有価証券報告書を3社、または3期分比較分析できる! いますぐトライアルで試す >>
 






セクション一覧

第一部 【企業情報】

 

第1 【企業の概況】

 

1 【主要な経営指標等の推移】

(1) 連結経営指標等

回次

第93期

第94期

第95期

第96期

第97期

決算年月

平成24年12月

平成25年12月

平成26年12月

平成27年12月

平成28年12月

売上高

(百万円)

85,909

90,652

87,539

85,996

86,079

経常利益

(百万円)

2,389

2,010

1,963

2,326

4,655

親会社株主に帰属する
当期純利益

(百万円)

1,577

1,605

1,759

1,191

2,507

包括利益

(百万円)

1,997

2,951

2,316

1,756

2,127

純資産額

(百万円)

34,008

36,459

37,957

38,739

40,414

総資産額

(百万円)

85,129

90,730

88,811

87,801

82,434

1株当たり純資産額

(円)

564.76

610.92

636.25

649.46

677.75

1株当たり当期純利益金額

(円)

25.85

26.80

29.48

19.98

42.05

潜在株式調整後1株当たり
当期純利益金額

(円)

自己資本比率

(%)

39.9

40.2

42.7

44.1

49.0

自己資本利益率

(%)

4.7

4.6

4.7

3.1

6.3

株価収益率

(倍)

10.3

13.5

12.0

17.6

11.8

営業活動による
キャッシュ・フロー

(百万円)

8,512

3,799

5,449

5,756

7,558

投資活動による
キャッシュ・フロー

(百万円)

3,855

3,857

5,906

2,139

715

財務活動による
キャッシュ・フロー

(百万円)

5,062

388

669

3,042

6,695

現金及び現金同等物の期末
残高

(百万円)

7,403

7,838

6,739

7,385

7,473

従業員数
[外、平均臨時雇用人員]

(人)

1,981

1,993

1,931

1,930

1,980

[504]

[443]

[414]

[413]

[423]

 

(注)1.売上高には、消費税等は含まれておりません。

2.潜在株式調整後1株当たり当期純利益金額については、潜在株式が存在していないため記載しておりません。

3.「企業結合に関する会計基準」(企業会計基準第21号 平成25年9月13日)等を適用し、当連結会計年度より、「当期純利益」を「親会社株主に帰属する当期純利益」としております。

 

 

(2) 提出会社の経営指標等

回次

第93期

第94期

第95期

第96期

第97期

決算年月

平成24年12月

平成25年12月

平成26年12月

平成27年12月

平成28年12月

売上高

(百万円)

65,225

69,230

65,748

64,744

63,727

経常利益

(百万円)

994

1,621

1,642

1,363

2,636

当期純利益

(百万円)

976

1,620

1,720

644

1,341

資本金

(百万円)

8,619

8,619

8,619

8,619

8,619

発行済株式総数

(千株)

62,074

62,074

62,074

62,074

62,074

純資産額

(百万円)

30,484

32,772

34,522

34,699

35,248

総資産額

(百万円)

85,779

90,710

87,971

87,360

81,474

1株当たり純資産額

(円)

506.24

549.14

578.66

581.86

591.23

1株当たり配当額
(うち1株当たり中間配当額)

(円)

6.00

7.50

7.50

7.50

10.00

(—)

(—)

(—)

(—)

(—)

1株当たり当期純利益金額

(円)

16.00

27.05

28.84

10.81

22.50

潜在株式調整後1株当たり
当期純利益金額

(円)

自己資本比率

(%)

35.5

36.1

39.2

39.7

43.3

自己資本利益率

(%)

3.2

5.1

5.1

1.9

3.8

株価収益率

(倍)

16.7

13.4

12.3

32.6

22.0

配当性向

(%)

37.5

27.7

26.0

69.4

44.4

従業員数
[外、平均臨時雇用人員]

(人)

1,131

1,138

1,088

1,064

1,095

[80]

[78]

[75]

[83]

[85]

 

(注)1.売上高には、消費税等は含まれておりません。

2.潜在株式調整後1株当たり当期純利益金額については、潜在株式が存在していないため記載しておりません。

 

 

