有価証券報告書を3社、または3期分比較分析できる! いますぐトライアルで試す >>
 






セクション一覧

第一部【企業情報】

第1【企業の概況】

1【主要な経営指標等の推移】

(1)連結経営指標等

回次

第4期

第5期

第6期

第7期

第8期

決算年月

平成21年3月

平成22年3月

平成23年3月

平成24年3月

平成25年3月

売上高

百万円

965,698

974,877

953,947

969,387

1,005,611

経常利益

271,451

190,986

115,058

135,107

157,156

当期純利益

170,986

122,257

67,650

78,230

82,851

包括利益

24,932

54,429

152,801

純資産額

1,030,221

1,053,933

1,021,096

1,018,123

1,062,025

総資産額

1,348,446

1,364,176

1,335,091

1,400,629

1,445,561

1株当たり純資産額

2,189.26

2,278.77

2,207.70

2,200.64

2,349.61

1株当たり当期純利益

356.11

261.84

146.49

169.38

180.40

潜在株式調整後

1株当たり当期純利益

355.90

261.62

146.33

169.17

180.15

自己資本比率

76.3

77.1

76.4

72.6

73.3

自己資本利益率

16.0

11.7

6.5

7.7

8.0

株価収益率

8.5

12.9

21.0

20.1

28.0

営業活動による

キャッシュ・フロー

百万円

197,791

150,130

100,639

172,675

144,152

投資活動による

キャッシュ・フロー

△28,987

△31,580

△242,648

△25,953

△48,614

財務活動による

キャッシュ・フロー

△184,676

△85,902

△93,267

△57,938

△109,726

現金及び現金同等物の

期末残高

409,826

431,920

175,465

252,379

264,912

従業員数

14,261

15,161

16,279

17,085

17,454

(注)売上高には消費税等(消費税及び地方消費税をいう。以下同じ。)は含まれていません。

 

(2)提出会社の経営指標等

回次

第4期

第5期

第6期

第7期

第8期

決算年月

平成21年3月

平成22年3月

平成23年3月

平成24年3月

平成25年3月

売上高

百万円

636,277

634,958

608,308

613,692

623,722

経常利益

171,491

111,459

66,549

65,181

143,905

当期純利益

107,330

74,808

43,958

37,827

118,048

資本金

(発行済株式総数)

(千株)

103,000

(503,964)

103,000

(475,964)

103,000

(467,964)

103,000

(467,964)

103,000

(467,964)

純資産額

百万円

830,884

826,701

807,550

790,973

803,797

総資産額

1,075,357

1,038,055

991,454

1,060,068

1,025,582

1株当たり純資産額

1,765.87

1,787.49

1,745.31

1,708.89

1,777.27

1株当たり配当額

(内1株当たり中間配当額)

(〃)

120.00

(60.00)

125.00

(60.00)

125.00

(60.00)

125.00

(60.00)

130.00

(65.00)

1株当たり当期純利益

223.54

160.22

95.19

81.90

257.04

潜在株式調整後

1株当たり当期純利益

223.41

160.08

95.08

81.80

256.68

自己資本比率

77.2

79.5

81.3

74.5

78.2

自己資本利益率

12.3

9.0

5.4

4.7

14.8

株価収益率

13.5

21.1

32.4

41.5

19.7

配当性向

53.7

78.0

131.3

152.6

50.6

従業員数

5,470

5,563

5,710

5,836

5,802

(注)売上高には消費税等は含まれていません。

 

2【沿革】

大正12年4月 故山内健二が大阪市において当社の母体、山之内薬品商会を創立。

昭和14年3月 山之内薬品商会を株式会社組織に改組。(資本金18万円)

昭和15年10月 商号を、山之内製薬株式会社に改称。

昭和17年5月 同系5社を吸収合併、本社を東京に移転するとともに、販売部門として、東京店、大阪店、生産部門として、福島、向島、大和田、山科の各工場、研究部門として、東京、山科の両研究所を設置。(資本金80万円)

昭和18年8月 東京工場、蓮根工場を設置し、合成工場として主原料の自給体制を確立。

昭和20年   戦後の医薬品需要の増大化に対処するため、板橋工場ほか数工場を全国各地に新設。販売部門も、福岡、札幌に支店を設ける。

昭和24年3月 日本医薬工業株式会社を合併。(資本金6,356万円)

昭和24年5月 東京証券取引所及び大阪証券取引所に株式を上場。

昭和25年11月 地方に分散していた諸工場を廃し、生産部門を小豆沢工場(製剤工場)、蓮根工場(合成工場)の2工場に吸収。

昭和33年6月 名古屋証券取引所に株式を上場。(平成18年4月上場廃止)

昭和38年2月 台湾に台湾山之内製薬Co.,Ltd.を設立。

昭和39年5月 中央研究所完成。

昭和43年11月 焼津工場(製剤工場)完成。

昭和44年8月 札幌証券取引所に株式を上場。(平成18年4月上場廃止)

