期日別内訳
期日
金額(百万円)
平成20年4月
2,537
5月
1,470
6月
2,896
7月
1,619
8月
280
9月以降
12
合計
8,817
③ 売掛金
相手先別内訳
相手先
金額(百万円)
伊藤忠プラスチックス㈱
1,283
タキロンクボタホームインプルーブメント㈱
848
タキロンマテックス㈱
800
YKKAP㈱
605
山宗㈱
283
その他
4,194
合計
8,016
売掛金の発生及び回収並びに滞留状況
前期繰越高
(百万円)
当期発生高
(百万円)
当期回収高
(百万円)
次期繰越高
(百万円)
回収率(%)
滞留期間(日)
(A)
(B)
(C)
(D)
(C)
─────
(A) + (B)
× 100
(A) + (D)
─────
──────
(B)
─────
366
9,150
46,326
47,461
8,016
85.6
67.8
 (注) 消費税等の会計処理は税抜方式を採用しておりますが、上記金額には消費税等が含まれております。
④ 商品
部門
金額(百万円)
住環境事業
11
高機能材事業
2
合計
13
⑤ 製品
部門
金額(百万円)
住環境事業
2,447
高機能材事業
1,824
メディカル事業
439
合計
4,711
⑥ 原材料
品名
金額(百万円)
樹脂
151
安定剤・可塑剤・滑剤
40
着色剤
16
補助材料
90
電子材料
162
その他
326
合計
788
⑦ 仕掛品
部門
金額(百万円)
住環境事業
296
高機能材事業
668
メディカル事業
271
合計
1,236
⑧ 繰延税金資産(投資その他の資産)
部門
金額(百万円)
繰延税金資産
3,999
⑨ 支払手形
相手先別内訳
相手先
金額(百万円)
三晃テイエピー㈱
81
ザ・パック㈱
41
㈱豊興
40
㈱小泉
36
阪神ロジテム㈱
36
その他
393
合計
630
期日別内訳
期日
金額(百万円)
平成20年4月
167
5月
176
6月
145
7月
140
8月
合計
630
⑩ 買掛金
相手先
金額(百万円)
伊藤忠商事㈱
2,326
住友化学工業㈱
730
CBC㈱
640
伊藤忠プラスチックス㈱
389
住友ダウ㈱
376
その他
5,649
合計
10,113
⑪ 設備支払手形
相手先別内訳
相手先
金額(百万円)
栄伸産業㈱
12
㈱ムトウ
9
㈱ダイオー
6
ミクロン工業株
4
㈱関電工
3
その他
23
合計
60
期日別内訳
期日
金額(百万円)
平成20年4月
11
5月
23
6月
9
7月
7
8月
8
合計
60
⑫ 退職給付引当金
区分
金額(百万円)
退職一時金制度
6,785
企業年金基金制度
3,063
合計
9,849
(3)【その他】
訴訟
 平成17年8月9日付で当社の営業取引先でありました立花アルミ加工株式会社から389百万円の損害賠償請求訴訟の提訴を受け、提出日現在において係争中であります。
 当社はこの請求に関しては根拠も明白でないと判断し、裁判において当社の正当性を主張して争っています。
 平成19年9月18日付で当社の営業取引先でありました奥村金属株式会社から459百万円の不当利得返還請求訴訟の提訴を受け、提出日現在において係争中であります。
 当社はこの請求に関しては根拠も明白でないと判断し、裁判において当社の正当性を主張して争っています。




出典: タキロンシーアイ株式会社、2008-03-31 期 有価証券報告書