有価証券報告書を3社、または3期分比較分析できる! いますぐトライアルで試す >>
 






セクション一覧
④ 【附属明細表】

【有形固定資産等明細表】

 

資産の種類

当期首残高
(千円)

当期増加額
(千円)

当期減少額
(千円)

当期末残高
(千円)

当期末減価
償却累計額
又は償却累
計額(千円)

当期償却額
(千円)

差引当期末
残高
(千円)

有形固定資産

 

 

 

 

 

 

 

 建物

7,659,098

520,472

6,900

8,172,671

5,183,124

156,946

2,989,547

 構築物

343,879

13,136

3,326

353,688

290,333

11,148

63,356

 機械及び装置

8,121,047

247,671

258,360

8,110,358

6,904,040

417,858

1,206,318

 車両運搬具

142,809

5,451

7,325

140,936

126,301

10,894

14,634

 工具、器具及び備品

6,824,560

343,380

149,518

7,018,422

6,735,079

247,894

283,342

 土地

1,222,732

1,222,732

1,222,732

 建設仮勘定

140,672

583,085

711,252

12,505

12,505

有形固定資産計

24,454,797

1,713,196

1,136,681

25,031,311

19,238,877

844,739

5,792,434

無形固定資産

 

 

 

 

 

 

 

 特許権

25,000

344

25,344

25,053

53

291

 借地権

937,060

— 

937,060

937,060

 ソフトウエア

713,344

47,496

38,442

722,398

627,779

22,022

94,619

  ソフトウエア仮勘定

18,353

19,638

37,991

 その他

126,948

1,381

128,329

120,276

671

8,053

無形固定資産計

1,820,705

68,859

76,433

1,813,131

773,109

22,747

1,040,022

長期前払費用

51,919

3,629

15,246

40,301

40,301

 

(注) 1 主な増加額 

  (建物)名古屋のマンション501,287千円の取得によるものであります。 

  (機械及び装置)成形設備130,140千円の取得によるものであります。 

  (工具、器具及び備品)金型314,360千円の取得によるものであります。 

   

2 主な減少額 

  (機械及び装置)成形機234,505千円の売却及び取出機等13,784千円の除却によるものであります。 

 

【引当金明細表】

 

区分

当期首残高
(千円)

当期増加額
(千円)

当期減少額
(目的使用)
(千円)

当期減少額
(その他)
(千円)

当期末残高
(千円)

貸倒引当金

86,035

200

62,000

1,686

22,549

賞与引当金

328,635

348,496

328,635

348,496

役員退職慰労引当金

210,647

23,684

17,943

216,388

 

(注) 貸倒引当金の「当期減少額(その他)」は債権の回収による戻入額であります。

 

(2) 【主な資産及び負債の内容】

連結財務諸表を作成しているため、記載を省略しております。

 

(3) 【その他】

該当事項はありません。





出典: 天馬株式会社、2016-03-31 期 有価証券報告書