昭和49年11月 高萩工場(合成工場)完成。

昭和61年4月 アイルランドに山之内アイルランドCo.,Ltd.を設立。

昭和61年5月 パリ証券取引所に株式を上場。(平成18年5月上場廃止)

昭和62年5月 西根工場(製剤工場)完成。

平成元年2月 日本シャクリー株式会社の株式77.7%取得。

平成元年3月 筑波研究センター完成。

平成元年5月 シャクリーコーポレーション(米国)を買収。

平成2年8月 英国に山之内U.K.Limitedを設立。

平成2年12月 オランダに山之内ブロカデスB.V.を設立。

平成3年2月 ロイヤルヒストブロカデスN.V.(オランダ)の医薬品部門を買収し、統括会社としてブロカデスファーマB.V.(オランダ)を設立。

平成3年6月 蓮根工場を高萩工場へ統合移転。

平成4年1月 米国に山之内U.S.A.Inc.を設立。

平成6年3月 ブロカデスファーマB.V.を山之内ヨーロッパB.V.に改称。

平成6年7月 韓国に合弁会社韓国山之内製薬株式会社を設立。

平成6年10月 中国に合弁会社瀋陽山之内製薬有限公司を設立。

平成9年4月 フィリピンに山之内フィリピンInc.を設立。

平成9年12月 蓮根事業場開設。

平成11年1月 タイに山之内タイランドCo.,Ltd.を設立。

平成11年12月 シャクリーコーポレーションの医薬品生産・製剤技術研究組織を山之内ファーマテクノロジーズInc.として分離独立。

平成12年3月 インドネシアにP.T.山之内インドネシアを設立。

平成12年6月 米国に山之内アメリカInc.を設立。

平成12年11月 シャクリーコーポレーションを山之内コンシューマーInc.に改称。

平成13年9月 米国に山之内ファーマアメリカInc.を設立。

平成14年3月 小豆沢工場を閉鎖し、製剤生産体制を効率化。

平成14年4月  山之内U.S.A.Inc.と山之内アメリカInc.を山之内ファーマアメリカInc.に統合。

平成14年7月 瀋陽山之内製薬有限公司を山之内製薬(中国)有限公司に改称。

平成16年5月 日本シャクリー株式会社、シャクリーコーポレーション、イノービス(米国)の株式を譲渡。

平成16年6月 ベアクリーク(米国)の株式を譲渡。

平成16年10月  藤沢薬品工業株式会社と一般用医薬品薬事業を統合し、ゼファーマ株式会社を設立。

平成17年1月 株式会社サンウエルの株式を譲渡。

平成17年4月 藤沢薬品工業株式会社と合併し、アステラス製薬株式会社発足。
同合併に伴い、海外・国内グループ会社を順次再編。

平成17年4月 製剤生産機能を統合・分社化し、アステラス東海株式会社を設立。

平成18年4月 原薬製造機能を統合・分社化し、アステラスファーマケミカルズ株式会社を設立。

平成18年4月 ゼファーマ株式会社の全株式を第一三共株式会社へ譲渡。

平成19年4月 アステラス東海株式会社がアステラス静岡株式会社他1社を吸収合併。 

平成19年12月 がん領域の抗体医薬を専門とするバイオベンチャー、アジェンシス Inc.(米国)を買収。

平成20年4月 米国にグローバル開発本社機能を有するアステラス ファーマ グローバル ディベロップメントInc.を設立。

平成20年11月 インドに医薬品販売子会社アステラス ファーマ インディア PVT.Ltd.を設立。

平成21年7月 ブラジルに医薬品販売子会社アステラス ファーマ ブラジルを設立。

平成22年6月 がん、糖尿病/肥満の領域に事業基盤をもつOSI ファーマシューティカルズ Inc.(米国)を買収。

平成22年12月 オーストラリアに医薬品販売子会社アステラス ファーマ オーストラリア Pty Ltdを設立。

平成23年4月 アステラス富山株式会社及びアステラスファーマケミカルズ株式会社をアステラス東海株式会社に統合し、その社名をアステラス ファーマ テック株式会社に変更。

平成23年5月 米国マキシジェン社との合弁会社であるパーシード セラピューティクス LLC(米国)の全持分を取得。

  

3【事業の内容】

当社グループは、当社及び連結子会社78社、持分法適用関連会社1社を合わせた80社により構成されています。当社グループの主な事業内容と各会社の当該事業における位置付けは次のとおりです。

なお、当社グループは医薬品事業の単一セグメントで事業を行っています。

 

国内においては、当社または生産子会社であるアステラス ファーマ テック株式会社が製造・仕入した製品を、当社が販売しています。

海外においては、米州、欧州及びアジアその他の地域において関係会社が製造・販売機能を担っており、当社はこれらの関係会社に原料及び製品の一部を供給しています。

米州においては、持株会社であるアステラス US ホールディング Inc.のもと、アステラス US LLCが本社機能を担っており、アステラス ファーマ US, Inc.などが販売を行っています。アステラス US テクノロジーズ Inc.が米州の技術統括機能を担っており、アステラス ファーマ テクノロジーズ Inc.は製造を行っています。また、研究開発面では、アジェンシス Inc.などが研究開発を行っているほか、アステラス ファーマ グローバル ディベロップメント Inc.がグローバル開発本社機能を担うとともに、米国での開発を行っています。