2 【沿革】

昭和22年7月

高松市において旧倉敷飛行機株式会社の役員、従業員の一部をもって木材業を主体として、
資本金195千円にて四国住宅株式会社を設立

昭和26年11月

商号を四国実業株式会社に変更

昭和30年9月

ポリエチレン加工業に進出のため丸亀工場建設に着手、昭和31年1月完成、操業を開始

昭和30年11月

商号を大倉工業株式会社に変更

昭和34年10月

東京工場完成、操業を開始

昭和35年12月

大阪工場及び福岡工場完成、操業を開始

昭和37年1月

大阪証券取引所市場第二部に上場

昭和37年4月

丸亀市中津町(現本社所在地)に本社工場(のちに丸亀第一工場)完成、操業を開始、
これに伴い丸亀工場を廃止、本社事務所を本社工場内に移転

昭和37年10月

ラワン合板の生産に進出のため本社工場隣接地に第二工場(のちに丸亀第二工場)を建設、
一部操業を開始、昭和38年3月完成

昭和39年1月

二次加工合板に進出のため本社工場内に加工合板工場(のちに丸亀第三工場、その後
詫間工場内に移転)を建設、操業を開始

昭和39年5月

岡山工場完成、操業を開始

昭和39年7月

熊本工場完成、操業を開始

昭和39年10月

静岡工場完成、操業を開始

昭和41年1月

ハウス事業部を新設、土地造成並びに建物の建売事業を開始

昭和42年7月

東京証券取引所市場第二部に上場

昭和42年11月

埼玉工場完成、操業を開始

昭和43年2月

詫間工場完成、操業を開始

昭和43年7月

冷凍事業部(のちに丸亀冷蔵営業所)を新設、旧丸亀工場敷地に冷凍冷蔵倉庫を建設、
昭和44年2月操業を開始

昭和45年5月

東京・大阪両証券取引所市場第一部に上場

昭和46年1月

木材部門を分離し、大倉建販㈱に営業設備を賃貸してこの事業を譲渡

昭和46年2月

詫間工場内にパーティクルボード工場完成、操業を開始

昭和46年4月

滋賀工場完成、操業を開始、これに伴い大阪工場を廃止

昭和47年9月

本店を丸亀市に移転

昭和48年4月

東京・大阪両営業所を支店に昇格

昭和48年7月

高松市にビジネスホテル完成、子会社㈱オークラホテルを設立して運営を委託し営業を開始

昭和51年5月

詫間工場内に加工ボード工場完成、操業を開始

昭和52年5月

第四工場(現丸亀第四工場)完成、操業を開始

昭和53年7月

子会社大倉建販㈱及び㈱オークラホテルを吸収合併

昭和58年8月

港町工場完成、操業を開始

昭和61年4月

名古屋・福岡両営業所を名古屋支店、九州支店に昇格

昭和62年4月

新規材料事業部及びホテル事業部を新設

昭和63年3月

オークラホテル丸亀の営業を開始

 

 

平成2年9月

新規材料事業部の第二機能材工場完成、平成3年3月操業を開始

平成3年4月

詫間工場内に部材加工工場完成、操業を開始

平成3年9月

埼玉工場内に東松山製版工場完成、操業を開始

平成3年11月

電算室及び港町工場を分離独立し、オークラ情報システム㈱(現・連結子会社)及び
㈱ユニオン・グラビア(現・連結子会社)を設立、平成4年1月業務開始

平成4年1月

丸亀第五工場完成、操業を開始

平成7年2月

仲南工場完成、操業を開始

平成7年12月

詫間工場内の合板工場を廃止

平成8年11月

オークラホテル丸亀及びオークラホテル高松を分社化し、㈱オークラホテル丸亀及び
㈱オークラホテル高松を設立、平成9年1月1日より営業を開始

平成11年5月

丸亀第二工場内の合板工場を廃止

平成13年9月

福岡工場と熊本工場を統合し名称を九州工場(第二事業所)に変更、これに伴い福岡工場を廃止
九州工場(第一事業所)完成、操業を開始

平成15年4月

住宅事業を分社化し、㈱オークラハウス(現・連結子会社)を設立し、営業を開始

平成15年5月

大阪証券取引所市場の上場を廃止

平成15年6月

丸亀第三工場を詫間工場内に移転し、詫間工場と統合

平成15年9月

丸亀冷蔵営業所を廃止

平成16年1月

㈱オークラホテル丸亀及び㈱オークラホテル高松が合併し、オークラホテル㈱
(現・連結子会社)を設立

平成16年9月

合成樹脂事業の九州地区を分社化し、㈱九州オークラ(現・連結子会社)を設立

平成18年4月

丸亀第一工場を仲南工場へ移転統合するとともに分社化し、㈱オークラプロダクツ香川を設立
岡山工場を分社化し、㈱OKプロダクツ岡山を設立

平成19年5月

㈱九州オークラが㈱大成を吸収合併

平成19年7月

合成樹脂事業の主として関西・中部地区の汎用製品事業を分社化し、㈱関西オークラ
(現・連結子会社)を設立
合成樹脂事業の関東以北地区の汎用製品事業を分社化し、㈱関東オークラ
(現・連結子会社)を設立

