有価証券報告書を3社、または3期分比較分析できる! いますぐトライアルで試す >>
 






セクション一覧
④【附属明細表】
【有価証券明細表】
【株式】
銘柄
株式数(株)
貸借対照表計上額
(百万円)
投資有価証券
その他有価証券
㈱日本触媒
6,338,000
8,866
栗田工業㈱
572,665
1,443
韓国ポリオール㈱
196,636
1,121
ユニチャーム㈱
92,702
535
ブリヂストン㈱
194,000
476
高圧ガス工業㈱
424,589
326
新日本石油㈱
347,025
320
松風㈱
138,000
190
関西ペイント㈱
160,840
173
豊田通商㈱
48,424
154
その他92銘柄
1,694,382
1,343
小計
10,207,263
14,952
10,207,263
14,952
【有形固定資産等明細表】
資産の種類
前期末残高
(百万円)
当期増加額
(百万円)
当期減少額
(百万円)
当期末残高
(百万円)
当期末減価償却累計額又は償却累計額
(百万円)
当期償却額
(百万円)
差引当期末残高(百万円)
有形固定資産
       
建物
14,387
976
38
15,325
8,063
448
7,262
構築物
6,071
596
11
6,657
4,298
302
2,359
機械装置
55,090
7,456
482
62,064
46,408
3,384
15,656
車両運搬具
382
134
20
496
361
56
135
工具器具備品
7,691
595
317
7,970
6,569
496
1,401
土地
6,668
82
6,750
 −
6,750
建設仮勘定
1,938
5,790
5,995
1,732
1,732
有形固定資産計
92,230
15,632
6,865
100,997
65,700
4,687
35,297
無形固定資産
       
ソフトウェア
2,118
1,341
401
777
特許権 
10
0
0
9
その他の無形固定資産
  −
62
21
3
40
無形固定資産計
2,190
1,363
405
827
長期前払費用
31
31
6
56
17
14
38
繰延資産
 −
繰延資産計
 (注)1.当期増加額の主な内容は次のとおりである。
建物
名古屋工場
鹿島工場
医薬品・同添加剤生産設備
ポリエステルビーズ生産設備
(新設)
(増設)
172百万円
460 〃                     
機械装置
名古屋工場
名古屋工場
 
名古屋工場
鹿島工場
医薬品・同添加剤生産設備
AOA(アルキレン・オキサイド・アダクツ)生産設備 
高温有機合成設備
ポリエステルビーズ生産設備 
(新設)
(増設)

(増設)
(増設)
263 〃
  793  〃
 
456  〃
2,963  〃
建設仮勘定
名古屋工場
ウレタンビーズ生産設備
(増設)
1,603 〃
    2.無形固定資産の金額が資産の総額の1%以下であるため「前期末残高」、「当期増加額」及び「当期減少額」の記載を省略している。
【資本金等明細表】
区分
前期末残高
当期増加額
当期減少額
当期末残高
資本金(百万円)
13,051
− 
− 
13,051
資本金のうち既発行株式
普通株式(注)1
(株)
(117,673,760)
− 
− 
(117,673,760)
普通株式
(百万円)
13,051
− 
− 
13,051
(株)
(117,673,760)
− 
− 
(117,673,760)
(百万円)
13,051
− 
−  
13,051
資本準備金及びその他資本剰余金
(資本準備金)
     
再評価積立金
(百万円)
0
− 
− 
0
株式払込剰余金
(百万円)
12,190
− 
− 
12,190
(その他資本剰余金)
     
自己株式処分差益
(注)2
(百万円)
− 
7
− 
7
(百万円)
12,191
7
−  
12,198
利益準備金及び任意積立金
(利益準備金)
(百万円)
2,775
− 
− 
2,775
(任意積立金)
     
配当準備積立金
(百万円)
329
− 
− 
329
特別償却準備金
(注)3
(百万円)
16
− 
4
11
固定資産圧縮積立金
(注)3
(百万円)
30
− 
1
29
保険差益圧縮積立金
(注)3
(百万円)
3
− 
1
2
別途積立金 (注)3
(百万円)
48,946
2,200
− 
51,146
(百万円)
52,101
2,200
7
54,294
 (注)1.当期末における自己株式は、7,282,451株である。
2.当期増加額は、自己株式の処分差益によるものである。
3.当期増減額は、前期決算の利益処分によるものである。
【引当金明細表】
区分
前期末残高
(百万円)
当期増加額
(百万円)
当期減少額
(目的使用)
(百万円)
当期減少額
(その他)
(百万円)
当期末残高
(百万円)
貸倒引当金
117
24
22
22
97
賞与引当金
1,281
1,382
1,281
1,382
役員退職慰労引当金
1,293
77
156
1,214
 (注) 貸倒引当金の「当期減少額(その他)」欄は、一般債権にかかる洗替額である。




出典: 三洋化成工業株式会社、2006-03-31 期 有価証券報告書