欧州においては、持株会社アステラス B.V.のもと、本社機能をアステラス ファーマ ヨーロッパ Ltd.(イギリス)に置くほか、アステラス ファーマ GmbH(ドイツ)やZAO アステラス ファーマ(ロシア)などの販売会社を欧州全域に設置しています。また、アステラス ファーマ ヨーロッパ B.V.(オランダ)が製造・開発などを行っているほか、アステラス アイルランド Co.,Ltd.は製造及び販売を行っており、各極の関係会社に原料及び製品の一部を供給しています。

アジアその他の地域では、アステラス製薬(中国)有限公司が製造・販売を、韓国アステラス製薬株式会社、台湾アステラス製薬股份有限公司などが販売を行っています。

 

以上に述べた当社及び当社の関係会社の事業系統図は次のとおりです。

 

4【関係会社の状況】

名称

住所

資本金

主要な事業の内容

議決権の所有割合

(%)

関係内容

役員の兼任

営業上の取引等

(連結子会社)

 

 

 

 

 

 

アステラス US ホールディング Inc.

米国
イリノイ州

米ドル

3.25

医薬品事業

100

アステラス US LLC

米国
イリノイ州

医薬品事業

100

(100)

当社へロイヤリティー支払

アステラス ファーマ US,Inc.

米国
イリノイ州

米ドル

10

医薬品事業

100

(100)


アステラス ファーマ グローバル ディベロップメント Inc.

米国
イリノイ州

米ドル

10

医薬品事業

100

(100)

当社より開発の受託

アジェンシス Inc.

米国
カリフォルニア州

米ドル

30

医薬品事業

100

(100)


アステラス ファーマ テクノロジーズ Inc.

米国
オクラホマ州

米ドル

0.1

医薬品事業

100

(100)

当社より医薬品の製造受託

アステラス US テクノロジーズ Inc.

米国
イリノイ州

米ドル

10

医薬品事業

100

(100)

当社より仕入

アステラス B.V.

オランダ
ライデン

千ユーロ

6,116

医薬品事業

100

アステラス ファーマ ヨーロッパ Ltd.

イギリス
サリー

千米ドル

137,000

医薬品事業

100

(100)

当社より仕入

当社へロイヤリティー支払

アステラス アイルランド Co.,Ltd.

アイルランド
ダブリン

千米ドル

4,500

医薬品事業

100

(100)

当社より仕入

当社へ原料・製品の供給及びロイヤリティー支払

アステラス製薬(中国)有限公司

中国
遼寧省
瀋陽市

千中国元

299,190

医薬品事業

100

当社より仕入

韓国アステラス製薬株式会社

大韓民国
ソウル市

百万ウォン

11,500

医薬品事業

100

当社より仕入

台湾アステラス製薬股份有限公司

中華民国
(台湾)
台北市

百万新台湾ドル

46

医薬品事業

100

当社より仕入

アステラス ファーマ テック株式会社

東京都
中央区

百万円

100

医薬品事業

100

当社より医薬品の製造受託

その他 64社

 

 

 

 

 

 

(持分法適用会社) 

 

 

 

 

 

 

その他 1社

 

 

 

 

 

 

 

(注)1.主要な事業の内容欄には、セグメントの名称を記載しています。

2.議決権の所有割合欄の( )内は間接所有割合を内数で示しています。

3.アステラス ファーマ ヨーロッパ Ltd.及びアステラス ファーマ テック株式会社は、特定子会社に該当します。

4.アステラス ファーマ US, Inc.については売上高(連結会社相互間の内部売上高を除く)の連結売上高に占める割合が10%を超えています。

主要な損益情報等

(1) 売上高

202,128

百万円

 

(2) 経常利益

2,040

百万円

 

(3) 当期純利益

258

百万円

 

(4) 純資産額

3,532

百万円

 

(5) 総資産額

57,674

百万円

 

 

5【従業員の状況】

(1) 連結会社の状況

 

平成25年3月31日現在

セグメントの名称

従業員数(人)

医薬品事業

17,454

合計

17,454

(注)従業員数は就業人員を記載しています。

(2) 提出会社の状況

 

平成25年3月31日現在

従業員数(人)

平均年令(才)

平均勤続年数(年)

平均年間給与(円)

5,802

41.3

16.2

10,147,330

 

セグメントの名称

従業員数(人)

医薬品事業

5,802

合計

5,802

(注)1.従業員数は就業人員を記載しています。

2.平均年間給与は、基準外賃金及び賞与を含んでいます。

(3) 労働組合の状況

当社及び国内連結子会社の従業員は、アステラス労働組合を構成し、上部団体として日本化学エネルギー産業労働組合連合会に加盟しています。平成25年3月31日現在における組合員数は5,100名です。また、労使は健全な関係を構築しています。

  





出典: アステラス製薬株式会社、2013-03-31 期 有価証券報告書