平成20年4月

㈱OKプロダクツ岡山が中村化成㈱を吸収合併

平成20年11月

エビス工業㈱を清算

平成21年1月

高松営業所を廃止するとともにプレカット事業を分社化し、㈱オークラプレカットシステム
(現・連結子会社)を設立

平成28年7月

㈱オークラプロダクツ香川が㈱OKプロダクツ岡山を吸収合併し、㈱オークラプロダクツ
(現・連結子会社)に商号変更

 

 

 

3 【事業の内容】

当社の企業集団は、当社、子会社14社及び関連会社6社で構成され、ポリエチレン、ポリプロピレンの各種製品、各種の光学機能性フィルム製品、加工合板、パーティクルボード及び加工ボード等の加工及び製造販売を主な内容とし、さらにホテルの運営、宅地造成及び建物の建築販売、不動産の賃貸等の事業活動を展開しております。
 当社及び当社の関係会社の事業における当社及び関係会社の位置付け及びセグメントとの関連は、次のとおりであります。なお、以下に示す区分は、セグメントと同一の区分であります。

 

合成樹脂事業

(1)

製品の販売

‥‥

㈱関西オークラ、㈱関東オークラ、㈱九州オークラ、無錫大倉包装材料
有限公司(以上子会社)、尤妮佳包装材料(天津)有限公司(関連会社)

(2)

製品の加工

‥‥

㈱オークラプロダクツ、㈱カントウ、㈱オークラパック香川、
無錫大倉包装材料有限公司(以上子会社)、大宝㈱(関連会社)

(3)

当社が製品を購入

‥‥

㈱関西オークラ、㈱関東オークラ、㈱九州オークラ、
㈱オークラプロダクツ(以上子会社)

(4)

当社が原材料を購入

‥‥

㈱ユニオン・グラビア(子会社)

 

 

 

 

新規材料事業

(1)

当社が製品を購入

‥‥

オー・エル・エス㈲(関連会社)

 

 

 

 

建材事業

(1)

当社が原材料を購入

‥‥

大友化成㈱(関連会社)

 

 

 

 

その他

(1)

ホテル事業

‥‥

オークラホテル㈱、㈱岡山ビジネスホテル(以上子会社)

(2)

木材加工事業

‥‥

㈱オークラプレカットシステム(子会社)

(3)

宅地造成及び建物建築事業

‥‥

㈱オークラハウス(子会社)、パワーホーム香川㈱(関連会社)

(4)

情報処理システム開発事業

‥‥

オークラ情報システム㈱(子会社)

(5)

損害保険代理業務

‥‥

大倉産業㈱(子会社)

(6)

有線テレビ放送事業

‥‥

中讃ケーブルビジョン㈱(関連会社)

 

 

(注)連結子会社の㈱オークラプロダクツ香川は、同じく連結子会社の㈱OKプロダクツ岡山を平成28年7月1日付で吸収合併いたしました。これに伴い同社は商号を㈱オークラプロダクツへ変更いたしました。

 

事業の系統図は、次のとおりであります。


 

4 【関係会社の状況】

 

名称

住所

資本金
(百万円)

主要な事業
の内容

議決権の所有割合(%)

関係内容

(連結子会社)

 

 

 

 

 

㈱関西オークラ

滋賀県東近江市

100

合成樹脂事業

100.0

当社の合成樹脂製品の製造及び販売を行っております。
また、当社が建物を賃貸しております。
役員の兼任2名(うち当社社員2名)、転籍2名

㈱カントウ

埼玉県東松山市

10

合成樹脂事業

100.0

当社の合成樹脂製品の加工を行っております。
また、当社が土地及び建物を賃貸しております。
役員の兼任4名(うち当社社員4名)

㈱オークラプロダクツ

香川県仲多度郡
まんのう町

50

合成樹脂事業

100.0

当社の合成樹脂製品の製造及び加工を行っております。
また、当社が土地及び建物を賃貸しております。
役員の兼任4名(うち当社社員4名)、転籍2名

オークラ情報システム㈱

香川県丸亀市

12

その他

100.0

当社のコンピューターの運営管理業務を行っております。
また、当社が土地及び建物を賃貸しております。
役員の兼任2名(うち当社社員1名)、転籍2名

㈱ユニオン・グラビア

香川県丸亀市

10

合成樹脂事業

100.0

同社の合成樹脂製品印刷用版ロールを購入しております。
また、当社が土地を賃貸しております。
役員の兼任2名(うち当社社員2名)、転籍2名

㈱岡山ビジネスホテル

岡山市北区

25

その他

100.0

役員の兼任2名(うち当社社員2名)、転籍1名

㈱オークラパック香川

香川県丸亀市

10

合成樹脂事業

100.0

当社の合成樹脂製品の加工を行っております。
また、当社が土地及び建物を賃貸しております。
役員の兼任4名(うち当社社員4名)

オークラホテル㈱

香川県丸亀市

100

その他

100.0

当社が土地及び建物を賃貸しております。
また、当社が資金貸付を行っております。
役員の兼任2名(うち当社社員2名)、転籍3名

㈱関東オークラ

静岡県菊川市

100

合成樹脂事業

100.0

当社の合成樹脂製品の製造及び販売を行っております。
また、当社が建物を賃貸しております。
役員の兼任3名(うち当社社員3名)、転籍1名

㈱九州オークラ

熊本市北区

100

合成樹脂事業

100.0

当社の合成樹脂製品の製造及び販売を行っております。
役員の兼任2名(うち当社社員2名)、転籍1名

㈱オークラハウス

香川県丸亀市

40

その他

100.0

役員の兼任2名(うち当社社員2名)、転籍2名

㈱オークラプレカット
システム

香川県丸亀市

100

その他

100.0

当社が土地及び建物を賃貸しております。
また、当社が資金貸付を行っております。
役員の兼任3名(うち当社社員2名)、転籍1名

無錫大倉包装材料有限公司

中国江蘇省
無錫市

51,155
千人民元

合成樹脂事業

94.0

当社の合成樹脂製品の加工を行っております。
また、当社が資金貸付を行っております。
役員の兼任2名(うち当社社員1名)

 

(注) 1.主要な事業の内容欄には、セグメント情報に記載された名称を記載しております。

2.上記の会社は、特定子会社に該当いたしません。

3.上記の会社は、有価証券届出書又は有価証券報告書は提出しておりません。

4.上記の会社については、売上高(連結会社相互間の内部売上高を除く。)の連結売上高に占める割合がそれぞれ10%以下であるため主要な損益情報等の記載を省略しております。

 

 

5 【従業員の状況】

(1) 連結会社の状況

平成28年12月31日現在

セグメントの名称

従業員数(人)

合成樹脂事業

1,314 [242]

新規材料事業

237 [ 19]

建材事業

97 [ 17]

その他

202 [127]

全社(共通)

130 [ 18]

合計

1,980 [423]

 

(注) 1.従業員数は就業人員であり、臨時従業員数は[ ]内に年間の平均人員を外数で記載しております。

2.従業員数は、当社グループから当社グループ外への出向者を除いております。

3.臨時従業員には、パートタイマー及び嘱託契約の従業員を含み、派遣社員を除いております。

4.全社(共通)は、当社の総務及び経理等の管理部門の従業員であります。

 

(2) 提出会社の状況

平成28年12月31日現在

従業員数(人)

平均年齢(歳)

平均勤続年数(年)

平均年間給与(円)

1,095 [85]

39.3

16.7

5,250,092

 

 

セグメントの名称

従業員数(人)

合成樹脂事業

631 [31]

新規材料事業

237 [19]

建材事業

97 [17]

全社(共通)

130 [18]

合計

1,095 [85]

 

(注) 1.従業員数は就業人員であり、臨時従業員数は[ ]内に年間の平均人員を外数で記載しております。

2.従業員数は、当社から他社への出向者を除いております。

3.臨時従業員には、パートタイマー及び嘱託契約の従業員を含み、派遣社員を除いております。

4.平均年間給与は、賞与及び基準外賃金を含んでおります。

5.全社(共通)は、当社の総務及び経理等の管理部門の従業員であります。

 

(3) 労働組合の状況

現在当社グループには労働組合法上の労働組合はありませんが、従業員の親睦と福利の増進及び職場環境の向上をはかる目的をもって大倉工業職場委員会が結成されており、会社と協調して社業の発展に努力しております。

 





出典: 大倉工業株式会社、2016-12-31 期 有価証券報告書